car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ダイハツ・タントがフルモデルチェンジへ、7月正式発売予定

4代目タント、タントカスタムまもなく発売、DNGA採用

ダイハツ・タントのフルモデルチェンジが2019年7月9日にスケジュールされている。新開発プラットフォームのダイハツニューグローバルアーキテクチャ(DNGA)の導入がスタートする。

ダイハツ新型タントのエクステリア、インテリアが既に公開されている。エクステリアは通常タントと上級タントカスタムの二種類が従来同様にラインアップ。助手席側Bピラーレス構造も踏襲される。

新型タント タント リアコンビネーションランプ

DNGAプラットフォーム、新開発トランスミッションのD-CVTに注目

新技術のDNGAは共通プラットフォームの考えに基づいて開発された。ダイハツの軽自動車だけでなく国内外向けの小型車までを含めた共通プラットフォーム。部品の共用化率は75%以上となる。

タントカスタム タントカスタムリアコンビネーションランプ

このDNGAプラットフォーム採用により、ダイハツの新型車開発期間が大幅に短縮される。新型車の市場投入ペースは、今後、約1.5倍になることが見込まれており、2025年までに15種類のボディタイプ、21車種の展開が予定されている。

タントインテリア

DNGAプラットフォームのボディは、高張力鋼板の使用率(ハイテン率)を従来型から10%増やされている。さらに樹脂部品の採用になどにより、新型タントはマイナス80kgの軽量化が達成された。

DNGA

エンジンでは、複数回点火のマルチスパークが採用される。

トランスミッションは新開発のD-CVTが搭載される。低速域は従来型CVT同様のベルト駆動、高速域ではベルト+ギア駆動となる。新型D-CVTの変速比幅は7.3で、従来型CVTの5.3から大幅拡大となる。燃費性能の向上に貢献する。

D-CVT

新型D-CVTは、1.5Lエンジンまで対応した設計になっており、今後のダイハツの新型車で幅広く採用されることになりそう。

#1 サーフィス2019/06/12(Wed)22:51:14ID:UxMmQxMjmN
スバルのマイルドハイブリッドe-BOXERと同様e-ecoidleの進化型マイルドハイブリッドを搭載して欲しいと思います。
#2 直列12気筒2019/06/12(Wed)23:07:44ID:ViY2MzMzDM
うーむ見た目はN-BOXの方がいいな。
親しみ易さは、より女性層を狙ったのだろう。
#3 匿名さん2019/06/13(Thu)02:02:37ID:YzOTczM2WY
相変わらずAピラーが立った無駄な空間を生み出すだけで空力の悪い進化の無いデザインですね
それに、サイドのデザインが先代N-BOXをパクったとしか思えない程似ていますが、デザイン気にして乗るようなクルマではないから、大した問題ではないでしょう
但しメカは後発の分N-BOXより進化していて競争力は高いから、N-BOXやスペーシアからの乗り換え需要は高まるかも
#4 南 祐斗2019/06/13(Thu)09:40:40ID:NjYWQ2Mj2M
トヨタ自動車株式会社も OEⅯ を ピクシス ルーム で
#5 匿名さん2019/06/13(Thu)15:50:46ID:BlOTU3ZDjM
ダイハツはこのご時世にみんな可愛い系だな。
タントカスタムすらちょっと間抜け顔。
下品じゃないと販売苦しいだろうに。

DNGAよりスズキの方が軽いような?
#6 匿名さん2019/06/13(Thu)17:48:19ID:Q0YTg0MTjN
インパネは何となくウェイクの要素を取り入れてるように感じたけど、
そのうちウェイクをタントに統合して廃止させるのだろうか
ウェイクの玉山のCMも終了っぽいし
#7 南 祐斗2019/06/15(Sat)12:32:24ID:RmMDdhOWGM
大泉 洋 さん
#8 直列12気筒2019/06/15(Sat)13:29:02ID:RlMTA0ZTDM
新型ムーブに期待
#9 匿名さん2019/06/18(Tue)20:50:54ID:Q5YTJhNWTM
来年の今頃は街中に溢れまくり、新型感が無くなってしまいそうな予感。
#10 匿名さん2019/06/18(Tue)22:19:47ID:FlYzYwODGO
N-BOXやスペーシアとなんとかデザインが被らないようにと必死さを感じるが、逆にタントらしさを見失うデザインになってしまった。特にカスタム系。
#11 南 祐斗2019/06/19(Wed)09:20:24ID:ZhZGM2OTjN
スバルのシフォンも
#12 匿名さん2019/06/21(Fri)14:25:48ID:M2ZTVkZTTN
とりあえず現タント(NA)はNBOXやスペーシアに比べ
エンジンが非力なのか重いのか加速が悪く坂道登らないなど
走りに色々不満点があったので改善されてたら嬉しい
#13 匿名さん2019/06/26(Wed)23:33:42ID:M3ZTAxMzDO
この類は車重が重くてモッサリなのに、NAに動力性能を求める事自体が野暮かと。。。

坂道を走る機会が多いならターボ車買えって話。
#14 南 祐斗2019/07/10(Wed)17:05:22ID:NkZWE1NWWZ
タント
L
X
Xターボ
タント カスタム
L
X
RS
#15 匿名さん2019/07/10(Wed)18:25:22ID:hiZjU0ZmmM
スーパーハイトワゴンの先駆者がN-BOXの牙城を崩せるか?
#16 匿名さん2019/07/12(Fri)13:08:29ID:I2YTc5NDGM
新型タントや現行スペーシアを見ると、現行N-BOXの使い勝手や走行性能が見劣りするようになってきたから、N-BOX首位陥落も現実味を帯びてきた

