アルファード/ヴェルファイア ハイブリッドの価格が決まる

アルファード/ヴェルファイア ハイブリッドの価格が決まる

アルファード/ヴェルファイアがマイナーチェンジチェンジ

トヨタのワンボックスミニバンで人気の高いアルヴェルが11月にマイナーチェンジする。
今回のMCはエクステリアも一部変更されイメージも一新。
フロントグリルがそれぞれ新デザインのものが採用されるので、印象が大きく変わるだろう。
エアロの付いた上位グレードはバンパーの大型化でよりグラマラスに変身する。
18インチのアルミホイールも新デザインが投入され、足元も引き締まる。
リアは幅広に見えるメッキパーツが追加され、よりワイドな印象になるギミックの効いたデザインになる。
これらビジュアル面よりも注目されているのが、ハイブリッドモデルの復活。
旧アルヴェルにも設定のあったハイブリッドだが、今回は新型のTHS-IIが採用され、動力性能、燃費性能ともに期待が出来る。

アルヴェルにハイブリッドが追加

非ハイブリッドモデルのパワートレーンは変更無しで、従来通り2.4Lの2AZ-FEエンジンと3.5Lの2GR-FEエンジンが搭載される。
注目はハイブリッドエンジンの追加。
エスティマハイブリッドに搭載されているTHSⅡが採用され、燃費性能は10・15モードで19km/L程度が見込まれている。
エスティマハイブリッドの10・15モード燃費20km/Lには及ばないものの、車重が重いアルヴェルHVとしては良好なスペック。
アルヴェルハイブリッドのエクステリアは専用エンブレムが付くだけで、グリルやスポイラーなどの装飾パーツは非ハイブリッドと共通になる。

アルファードハイブリッド、ヴェルファイアハイブリッドの価格

アルヴェルHVの価格が決まった。
最も安いグレード、ハイブリッドXは395万円。
これに続いて、ハイブリッドGが440万円、ハイブリッドG/Lパッケージが550万円、ハイブリッドSRが455万円、ハイブリッドSR/Cパッケージが565万円となる。

ハイブリッドシステムの価格上乗せを考えてみると、非ハイブリッド240Gの7人乗りが368万円、これと同程度の装備になるハイブリッドGが440万円。
ハイブリッドシステムの上乗せ金額は72万円ということになる。
単純にコストパフォーマンスだけで考えるとかなり走行距離の多いユーザーでないと、割高に感じる価格設定と言えるだろう。

多人数乗車の多いユーザーなら、非ハイブリッドの2.4Lエンジンでは動力性能的に不満を感じるはず。
そういう人の選択肢として、非ハイブリッド350Gの406万円と、ハイブリッドGの440万円を比較すれば、その差はわずか34万円。
この差額なら、断然ハイブリッドの選択がおすすめとなる。
さらに、ハイブリッドモデルは後輪に50kWのモータが装備され、実質的に4WD並の駆動力を持つ。
非ハイブリッドの4WD車は2WD車に比べ、20万円弱の価格差があるから、4WDを選択するユーザーにとってもハイブリッドグレードのメリットは大きいだろう。

まとめると、動力性能を求めないユーザーは非ハイブリッドの2.4Lモデル。加速性能や4WD駆動を求めるユーザーはハイブリッドモデルがお奨めとなる。

関連するレポート

[ 2011/08/30 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

ジュークのフルモデルチェンジは2017年、新開発シリーズ方式ハイブリッド搭載

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

スバル後期型レガシィの日本発表が9月4日に予定、マイナーモデルチェンジ

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

NX300h、NX300が後期型へマイナーモデルチェンジ、9月14日に日本発売

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

スペーシアが2018年春フルモデルチェンジ、マイルドハイブリッドも進化

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

フィットが予想以上の売れ行きで増産体制、派生セダン発売スケジュールに遅れ

ホンダ・フィットがマイナーモデルチェンジ、後期型はホンダセンシング採用

アルファロメオ・ジュリア、新型FRセダンの2017年内の日本発売が公式発表

ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.