car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スペーシア

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

投稿日:2017/08/25 更新日:

スズキ・スペーシアがフルモデルチェンジ準備、東京モーターショー出品か

スズキ・スペーシアのフルモデルチェンジが2018年初頭に実施される見込みとなっている。今秋開催の東京モーターショーでは次期スペーシアの市販プロトタイプが参考出品される可能性がある。

(写真は現行スペーシア カスタムZ ショーモデル)

現行スペーシアは2013年に発売されたモデル。国内では軽自動車の販売が好調であるが、全高を高く設定することでキャビン容積を大きく取ったスーパーハイトワゴンが特に人気となっている。

(写真はホンダ次期N-BOX)
新型N-BOX

自動車メーカ各社がラインアップするスーパーハイトワゴンであるが、これまで同カテゴリのパイオニアであるダイハツ・タントと、登録車から軽自動車への乗り換えを加速させたホンダ・N-BOXの二大ブランドが販売台数で結果を出している状況だ。

そんななかスズキのスペーシアは販売期間約5年でのフルモデルチェンジが予定されている。プラットフォームは一新され基本性能の向上と軽量化が期待される。そして、同セグメントで唯一のマイルドハイブリッドシステムにも改良が盛り込まれ、現在クラストップの燃費性能はさらに向上することになる。

次期スペーシアの性能は十分、販売のカギはエクステリアにあり

ただし、販売面で優位に立つにはエクステリアがカギとなるだろう。スズキは前々回の東京モーターショー2013でクロスオーバーSUVテイストのハスラーを発表。そのエクステリアが好評となり、想定以上の台数が売れた。エクステリアでハスラーぐらいの評価を得ることができれば、性能面で申し分のない新型スペーシアはN-BOX、タントと並ぶ販売実績を残せそうだ。

(写真はハスラー、東京モーターショー2013)
ハスラー 東京モーターショー

東京モーターショー2017は10月25日(水)のプレスデーを皮切りに、10月28日(土)~11月5日(日)の期間での一般公開が予定されている。

#1 匿名さん2017/08/26(Sat)17:25:20
「販売のガキ」とは何と言う誤字(笑)
記事投稿前にセルフチェックしなさい!
#2 匿名さん2017/08/27(Sun)12:02:25
黒のタイスカ女
エロい脚しておる
#3 匿名さん2017/08/29(Tue)23:59:35
スペーシアは存在感薄いねぇ……。イメージが固まるとデザインの差別化が難しい。
#4 匿名さん2017/09/15(Fri)18:01:42
外観を背の高いハスラーにすれば良い。
ランプ関係は全部をハスラーと同じにする。
足回りはスペーシアで良い。
前輪と後輪にスタビライザーを取り付け、乗り心地を良くする。
ボディカラーに深いワインレッドを追加する、赤色は郵便車に見える。

名前(任意)
コメント