car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スズキも燃費不正、ほぼ全車種が対象、JC08モード燃費変更なしで販売継続

スズキ国内販売モデルのほぼ全てが不正の対象、鈴木修会長ら謝罪

スズキは、JC08モード燃費表記が法令で定められた方法で算出したものではなかったとして、2016年5月18日に謝罪をした。

スズキ

対象車種は登録車ではソリオ、イグニス、バレーノ、SX4 S-CROSS、スイフト、エスクード2.4、エスクード、ジムニーシエラ。軽自動車では、アルト、アルト ラパン、ワゴンR、ハスラー、スペーシア、エブリイ、キャリイ、ジムニーとなる。これらは、他社から車体供給されるOEMモデルを除く全ての国内向け車種ということになる。

ソリオ ハイブリッド

JC08モード燃費に変わりは無しで従来通り販売は継続、業績への影響は限定的か

いわゆるカタログ燃費と呼ばれるJC08モード燃費は、走行時に車体が受ける空気抵抗を主とする走行抵抗を差し引いて求められる。この走行抵抗は、テスト走行から得られる実測値であることが法令によって定められている。しかしスズキでは、開発時に使用していた各パーツごとの抵抗値より導き出されたもので、実測値が使われていなかった。

ワゴンR 2015

この理由としては、テストコースが風の影響を受けやすい場所にあり、実測で走行抵抗を出すのが困難であったとしている。

スズキが不正な手段で出した走行抵抗は、燃費性能を実際よりも良く見せようとした意図はなく、実測値ではないものの実測値とほぼ変わりがないとしている。このためJC08モード燃費の表記に変更はなく、販売も従来通り続けるとのこと。

今後は防風壁の設置などでテストコースを改良し、法令通りの測定方法を実施するとしている。

バレーノ ジュネーブ2016

また、海外向け車種については、JC08モードとは異なる現地の指定された燃費表記となるため影響がないとした。スズキのビジネスは、今やインド市場など海外が主力となっているから、株主などに向けてこのあたりも強調された。

#1 トトロ2016/06/01(Wed)05:45:22
今年の4月末からソリオに乗り換えました。
jco燃費は、実際には2割〜3割減が実走行燃費だと、ネットで調べていたのですが、
上記の数字よりは3〜4km多い結果が出ています
カタログ23.8km/L☞実走行燃費19.8km/Lでした。
3年前に購入した、エブリイワゴンの燃費には腹立たしさを覚えていますが
#2 匿名さん2018/03/25(Sun)23:50:37ID:k3NTBmMGWZ
すっかり影が薄くなった感
#3 匿名さん2018/03/25(Sun)23:55:36ID:QzZWFkMzjO
VWに惨めに捨てられてしまった
スズキにしては超痛手
#4 匿名さん2018/03/26(Mon)14:57:42ID:Y3ZmVjZDzN
XBEEに持ってかれてしまったか
#5 匿名さん2018/08/06(Mon)21:16:46ID:c3YjllZD2Z
イグニス失速気味だなぁ。
#6 匿名さん2018/08/09(Thu)01:11:38ID:dhN2ExYT2N
なんだ2016年の記事かよ
#7 南 祐斗2018/08/09(Thu)10:39:01ID:E4NjZmMTTN
WLTC を 全て
#8 クラッシャーバンバンビガロ2018/08/09(Thu)19:13:54ID:U0OGExOWmN
排ガスもか

名前(任意)
コメント

車名

アルト

アルト

代表グレード

発売日

2017年5月

2016年12月

型式

DBA-HA36S

DBA-HA36S

ボディ形状

5ドア 軽自動車

5ドア 軽自動車

乗員定員

4名

4名

全長(mm)

3395

3395

全幅(mm)

1475

1475

全高(mm)

1500

1475

ホイールベース(mm)

2460

2460

トレッド 前(mm)/後(mm)

1295/1300

1305/1310

室内長(mm)

2040

1985

室内幅(mm)

1255

1255

室内高(mm)

1215

1215

車両重量(kg)

650

650

エンジン型式

R06A

R06A

シリンダー配列

直列3気筒

直列3気筒

排気量(cc)

