アルファード&ヴェルファイア ハイブリッドが11月にデビュー

アルファード&ヴェルファイアが11月のマイナーチェンジでハイブリッドモデルを追加

バッテリー搭載位置はフロントシート中央なのが不満

ハイブリッドシステムのニッケル水素バッテリーは前席の運転席と助手席の間に設置される。
そのため左右のウォークスルーができなくなるというデメリットが生じるのだ。
これについてはもう少し工夫が欲しかったところ。
ミニバンと言えども前席が最も乗車頻度の高い場所。ハイブリッド化によってそのスペースが犠牲になるのは残念だ。
特にアルファード&ヴェルファイアは全幅が1830mmもあり、駐車スペースに余裕の無い場所では左右どちらからでも乗り降り可能なウォークスルーは利用価値が高い。
プリウスαの7人乗りタイプも運転席と助手席の間にバッテリーが設定されたが、こちらは小型化されたリチウムイオンバッテリーが採用されている。
アルファード&ヴェルファイアについても小型の新型リチウムイオンバッテリーを採用し、リアの床面などに設置できればベストと考える。

ハイブリッドタイプもエクステリアは基本的に同じ

マイナーチェンジということでフロントグリルが一新されバンパー、フォグランプの形状も変更される。
リアもコンビネーションランプ周りが新しくなり、エクステリアが新しくなる。
ただし、ハイブリッド専用デザインの設定は行われないようだ。
ハイブリッドとノーマルエンジン車とのエクステリアの主な違いは、リアにエンブレムが付くことと、専用の16インチホイールになる。
ノーマルエンジン車ではグレードによって16~18インチホイールの設定が用意されるが、ハイブリッドエンジン車では燃費重視の設定のためか、16インチに固定化されるようだ。
ただし、専用デザインのアルミホイールとなっているので、ビジュアル的に不満を感じる人は少ないはず。

エスティマと共通のハイブリッドシステム

初代のアルファードハイブリッドで使われていたのは、THS-Cというハイブリッドシステムであったが、今回のマイナーチェンジで追加されるハイブリッドモデルに採用されるのは2.4LのTHS-IIになる。
この2.4LのTHS-IIだが、既にエスティマなどで採用され熟成が進んでいる。
アルファード&ヴェルファイアへのハイブリッド採用は遅くなってしまったが、新型のシステムにありがちなトラブルの心配が少ないのはメリットになる。
10・15モード燃費は19.0km/Lで、ノーマルガソリン車の2.4Lと3.5Lが9.2~11.6km/Lであることと比較すれば、大幅な燃費向上効果が期待できる。
エスティマハイブリッドと比較すれば、重量が110~170kgオーバーしていることや、全高が高く風の抵抗を受けやすくなっているので燃費性能は劣る。

発売時期、予想価格は

アルファード&ヴェルファイア ハイブリッドだが、当初の予定では2011年の8月頃を目標に開発が進められていた。
しかし、東日本大震災で遅れを取る事となってしまい、3ヶ月遅れの2011年11月頃のデビューとなりそうだ。
車体価格をエスティマハイブリッドの例からハイブリッド相当部分の価格を割り出して予想すると、アルファード&ヴェルファイア ハイブリッドの車体価格は最も安いメイングレードで450万円ぐらいを想定している。

関連するレポート

[ 2011/07/21 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

C-HRの初期受注が月間目標の8倍、トヨタ新型コンパクトクロスオーバーSUV

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

トヨタ新型カムリがワールドプレミア、北米国際オートショー2017開催

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

スズキ スペーシアカスタムZ プレミアムを東京オートサロンで出品、画像

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ新型シビック日本仕様は、セダン、ハッチバック、タイプRの3種類あり

レクサス新型LSが3.5Lツインターボ搭載でワールドプレミア、デトロイトショー2017

レクサスが新型コンセプトカー、LF-SAをジュネーブモーターショーで発表

ダイハツ・ミラは2017年秋フルモデルチェンジ、安全運転支援システム充実

スバルXVは2017年1月生産終了予定、3月ジュネーブで次期型発表の可能性

レクサスUX、プレミアムC-HRを独自デザイン、別チャンネルで販売予定

フィット2017年春マイナーモデルチェンジで直3 1.0Lターボを導入か

スズキ・スペーシア次期モデル開発中、2017年夏のフルモデルチェンジ予測

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

2017年はジュークがフルモデルチェンジか、新デザインとe-POWERで人気モデルに

三菱がジュネーブモーターショーでコンパクトクロスオーバーSUVを発表予定

ヴィッツハイブリッドの車両価格は181万9800円から、1月12日に発売予定

スズキ・スペーシア カスタムZが12月26日に発売予定、新エクステリアに期待

次期15代目クラウン開発中、2017年東京モーターショーでエクステリア発表予想

日産・ノート e-POWERの初期受注が好調、シリーズ合計月販15784台で首位

新型スイフト2017年1月4日発売、スズキのニューモデルラッシュ

スペーシア カスタム Zが発売予定、押し出し感の強い新エクステリアが追加

トヨタ新型プリウスPHVは326万1600円から、2017年2月に発売延期

スズキ・ワゴンRのフルモデルチェンジは年明け早々、2016年内は難しそう

スズキ新型スペーシア カスタムZを149万0400円から発売、燃費30.6km/L

トヨタ次期カムリ、北米仕様は2.5Lターボ有り、日本仕様はハイブリッド専用

スズキ・スイフトのフルモデルチェンジ発表は2016年12月27日、134万3520円から

三菱eKスペース、カスタムがマイナーモデルチェンジでフェイスリフト

バモスが一部改良を受けて販売継続、N BOXと共存する価値はあるのか?

新型スイフトのエンジンは1.2Lマイルドハイブリッド、1.0Lターボ、1.2L NA

スズキがハスラーのワイド版を計画、オシャレなクロスオーバーSUVが登録車に

新型セレナに1.2LレンジエクステンダーEVの可能性、2017年初旬追加発売か

次期カローラは車格アップ、トヨタのセダンラインアップは車種整理される

レクサスが次期LSを予告、コンセプトカーのLF-FCを東京モーターショーで発表

ヴェゼルの受注が好調、ハイブリッド納期は消費税増税後、将来はターボ追加

ヴィッツハイブリッドの発売日は2017年1月12日、先行予約12月開始

日産オッティ&三菱eKワゴン後継車、2013年6月の発売に向けて準備中

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.