car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

アルトが2014年内にフルモデルチェンジ、アルトエコはハイブリッド化の期待

スズキがアルト シリーズのフルモデルチェンジを2014年末に計画

スズキのベーシック軽自動車、アルトが2014年末にもフルモデルチェンジされる計画となっている。

(写真は現行アルトエコ)
アルトエコ 2013

現行アルトは2009年に発売した7代目モデル。まる5年間の販売期間を経て8代目へフルモデルチェンジされることになる。

次期アルトエコは、S-エネチャージの装備によるハイブリッド化を期待

アルト シリーズはスズキの軽乗用車ラインアップのボトムを支えるモデルとなっている。ローコストな設計により現行モデルの車両価格は83万1600円からと低価格に設定される。特に2011年に燃費強化版のアルトエコが発表されてからは、当モデルに注目されることが多くなった。アルトエコのJC08モード燃費は現行モデルで35.0km/Lに向上しており、通常版アルトの22.6km/Lを大幅に上回るスペックとなっている。

スズキ アルトエコ アルトエコ 35.0km/L

ただし、技術的には先月8月に発売されたワゴンR S-エネチャージの方が先端にあり、モーターによるアシスト機能が軽自動車として初めて採用された。モーターの出力は1.6kWと小出力でバッテリー容量も小型のためモーターアシスト時間は最大6秒間に限られるが、いわゆるハイブリッドシステムに相当し、安価なシステムで燃費性能を向上させることに成功した。

(写真はダイハツ・ミライース)
ミライース

このスズキの軽自動車向けハイブリッド技術が次期アルト シリーズに採用されることは想像に難くない。特に燃費強化モデルのアルトエコは、先日ライバルのダイハツ・ミライースに軽自動車燃費ナンバーワンの座を奪われており、スズキとしても是非ともこれを奪還したいはず。低燃費かつ低価格のイメージで販売台数を獲得してきたミライースに対して、アルトエコはセールス的に成功しなかった。次期アルトエコはハイブリッド化で大きく躍進することを期待したい。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント