car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

アルファード、ヴェルファイアは今秋マイナーモデルチェンジで2.0Lターボ追加

アルヴェルがマイナーモデルチェンジで後期型へ、東京モーターショー公開か

トヨタ・アルファード、ヴェルファイアのマイナーモデルチェンジが2017年秋~冬頃の時期に予定されている。

(写真は現行アルファード)
トヨタ アルファード

現行アルファードおよびヴェルファイアは、2015年1月に発売されたモデルで、販売期間3年を迎えるにあたってマイナーモデルチェンジが予定されている。これは内外装のリフレッシュに留まらずパワートレイン改良を含めた大掛かりなものとなりそうである。今秋、2017年10月に東京モーターショーが開催されるが、そこで市販プロトタイプの車両公開となり、一般発売は同ショー直後から2018年の年明けあたりが予想される。

(写真は現行ヴェルファイア)
ヴェルファイア ヴェルファイア リアコンビネーションランプ

アルファード、ヴェルファイアにダウンサイジングターボの8AR-FTS型エンジン搭載

まず2.5L NAガソリンエンジンと2.5Lハイブリッドエンジンであるが、これらはTNGA世代の新開発型へと切り替わる。特にハイブリッドについては今夏の発売が予定されている新型カムリと共通ユニットということになるだろう。

(写真は8AR-FTS型2.0Lターボエンジン)
8AR-FTS型

そして、3.5L V6エンジンについては廃止となる可能性が高く、新たに導入されるのが8AR-FTS型2.0Lターボエンジンである。レクサス車種で先行採用されてきた8AR-FTS型エンジンは、次はトヨタ車種への展開が進められつつある。既に導入されたクラウン 2.0アスリート S-Tにおいては、最高出力235ps、最大トルク35.7kgfmというパフォーマンスとなっている。ちなみに3.5L V6エンジンは280ps、35.1kgfmであったから、単純にリプレイスと考えるとスペックダウンという印象になるが、燃費性能は大幅に改善されるだろう。

#133 匿名さん2018/05/13(Sun)00:50:51ID:kwYjZhYTjZ
クルマに興味が無い人向けの、趣味性も無い車=「ミニバン」って事で良いんだね?
#134 匿名さん2018/05/13(Sun)01:02:01ID:RiNmVhN2jN
#133
それはただの我田引水。クルマ好きでもミニバンが好きという人はいるし。ピックアップトラックが好きという人もいる。SUV、スポーツカーもしかり。自分と考えが違うから否定ではダメ。
#135 匿名さん2018/05/14(Mon)22:48:45ID:VkNzBkNWzZ
3.5がいいね。
300馬力以上あって足回りもダブルウィッシュボーン、低重心。価格高い上にデカいけど走る応接間。走りも速い直線番長w
#136 匿名さん2018/05/14(Mon)23:17:03ID:EwMDAxNGDZ
直線番長は、良い意味では
使わない。
ミニバンに最適なワード。
#137 匿名さん2018/05/15(Tue)19:24:01ID:JhZjM4ZTDZ
直線速いだけでもすごい。
軽よりゼロヨン遅い非力な低性能車に比べたら。
#138 匿名さん2018/05/15(Tue)22:34:06ID:Y2OTE2YmTN
137
どこのクルマ?それ
ミニバンで直線速い?は?
#139 匿名さん2018/05/16(Wed)20:49:14ID:I0NjVhNjjN
#135#137
DQN自白で自爆

#140 匿名さん2018/05/16(Wed)21:08:54ID:M5Y2E3N2GO
DQNなんて死語だけど(笑)。
お爺ちゃんだからネ。許すよ。
#141 匿名さん2018/05/16(Wed)23:08:51ID:IxNTAzYTjZ
137
どこのクルマ?それ
ミニバンで直線速い?は?
#142 匿名さん2018/05/17(Thu)22:26:01ID:Q1OWZkMjTO
アルファードの2トン以上あるデカいボディで豪快。

【0-100km/h加速比較】
アウディQ2  9.2秒
マツダロードスター 8.2秒
アルファード3.5 7.8秒
シビックVTEC turbo 7.2秒
レクサスIS200t  7.0秒
フェアレディ350Z 6.4秒
#143 匿名さん2018/05/18(Fri)00:02:57ID:gxYzA4YTmN
137
どこのクルマ?それ
ミニバンで直線速い?は?
早く答えてよ
#144 匿名さん2018/05/18(Fri)00:21:29ID:I4MjJhNzmZ
#138#141#143
DQN自白で自爆
#145 匿名さん2018/05/19(Sat)12:27:18ID:JhYzY2NTTN
137
何やってんの?
逃げないで早く回答しろよ
どこのクルマだよ
#146 匿名さん2018/05/19(Sat)13:36:27ID:llN2M4ZDGZ
#142
貨物なんぞにそんな加速力要らないのにねw
荷物と人を沢山積めてナンボな車な訳だし。
#147 匿名さん2018/05/19(Sat)14:18:43ID:JhYzY2NTTN
142=137

惨敗。
#148 匿名さん2018/05/19(Sat)21:17:57ID:hkNGQzNDTM
ヒネクレ者のお爺ちゃんは、すぐにミニバン批判
世の中では大人気の高級車なのに、ケチばかりつけてると、
変人って言われるよ
でも本当のことだから、まあいいよネw
#149 匿名さん2018/05/19(Sat)23:48:57ID:AxNDRhYzWZ
逆じゃない?
#150 匿名さん2018/05/20(Sun)05:14:12ID:lhZWU3Y2DN
137=142=148
話そらしてないで早く回答せよ
どこのクルマだよ
#151 匿名さん2018/05/21(Mon)22:45:53ID:AxMTcxODzN
日曜早朝に複数の板に必死に書き込みする孤独なお爺ちゃん。
悲しいネ。
#152 匿名さん2018/05/22(Tue)23:22:15ID:QxMjE2MGGO
151=135
頓珍漢な事書くから
どの板でも袋叩きになるんだよ
#153 匿名さん2018/06/11(Mon)21:20:30ID:I1YzZhZjDM
アルファード(ALPHARD)

〇インテリアの質感やインテリアパネルなども高級感溢れるデザインを採用
〇車線逸脱防止機能やブラインドスポットモニター、誤発進抑制機能などの安全を意識した先進安全装備
〇走行時の振動や騒音を抑制し、静粛性能が優れている
〇リアサスペンションにダブルウィッシュボーンを採用し、上質な乗り心地と安定性が向上
〇価格は最安グレードでも335万円、最上級グレードは705万円となるが、機能性や快適性を考慮すると輸入車の高級セダンよりも割安な価格
#154 匿名さん2018/06/11(Mon)21:56:19ID:A4NThjMzDY
153
憧れのクルマを説明する時は、筆が弾むようだなwww

アルファードが「憧れのクルマ」かwwww
ワロスワロスwww
#155 匿名さん2018/06/11(Mon)22:25:26ID:I1YzZhZjDM
↑↑↑
やった!!! バカが喰いついたwwwwバ~カ
#156 匿名さん2018/06/11(Mon)22:27:55ID:A4NThjMzDY
155
ビンボー人が考えそうなネタだよな・・・
#157 匿名さん2018/06/11(Mon)22:30:21ID:I1YzZhZjDM
↑↑↑
引っかかって悔しいけど、クソなレスしかできないバカw
#158 匿名さん2018/06/11(Mon)22:31:32ID:A4NThjMzDY
157
だから、「ミニバン海苔」はディスられるわけ
おまえがその代表な

#159 匿名さん2018/06/11(Mon)22:33:08ID:I1YzZhZjDM
↑↑↑
顔が真っ赤だぞ、悔しいのかマヌケwwwバ~カ
#160 匿名さん2018/06/11(Mon)22:34:11ID:A4NThjMzDY
159
それ、オマエだろ?
クズ!
#161 匿名さん2018/06/11(Mon)23:05:50ID:IzYTRjMGzM
ミニバンユーザーの民度←コレw
#162 匿名さん2018/06/13(Wed)18:34:18ID:hjNWM2OW2Z
米朝首脳会談を取材した北カメラマンがアルファードを使用していた。
#163 匿名さん2018/06/13(Wed)20:01:10ID:AzOGUyZDzZ
#162
ただのハイヤーでしょ。シンガポールにはたくさんあるよ。
そんなこといってまでネガキャンか。
自分で情けなくないかね。
人間性が本当クズだな。
#164 匿名さん2018/06/13(Wed)20:37:47ID:I0NTNkZmGN
ミニバンマンセーか、163www
#165 匿名さん2018/06/13(Wed)21:45:18ID:hjNWM2OW2Z
糞の役にも立たない、早く地獄のドアを開けろ163
#166 匿名さん2018/06/17(Sun)11:37:14ID:I2MDkxZmzZ
「Mr.袋叩き」こと、ワーゲン大好き爺さんの#163

特技:「袋叩き」に合う

いつでもどの板でも「袋叩き」・・・
#167 匿名さん2018/06/17(Sun)11:43:11ID:VmOGNiOGTY
166
ワーゲン板での図星の指摘に悔しくてミニバンアレルギー坊やがまた登場。

"袋叩き"は、いつものお前のことだろ(笑)。クルマも持ってないくせに、カタログデータや他人の意見の受け売りや思い込みばかりで、具体性は何もないから、いつもコテンパンにやられる。
自分のことを客観視したほうがいいぜ。
#168 匿名さん2018/06/17(Sun)12:04:20ID:I2MDkxZmzZ
167
ネットだと好き勝手に書けるから、爺さんの「タワゴト」は気にしないよ。

じゃ、165、166となんでこんなに批判されんだろな?

別人だってこと、ちょっとネットかじればすぐわかる事だぜ?
#169 匿名さん2018/06/17(Sun)12:22:03ID:VmOGNiOGTY
168
>別人だってこと、ちょっとネットかじればすぐわかる事だぜ?

165って水曜のお前の書き込みだろ。
IDは曜日で変るんだから。別人を装ってバカなの?

それから168と166は同じIDだぞ。パソコンとスマホを取り違えてマルチハンドル失敗したか(大爆笑)。

#170 匿名さん2018/06/17(Sun)12:24:57ID:I2MDkxZmzZ
169
違うんだな・・・・(ニヤニヤ)
そう思ってりゃいいんじゃないの?(ゲラゲラ)
爺さんが「袋叩き」なのは変わんないわけだしさ(大爆笑WWW)

ところで「マルチハンドル」って何なのよ?
#171 匿名さん2018/06/17(Sun)12:58:22ID:VmOGNiOGTY
#170
お前さん、ワーゲン板じゃ次のように豪語してるけど、マルチハンドルを知らんのか。つまりハッタリか(笑)。

#132 匿名さん2018/06/17(Sun)12:09:41ID:dhYjVmNDzN
130
「マルチハンドル」って、もっと別の言い方があるんだよね
「マルチハンドル」で検索しても出てこないのよ。
ま、教えてやんないけどな。じじくささ万点だよ。
#172 匿名さん2018/06/17(Sun)13:01:11ID:I2MDkxZmzZ
171

教えて欲しいだろ?
またまた「疑心暗鬼モード」になっちゃったか?
#173 匿名さん2018/06/17(Sun)13:11:41ID:VmOGNiOGTY
#172
この方は、マルチハンドルの意味がわからなくて、まだ探りを入れてるようです。
どなたか教えてやってください(笑)。
#174 肥溜め ストーリー2018/06/17(Sun)16:38:56ID:Q1Y2Q2NTTZ
見た文字のまんまなんですが。
#175 匿名さん2018/06/18(Mon)22:08:53ID:BmMTQzZDmN
お爺ちゃん、ミニバンアレルギー坊やっていいニックネームつけてもらったネw
でもホントは坊やじゃなくてお爺ちゃんだよネ
それでさ、マルチハンドルの意味わかったかな
ヒマなんだから必死に検索してネ
わかったら教えてねwwww
#176 匿名さん2018/06/18(Mon)22:14:42ID:liNDdmMzWN
175
インサイト板でニワカ知識を披露して、大恥かいて大惨敗。
趣味は「袋叩きにあう」と特殊な性癖をもつ、
ワーゲン大好き爺さん(しかもミニバン海苔藁)が、またまた出没!

今日もネットパトロール隊の「駆除活動」に期待だ!
#177 匿名さん2018/06/18(Mon)22:25:13ID:BmMTQzZDmN
↑↑↑
こいつのヤリス板での書き込みがこれ↓。
こういう人物ですからwwバカ杉

#23 匿名さん2018/06/11(Mon)20:25:53ID:U5NTk2Nj2O
22
シューッ!!!
殺虫剤噴霧
ビンボーミニバン22の駆除完了!
#178 匿名さん2018/06/18(Mon)22:28:30ID:liNDdmMzWN
ワーゲン大好き爺さんの有名な基地外コメント
3月25日の投稿より

#28 匿名さん2018/03/25(Sun)20:40:51ID:IxM2U4MTDZ
ワーゲンのディーゼルでDSG
すばらひー
うっわぁぁぁぁ魅力たっぷりぃぃぃぃぃぃ(笑)
排ガスはクリ~ンクリ~ン
#179 匿名さん2018/06/18(Mon)22:35:14ID:BmMTQzZDmN
↑↑↑
ミニバンアレルギー坊や、それ何回も貼ってるけど、
そりゃ人違いだぜ(笑)

#180 匿名さん2018/06/18(Mon)22:54:51ID:liNDdmMzWN
179
オマエが今更そんなこと言ったって、誰一人信じない。
ワーゲンワーゲン基地外だろ、オマエ?
ゴルフ大好きだもんな、オマエ?
#181 匿名さん2018/06/18(Mon)23:22:21ID:BmMTQzZDmN
180
自分に反論する人間はみんな同一人物に見えるらしいが。大丈夫か。社会性が無いからそういう感覚になるんだよ。
#182 匿名さん2018/06/19(Tue)09:02:47ID:lmZTI3MDWZ
#181
そういうこと書くから「ミニバン乗り」って言われちゃう。
やめて欲しい。

名前(任意)
コメント

過去記事(2017/02/24)

アルファード&ヴェルファイアのマイチェン後期型が東京モーターショー出展か

トヨタがアルファード後期型、ヴェルファイア後期型を計画中

現行のアルファードとヴェルファイアは2015年1月にデビューしたモデルであった。販売期間3年のタイミングとなる2017年終盤から2018年初頭あたりに、マイナーモデルチェンジが計画されている。

(写真は現行アルファード)
アルファード

アルファード、ヴェルファイアはそれぞれに大幅なフェイスリフトが実施される見込みで、中期型あるいは後期型へ移行することになる。まずは、2017年10月の開催が予定されている東京モーターショーにおいて、新型アルファード、新型ヴェルファイアとしての参考出品が予想される。

トヨタ アルファード トヨタ アルファード リアコンビネーションランプ

装備面では安全運転支援システムのさらなる充実が欠かせないだろう。トヨタは2017年度内に、トヨタセーフティセンスをほぼすべてのモデルに採用することを発表している。アルファード、ヴェルファイアについては、このマイナーモデルチェンジのタイミングで、トヨタセーフティセンスPが導入されることが予想される。

アルファード リアコンビネーションランプ アルファード トヨタ

アルファード、ヴェルファイアのLクラスミニバン市場はトヨタの一人勝ち

(写真は現行ヴェルファイア)
ヴェルファイア

かつてミニバンブームという言葉もあったが、このアルファードとヴェルファイアについては、いまもなお売れている。2017年1月の販売台数は、アルファードが3118台、ヴェルファイアが4938台で、両姉妹モデル合わせて月販8千台を超える水準となっている。主力グレードで400万円を超える価格帯のモデルとしては異例ともいえる販売実績ではないだろうか。

ヴェルファイア リアコンビネーションランプ ヴェルファイア トヨタ

一応のライバルとして日産・エルグランドがあるが、モデル末期ということもあり月販千台にも満たない。少し小さいがホンダ・オデッセイをこの列に加えても、月販2千台クラスで、やはりトヨタが一人勝ちという状況だ。

過去記事(2015/01/29)

ヴェルファイア、アルファードがフルモデルチェンジ、トヨタの新型ミニバン

新型ヴェルファイア、新型アルファードはダブルウィッシュボーン採用

ヴェルファイアとアルファードが2015年1月26日にフルモデルチェンジを受けた。

(写真は新型ヴェルファイア)
ヴェルファイア

ボディサイズは全長4915mm×全幅1850mm×全高1880mmとなる。先代モデルとの比較では、全長が+45mm、全幅が+20mmと拡大する一方で、全高は-10mmと低くなった。

新型ヴェルファイア ヴェルファイア インテリア

中でもホイールベースは+50mmの延長を受けて3000mmとなる。キャビンスペースは拡大され、乗り心地や走行安定性が向上される。またリアサスペンションが、従来モデルに採用されてきたトーションビーム式からダブルウィッシュボーン式に変更されているのもセールスポイントとなる。