658

658

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

64.0×68.2

64.0×68.2

最高出力

52ps(38kW)/6500rpm

52ps(38kW)/6500rpm

最大トルク

6.4kg・m(63N・m)/4000rpm

6.4kg・m(63N・m)/4000rpm

圧縮比

11.5

11.5

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

27

27

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

37.0

37.0

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット式

マクファーソンストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ディスク

ディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

165/55R15 75V

145/80R13 75S

タイヤサイズ(リア)

165/55R15 75V

145/80R13 75S

最小回転半径(m)

4.6

4.2

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

1,134,000円

894,240円

車名

アルト

アルト

代表グレード

L(レーダーブレーキサポート装着車)

発売日

2016年12月

2016年12月

型式

DBA-HA36S

DBA-HA36S

ボディ形状

5ドア 軽自動車

5ドア 軽自動車

乗員定員

4名

4名

全長(mm)

3395

3395

全幅(mm)

1475

1475

全高(mm)

1475

1475

ホイールベース(mm)

2460

2460

トレッド 前(mm)/後(mm)

1305/1310

1305/1310

室内長(mm)

1985

2040

室内幅(mm)

1255

1255

室内高(mm)

1215

1215

車両重量(kg)

650

650

エンジン型式

R06A

R06A

シリンダー配列

直列3気筒

直列3気筒

排気量(cc)

658

658

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

64.0×68.2

64.0×68.2

最高出力

52ps(38kW)/6500rpm

52ps(38kW)/6500rpm

最大トルク

6.4kg・m(63N・m)/4000rpm

6.4kg・m(63N・m)/4000rpm

圧縮比

11.5

11.5

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

27

27

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

37.0

37.0

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット式

マクファーソンストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ディスク

ディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

145/80R13 75S

145/80R13 75S

タイヤサイズ(リア)

145/80R13 75S

145/80R13 75S

最小回転半径(m)

4.2

4.2

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

915,840円

1,002,240円

過去記事(2015/12/26)

アルトワークスが正式発表、車両価格は150万9840円から、5MTと5AGSを設定

アルトワークスが5速MT搭載で復活、4WDも10万8000円高でラインアップ

アルトワークスは東京モーターショー2015でスズキから参考出品されたモデル。2015年12月24日に発売日を迎えた。

(写真は新型アルトワークス)
スズキ アルトワークス

新型アルトワークスの消費税込車両価格は2WDモデルが150万9840円、4WDモデルが161万7840円となった。5速MTと5速AGSでの価格に違いはない。

アルトワークス復活 アルトワークス 5速MT

アルトワークスの5速MTは専用開発、1~4速でクロスレシオ化

このアルトワークスが発表されるまで、スズキの現行ラインアップでは5速MTが設定された軽自動車がなかった。新型アルト発売当初からアルトワークスの復活を望む声は大きかったが、5速MTが容易に供給できる状況でなかったためその実現は難しいとされていた。まずはターボエンジンと5速AGSを採用したアルトターボRSをラインアップすることでスポーツ需要に応えていた。

スズキ アルトワークス 発売

そんななかスズキは5速MTを新型アルトワークスのために専用開発することで市販化を実現した。5速MTは現行の他モデルからの流用が効かないためコスト的にはデメリットとなったが、アルトワークス専用設計ということで1~4速がクロスレシオ化されたスポーティーで加速重視のセッティングがなされた。2WDモデルのJC08モード燃費は5速MT車が23.0km/L、5速AGS車が23.6km/Lとなる。

アルトワークス ヘッドランプ アルトワークス 東京モーターショー2015

また5速AGSの方も従来アルトシリーズとは異なる専用チューンが施されおり、シフトレスポンスが向上されている。

アルトワークス ターボエンジン アルトワークス レカロシート

エンジンもチューンアップされ、最大トルクは0.2kgfm向上の10.2kgfmを達成。専用レカロシートも装備される。

過去記事(2015/11/29)

アルトワークスが12月24日発売、5MTターボの車両価格は139万8000円から

スズキ・アルトワークスがクリスマスイヴに発売、5MTと5AGSが設定

アルトワークスが2015年12月24日に発売日を迎えるスケジュールとなった。

(写真はアルトワークス、東京モーターショー2015)
アルトワークス ヘッドランプ

アルトワークスは2014年12月に発売された現行アルトがベースの5MT&ターボエンジン搭載モデル。既に東京モーターショー2015で参考出品され、その市販が確定的となっていたが、発売時期については未定ということであった。2016年春頃の市販を予測する声もあったが、これは実際にはもっと早まり2015年のクリスマスイヴに発売されることになった。

スズキ アルトワークス アルトワークス 東京モーターショー2015

アルトワークスは139万8000円から、ターボRSより約10万円高に価格設定される

アルトワークスは東京モーターショー出展モデルがほぼ市販型となる見込みで、これは新色のスチールシルバーメタリック(ZVC)となる。この他にもピュアレッド(ZUZ)、ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3)、パールホワイト(Z7T)と、アルトターボRSでおなじみのボディカラーが設定される。

アルトワークス ターボエンジン

ターボエンジンについてはワークス専用チューニングが施され、他の軽ターボモデルよりも高いパフォーマンスが与えられることになる。サスペンションセッティングなど足回りについても通常のアルトとは異なる専用チューニングとなる。

アルトワークス復活

車両価格は5MT 2WDモデルが139万8000円。4WDも設定され149万8000円となる見込み。アルトターボRSより約10万円高い車両価格となる。

スズキ アルトワークス 発売 アルトワークス KYB

また5MTモデルの他に5速AGSモデルも設定される。5速AGSはアイドリングストップも装備される。

アルトワークス レカロシート アルトワークス 5速MT

インテリアではレカロシート、ステンレスペダルプレート。エクステリアではフロントの専用エンブレム、ブラック塗装の15インチアルミホイールが目立った装備となる。

過去記事(2015/10/31)

東京モーターショー2015、見逃せないモデル(前編)

東京モーターショー2015、マツダ、日産、メルセデスベンツ、ホンダ、スズキ

東京モーターショー2015が10月30日(金)~11月8日(日)の日程で開催中となっている。見逃せない主要モデルをリストアップ。

前編:マツダ、日産、メルセデスベンツ、ホンダ、スズキはこのページ
後編:三菱、レクサス、スバル、ダイハツ、トヨタはリンク先へ

マツダ

まずは西棟1Fの1・2ホールから。マツダではRX-VISIONがメインモデルとなる。RX-8後継のロータリーエンジン搭載モデルを予告するコンセプトカーということで、RX-9としての市販化が待望される。これを見るために東京モーターショーへ訪れたというファンも多いはずだ。

(写真はマツダ・RX-VISION)
マツダ RX-VISION

日産

日産ブースでは、次期ジュークコンセプトとも言われるGRIPZが主力モデルの一つとなる。他に自動運転車のIDSコンセプト、無地インテリアに映像を映し出すTEATRO for DAYZ、ゲームのCONCEPT 2020 VISION GRANTURISMOもあるが、混雑の中あまり時間を割いて見るほどの内容ではないかも。インフィニティQ30やスカイラインクーペが出展されず残念。

(写真は日産・GRIPZ)
日産GRIPZ

(写真は日産・IDSコンセプト)
IDSコンセプト

メルセデスベンツ

長い通路を通り東棟1・2・3ホールへ。メルセデスベンツが東京モーターショー向けにコンセプトカー1台をワールドプレミアさせている。

(写真はメルセデスベンツ・Vision Tokyo)
VISION TOKYO

ホンダ

お隣のホンダでは、燃料電池車CLARITY FUEL CELLの市販モデルがワールドプレミアとなる。NSX、シビックタイプRもそれぞれ市販型が日本初公開となる。

(写真はホンダ・クラリティFUEL CELL)
クラリティ燃料電池車

(写真はホンダ・NSX)
NSX 東京モーターショー2015

(写真はホンダ・シビックタイプR)
シビックタイプR

スズキ

今回のスズキはかなり意欲的。市販型ニューモデルとして、AセグメントクロスオーバーSUVのイグニス、Bセグメントハッチバックのバレーノ、BセグメントクロスオーバーSUVのエスクードを公開。ステージ上にはワールドプレミアのコンセプトカーとして3車種が飾られる。さらに5MTターボのアルトワークスも市販確定ということで見どころ満載となった。

(写真はスズキ・イグニス)
イグニス

(写真はスズキ・バレーノ)
バレーノ

(写真はスズキ・エスクード)
新型エスクード

(写真はスズキ・マイティデッキ コンセプト)
マイティデッキ コンセプト

(写真はスズキ・アルトワークス)
スズキ アルトワークス

通路を挟んで向かいの東棟3・4・5ホールへ(後編:三菱、レクサス、スバル、ダイハツ、トヨタ

過去記事(2015/10/29)

アルトワークスが復活、ターボ&5MTで市販確定、東京モーターショー2015

スズキがアルトワークスを出展、ターボ+5速MTで発売決定

スズキ・アルトワークスが報道公開が始まっている東京モーターショー2015で出展された。

(写真は新型アルトワークス)
アルトワークス復活

参考出品車との名目で出展されたアルトワークス。事前の情報ではアルトワークスなるモデルはリストアップされていなかった。スズキがゲリラ的に出展した単なるショーモデルかと思いきや、なんと社内では市販が決定しているという。

スズキ アルトワークス アルトワークス 東京モーターショー2015

そうなると気になるのは発売時期である。2015年内?あるいは2015年度内?の問いにスズキの担当者は応えてはくれなかったが、なるべく早い時期での市場投入を考えているとのこと。もちろん現段階では車両価格も決定されていないだろう。

アルトワークス ターボエンジン

ホットハッチ、アルトワークスが復活、車両価格は未定ながらも市販確定

2014年12月に発売された現行アルトであるが、無骨なルックスと大幅な軽量化が実現されたことで、ターボエンジンとマニュアルトランスミッションを搭載したアルトワークスなるホットハッチモデルの復活を望む声があがっていた。ただし、現状の軽自動車向け5速MTの供給体制を考えると、アルトワークスの復活は難しいというのが大方の見方でもあった。

アルトワークス KYB スズキ アルトワークス 発売

その後ターボエンジン+5AGS搭載のアルトターボRSが発売されたことで、この話は終わったものと考えていたが、これはいい意味で裏切られたと言えるだろう。

アルトワークス 5速MT

アルトワークスについて現在のところ明らかになっているのは、全長3395mm×全幅1475mm×全高1500mmのボディサイズ、ターボエンジン搭載、2WD、5速MTであるということである。

アルトワークス レカロシート アルトワークス ヘッドランプ

室内はレカロシートが装備される。足元はオーソドックスに3ペダル式で、シフトノブは5速であることが確認できる。

過去記事(2015/02/26)

新型アルト ターボRSのJC08モード燃費は2WDが25.6km/L、4WDが24.6km/L

スズキがアルト ターボ RSを発売、トランスミッションは5AGSのみの設定

前回レポートでもお伝えした通り、スズキの新型アルト ターボRSの発表および発売が2015年3月11日に実施されることになりそうだ。

(写真はアルトターボRSコンセプト)
スズキ アルトターボRS ヘッドライト

そして今回明らかになったのが燃費性能である。JC08モードで2WD 5AGS車は25.6km/L、4WD 5AGS車は24.6km/Lとなる。パワートレインのラインアップは以上の2タイプで、待望の5MT車は用意されない。トランスミッションは5AGSのみの設定となる。

アルトターボRS コンセプト アルトターボRS コンセプト スズキ

また、カラーリングは黒を基調に赤のアクセントが施され、スポーツイメージが強く表現される。東京オートサロン2015で公開されたアルトターボRSコンセプトは白ベースのボディカラーであったから、これとは異なるカラーリングとなりそうだ。

アルト ターボ RS コンセプト フロントグリル アルトターボRSコンセプト 東京オートサロン

ボディは通常アルトから剛性アップが盛り込まれており、サスペンションも専用チューニングが施される。

スズキ アルトターボRSコンセプト リアコンビネーションランプ

車両価格は2WDモデルで131万円程度になる見込み。この数字は発売日までに変動する可能性があるが、ターボエンジン搭載のスポーツモデルとしては比較的低価格が実現されそうである。

アルトターボRSの他にも軽ターボスポーツモデルが発売、ホンダ・S660

一方でホンダのS660も2015年3月に発表される見込みとなっている。

(写真はホンダS660コンセプト)
S660 東京オートサロン S660 東京モーターショー

S660もアルトターボRSと同クラスとなる軽ターボエンジンが搭載される。ミドシップのオープンクーペであるS660と、FFベースのアルトターボRSではキャラクターも価格帯も大きく異なるが、スポーツ走行が楽しめる軽自動車として比較対象とするユーザーが多くなりそう。昨年2014年にフルモデルチェンジしたダイハツのコペンも含め、軽スポーツカーに注目が集まることになるだろう。

過去記事(2015/02/23)

