納期が早いハイブリッドカー、インサイト

ホンダのインサイトは即納も可能だ

震災による自動車の供給力の低下が原因で、人気が高く受注数の多いハイブリッドカーは納車時期が遅くなる車種が多い。
特にプリウスアルファは現在からの注文では納車予定は来年の春となっており、そんなに遅くなるのなら他の車種を選ばざるを得ないユーザーもいるだろう。
しかし、ハイブリッド車種のすべてがプリウスシリーズやフィットハイブリッドのような人気車種というわけではない。
実は、震災後しばらく生産が停止していたにもかかわらず、在庫がまだ売り切れていない車種もあるのだ。
それが、ホンダのインサイトである。
インサイト

まだまだ在庫があるインサイト

2009年にデビューしたインサイトだが、発売当初はプリウスのライバルとなるほどの人気ぶりで販売台数も伸びた。
ただし、その後早くに販売台数が伸び悩み、プリウスに完敗といえるほど、売れない車になっていく。
翌年の2010年10月にはフィットハイブリッドが登場し、インサイト比で30万円も車体価格が安く、ホンダのハイブリッド車の中では完全に人気を持っていかれてしまった。
さらに、今年2011年にはフィットシャトルハイブリッドがデビューし、インサイトは完全に過去の車として忘れられてしまっているのが今の状態である。
ホンダディーラーには未だに在庫を抱えたままになっている店舗が多くあるようだ。

インサイトの欠点

インサイトが売れない理由の一つに車内の狭さが挙げられるだろう。
エクステリアの美しさを優先したあまり、後部座席が少し窮屈なのが購入を躊躇わせる弱点となっている。
窮屈といっても実際には大人の男性が十分座れるジャストサイズなのだが、ゆったりとした車が多い中ではデメリットとして感じてしまう人が多いようだ。
ただし、後部がしっかり絞られた美しいボディラインは、誰もが見飽きたプリウスよりもスポーティーでカッコイイ。
このご時勢に新車即納のハイブリッドカーともなれば、十分選択肢としてアリだろう。
さらに、ディーラーでの値引きも期待もできる。
古くなればなるほど売りにくくなる事情を弱味に強気で交渉してみるのがいい。

燃費性能はプリウスより劣る?

10・15モード燃費で比較してみると、インサイトは31.0km/L、プリウスは38.0km/L。
この数値を見れば、大きな差と感じる。
多くのユーザーが、少々車体価格が高くても、プリウスを選択してしまうのもしかたないだろう。
ただし、実燃費となれば、この燃費差はぐっと縮まる。
インサイトが18.82km/Lに対し、プリウスは19.93km/L。
この値は実際に所有するオーナーからの実用燃費報告の平均値であるが、プリウスとの燃費の差は、わずか5%程度の違いに過ぎないということも事実として覚えておこう。

値引きのポイントはホンダカーズ間の競合

まずはインサイトを取り扱う複数のホンダカーズ店舗で見積もりを取ってみよう。
納期が数ヶ月先になるようであれば、在庫を持っていないので、値引きも期待できない。
即納の見積もりを出す店舗は、長期間在庫を抱えている店。
できるだけ早く売ってしまいたい事情があるので大幅値引きが期待できる。

関連するレポート

[ 2011/07/03 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

レガシィB4ブリッツェン発売計画あり、東京オートサロンのコンセプト市販化

トヨタが新型i-TRILコンセプトをジュネーブモーターショーで発表予定

レクサス・LS500hがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

三菱自動車、新型エクリプス クロスをジュネーブモーターショーで公開

トヨタ・プリウスPHVがフルモデルチェンジ発売、車両価格326万1600円から

レガシィがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフトされた後期型を発表

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

次期スープラ2018年、フェアレディZ、S2000、RX-9国産スポーツカー黄金期再来

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

三菱自動車がアスレジャー(仮名)をジュネーブモーターショーで公開予定

ステップワゴンハイブリッド、2017年秋のマイナーモデルチェンジで追加

マツダ次期アテンザは2018年春に発売される見込み、スカイアクティブ2へ進化

ノート e-POWERエアコン有りは195万9120円から、JC08モード燃費34.0km/L

次期ジムニーがフルモデルチェンジに向けて開発中、東京モーターショー公開か

三菱・新型アスレジャーは案外大きい、RVR以上アウトランダー未満の可能性

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

日産E52新型エルグランド(2代目)ユーザー評価、トラブル、メンテナンス報告

ステップワゴンハイブリッド2017年10月東京モーターショー出展予想

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

フィットのマイナーモデルチェンジ2017年春GW前に実施される見込み

マツダ新型CX-5がフルモデルチェンジ発売、プレオーダー数は9055台に到達

ホンダ新型シビック、セダン、ハッチバック、タイプRが2017年夏に日本発売

新型ワゴンRが2月1日に発売、スティングレーを含め3タイプのエクステリア

スズキ ソリオ/三菱デリカD2を長所と短所で評価レポート

日産セレナe-POWERが2017年8月頃発売計画、シリーズ式ハイブリッド採用

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

スズキ・ワゴンRが2月1日フルモデルチェンジ、ストロングハイブリッド搭載か

ホンダがインサイト後継車を計画、次世代型1.5Lハイブリッドが搭載される

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

トヨタ新型カムリハイブリッドは早ければ2017年7月発売、TNGA 2.5L HV搭載

ノア&ヴォクシーのマイナーモデルチェンジ計画、2017年夏フェイスリフト

新型ジューク市販型がジュネーブモーターショーで公開か、CMF-B採用

三菱・RVRが2017年2月9日にマイナーモデルチェンジ、新型フロントグリル採用

次期マーチ コンセプトか?日産がSWAYを発表、Vモーション採用

次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.