car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

次期RXか、レクサス・LF-1 Limitlessを北米国際オートショーで発表

LF-1 Limitlessは次期RXを想定か、それとも新設フラグシップクロスオーバーか

レクサスはデトロイトで開催中の北米国際オートショーで、コンセプトモデルのLF-1 Limitlessをワールドプレミアさせた。

(写真はLF-1 Limitless)
LF-1 Limitless

LF-1 Limitlessのボディサイズは全長5014mm×全幅1986mm×全高1605mm、ホイールベースは2974mmとなる。フラッグシップ・クロスオーバーとしていることから、次期RXの予告が想定され、現行RXとボディサイズも近い。ただし、現行RXが2015年終盤のフルモデルチェンジであったことを考えると、次期型コンセプトが出されるタイミングとしては少し早い。LF-1 LimitlessはRXより上級に新設される都市型のクロスオーバーSUVを予告している可能性もある。

LF-1 Limitless 次期RX LF-1 Limitless リアコンビネーションランプ

次期RXはPHV、EV、FCVの各種パワートレインに対応、自動運転にも対応

エクステリアはレクサスおなじみのスピンドルグリルが採用されるが、むしろヘッドランプ周辺の造形が新しく、多くの人はそこに目を向けることになるだろう。

LF-1 Limitless フロントグリル LF-1 Limitless バックドア

クロスオーバーモデルとしては低いルーフ高と5mを超えるロングボディにより、プレミアム感のあるスタイリッシュなシルエットが与えられた。この低重心なボディ形状により快適な高速巡航性能も期待される。

LF-1 Limitless インテリア LF-1 Limitless シート

自動運転、次世代ナビゲーション、ジェスチャー入力によるモーションコントローラーなど先進機能も盛り込まれる。

LF-1 Limitless デトロイト

詳細は明かされなかったがパワートレインについても言及があり、プラグインハイブリッドはもちろんEVやFCVにも対応した設計になるという。レクサスは2025年を目処に、ラインアップ全てのモデルにEVグレードを設定することを予告しており、このLF-1 LimitlessもプラットフォームレベルでのEV対応が想定される。

#1 匿名さん2018/01/18(Thu)23:04:44
現行RXは、日本では2015年10月に発売されたばかり
昨年12月に3列シート仕様の「RX450hL」
本格的にマイナーチェンジさえしていない状況のため、次期RXはの登場はまだまだ先だろう
もしくは、RXよりも上位のモデルかもしれないし

ちなみに「フラッグシップ・クロスオーバー」とうたっているため、一部で噂の「LX」のFMCではなさそう
「LX」は「クロスオーバー」ではないだろう
#2 匿名さん2018/01/18(Thu)23:34:26
現行RXとボディサイズを比較してみる
以下、全長 × 全幅 × 全高

●LF-1 Limitless
5,014mm × 1,986mm × 1,605mm ホイールベース 2,974mm
●RX300/RX450h
4,890mm × 1,895mm × 1,710mm ホイールベース 2,790mm
●RX450hL
5,000mm × 1,895mm × 1,725mm ホイールベース 2,790mm

このコンセプトカーのサイズは、3列シート仕様の「RX450hL」に近いが、写真では3列シート仕様ではない
記事通り、RXよりも上位のクルマを示唆しているだろうね
#3 匿名さん2018/01/19(Fri)01:00:10
これ、市販化されるとして、日本で売るかな?
マツダCX-9、スバルアセントと同サイズだよな、これ

それにしても、顔は少々怖いかも
レクサスアンチがわんさか沸いてきそうで楽しみだなw
#4 匿名さん2018/01/19(Fri)05:55:54
♯1にある通り、次期RXとするにはモデルチェンジサイクルが短すぎる。
しかも「フラッグシップ」とアナウンスされており、やはりRXは対象外。
他方、現行LXは、2007年に北米で発売されて今年で既に11年。
やはり、LXの次期型なのかも。
ランクルベースをやめて、FFに転換するということか。
#5 匿名さん2018/01/19(Fri)22:00:23
このクルマが市販化されるころは、無粋なドアミラーが「オプション」になっているのだろう
#6 匿名さん2018/01/20(Sat)01:07:40
ドアミラーレス(サイドカメラ・ディスプレイ追加)になることで、また、車の価格が上昇するんだね。

車両挙動安定化制御装置、衝突回避装置、大画面ナビ、サイド・カーテンエアバッグ、両側自動スライドドア、ハイブリッド、シートヒーター、ドアミラーウインカー、LEDヘッドライト、シーケンシャルウインカー、アイドリングストップ等、この10年で余りで沢山の付加価値が加わったんで、車の価格が上昇するのが良くわかる。
#7 匿名さん2018/01/20(Sat)01:23:02
GA-LのSUVだと思うよ
LC、LSと同時に開発してると思う
インテリアのディテールがリアル、いよいよミラーレス出てきそうな雰囲気だね

#8 匿名さん2018/01/20(Sat)02:59:27
GA-Lということは「FR」ベースか
ベントレーベンテイガや、今年デビューが噂されるBMW X7などがライバルだな
1000万円を切るグレードはなさそうだな
#9 匿名さん2018/01/20(Sat)09:02:57
ベンテイガは価格が倍だろ?
GLS、X7、Q7、XC90あたりと競合するだろ
フォルム的にはレヴァンテがライバルかな

あ、忘れてた!
インフィニティQX80もあったな
#10 匿名さん2018/01/20(Sat)18:24:38
確かに、値段含めてそれらだね。
同価格帯の中ではフォルムはずば抜ける事になりそう。ただ顔は個人の好き嫌いあるからね。

マセラティ・レヴァンテは、俺もこの記事読んだ時に一番最初に思い出した車だから、
改めて写真やミニカー引っ張り出したが、これ見た後だとむしろスカイラインクロスオーバー寄りの、旧世代のSUVに思えたな。

それくらい衝撃的なモデル。LCに続いてコンセプトそっくりの市販版に期待。
#11 匿名さん2018/01/20(Sat)20:00:01
LC以降のレクサスは、全体のフォルムがいいよね
顔は色々言われてるけど、市販時はマイルドになるでしょう
#12 匿名さん2018/01/21(Sun)17:51:48
もう後には戻れない顔
#13 匿名さん2018/01/21(Sun)17:57:01
コンセプトカーのデザインにクレームか?
そういう自分の顔はどうなのだろうな
笑えるコメントだな
#14 匿名さん2018/01/21(Sun)18:47:26
本当だな。レクサス買う奴が笑える。
#15 匿名さん2018/01/21(Sun)18:53:38
ミニバン買う奴はもっと笑える
だいたい高級車を叩くことが趣味

ひがみ、ねたみ、そねみ、だっけ?
それだわ、な?
仕事しれや?な?
#16 匿名さん2018/01/21(Sun)18:58:50
♯14
買えないんだろ?やめとけ
#17 匿名さん2018/01/21(Sun)23:01:27
レクサスは後発ブランドの宿命として、どうしても「奇をてらった」デザインにせざるを得ないんだろう。デザインに賛否あるのは仕方が無い。
BMW・アウディ・ポルシェのように、フルモデルチェンジといいながら「いったいどこが先代と違うの?」といったデザインを展開できるのはまだまだこれから。
日本車の場合、先代と変わり映えしなかったら、それはそれで叩かれる。
そういう意味で、レクサスのデザイン理論は、方向性は間違っていない。
#18 匿名さん2018/01/22(Mon)00:28:49
貧乏人ですが言わせてください。レクサスのエンブレムがどうしてもロッテリアを連想させてしまうんです。ま、スルーして結構です。
#19 匿名さん2018/01/22(Mon)00:34:52
いや、その感覚、全く間違っていない
1989年のブランド設立時点から、いまだに指摘されること
#20 匿名さん2018/01/22(Mon)12:16:40
本当にデザインの世代交代を感じさせる意匠だな
世界中で問答無用に評価され売れてる以上、このまま突っ走るだろう

ほんの5年ほど前まで、レクサス(笑)な自動車マニアはまだ沢山いた。認めてるのも居たけどね
それが急激に、世界中で本物として認知されてしまった。今や頑なに認めない方が笑われる
それは近年デザインだけじゃなく、結局はずっと積み重ねてきたものが一定まで溜まったんだろう
#21 匿名さん2018/01/22(Mon)13:11:21
乗りもしないで「ダサい」だの・「グリルが網」だの騒ぐ輩は、そもそもレクサスの想定ユーザーではない
「都会的」・「洗練」・「知性」といったキーワードが、騒ぐ輩とは正反対のベクトルにあるからだ

乗ればその「造りの良さ」に驚く
販売店の「雰囲気」、「圧倒的なホスピタリティ」にまた驚く
非常に高価に見える「カタログ」を手にしてまたまた驚く
「内装色」や「オーナメントパネル」を選ぶ瞬間が楽しい
その走りは・・・残念だが、車種によっては何も驚くところはないのだが・・・まあ、トヨタ車だな、と

批判する前に、一度でもいいから、レクサスの販売店で実車に触れてみるといい
レクサス販売店の接客を味わうと、契約書にサインしてしまいたくなるはずだ
#22 匿名さん2018/01/22(Mon)13:25:57
レクサス変わったな、と思うのが、L C、LSと、このコンセプト。
ホント欲しいが、資金よりも自分のライフスタイルがこれらのクルマに見合ってないわな。

手頃なサイズの「UX」の市販化を早くやって。
#23 匿名さん2018/01/22(Mon)13:45:44
♯22
そうだな
レクサスはエントリーモデルの「CT」がアレだからな・・・
まさか、昨年MCで延命させるとは想定外だった
てっきりTNGAプリウスベースでFMCと思っていたのだが・・・

ドイツ御三家の「Aクラス」・「1シリーズ」・「A3」は「CT」よりも売れているから、レクサスも早く何とかしたいと思っているはずだ
ちなみに「UX」は今年の秋に登場予定だ
#24 匿名さん2018/01/22(Mon)16:06:39
3列SUVの需要が拡大する中、LF-1のようなクロスオーバー需要がどの程度見込まれるのか。セダンからの変更がSUV又はミニバンしかない状況を考えると、クロスオーバー需要もそれなりにあるのかな。
#25 匿名さん2018/01/22(Mon)18:20:59
♯24
「SUV」と「クロスオーバー」を分けて考える御仁のようだな
言葉の定義とは難しいものだ

確かにこのデザインでは3列シート化は難しいだろう
しかし、この車は北米市場のニーズに応えたもの
クーペ風のシルエットはSUV市場のトレンドだからだ
あちらでは現行RXからの乗り換え需要が多々あるはずだ

また、日産自動車とは違い、このクルマを日本でも販売するはずだ
たとえ月100台以下の販売台数だったとしても
#26 匿名さん2018/01/22(Mon)18:39:38
これが日産なら、ああ、海外専用車か、と思う
レクサスなら、ああ、日本でも売ってくれそう、と思ってしまう
#27 匿名さん2018/01/25(Thu)07:28:54
レクサスはこれを市販してくればブランドイメージは向上するだろうね。LXはとても良い車だけど乗り心地・快適さはLSに大きく劣る。だがLF-1が発売されれば快適性の面でLXの購入を躊躇していたオーナーが対象になるだろう。

レクサスオーナーとしては「UX」などの低価格モデルの発売を止めてLF-1などのフラッグシップモデルの導入によってブランド力を高めた方が良いと思う。

ベンツやBMWが過去最高レベルの販売台数かもしれないがAクラスや1シリーズの導入による低価格モデルの投入の恩賜が大きく、ブランド力は昔よりも大きく低下していて魅力も薄れてきているし。
#28 匿名さん2018/01/25(Thu)08:07:27
腐ってもAクラス
腐っても1シリーズ
サイズが小さくても、ブランドのDNAを引き継ぐ存在
国産車しか乗ってないとわからないのかも
#29 匿名さん2018/01/25(Thu)08:18:39
「UX」不要とは暴論だな。
「LS、LC、LX」のような車種「だけで」商売できるブランドは・・・
ベントレー、マセラティなど数えるくらい。
セカンドカー需要のためにも、コンパクトサイズは絶対必要。
「小さいサイズ」の車種を用意することでブランド力が低下する、という考えは、かなり幼稚。
#30 匿名さん2018/01/25(Thu)08:40:36
まぁ1シリーズはともかくAクラスは一時ブランドを貶めたな。現行でよく盛り返したもんだ
レクサスに関しても、CTにスピンドルが最初から誂えたように似合うお陰で、出始めとは逆にブランドの礎を固めてる

個性的な顔とか御三家に対する位置付けとかもそうだが
5年前ならともかく、今や既に弱点になり得なくなった部分を心配しても、杞憂というものだ
#31 匿名さん2018/01/25(Thu)08:48:56
レクサスは一番大きなモデルからイメージの刷新を図っている印象ですね
LCに続くとLS、日本人のレクサスに対する印象は良い方向に変わってきているようです。
ただ、この「LF-1 Limitless」が市販されるとしても、早くて来年末くらいでしょう。
この車のデビュー前に発売されるレクサスの新モデルは、
ES:(ベースはカムリ)
UX:(ベースはC-HR)
です。ベースモデルの評価は非常に高いようですが、中身はいつもの「トヨタ」です。どこまでプレミアム感を出せるか注目ですね。

個人的には「ES」の日本導入に伴い、「GS」が2019年に廃止、という報道が出ていることが気になります。
「GS」は、日本はおろか、頼みの北米市場でも売れないのですから、やむを得ないことですが・・・
次期クラウンベースで開発できると思っていたのですが
#32 匿名さん2018/01/29(Mon)19:11:22
レクサスとマツダが日本車のデザインを牽引している
#33 匿名さん2018/01/29(Mon)20:46:50
もうこのサイト廃止で良くね?誰も困らんし。
#34 匿名さん2018/01/30(Tue)00:50:51
僕は嫌だ!
#35 匿名さん2018/01/30(Tue)07:40:09
ベンツやBMWのブランド力の低下をきちんと説明できずに小型車の導入を推奨しているってホント幼稚で無能としか言いようがないな。

Aや1を導入して敷居は低くなっただろうが全体のブランド力が低下して、このままだと年代が変わり欧州車を買いたいと思う人は居ないだろうね。

現在の日本の欧州車信仰もなんとかならんかね。諸外国ではベンツやBMWはこんなに信仰されていないし、大したことない性能なのに踊らされてて可哀想。
#36 匿名さん2018/01/30(Tue)08:02:52
と、輸入車アンチのミニバン乗りが、朝から騒いでいる
なんとかして!

#37 匿名さん2018/01/30(Tue)09:10:59
レッテル貼りは白旗振るのと同じ。異を唱えたいなら調べて論議の場に立たなきゃ
それせずに騒いでも同族巻き込んで聞く耳持たれなくなるだけ
#38 匿名さん2018/01/30(Tue)12:34:48
評論家の大半は、良いモノを良いと評しているだけ
欧州車信仰?
輸入車への憧れの裏返しだろう、そんな思考は

自国メーカーのシェアがここまで高い(=輸入車シェアが低い)国は、世界中を見渡しても日本くらい
ドイツだってフランス・イタリア・英国・スペインの車を買う
一方、日本はミニバンばかり

試乗だけでもいい、乗れば違いがわかる(感性豊かな場合)
食わず嫌いはもったいない
#39 匿名さん2018/01/30(Tue)13:13:25
欧州車ってクルマあるんですかね
色々な人種、国をひとまとめにするのは鎖国時代の日本人みたい
明治維新がなかったら、こんな考えの人で溢れていたでしょうね

