car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スズキが新型アルトを2013年11月の東京モーターショーで発表する可能性あり

アルトがフルモデルチェンジの可能性、燃費性能トップのミライースへの対抗策

スズキでは次期アルトの開発が最終段階に入っている。その発売時期として2013年内と考える予測も多く、2013年11月に開催される東京モーターショーでは軽自動車燃費ナンバーワンとして新型アルトが発表される可能性がある。

(写真はアルトエコ、東京モーターショー2011)
アルトエコ

新型アルトは燃費性能だけでなくグレードラインアップの充実も期待できる

軽自動車マーケットの二強と言われ続けたスズキとダイハツであるが、近年は特に燃費競争の激しさを増している。その発端となったのがニ年前。2011年の東京モーターショーの開催直前に、スズキが新型アルトエコをミライースを上回る燃費性能で電撃発表したことに遡る。その後、両社の燃費性能を巡ってのせめぎ合いは続き、現在はダイハツのミライースがJC08モード燃費33.4km/Lで軽自動車トップの性能を誇っている。

今回、スズキがその対抗策として打ち出すのではと考えられるのが、アルトのフルモデルチェンジである。現行モデルは2009年の発売から4年の販売期間を経ており、次期モデルへの切り替えが待望される時期に来ている。二年前のミライースへの対抗策はアルトエコという燃費性能に特化した派生車の追加ということで、軽自動車燃費トップは獲得できたもののグレード展開が不十分であったことが弱点となり販売台数はミライースに負けてしまった。今回はアルトシリーズの一新ということであるからグレード展開の充実を図ることも可能というわけだ。

(写真はミライース、JC08モード燃費33.4km/L)
ミライース マイナーモデルチェンジ

新型アルトのJC08モード燃費は、ミライースを上回るということで34~35km/L程度が予想される。盛り込まれる燃費改善策はエネチャージに加えて、高圧縮比エンジンの導入も予想される。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント