car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

アウトランダーがSUVらしい顔付きにリニューアル、後期モデルへ移行

アウトランダーおよびアウトランダーPHEVがマイナーモデルチェンジを受けて、2017年2月発売となった。

(写真は新型アウトランダーPHEV)
アウトランダー PHEV

現行アウトランダーは2012年10月より販売されるモデルであった。プラグインハイブリッドシステムを搭載するPHEVが主力ということもあり、押し出し感を抑えたクリーンなイメージのエクステリアが特徴であった。今回のマイナーモデルチェンジで後期型となるアウトランダーは、クロスオーバーSUVらしい迫力あるフロントデザインが採用され、前期型から大きく印象が変えられた。

三菱 アウトランダー PHEV

全長は4695mmということで、前期型比で+40mmとなる。ホイールベースを含めトヨタ・ハリアーと近いサイズ感となる。

アウトランダー PHEV フロントグリル アウトランダー PHEV バックドア

アウトランダーPHEVはEV性能が向上、三菱自動車はSUVモデルの充実化

新型アウトランダーのパワートレインラインアップは、通常ガソリンエンジンが2.0Lと2.4Lの2タイプが用意され、消費税込み車両価格は253万8000円から328万4280円に設定される。

アウトランダー PHEV インテリア アウトランダー PHEV フロントシート

そして2.0LのPHEVも継続採用され、365万9472円から478万9260円となった。なお、PHEVシステムでは改良が施されており、EVプライオリティモードの追加、急速充電時間の短縮などによって、EV走行におけるスペックアップと利便性の向上が盛り込まれた。

このほか、安全運転支援システムの充実も後期型アウトランダーの特徴となる。

アウトランダー PHEV リアコンビネーションランプ

昨年は燃費不正問題の影響か三菱自動車のニューモデルに関するニュースが少なかったが、2017年に入ってからは活性化してきている。来月2017年3月には新型クロスオーバーSUVのエクリプスクロスがジュネーブモーターショーで発表予定となっており、こちらも楽しみである。

#1 匿名さん2017/02/22(Wed)04:45:08
顔がフィット。
てか、不正メーカーの車とかw
#2 三下2017/02/28(Tue)22:45:20
あっ、来年にはスバルに規模で抜かれそうな三菱先輩じゃないッスか!チースッ!
#3 匿名さん2018/06/17(Sun)20:13:41ID:YxOWY3YTDM
知る人ぞ知る、ヨーロッパで売れてるPHEV
実車は意外とスタイリッシュ
#4 匿名さん2018/06/21(Thu)22:20:19ID:A4ZGNhYmTM
時間が有り余るからレスするぜ!
仕事も無くてヒマだから朝から一日中OKさ!
さあクルマのことを語ろうぜ!
#5 匿名さん2018/06/22(Fri)18:43:25ID:kzOTA3MDjY
#4
じゃ、早く語れ
その前にまず仕事さがせ
#6 肥溜めストーリー2018/06/23(Sat)13:51:56ID:E5NDdlOTGY
ひとまずゴーンさんの口からルノーによる完全子会社化は否定されました。

名前(任意)
コメント

車名

アウトランダー

アウトランダー

代表グレード

20M

20G

発売日

2018年8月

2018年8月

型式

DBA-GF7W

DBA-GF7W

ボディ形状

5ドア SUV

5ドア SUV

乗員定員

7名

7名

全長(mm)

4695

4695

全幅(mm)

1810

1810

全高(mm)

1710

1710

ホイールベース(mm)

2670

2670

トレッド 前(mm)/後(mm)

1540/1540

1540/1540

室内長(mm)

2580

2580

室内幅(mm)

1495

1495

室内高(mm)

1265

1265

車両重量(kg)

1490

1500

エンジン型式

4J11

4J11

シリンダー配列

4気筒

4気筒

排気量(cc)

1998

1998

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

86.0×86.0

86.0×86.0

最高出力

150ps(110kW)/6000rpm

150ps(110kW)/6000rpm

最大トルク

19.4kg・m(190N・m)/4200rpm

19.4kg・m(190N・m)/4200rpm

圧縮比

10.5

10.5

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

63

63

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

16.0

16.0

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット式

マクファーソンストラット式

サスペンション(リア)

マルチリンク式

マルチリンク式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

215/70R16 100H

225/55R18 98H

タイヤサイズ(リア)

215/70R16 100H

225/55R18 98H

最小回転半径(m)

5.3

5.3

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

2,668,680円

2,805,300円

車名

アウトランダー

アウトランダー

代表グレード

20Gプラスパッケージ

24M

発売日

2018年8月

2018年8月

型式

DBA-GF7W

DBA-GF8W

ボディ形状

5ドア SUV

5ドア SUV

乗員定員

7名

7名

全長(mm)

4695

4695

全幅(mm)

1810

1810

全高(mm)

1710

1710

ホイールベース(mm)

2670

2670

トレッド 前(mm)/後(mm)

1540/1540

1540/1540

室内長(mm)

2580

2580

室内幅(mm)

1495

1495

室内高(mm)

1265

1265

車両重量(kg)

1500

1560

エンジン型式

4J11

4J12

シリンダー配列

4気筒

4気筒

排気量(cc)

1998

2359

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

86.0×86.0

88.0×97.0

最高出力

150ps(110kW)/6000rpm

169ps(124kW)/6000rpm

最大トルク

19.4kg・m(190N・m)/4200rpm

22.4kg・m(220N・m)/4200rpm

圧縮比

10.5

10.5

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

63

60

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

16.0

14.6

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット式

マクファーソンストラット式

サスペンション(リア)

マルチリンク式

マルチリンク式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

225/55R18 98H

215/70R16 100H

タイヤサイズ(リア)

225/55R18 98H

215/70R16 100H

最小回転半径(m)

5.3

5.3

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

フルタイム4WD

消費税込み車両価格

3,083,940円

2,940,840円

過去記事(2015/05/26)

アウトランダーが新デザイン、2015年6月にマイナーモデルチェンジ発売

アウトランダーが後期型へ、新型フロントフェイスと燃費性能アップ

三菱アウトランダーが2015年6月にビッグマイナーチェンジを受けることになった。

(写真は新型アウトランダーPHEV)
アウトランダー 2016

現行アウトランダーは2012年に発売されたモデル。その後期型に向けたマイナーモデルチェンジは、エクステリアデザインの変更と、パワートレインの改良が盛り込まれた大掛かりなものとなる。

アウトランダー 2016 北米 アウトランダー 後期

新型アウトランダーのJC08モード燃費は、PHEVが20.2km/L、ガソリンモデルが16.0km/L

現行アウトランダーのエクステリアデザインは、エコ性能がアピールされた草食系フェイスであった。後期型ではイメージが一新され、フロントグリルが大きく口を開けたアグレッシブなデザインが採用される。既に、市販タイプがニューヨーク国際オートショー2015で公開されており、日本仕様の後期モデルもこれと同じエクステリアデザインとなることが予想される。

三菱アウトランダーPHEV 後期

この特徴的なフロントデザインは、RVRの次期型など三菱のクロスオーバーSUVモデルに採用されていくことが予想され、今後は三菱SUVのアイデンティティとして確立されることになる。この他、ランプ類を含めたリア周りも一新される。

アウトランダー後期 インテリア

また、全モデルでフェンダーミラーが廃止され、サイドアンダーミラーあるいはマルチアラウンドモニタの装備に置き換えられる。これによりエントリーモデルもすっきりとしたフロントまわりとなる。

さらにパワートレインの改良により燃費性能の向上が盛り込まれる。まずPHEVは現行18.6km/LのJC08モード燃費が20.2km/Lへ向上。2.0Lのガソリンエンジンモデルは現行15.2km/Lから16.0km/Lとなる。

過去記事(2015/03/26)

三菱 アウトランダーPHEVがビッグマイナーチェンジ、NY国際オートショーで公開

新型アウトランダーPHEVは、パリのコンセプト-Sがデザインのベース

三菱自動車は、4月3日より一般公開されるニューヨーク国際オートショー2015で、アウトランダーを大幅改良させ発表する予定となっている。

(写真は新型アウトランダー)
アウトランダー マイナーモデルチェンジ

現行アウトランダーは2012年にフルモデルチェンジ発売された2代目モデル。今回発表される改変は前後エクステリアデザインのアップデートが含まれたビッグマイナーチェンジに相当するものとなる。一部メディアでは今回の改変をフルモデルチェンジとし、3代目アウトランダーがデビューするとも報じているが、現行モデルの販売年数からしてもやはりビッグマイナーチェンジと考えるのが妥当であろう。

アウトランダー 新型 リアコンビネーションランプ アウトランダー PHEV マイナーモデルチェンジ NY発表

公開された画像からは、新型アウトランダーのエクステリアを見ることができる。三菱自動車はパリモーターショー2014でアウトランダーPHEVコンセプト-Sを発表し、アウトランダーPHEVの後期モデルを予告するエクステリアデザインを公開していたが、画像からは全く同じではないもののデザインルールが近くなることが判断できる。

(写真はアウトランダーPHEVコンセプト-S、パリモーターショー2014)
アウトランダーPHEVコンセプトS 三菱自動車 アウトランダー PHEV コンセプトS 2014パリモーターショー

アウトランダーPHEV日本仕様が2015年5月にマイナーモデルチェンジ予定

そして、日本市場では2015年5月にアウトランダーPHEVのマイナーモデルチェンジが計画されており、今回ニューヨークで発表されるモデルのエクステリアがそのまま日本仕様にも採用されると予測される。パワートレインのPHEVにも改良が加えられ航続可能距離が延長される見込みとなっている。

(写真は現行アウトランダーPHEV)
アウトランダーPHEV

ただし、通常ガソリンエンジン搭載モデルについては、エクステリアを含めて従来型の販売が継続される可能性が高いだろう。

過去記事(2014/10/08)

