car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スペーシア カスタム Zが発売予定、押し出し感の強い新エクステリアが追加

スズキのニューモデルラッシュ、スペーシアに新たなフロントデザイン

スズキからスペーシア カスタム Zが2016年12月26日に発売されることになった。

(写真は新型スペーシア カスタム Zのティザー画像)
スペーシア カスタム Z

スズキのスーパーハイト軽ワゴンのスペーシアに新エクステリアを身に纏うカスタム Zが追加発売される。2016年内のニューモデルラッシュを目論むスズキであるが、新型軽自動車の噂はワゴンRではなく、このスペーシア カスタム Zであったということになるだろう。

(写真は従来型スペーシア)
スペーシア

既にスペーシア シリーズはマイルドハイブリッドシステムを採用しているなど、スズキの軽自動車としては最新のテクノロジーが投入されている。ここからさらに新技術が採用される可能性は低く、カスタム Zで特別なのはエクステリアのみか、あるいはインテリアまでということになるだろう。

(写真は従来型スペーシア カスタム)
スペーシア カスタム

スペーシアは販売台数で結果が出ていない、新エクステリア追加で上乗せ

さて、スーパーハイト軽ワゴンの市場拡大のきっかけとなったのはダイハツ・タントの人気のよるところが大きいと考える。スズキはこれに対抗するため先代型のパレット、そして現行のスペーシアを投入してきた。さらにホンダ・N-BOX、日産・デイズルークス、三菱・eKスペースといった同セグメントのライバルモデルも出揃い混戦状態となっている。

(写真はダイハツ・タント)
タント

販売台数を比較すると、スペーシアは月販6~7千台レベルに留まっており、これは市場をリードするタントやN-BOXに対して、半分程度の水準となっている。従来モデルに対して押し出し感の強いエクステリアが与えられた新型スペーシア カスタム Zは、こういった状況を打開するための方策の一つと考えられる。

元々スペーシアシリーズは、ライバル車の中で唯一ハイブリッドシステムを採用するだけあって、JC08モード燃費は最高で32.0km/Lとダントツの性能を誇る。今回エクステリアのバリエーションが増えたことで、販売台数を確実に上乗せしてくることが予想される。

#1 匿名さん2016/12/11(Sun)14:41:28
?……ワゴンR?
#2 (・・)2016/12/11(Sun)18:27:37
食傷気味の外観
#3 匿名さん2016/12/11(Sun)22:07:26
スズキと日産のデザインが近づいてる気が
#4 匿名さん2016/12/12(Mon)12:42:27
こんにちは!
スペーシアで、カスタムZですか!?

OEM車である「マツダ フレアワゴン」も、カスタムZを発表して欲しいです!
#5 匿名さん2016/12/12(Mon)12:43:34
こんにちは!
スペーシアにカスタムZですか!?

マツダ フレアワゴンも、カスタムZを出して欲しいです!
#6 a2016/12/12(Mon)19:29:29
初期型カスタム乗ってるけど、めちゃ派手で羨ましい、色もいいね
でもモデルチェンジサイクル考えると1年位しか売らんのだろうか
#7 匿名さん2017/01/04(Wed)17:10:52
Tモデルを買おうと思ってたらなくなってた。こんな見た目じゃなくていいから、Tを復活させてくれ

名前(任意)
コメント