そんな人にオススメなクルマ
5ナンバー+ミニバン+CVT

ガラケー並みのガラパゴス車に乗れば、アンチ投稿にも一層チカラが入りますね
#40 匿名さん2018/01/30(Tue)13:20:51
まったくですね。異なる考えを排除しているだけ。
#41 匿名さん2018/01/30(Tue)13:29:48
「欧州車」なるジャンルのブランドのブランド力は低下したのか?
いや、特に低下はしていない
コンパクトモデルの追加が相次ぐことで、メルセデスは、BMWは、ブランド力は落ちたのか?
いや、以前と何も変わらない

他方、日本車のブランド力も特に以前と変化はない

日本車が欧州勢を追いかける状況も同じだ
追いつきそうだが、すぐにその差を離される
ただ、その差は縮まっていることは確か

輸入車勢が、価格・サイズ的に「敷居」を下げ、日本人に取って身近になったことを歓迎しようじゃないか
日本車にも輸入車にも、それぞれの利点があるのだ
選択肢が増えるのは良いことだと思うのだが
#42 匿名さん2018/01/31(Wed)19:08:22
2017世界販売台数 トップ3

1位 フォルクスワーゲングループ 1074万1500台
→フォルクスワーゲン・シュコダ・ベントレー・ブガッティ
→アウディ・セアト・ランボルギーニ
→フォルクスワーゲン商用車

2位 ルノー・日産・三菱自動車連合 1060万8366台
→ルノー、アルピーヌ、ルノー・サムスン、ダチア
→ニッサン、インフィニティ、ヴェヌーシア、ダットサン
→ミツビシ、ラーダ

3位 トヨタグループ 1038万6000台
→トヨタ・レクサス・ダイハツ
→日野・いすゞ

トヨタとフォルクスワーゲンの差は、「中国市場」で勝てたかどうか、でしょう。
ルノーアライアンスは「三菱自」を加えて、2位に踊り出ました。

現状、「1000万台クラブ」に入らないと、今後の自動車業界では生き残れない、と言われていますね。
「1000万台クラブ」は4位となるゼネラルモータースまで。
その他の企業は経営統合をしない限り、1000万台には届きません。
今後、業界地図が変わるようなニュースはあるでしょうか?

名前(任意)
コメント

次期RXか、レクサス・LF-1 Limitlessを北米国際オートショーで発表

レクサス・RX450hLが発売、プレミアムクラスに3列シートSUV登場

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

レクサスRX450hLが2017年夏に発売予定、リアオーバーハング延長3列シート車

レクサスRX450hL、RX200tLが2016年11月発売予測、3列シートロング

レクサスRXの3列シートモデルがロングホイールベース化で追加予定

東京モーターショー2015、見逃せないモデル(後編)

レクサス新型RXが東京モーターショーに出展、日本仕様もフルモデルチェンジ

レクサスRXに3列シートあり、ロングボディのRX450hLが2016年秋の発売見込み

RX200tが上海でワールドプレミア、2.0Lターボエンジン搭載のクロスオーバーSUV

レクサス新型RX450h、RX350がニューヨーク公開、フルモデルチェンジ2015年秋

レクサスRXフルモデルチェンジ、次期型はクーペSUVか?NYオートショー発表

レクサスRX次期モデルが2015年夏生産スタートの計画、直4 2.0Lガソリンターボ搭載

レクサスRXフルモデルチェンジへ、次期型は2.0Lダウンサイジングターボ搭載

レクサスRXが2015年フルモデルチェンジ見込み、2.0Lターボエンジン搭載か

レクサスRX200tが開発中、トヨタがダウンサイジングターボ技術の獲得に積極的

レクサスRXがビッグマイナーチェンジ、スピンドルグリル採用

ハイブリッドカー実用燃費ランキング11位~

国産ハイブリッドカー全一覧リスト