car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スペーシアの販売が好調、スズキが軽自動車販売で存在感

スペーシアはスズキの軽自動車で最も販売台数が多い

2017年12月にフルモデルチェンジしたスペーシアの販売が好調となっている。

(写真はスペーシア)
スペーシア コンセプト

スーパーハイト軽ワゴンのセグメントでは、ホンダ・N-BOX、ダイハツ・タントの二強状態となっていた。そんななか昨年末にFMCを受けたスペーシアは、月間目標販売台数を従来の8500台から12000台に上乗せされており、製造と販売の両面で強化されてきた。

スペーシア コンセプト 可倒式 スペーシア リアコンビネーションランプ 東京モーターショー2017

発売から半年が過ぎる2019年7月期においても、この月間目標をほぼ達成。同カテゴリ内においては、N-BOXの19,668台に次ぎ、スペーシアは11,843台。モデル末期ながらも人気車種のタントの10,708台を上回る結果となった。

スペーシア カスタム コンセプト フロントグリル スペーシア カスタム コンセプト スライドドア

2018年の軽自動車販売台数はスズキが首位の可能性

近年のスズキは、軽自動車依存からの脱却を図り、スイフト、イグニス、バレーノ、クロスビーといったBセグメントクラス車の拡充が目立った。この流れも一巡だろうか、再びスズキは軽自動車カテゴリでの存在感を示し始めている。

(写真は新型ジムニー)
ジムニー フロントグリル

2018年のメーカー別軽自動車販売台数は、中盤まではスズキとダイハツがほぼ互角の展開であった。ただし、7月にジムニーがFMCを受けており、スズキは月間プラス5000台規模を追加している。このスズキが優位な状況は、ダイハツがタントをフルモデルチェンジさせる2019年前半頃までは続くことが予想され、2018年はスズキが軽自動車販売首位の座を獲得することになりそうだ。

#1 匿名さん2018/08/12(Sun)10:52:37ID:JiMmIzY2mZ
次はジムニーのオープンデッキが見たいな!
#2 匿名さん2018/08/12(Sun)12:07:12ID:c0YzkxM2zY
これも、ジムニー効果でしょうな。
ジムニーを見に、スズキの店に来店して、スペーシアもいいねってね。
#3 匿名さん2018/08/12(Sun)23:40:03ID:YwMmQwOT2M
なるほどねえ。
#4 匿名さん2018/08/13(Mon)05:59:56ID:g5NDg5MzjN
現行スペーシアは2017年12月に登場。ジムニー登場の半年以上前から売れてるわけなんで、ジムニー効果は単なるこじつけ。
しかしこんなに商品性を高めたスペーシアでも、販売ではいまだN-BOXの後塵を拝すとは・・・N-BOX恐るべし。
#5 匿名さん2018/08/13(Mon)12:21:17ID:ZiNmRkY2zN
完全に軽自動車の主流このジャンルに移ったというわけだな
先代はあまりパッとしなかったスペーシアがヒットしてるとなると
デイズルークスも次期型をどうにかしないと取り残されてしまう
#6 匿名さん2018/08/16(Thu)21:53:04ID:M3YWE3YzWN
新型スペーシアはNBOXの当て馬(ネットや雑誌の比較記事)にされた感が多々あったけどそんなに悪い車じゃないからね
私も記事読んでNBOX買わない奴バカだろ〜って思ってたけどNBOXの値引き交渉のネタでスペーシア見積もりしに行った際試乗して内外装見た目の違いはあれどNBOXと大して変わらんかったし
結局NBOX買ったけどやたら走ってるからスペーシアでも良かったかな?と思ってる
#7 匿名さん2018/08/17(Fri)01:03:39ID:MyZGM5ZW2Y
NBOXがショボク感じる
#8 南 祐斗2018/12/01(Sat)12:48:19ID:hiMzZhZmmZ
スペーシアギア が 出ます
#9 匿名さん2018/12/01(Sat)18:26:18ID:JjMzg1NzzN
書こうと思ったら先越された(笑)
今日の新聞折込広告にフロント部分の写真載ってました。
ハスラーのエッセンスを注入した感じ。
スズキはノーマークでニューモデル出すのが得意。

名前(任意)
コメント