N-BOXはおそらく2020年MCされるだろうけど、どんな手を打ってくるのか楽しみ
希望としては、使い勝手はタント、スペーシアに準じて頂いて、
運転系は電気式パーキングブレーキ(新型N-WGNが導入)とボタン式シフトセレクター(NSXやCR-V、ウェゼルに装備)、全車速クルーズコントロール(電気式パーキングブレーキなので停止、再発進まで自動)、パーキングアシスト(ホンダもそろそろ本腰を入れて欲しい)を採用して欲しいです
現行N-BOXはカスタム含めて顔がノッペリし過ぎているからもうちょっと立体感を出して欲しい
モデューロXも復活して欲しいです
初代N-BOX後期型のオーナーは現行N-BOXのMCを待っています

それから、新型タントカスタムはかなり王道の下品デザインだと思います
#17 匿名さん2019/07/12(Fri)19:47:44ID:FlZGYwZjTM
確かにカスタムのフロントフェイスはもう少し何とかならなかったかと思う。オラオラ系の顔はネタが出尽くした感があるが、新型N-WGNのカスタムはなかなか好印象。

名前(任意)
コメント

車名

タント

タント

代表グレード

X VS SAIII

カスタムX トップエディションVS SAIII

発売日

2018年12月

2018年12月

型式

DBA-LA600S

DBA-LA600S

ボディ形状

5ドア ワゴン

5ドア ワゴン

乗員定員

4名

4名

全長(mm)

3395

3395

全幅(mm)

1475

1475

全高(mm)

1750

1750

ホイールベース(mm)

2455

2455

トレッド 前(mm)/後(mm)

1300/1295

1300/1295

室内長(mm)

2200

2200

室内幅(mm)

1350

1350

室内高(mm)

1365

1365

車両重量(kg)

930

940

エンジン型式

KF

KF

シリンダー配列

直列3気筒

直列3気筒

排気量(cc)

658

658

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

63.0×70.4

63.0×70.4

最高出力

52ps(38kW)/6800rpm

52ps(38kW)/6800rpm

最大トルク

6.1kg・m(60N・m)/5200rpm

6.1kg・m(60N・m)/5200rpm

圧縮比

11.3

11.3

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

30

30

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

28.0

28.0

サスペンション(フロント)

マクファーソン・ストラット式

マクファーソン・ストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

155/65R14 75S

155/65R14 75S

タイヤサイズ(リア)

155/65R14 75S

155/65R14 75S

最小回転半径(m)

4.4

4.4

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

1,485,000円

1,630,800円

車名

タント

タント

代表グレード

カスタムRS トップエディションVS SAIII

LリミテッドSAIII

発売日

2018年12月

2018年8月

型式

DBA-LA600S

DBA-LA600S

ボディ形状

5ドア ワゴン

5ドア ワゴン

乗員定員

4名

4名

全長(mm)

3395

3395

全幅(mm)

1475

1475

全高(mm)

1750

1750

ホイールベース(mm)

2455

2455

トレッド 前(mm)/後(mm)

1300/1295

1300/1295

室内長(mm)

2200

2200

室内幅(mm)

1350

1350

室内高(mm)

1365

1365

車両重量(kg)

960

920

エンジン型式

KF

KF

シリンダー配列

直列3気筒

直列3気筒

排気量(cc)

658

658

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

63.0×70.4

63.0×70.4

最高出力

64ps(47kW)/6400rpm

52ps(38kW)/6800rpm

最大トルク

9.4kg・m(92N・m)/3200rpm

6.1kg・m(60N・m)/5200rpm

圧縮比

9.5

11.3

過給機

ターボ

NA

燃料タンク容量(L)

30

30

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

26.0

28.0

サスペンション(フロント)

マクファーソン・ストラット式

マクファーソン・ストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

165/55R15 75V

155/65R14 75S

タイヤサイズ(リア)

165/55R15 75V

155/65R14 75S

最小回転半径(m)

4.7

4.4

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

1,695,600円

1,285,200円

タント2019年10月フルモデルチェンジへ、消費税増税後の優遇措置を狙う

ダイハツ・タントのフルモデルチェンジ2019年後半予想、DNGA採用

ダイハツ次期タントからハイブリッド化を検討、2018年秋フルモデルチェンジ

次期タントを予告か?ダイハツがDN U-SPACEを東京モーターショー2017で発表

ダイハツ・タントがマイナーチェンジ、カスタム上級はクラウンロイヤル顔に

次期タントか?ダイハツが新型ヒナタ コンセプトを発表予定、東京モーターショー

タントエグゼが復活、2015年内にフルモデルチェンジ発売、上級版タント

ムーヴ、タントも新型イーステクノロジー採用、ダイハツの軽自動車が燃費向上

タントのフルモデルチェンジは10月上旬、スライドドア&ピラーレスは左側のみ?

タントのフルモデルチェンジ10月で確定か、ライバルのN BOX、スペーシアに対抗

新型タントはセンターピラーレス構造を廃止、10月上旬に発売開始の見込み

タントがフルモデルチェンジ前倒し2013年9月発売の可能性、両側スライドドア

タントのフルモデルチェンジが延期、今秋の新型発売はキャンセル

新型タントがイーステクノロジー搭載で2012年11月発売予定

タントがフルモデルチェンジ、2012年9月に発売計画

ミライースのテクノロジーはムーヴやタントにも採用される

次期タントはミライースの技術が採用され燃費が大幅向上

軽自動車販売台数ランキング上位車種の欠点と長所 ワゴンR/ムーヴ/タント

軽自動車で納期の早い車種は?

軽自動車燃費ランキング(11位~)

タント|軽自動車は新車と中古車、どちらがお得か?

タント二代目新型(ダイハツ)の評価まとめ

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先