car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ホンダ新型インサイト2019年春に発売見込み、1.5L i-MMDハイブリッド搭載

インサイトの発売は延期されそう、来春ラインアップに復活

ホンダのハイブリッド専用車、インサイトがフルモデルチェンジを受けてラインアップに復活する。2018年内の日本発売が見込まれていたが、これは少し延期となり2019年春頃とになりそう。

(写真は新型インサイト、北米仕様)
ホンダ新型インサイト

新型インサイトは2018年春のニューヨーク国際オートショーでワールドプレミアされたモデル。既に米国インディア州の工場にて、量産がスタートしている。これとは別で段取りされているインサイト日本仕様は、寄居工場での生産がスケジュールされている。

新型インサイト フロントグリル ホンダ新型インサイト トランク

インサイトの車両価格は高くなりそう、国内向けは高級化で王者プリウスとの対抗を避ける

従来型インサイトはプリウスと直接対抗するワンモーションフォルムであったが、3代目となる新型はボディタイプをセダンに変えてくる。

新型インサイト リアコンビネーションランプ 新型インサイト フルモデルチェンジ

ホンダでは排気量2.0LのSport Hybrid i-MMDをアコード、オデッセイ、ステップワゴンスパーダに搭載してきた。その技術をベースに、排気量を1.5LにダウンサイズさせたSport Hybrid i-MMDが新型インサイトに搭載される。

新型インサイト インテリア 新型インサイト シート

プラットフォームはシビックと共通化される。ただし、車格ポジション的にはシビックよりも上位に置かれる。シビックの価格帯はセダンが265万0320円、ハッチバックが280万0440円。新型インサイトは少なくとも300万円程度のスタート価格となることが予想される。そうなると242万9018円からで値付けされているプリウスと直接対抗というわけにはいかない。新型インサイトは、販売台数的には北米メインのモデルとなりそう。

#1 匿名さん2018/07/26(Thu)09:37:54ID:E5ZmM2ZDGN
延期ってマジ?待ってたのに勘弁してよ。
最近ホンダ国内やる気無さすぎじゃない?
#2 匿名さん2018/07/26(Thu)18:04:21ID:EzZTIyYTDZ
似たようなクルマばっかりで、お腹いっぱいだからじゃないかな。
#3 匿名さん2018/07/26(Thu)21:44:38ID:g1ZGEyNGTM
i-DCDを急いで発売し、リコール連発したから同じ轍は踏めぬ為にも慎重くらいでいいんだ。
割高な(THS2に比べ)i-MMDの優れた点をアピールするためにも多くのユーザーに普及を勧める廉価版モデルが欲しかったな。
#4 匿名さん2018/07/26(Thu)22:25:12ID:hmODM4MDTM
日本車は故障頻発で、リコールばかり
#5 匿名さん2018/07/27(Fri)15:07:52ID:Q1NWVlOGDM
シビック位の価格で出して欲しいな
購入するのに!
#6 匿名さん2018/07/27(Fri)21:29:18ID:VjYjRiNWmZ
日本車ばかりがリコールじゃないですよ。
外車もリコールが多い事。
調べてみてはいかが。
#7 匿名さん2018/07/27(Fri)22:17:28ID:NmNGM5M2WY
グレイス、シビック、インサイトってことか?
i-DCDも当面、継続開発しないと価格面では辛いな。
#8 匿名さん2018/07/27(Fri)23:46:59ID:g3YjZhZGzN
今のホンダ車は、価格が高すぎるので買う気が失せる。
最低でも、1割は値下げして発売して欲しい。
#9 匿名さん2018/07/28(Sat)12:10:30ID:ViMjExMWDM
どうせならインサイトの名前を廃して新しい名前でだせばいいのに
車格も価格も上がってスタイルも変わるんだから、名前まで変えて心機一転した方がいいだろうし、インサイトはプリウスに大惨敗して逃げたって印象しかない
#10 匿名さん2018/07/28(Sat)17:28:59ID:hlZmMzOTjN
プリウスに負けたとはいえ前のインサイトはいい車だったんだけど
あの値段であれだけ走りのいいハイブリッドは今無い
#11 匿名さん2018/08/02(Thu)09:45:59ID:dmNDBiOGGN
ホンダのハイブリッドは地雷
フィットハイブリッドでも酷い目に遭った
#12 匿名さん2018/08/16(Thu)10:09:51ID:ZiOWUwMz2N
国内の力を軽にそそいじゃって資金回収を普通車でやってる可能性

名前(任意)
コメント