(画像は新型アルファード)
アルファード アルファード インテリア

ヴェルファイア、アルファードの年度末までの受注は既に難しい、税負担アップ

新型ヴェルファイアおよび新型アルファードは3タイプのパワートレインが採用される。

直4 2.5Lのガソリンエンジン搭載モデルは消費税込み価格319万7782円から。Lクラスミニバンとしてはリーズナブルなスタート価格が設定されたのは有難い。しかし、これでも先代モデルのエントリーモデルと比較すると11万2068円の値上げとなっている。アイドリングストップが別途オプション、2列目はベンチシートなどと、装備が簡略化されているので注意が必要だ。

3.5L V6エンジン搭載モデルは、上級グレードとしてポジショニングされる。2列目はキャプテンシートが装備され414万5237円から。

そして人気となっているのが、2.5L ハイブリッドエンジン搭載モデルである。JC08モード燃費は19.4km/Lを達成し、駆動方式は電気式4WD(E-Four)が採用される。幅広いグレードラインアップが用意され価格は411万3818円から。最上級グレードとしてHYBRID Executive Loungeがヴェルファイア、アルファードともに用意され、価格は703万6691円からとなる。

アルファード シート アルファード シートスライド

新型ヴェルファイアおよび新型アルファードは、昨年末から先行予約が始まっており、既に多数の受注を獲得しているとのこと。エコカー減税のルール改定が予定されている2015年3月までの納車は難しく、これから受注となるユーザーは税負担が多少増えることになるだろう。

過去記事(2015/01/12)

アルファード&ヴェルファイアがフルモデルチェンジ、車両価格は約320万円より

新型アルファードと新型ヴェルファイアが1月26日デビュー予定

トヨタのアルファードとその姉妹車ヴェルファイアが2015年1月26日にフルモデルチェンジされる計画となっている。

(写真は現行アルファード)
アルファード

Lクラスミニバンの中でも圧倒的な人気を持つ両車種であるが、次期モデルからは車体寸法が少し大きくなり、これまで以上の居住性が与えられることになる。全長4915mm×全幅1895mm×全高1880mm、ホイールベースは3000mmとなる見込みだ。

(写真は現行ヴェルファイア)
ヴェルファイア フロントグリル

新型アルファード&ヴェルファイアの車両価格は319万7782円から703万6691円と幅広くラインアップ

新型アルファード、新型ヴェルファイアはボディサイズの拡大に伴い車両価格も上げられる。現行モデルと比較して概ね10万円程度のアップとなる。エンジンタイプは直4 2.5L、V6 3.5L、2.5Lハイブリッドの3タイプがラインアップされる。

直4 2.5Lエンジン搭載モデルは319万7782円~417万3709円に価格設定される。最安のエントリーグレードでは、2列目はベンチシート採用の8人乗り仕様となる。

ラインアップ全体では2列目キャプテンシートの7人乗りが主流。上級モデルではエアロが装備される。

V6 3.5Lエンジン搭載モデルは414万5237円~652万2218円に価格設定される。廉価グレードは設定されず、装備が充実したモデルでラインアップが構成される。

そして、ハイブリッドエンジン搭載モデルは411万3818円~703万6691円に価格設定される。3つのエンジンタイプの中で最も人気となることが予想され、シンプルな装備のものから上級モデルまで幅広くラインアップされる。電気式4WDのE-Fourを全ハイブリッド車に採用。JC08モード燃費は19.4km/Lとなる。

また、直4 2.5LおよびV6 3.5Lのそれぞれ通常ガソリンエンジンモデルは4WD車も用意されており、別途25万0363円で設定可能となっている。

高級感のアルファード、スポーティーなヴェルファイアというキャラクター付けは次期モデルでも変わらない。

(写真はエスクァイア)
エスクァイア

アルファードは存在感のある大型メッキグリルが採用され、エスクァイアをさらに高級化させた雰囲気となる。

(写真はハリアー)
ハリアー

ヴェルファイアはハリアー風のシャープなフロントデザインとなる。

過去記事(2014/12/04)

アルファード&ヴェルファイアは新年1月26日にフルモデルチェンジ

トヨタ新型アルファード、ヴェルファイアはボディサイズ拡大、燃費性能向上

ラージクラスミニバンで圧倒的な人気を誇るトヨタのアルファードとその姉妹車ヴェルファイアが2015年1月26日にフルモデルチェンジデビューされる計画となっている。

(写真は現行ヴェルファイア)
ヴェルファイア

新型アルファードとヴェルファイアのボディサイズは全長4915mm×全幅1850mm×全高1880mm、ホイールベースは3000mmとなる。

従来モデルとの比較では、全長が+45mm、全幅が+20mm拡大したのに対し、全高は-10mmに抑えられた。特にホイールベースは+50mm延長されており、2列目シートおよび3列目シートに割り当てられるスペースが拡大される。スライドドア開口サイズも大きくなり乗り降りがしやすくなる。

(写真は現行アルファード)
アルファード フロントフェイス アルファード

新型アルヴェルのエンジンはV6 3.5L、直4 2.5L、2.5ハイブリッドの3タイプがラインアップ

新型アルファードとヴェルファイアのパワートレインは3タイプ用意される。

V6 3.5Lガソリンエンジンは継続され、改良によりJC08モード燃費は9.5km/Lへ僅かながら改善される。

直4ガソリンエンジンについては、現行2.4Lは廃止され、北米カムリと同タイプの2.5Lが採用される。こちらのユニットはアイドリングストップモデルでJC08モード燃費は12.8km/Lとなる。

以上、通常ガソリンエンジンモデルの駆動方式はFFと4WDが設定される。

そして、次期型でも人気となりそうなのがハイブリッドモデルで、2.5LのTHSⅡに刷新される。JC08モード燃費は19.4km/Lとなり、燃費性能が優れないとされるラージクラスミニバンの中では圧倒的なアドバンテージが与えられることになる。駆動方式は4WDのE-Fourのみの設定となり、車両価格は少し高くなりそうだ。ハリアーハイブリッドと同タイプのシステムが採用されるだろう。

エクステリアデザインは、高級志向のアルファード、スポーティ路線のヴェルファイアのコンセプトが継続される。

過去記事(2014/10/26)

アルファード&ヴェルファイアのフルモデルチェンジは2015年の年明け

新型アルファード&ヴェルファイアが6年ぶりにフルモデルチェンジ

アルファード&ヴェルファイアのフルモデルチェンジ発表が2015年の年明けにも実施される見通しとなった。

(写真は現行アルファード)
アルファード

現行アルファード&ヴェルファイアは2008年に販売がスタートしたモデル。6年以上の販売期間を経て、今回のフルモデルチェンジを受けることになる。次期モデルについてもこれら2モデルは姉妹車の関係にあり、デザインの違いで差別化されることになる。

(写真は現行ヴェルファイア)
ヴェルファイア

次期アルファード&ヴェルファイアはハイブリッドモデルにリチウムイオンバッテリーを採用

現行型のエンジンラインアップはV6 3.5Lガソリン、直4 2.4Lガソリン、直4 2.4Lハイブリッドということであった。次期型ではV6 3.5Lガソリン、直4 2.5Lハイブリッド、直4 2.5Lガソリンというラインアップになる。V6エンジンは改良が盛り込まれながらもキャリーオーバー、2.5Lハイブリッドはカムリのユニットをベースにしたもの、2.5Lガソリンは北米カムリのユニットがベースになることが予想される。

ヴェルファイア フロントグリル

特にハイブリッドモデルでは、従来のニッケル水素バッテリーから、リチウムイオンバッテリーに切り替えられる見込み。アルファード&ヴェルファイアは車体重量の重いラージクラスミニバンであるが、これによりハイブリッドモデルの燃費性能はクラスを圧倒するものとなるだろう。

アルファード フロントフェイス

ライバルは日産・エルグランドが挙げられるが、こちらはハイブリッドの設定が無く、2014年1月にマイナーモデルチェンジを受けつつも、基本的には2010年発売のモデル末期車種だ。新型アルファード&ヴェルファイアが圧倒的な人気となるだろう。

過去記事(2014/08/14)

