スズキ・スペーシア カスタムZが12月26日に発売予定、新エクステリアに期待

スペーシアにカスタムZを追加、スーパーハイト軽ワゴン市場で躍進の可能性

スズキのスペーシアに新グレード、カスタムZが追加発売される。

(写真はスペーシア カスタムZ)
スペーシア カスタムZ 発売

現在、スーパーハイト軽ワゴン市場はスペーシアをはじめ、ダイハツ・タント、ホンダ・N-BOX、日産・デイズルークス、三菱・eKスペースと多くのモデルが参入し混戦状態となっている。ただし、スペーシアに関しては月間で6~8千台程度の販売実績となっており、あとから参入してきたN-BOXに及ばない。新たにシリーズに追加発売されるスペーシア カスタムZはこういった状況をひっくり返しそうなモデルとして注目される。

スペーシア カスタムZ インテリア スペーシア カスタム Z

スペーシアの販売台数は伸び悩み、カスタムZでイメージチェンジ

かつてスーパーハイト軽ワゴン市場で人気をリードしてきたのはタントである。維持費の安い軽自動車ながらも買い物や子育てに便利な広い室内空間は、女性ユーザーから多くの支持を得ることに成功し、エクステリアはユーザーに合わせて可愛らしいものが主流となった。その後ホンダがN-BOXを投入してからは、登録車クラスからの乗り換え先として考えられることも増え、多くの男性ユーザーを巻き込んでいる。

(写真はホンダ・N-BOX カスタム)
N-BOX カスタム

こういった流れの中で、軽自動車の購入予算は上昇する傾向にある。各モデルに設定される上級モデルのカスタムがより注目されることになり、特に押し出し感の強い男性向けデザインのモデルが好まれるようになった。

(写真は従来型スペーシア カスタム)
スペーシア カスタム

スペーシアにもカスタムは存在したが、存在感は他モデルのカスタムに比べ控えめ。スペーシア新型カスタムZでは大型のシングルフレームグリルの採用により、他のどのライバルモデルよりも押し出し感が強くなる。

通常カスタム同様にマイルドハイブリッドのS-エネチャージを装備することが予想され、JC08モード燃費は30.6km/Lとなる見込み。クラスで唯一のハイブリッド車ということで性能面ではライバルモデルから頭一つ抜ける。

スペーシア カスタムZの発売日は2016年12月26日に予定されている。

関連するレポート

[ 2016/12/17 ]
#1 匿名さん2016/12/18(Sun)19:10:45
軽自動車の規格でサイズ限界まで広げると重さ空気抵抗から走りが落ちる。重くするとサスペンションも固くなるし…設計やコストなど大変だろう…

このサイズを選ぶ時は、個人的に優先するのは、快適な乗り心地、走り出しの良さ、燃費かな。セカンドカーかメインカーでも変わるか…


#2 匿名さん2016/12/19(Mon)06:34:21
デイズはデイズとルークスの合算なのに、スペーシアが届出台数で負けているって言うのはおかしくないでしょうか?
#3 匿名さん2016/12/19(Mon)07:01:40
>>2 ご指摘の通りでございます。本文訂正させていただきました。
#4 匿名さん2016/12/19(Mon)12:55:17
こんにちは!
いよいよスペーシアカスタムZも、発表まであと1週間ですね!

OEM車で、マツダ フレアワゴンやフレアもカスタムZを発表して欲しいですが、ワゴンRは6代目にフルモデルチェンジをした時で、スティングレーもZバージョンを出して欲しいです!
#5 a2016/12/19(Mon)19:35:49
初代カスタム乗ってます、ボディカラーも派手で良いですね、羨ましい。
買うならターボを断然おすすめっす。

#6 匿名さん2016/12/20(Tue)15:17:26
他社で流行のギラギラマスクですが、こんなことして車両重量が増えて、せっかくのアドバンテージ(軽量ボディのおかげで燃費/走行性能が秀逸)をロストしたら、本末転倒。
また、スペーシアのせっかく上品なイメージを、損ねてしまうと思います。
#7 匿名さん2016/12/21(Wed)20:35:23
デザイナーも本意でなかったと思いますよ。
車重や燃費では他社を凌駕しているのに数が出ない。
それじゃこのクラスの購買層に迎合すべくメッキとイルミを増やせ。
という販売サイドからの要請に応えたのがこれなんじゃないでしょうか。
#8 匿名探偵2017/01/07(Sat)16:10:08
アルミホイールが、ワゴンRスティングレーの流用なのは残念。スズキ車のアルミホイールは経年劣化でミミズ腫れみたいに白錆びが出やすいので、クリア層を厚くして欲しい。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.