car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

アルトワークスが復活、ターボ&5MTで市販確定、東京モーターショー2015

スズキがアルトワークスを出展、ターボ+5速MTで発売決定

スズキ・アルトワークスが報道公開が始まっている東京モーターショー2015で出展された。

(写真は新型アルトワークス)
アルトワークス復活

参考出品車との名目で出展されたアルトワークス。事前の情報ではアルトワークスなるモデルはリストアップされていなかった。スズキがゲリラ的に出展した単なるショーモデルかと思いきや、なんと社内では市販が決定しているという。

スズキ アルトワークス アルトワークス 東京モーターショー2015

そうなると気になるのは発売時期である。2015年内?あるいは2015年度内?の問いにスズキの担当者は応えてはくれなかったが、なるべく早い時期での市場投入を考えているとのこと。もちろん現段階では車両価格も決定されていないだろう。

アルトワークス ターボエンジン

ホットハッチ、アルトワークスが復活、車両価格は未定ながらも市販確定

2014年12月に発売された現行アルトであるが、無骨なルックスと大幅な軽量化が実現されたことで、ターボエンジンとマニュアルトランスミッションを搭載したアルトワークスなるホットハッチモデルの復活を望む声があがっていた。ただし、現状の軽自動車向け5速MTの供給体制を考えると、アルトワークスの復活は難しいというのが大方の見方でもあった。

アルトワークス KYB スズキ アルトワークス 発売

その後ターボエンジン+5AGS搭載のアルトターボRSが発売されたことで、この話は終わったものと考えていたが、これはいい意味で裏切られたと言えるだろう。

アルトワークス 5速MT

アルトワークスについて現在のところ明らかになっているのは、全長3395mm×全幅1475mm×全高1500mmのボディサイズ、ターボエンジン搭載、2WD、5速MTであるということである。

アルトワークス レカロシート アルトワークス ヘッドランプ

室内はレカロシートが装備される。足元はオーソドックスに3ペダル式で、シフトノブは5速であることが確認できる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント