スズキ・スペーシア カスタムZが12月26日に発売予定、新エクステリアに期待

スペーシアにカスタムZを追加、スーパーハイト軽ワゴン市場で躍進の可能性

スズキのスペーシアに新グレード、カスタムZが追加発売される。

(写真はスペーシア カスタムZ)
スペーシア カスタムZ 発売

現在、スーパーハイト軽ワゴン市場はスペーシアをはじめ、ダイハツ・タント、ホンダ・N-BOX、日産・デイズルークス、三菱・eKスペースと多くのモデルが参入し混戦状態となっている。ただし、スペーシアに関しては月間で6~8千台程度の販売実績となっており、あとから参入してきたN-BOXに及ばない。新たにシリーズに追加発売されるスペーシア カスタムZはこういった状況をひっくり返しそうなモデルとして注目される。

スペーシア カスタムZ インテリア スペーシア カスタム Z

スペーシアの販売台数は伸び悩み、カスタムZでイメージチェンジ

かつてスーパーハイト軽ワゴン市場で人気をリードしてきたのはタントである。維持費の安い軽自動車ながらも買い物や子育てに便利な広い室内空間は、女性ユーザーから多くの支持を得ることに成功し、エクステリアはユーザーに合わせて可愛らしいものが主流となった。その後ホンダがN-BOXを投入してからは、登録車クラスからの乗り換え先として考えられることも増え、多くの男性ユーザーを巻き込んでいる。

(写真はホンダ・N-BOX カスタム)
N-BOX カスタム

こういった流れの中で、軽自動車の購入予算は上昇する傾向にある。各モデルに設定される上級モデルのカスタムがより注目されることになり、特に押し出し感の強い男性向けデザインのモデルが好まれるようになった。

(写真は従来型スペーシア カスタム)
スペーシア カスタム

スペーシアにもカスタムは存在したが、存在感は他モデルのカスタムに比べ控えめ。スペーシア新型カスタムZでは大型のシングルフレームグリルの採用により、他のどのライバルモデルよりも押し出し感が強くなる。

通常カスタム同様にマイルドハイブリッドのS-エネチャージを装備することが予想され、JC08モード燃費は30.6km/Lとなる見込み。クラスで唯一のハイブリッド車ということで性能面ではライバルモデルから頭一つ抜ける。

スペーシア カスタムZの発売日は2016年12月26日に予定されている。

関連するレポート

[ 2016/12/17 ]
#1 匿名さん2016/12/18(Sun)19:10:45
軽自動車の規格でサイズ限界まで広げると重さ空気抵抗から走りが落ちる。重くするとサスペンションも固くなるし…設計やコストなど大変だろう…

このサイズを選ぶ時は、個人的に優先するのは、快適な乗り心地、走り出しの良さ、燃費かな。セカンドカーかメインカーでも変わるか…


#2 匿名さん2016/12/19(Mon)06:34:21
デイズはデイズとルークスの合算なのに、スペーシアが届出台数で負けているって言うのはおかしくないでしょうか?
#3 匿名さん2016/12/19(Mon)07:01:40
>>2 ご指摘の通りでございます。本文訂正させていただきました。
#4 匿名さん2016/12/19(Mon)12:55:17
こんにちは!
いよいよスペーシアカスタムZも、発表まであと1週間ですね!

OEM車で、マツダ フレアワゴンやフレアもカスタムZを発表して欲しいですが、ワゴンRは6代目にフルモデルチェンジをした時で、スティングレーもZバージョンを出して欲しいです!
#5 a2016/12/19(Mon)19:35:49
初代カスタム乗ってます、ボディカラーも派手で良いですね、羨ましい。
買うならターボを断然おすすめっす。

