car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スズキ スペーシアカスタムZ プレミアムを東京オートサロンで出品、画像

新型スペーシアカスタムZに早くもカスタマイズモデルの提案

スズキは開催中の東京オートサロン2017で、スペーシア カスタムZ プレミアムを出品した。

(写真はスペーシア カスタムZ プレミアム)
spacia-custom-z-premium

全高の高いスーパーハイト軽ワゴンの車種として、スズキはスペーシアシリーズを2013年より販売するが、ライバルのダイハツ・タント、ホンダ・N-BOXに対し、売上台数の実績としては負けている。スペーシアカスタムZはそんな状況を打開するため、2016年12月に発売されたばかりのモデルとなる。

spacia-custom-z-premium-face spacia-custom-z-premium-rear

スペーシアシリーズは従来からノーマルとカスタムの2タイプのエクステリアがラインアップされてきた。カスタムZのフロントデザインは従来型モデルとは別デザインが与えられており、悪ミニバン風の迫力あるフロントグリルが採用された。

spacia-custom-z-premium-face spacia-custom-z-face

市販型カスタムZをそのまま出品させても注目度十分であったとは思うが、東京オートサロンはカスタムカーイベントという性格を持っていることもあり、市販ラインアップには設定されていない専用のカラーリングが与えられた。なかでも専用ステージにディスプレイされたモデルは、大粒径メタリックフレークが混ぜ込まれたブラック系塗装が施され、反射光がキラキラと輝くそのボディは夜の街にも映えそうである。

spacia-custom-z spacia-custom-z-rear

次期スペーシアも開発中、カスタムZが予告する次期型エクステリアデザイン

既にスペーシアシリーズはモデル末期の段階となっており、今回のカスタムZは次期スペーシアのエクステリアデザインを占う重要なモデルとして見ている。カスタムZの販売が好調となれば、次期スペーシアカスタムにもこういった押し出し感の強いエクステリアが採用されるはずだ。

#1 匿名さん2017/01/17(Tue)18:49:05
おお……何かアレだ、トヨタのBBに似てるな……。

名前(任意)
コメント