スズキ・アルト ターボRSは3月11日の発売見込み、車両価格は約131万円より

アルト ターボRSが2015年3月11日に発売、価格は約131万円という情報も

スズキはベーシック軽自動車のアルトを2014年12月にフルモデルチェンジさせた。その新型アルトをベースにしたアルト ターボRSが2015年3月11日に発売される見込みとなった。

(写真はアルト ターボRSコンセプト、東京オートサロン2015)
アルトターボRS コンセプト

アルトにターボエンジン搭載のRSが計画されていることは、フルモデルチェンジ当初から噂となっていた。1月に開催された東京オートサロン2015でもアルト ターボRSコンセプトが公開され、かつてのアルトワークスの再来とその発売を期待するファンも多かったはずだ。これはアルトターボRSとして間もなく正式な発売日を迎え、車両価格は2WDモデルで約131万円程度になるとされる。

スズキ アルトターボRS ヘッドライト アルト ターボ RS コンセプト フロントグリル

アルトターボRSの5MTモデルは発売が遅れる可能性も、まずは5AGSモデルの発売が確定的

新型アルトにスポーツモデルの設定が期待されるのは、アルトワークスを彷彿とさせるクラシカルなエクステリアデザインのよるものだけではない。新型アルトの車体重量は、2WDモデルの先代モデル比で約100kgにも及ぶ軽量化が実施されており、その重量は610kg。新型アルトターボRSは、ターボチャージャー、大径タイヤなど装備の充実やボディ補強を受けながらもわずか670kgに仕上げられる見込みだ。

アルトターボRSコンセプト 東京オートサロン アルトターボRS コンセプト スズキ

新型アルトターボRSに搭載されるエンジンはR06A型の直3ターボとなる。そのスペックは47kW(64ps)/6000rpm、98Nm(10.0kgm)/3000rpmにチューニングされる見込みとなっている。

スズキ アルトターボRSコンセプト リアコンビネーションランプ

そしてトランスミッションについては、まずは5AGSのみがラインアップされる可能性が高い。5AGSは2ペダル式のシングルクラッチトランスミッションで、軽量かつローコストというメリットもあるが、やはり5MTモデルのラインアップが望まれるところ。ただし、エンジンが高トルク化された事情から現行の5MTをそのまま載せるわけにもいかず、ターボRSの5MTモデルの登場は遅れるか、ずっと発売されないということもあるかもしれない。

過去記事(2015/01/11)

アルトターボRS、スズキが軽ホットハッチを発売予定、東京オートサロン画像

アルトターボRSコンセプトが東京オートサロンに出展、赤のホイールでドレスアップ

スズキのベーシック軽自動車、アルトの8代目になるフルモデルチェンジが先月2014年12月に実施された。スズキはこの新型アルトをベースにターボエンジンを搭載させたモデル、アルトターボRSを2015年3月に発売する計画となっている。

(写真はアルトターボRSコンセプト、東京オートサロン2015)
アルトターボRS コンセプト

アルトターボRSは低価格グレードも設定される、オシャレで安い軽ターボ車として販売台数も期待

アルトにターボエンジン搭載のスポーツモデルが追加ラインアップされることは、先月の段階で既に発表済みであったが、今回のアルトターボRSコンセプトは赤のホイールが装備されているのが新しい。

アルトターボRSコンセプト 東京オートサロン アルトターボRS コンセプト スズキ

赤く塗装されたスポイラーおよびサイドミラーは、市販型アルトターボRSの全ボディ色において採用される見込み。これらと同色でマッチさせたレッドのホイールが映える。スポーツ志向のユーザーだけでなく、ちょっと上級のオシャレな軽自動車を求めている層にも興味をもってもらえそうだ。

スズキ アルトターボRS ヘッドライト スズキ アルトターボRSコンセプト リアコンビネーションランプ

写真のモデルはあくまでコンセプトカーということなので、このまま市販されるわけではない。市販型アルトターボRSではコスト重視のグレードも設定され、低価格モデルがラインアップされる見込み。スタート価格としては130万円前後が予想される。

アルト ターボ RS コンセプト フロントグリル

新型アルトの標準モデルは、先代モデルから100kgもの軽量化を果たしている。その最軽量グレードが610kgであったから、過給器および強化パーツを含めても650kg程度が予想される。

ターボエンジンは他の軽ターボ車と同じ3気筒のもので、最高出力は64ps、最大トルクは9.7kgfmとなるだろう。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先