#6 匿名さん2016/12/20(Tue)15:17:26
他社で流行のギラギラマスクですが、こんなことして車両重量が増えて、せっかくのアドバンテージ(軽量ボディのおかげで燃費/走行性能が秀逸)をロストしたら、本末転倒。
また、スペーシアのせっかく上品なイメージを、損ねてしまうと思います。
#7 匿名さん2016/12/21(Wed)20:35:23
デザイナーも本意でなかったと思いますよ。
車重や燃費では他社を凌駕しているのに数が出ない。
それじゃこのクラスの購買層に迎合すべくメッキとイルミを増やせ。
という販売サイドからの要請に応えたのがこれなんじゃないでしょうか。
#8 匿名探偵2017/01/07(Sat)16:10:08
アルミホイールが、ワゴンRスティングレーの流用なのは残念。スズキ車のアルミホイールは経年劣化でミミズ腫れみたいに白錆びが出やすいので、クリア層を厚くして欲しい。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ新型シビック日本仕様は、セダン、ハッチバック、タイプRの3種類あり

レクサス新型LSが3.5Lツインターボ搭載でワールドプレミア、デトロイトショー2017

レクサスが新型コンセプトカー、LF-SAをジュネーブモーターショーで発表

トヨタ新型カムリがワールドプレミア、北米国際オートショー2017開催

ダイハツ・ミラは2017年秋フルモデルチェンジ、安全運転支援システム充実

スバルXVは2017年1月生産終了予定、3月ジュネーブで次期型発表の可能性

レクサスUX、プレミアムC-HRを独自デザイン、別チャンネルで販売予定

フィット2017年春マイナーモデルチェンジで直3 1.0Lターボを導入か

スズキ・スペーシア次期モデル開発中、2017年夏のフルモデルチェンジ予測

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

2017年はジュークがフルモデルチェンジか、新デザインとe-POWERで人気モデルに

三菱がジュネーブモーターショーでコンパクトクロスオーバーSUVを発表予定

ヴィッツハイブリッドの車両価格は181万9800円から、1月12日に発売予定

スズキ・スペーシア カスタムZが12月26日に発売予定、新エクステリアに期待

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

次期15代目クラウン開発中、2017年東京モーターショーでエクステリア発表予想

日産・ノート e-POWERの初期受注が好調、シリーズ合計月販15784台で首位

新型スイフト2017年1月4日発売、スズキのニューモデルラッシュ

スペーシア カスタム Zが発売予定、押し出し感の強い新エクステリアが追加

トヨタ新型プリウスPHVは326万1600円から、2017年2月に発売延期

スズキ・ワゴンRのフルモデルチェンジは年明け早々、2016年内は難しそう

スズキ新型スペーシア カスタムZを149万0400円から発売、燃費30.6km/L

トヨタ次期カムリ、北米仕様は2.5Lターボ有り、日本仕様はハイブリッド専用

スズキ・スイフトのフルモデルチェンジ発表は2016年12月27日、134万3520円から

三菱eKスペース、カスタムがマイナーモデルチェンジでフェイスリフト

バモスが一部改良を受けて販売継続、N BOXと共存する価値はあるのか?

新型スイフトのエンジンは1.2Lマイルドハイブリッド、1.0Lターボ、1.2L NA

スズキがハスラーのワイド版を計画、オシャレなクロスオーバーSUVが登録車に

新型セレナに1.2LレンジエクステンダーEVの可能性、2017年初旬追加発売か

次期カローラは車格アップ、トヨタのセダンラインアップは車種整理される

レクサスが次期LSを予告、コンセプトカーのLF-FCを東京モーターショーで発表

ヴェゼルの受注が好調、ハイブリッド納期は消費税増税後、将来はターボ追加

ヴィッツハイブリッドの発売日は2017年1月12日、先行予約12月開始

日産オッティ&三菱eKワゴン後継車、2013年6月の発売に向けて準備中

マツダCX-5がフルモデルチェンジ、予約受付開始246万2400万円から

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

新型レヴォーグが東京モーターショーで公開、スバルのインプレッサ派生ワゴン

マツダCX-3は2014年度内の発売計画、1.5Lディーゼル搭載の新型コンパクトSUV

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.