car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ホンダ・インサイト復活、3代目モデルはセダンで2018年北米発売予定

投稿日:2017/12/20 更新日:

次期インサイト プロトタイプがデトロイトで発表予定

ホンダは新型インサイト プロトタイプを2018年1月にデトロイトで開催される北米国際オートショーで発表する予定となっている。

(写真は新型インサイト プロトタイプ)
インサイト プロトタイプ

ホンダのハイブリッド専用車、インサイトシリーズは、2014年に販売を終了させて以降、直接的な後継モデルが設定されておらず、ラインアップを空けている状況となっている。特に先代型はライバルのトヨタ・プリウスとの競争に販売量、商品力でも負けたネガティブなイメージがある。そんななか復活するインサイトは、ボディタイプをセダンに変更し、主力マーケットを北米に移すことになる。

インサイト プロトタイプ フロントグリル インサイト トランク

次期インサイトはSPORT HYBRID i-MMDを搭載

新型インサイトのボディサイズは現在のところ未発表ではあるが、シビック以上、アコード未満の全長4.7m程度になることが予想される。

インサイト プロトタイプ インサイト プロトタイプ リアコンビネーションランプ

ハイブリッドシステムとしてSPORT HYBRID i-MMDが搭載されることが予告されている。これまでアコードやオデッセイ、ステップワゴンでも採用されてきた2.0Lエンジン+2モーターによるハイブリッドシステムであるが、排気量のダウンサイズなど新技術の導入についても注目していきたい。

インサイト プロトタイプ 座席 インサイト プロトタイプ インテリア

北米向けにはインディアナ工場での生産スケジュールが決まっており、2018年夏にも発売される見通しとなっている。

インサイト プロトタイプ ティザー

新型インサイトの日本発売については未定。しかし、フルモデルチェンジしたばかりの新型アコードが日本導入されないという噂もあり、国内のセダンラインアップが不足している状況でもある。アコードより少し小さいサイズの新型インサイトが、日本でも使いやすいミドルクラスセダンとして導入されることが期待される。

#1 匿名さん2017/12/20(Wed)20:48:41
あれ?1.5L i-MMDって噂だったが…
結局、2.0Lで販売するんだ…
アコードの再販を希望したいな。

#2 匿名さん2017/12/20(Wed)22:15:21
4WDが出たら買うかも。雪国なので4WD必須。ホンダは中堅セダンに4WDを設定してくれないのよね。
#3 匿名さん2017/12/21(Thu)05:45:37
シビックにHVモデルを追加すれば良いものを、と素人目には思えてしまうのだが・・・
敢えてHV専用車として再投入してくるところに、マーケティングの面白さ・難しさを感じる

インディアナ工場生産車とのことなので、日本市場導入は微妙かも?
4ドアセダンは日本では売れないし、インサイトは出たり消えたりと、印象はあまり良くない
折しも来年末にはシビックにもHVが追加されるそうなので、本車種とのバッティングも懸念される

ホンダは、「一つのブランド」をもう少し大事に育てていくべきでは?
#4 匿名さん2017/12/21(Thu)06:22:45
テールゲートを廃止したところをみると、一時期言われた、
「アメリカではハッチバック車は売れない」という話が、いまだ根強いというところか
日本市場とは真逆の対応で、なかなか興味深い

シビック・アコードと共通イメージのファストバック調のデザインは、意外にも北米では受けいれられているとのこと
テールゲートが「開きそうで開かない」最新ホンダセダンのデザインは、個人的にはいまだに違和感を覚えるが・・・
既にこの感覚自体が古いのだろうな・・・
#5 匿名さん2017/12/21(Thu)16:21:05
シビックハイブリッド 1.5 i-DCD
インサイト 1.5 i-MMD
この選択が妥当か
これだと日本向けはインサイトだけでも十分だと思う
でも、シビックが意外と日本で売れているという話もあったからハイブリッド出せば売れそう
両方発売されるのかな
#6 匿名さん2017/12/21(Thu)21:07:23
1.5i-MMDが普及すれば、i-DCDは1.5Lにしか適応出来なかったから衰退するんだろか…。
i-DCDは1モーターで省スペースのメリットはあるから研究して小型車に特化させてもいいのかもな。
#7 匿名さん2017/12/22(Fri)06:36:19
× 1.5 i-MMD
〇 2.0 i-MMD
#8 匿名さん2017/12/22(Fri)08:22:53
セダンかよ! ハッチバックで勝負してくれよ……
#9 匿名さん2017/12/22(Fri)09:58:16
北米市場で「勝負」する車種なんだから当然のように「4ドアセダン」となる。
日本では買えないかもしれないから、気にしないことだ。

#10 匿名さん2017/12/26(Tue)17:31:06
アメリカはいいな
ホンダ好きにはもってこいの国だよ
こいつと新型アコードのフロントデザインが大好きだ

けど、新型インサイトをシビックの上級車種で乗るのも気が引けるな
ただ新型アコードはたぶん日本で出す気はないだろうし

アメリカうらやましい!
#11 匿名さん2017/12/26(Tue)18:59:47
ホンダ顔は採用例が増え、デザインもこなれてきたな
#12 本日、ホンダのプレスリリースより抜粋2018/01/16(Tue)21:17:27
Hondaのセダンラインアップにおいて、「CIVIC」の上位に位置付けられ、スタイリッシュなセダンスタイルと上質でゆとりのある室内空間を備えた5人乗りセダンとして開発されました。高効率な1.5Lアトキンソンサイクルエンジンと、革新的な2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド)i-MMD※」の組合せにより、力強く上質な走りと高い燃費性能を実現しています。
 新型インサイトは、米国・インディアナ工場で生産され、2018年夏に米国での発売を予定しています。

【まとめ】
・ポジションはシビックより上位
・1.5L i-MMD
・日本市場投入は言及せず

名前(任意)
コメント

ホンダ・インサイト復活、3代目モデルはセダンで2018年北米発売予定

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ホンダがインサイト後継車を計画、次世代型1.5Lハイブリッドが搭載される

ホンダ・インサイトは販売終了の見込み、後継車はセダンのシティハイブリッド

ホンダが次期インサイトの開発を中止、現行モデルで終了

インサイト エクスクルーシブは1.5Lハイブリッド搭載

インサイトに1.5Lハイブリッドが追加予定

納期が早いハイブリッドカー、インサイト

ハイブリッドカー実用燃費ランキング1位~5位

国産ハイブリッドカー全一覧リスト

インサイト新型二代目(ホンダZE2)の評価と口コミまとめ