ホンダ・インサイト復活、3代目モデルはセダンで2018年北米発売予定

ホンダ
このページの情報は古いです
インサイトの最新ニュースはこちらです
 NEW  インサイトが2022年に廃止へ、後継ハイブリッド車は新型シビック e:HEV

次期インサイト プロトタイプがデトロイトで発表予定

ホンダは新型インサイト プロトタイプを2018年1月にデトロイトで開催される北米国際オートショーで発表する予定となっている。

(写真は新型インサイト プロトタイプ)
インサイト プロトタイプ

ホンダのハイブリッド専用車、インサイトシリーズは、2014年に販売を終了させて以降、直接的な後継モデルが設定されておらず、ラインアップを空けている状況となっている。特に先代型はライバルのトヨタ・プリウスとの競争に販売量、商品力でも負けたネガティブなイメージがある。そんななか復活するインサイトは、ボディタイプをセダンに変更し、主力マーケットを北米に移すことになる。

インサイト プロトタイプ フロントグリル インサイト トランク

次期インサイトはSPORT HYBRID i-MMDを搭載

新型インサイトのボディサイズは現在のところ未発表ではあるが、シビック以上、アコード未満の全長4.7m程度になることが予想される。

インサイト プロトタイプ インサイト プロトタイプ リアコンビネーションランプ

ハイブリッドシステムとしてSPORT HYBRID i-MMDが搭載されることが予告されている。これまでアコードやオデッセイ、ステップワゴンでも採用されてきた2.0Lエンジン+2モーターによるハイブリッドシステムであるが、排気量のダウンサイズなど新技術の導入についても注目していきたい。

インサイト プロトタイプ 座席 インサイト プロトタイプ インテリア

北米向けにはインディアナ工場での生産スケジュールが決まっており、2018年夏にも発売される見通しとなっている。

インサイト プロトタイプ ティザー

新型インサイトの日本発売については未定。しかし、フルモデルチェンジしたばかりの新型アコードが日本導入されないという噂もあり、国内のセダンラインアップが不足している状況でもある。アコードより少し小さいサイズの新型インサイトが、日本でも使いやすいミドルクラスセダンとして導入されることが期待される。

このページの情報は古いです
インサイトの最新ニュースはこちらです
 NEW  インサイトが2022年に廃止へ、後継ハイブリッド車は新型シビック e:HEV
タイトルとURLをコピーしました