トヨタのミニバン、アルファードとヴェルファイアのフルモデルチェンジは12月

アルファードとヴェルファイアは2014年12月に新型発表の予定、パワートレイン一新

トヨタのワンボックス、アルファードとその姉妹車種ヴェルファイアのフルモデルチェンジ発表が2014年12月にも行われる見通しとなった。

(写真は現行ヴェルファイア)
ヴェルファイア

次期モデルに搭載されるパワートレインは、通常ガソリン車についてはV6 3.5L、直4 2.5Lの2タイプ、ハイブリッドは2.5Lがラインアップされる。

(写真は現行アルファード)
アルファード フロントフェイス アルファード

V6 3.5Lガソリンはアイドリングストップが採用される。直4 2.5Lガソリンについては、現行2.4Lからエンジンタイプの変更になる。また、2.5Lハイブリッドも現行の2.4Lから変更となり、現行カムリハイブリッドの新世代システムと共通化されることになる。

(写真はカムリハイブリッド)
カムリ ハイブリッド

次期型アルファードとヴェルファイアもクラスナンバーワンミニバンを狙う

現行モデルのアルファードおよびヴェルファイアは2008年にデビューした。今回は6年半ほどの販売期間でフルモデルチェンジを受けることになる。現行モデルの車両価格は308万5714円からとトヨタのラインアップの中では比較的上位車種に位置しながらも2014年7月の合計販売台数は5505台と好調だ。

(写真はライバルの日産・エルグランド)
エルグランド

ライバルは日産・エルグランドとされるが、こちらは月販500台程度と相手になっておらず、このクラスのミニバンはアルファードとヴェルファイアの二強となっている。

次期型のアルファードとヴェルファイアは年末の発表後、2015年の年明け早々にも発売が始まる見込みとなっており、待ち望んでいるファンも多いだろう。

この他、目新しい技術としては、バックカメラ移動物検知機能が装備される。後退時の後方確認は、特にLクラスミニバンにおいて、ドライバーの大きな負担となる。既にエルグランドでは同様の機能を装備しており、アルファードやヴェルファイアもこれに続いて装備されることになる。

過去記事(2014/06/07)

アルファード&ヴェルファイアは2014年度内にフルモデルチェンジの見込み

アルファード&ヴェルファイアの次期モデルが開発中、居住性向上に期待

トヨタのLクラスミニバン、アルファード&ヴェルファイアのフルモデルチェンジが2015年初頭頃に実施される見込みである。

(写真は現行アルファード)
アルファード

アルファードは2002年にハイエースをベースに日産エルグランドの対抗馬として初代モデルの販売がスタートされた。2008年にはフルモデルチェンジを受け2代目モデルに切り替わり、さらにデザイン違いの兄弟車種としてヴェルファイアがラインアップに加わっていた。

アルファード フロントフェイス

次期モデルも、やはりライバルのエルグランドを超えるスペックで登場することになるだろう。特に全長に関しては現行アルファード&ヴェルファイアはエルグランドの4910mmより短くなっているが、これについてもフルモデルチェンジでボディサイズの拡大が予想される。

一方で、トヨタのミニバンといえば、ノア&ヴォクシーがフルモデルチェンジして間もないが、低床低重心でフラットな床面が特徴となっていた。この低床化技術は次期アルファード&ヴェルファイアにも採用されることになるだろう。

(写真は現行ヴェルファイア)
ヴェルファイア

次期アルファード&ヴェルファイアのパワートレイン、直4 2.5Lハイブリッドが主力モデル

次期アルファード&ヴェルファイアへの搭載が予想されるエンジンは、直4 2.5Lと直4 2.5Lハイブリッドの2タイプが有力となる。特に後者の方は、カムリの2AR-FXEハイブリッドの採用となり、販売の主力モデルになるだろう。

ヴェルファイア フロントグリル

また、現行アルファード&ヴェルファイアにはV6 3.5Lモデルがラインアップされるが、こちらは既に販売数が非常に少ない事情もあり、次期モデルでは設定されない可能性がある。代わりとしてクラウンと同タイプのV6 3.5Lハイブリッドエンジンモデルの投入を期待する声もある。

新型アルファードハイブリッド、ヴェルファイアハイブリッドの長所と欠点

アルファードハイブリッド、ヴェルファイアHVがデビュー

アルファード/ヴェルファイア ハイブリッドの価格が決まる

エルグランド vs アルファード&ヴェルファイア 比較

アルファード&ヴェルファイア ハイブリッドが11月にデビュー

アルファード・ヴェルファイアのハイブリッドモデルが登場

ミニバン2.3L~クラスの実用燃費ランキング

国産ハイブリッドカー全一覧リスト

二代目アルファード&ヴェルファイアDBA-ANH20Wの故障メンテナンス

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先