アウトランダーPHEVコンセプトSの画像、パリモーターショー2014三菱ブース

三菱がアウトランダーPHEVコンセプト-Sをパリモーターショーで発表

三菱自動車は開催中のパリモーターショー2014で、アウトランダーPHEVコンセプト-Sを発表した。

アウトランダーPHEVコンセプトS

前回開催のパリモーターショー2012ではアウトランダーPHEVのワールドプレミアが行われていたが、今回はそのフェイスリフトの提案として新たなコンセプトモデルが発表された。ここ欧州では現行アウトランダー シリーズは既に日本を超える台数が販売されており、同シリーズにとって重要な市場に位置付けられている。

アウトランダーPHEVコンセプト-S、三菱のデザインはスポーティー路線へとシフトされる

さて、発表されたアウトランダーPHEVコンセプト-Sであるが、エクステリアを見る限り市販モデルがすぐに実現しそうな完成度である。ただし、今のところ市販化については具体的な情報が出されていない。2015年以降に想定されるマイナーモデルチェンジに向けてのフェイスリフトデザインか、あるいはラリーアートグレードの追加設定を予告するものであると考えられる。

三菱アウトランダー PHEV コンセプトS アウトランダー PHEV S パリモーターショー2014

フロントデザインでは、ヘッドライトが現行市販型の曲線を多用した形状から、直線的なシンプルなラインとなった。コの字型のメッキラインは新たな三菱車のアイデンティティとして、昨年の東京モーターショー2013で発表されたXR-PHEVに通じるものがある。バンパーライン中央はブラックアウト化されシングルフレームグリル化されている。

アウトランダーPHEV コンセプトS 三菱自動車 三菱自動車 アウトランダー PHEV コンセプトS 2014パリモーターショー

フロントで見られたコの字型のメッキラインは、リアデザインにも採用されている。リアコンビネーションランプは左右先端がシャープな一文字型となり、エコな雰囲気の現行モデルから一転し、スポーティーなイメージが与えられた。

過去記事(2014/09/24)

三菱アウトランダーPHEVコンセプトSの画像公開、次世代SUVデザイン

パリ発表予定アウトランダーPHEVコンセプトSのエクステリア画像が公開

来月2014年10月4日より一般公開されるパリモーターショーにて、三菱はアウトランダーPHEV コンセプトSを発表する予定となっている。そのエクステリア画像がプレスリリースされた。

(写真はアウトランダーPHEV コンセプトS)
アウトランダーPHEV コンセプトS

前回の発表ではティザーイラストのみの公開に限られていたが、今回はエクステリアデザインの全体像が明らかとなった。
現行アウトランダーは2012年にデビューした2代目モデル。プラグインハイブリッドモデルが設定され、環境志向の強いSUVとしてのキャラクターが与えられた。その現行型のフロントデザインはSUVらしさよりも、曲線を生かした繊細な表情により環境性能の高さが表現されたものであった。ただし、今回のアウトランダーPHEV コンセプトSについては、むしろオーソドックスとも言えるSUVらしい押し出し感が与えられたと見ている。SUVを求めるユーザーの多くはこういったデザインを待っていたのではなかろうか。

三菱 アウトランダー PHEV Sコンセプト 三菱 アウトランダー PHEV コンセプトSパリ発表

アウトランダーPHEVコンセプトSとレクサスNXは競合車となるか

アウトランダーPHEV コンセプトSのヘッドライト、フロントグリル周辺は直線的となり、そのラインは東京モーターショーで次世代SUVとして展示されたコンセプトカー、XR-PHEVからの引用であることが想像できる。ややレクサスのスピンドルグリルを意識したようにも感じるが、実は2014年7月に発売された新型SUVのレクサスNXシリーズとボディサイズは近い。そのNX200t(AWD)の下位モデルが454万円で、これはアウトランダーPHEVの上位モデルと同程度の価格設定となっている。三菱とレクサスではブランドイメージが大きく異なるだろうが面白いライバルとなりそうだ。

(写真はレクサスNX200t)
レクサスNX200t

アウトランダーPHEV コンセプトSの市販時期について具体的な発表は今のところ無い。今後も情報が入り次第お伝えしたい。

過去記事(2014/09/11)

三菱自動車がアウトランダーPHEVの新型コンセプトを発表、コンセプト-S

三菱自動車がパリモーターショー2014でアウトランダーPHEV コンセプト-S発表

今年は隔年開催されるパリモーターショーの当たり年ということで、世界各国の自動車メーカーが2014年10月2日のプレスデー開幕に向けて出展準備を進めている。そんななか、欧州での販売拡大を企てる三菱自動車は、アウトランダーPHEV コンセプト-Sの初公開を計画している。これに先駆けて同モデルのティザー画像が公開された。

アウトランダーPHEVコンセプトS

アウトランダーPHEV コンセプト-Sは、2年前のパリモーターショーでワールドプレミアされた市販型アウトランダーPHEVをベースとしたモデルである。スポーティさもコンセプトテーマの一つとしつつも、パワートレインは市販型と同じ2.0Lのプラグインハイブリッドである可能性が高く、独自設計はエクステリアデザインがメインになると予想される。

アウトランダーPHEV コンセプトS 三菱自動車

アウトランダーPHEV コンセプト-SはXR-PHEVのデザインルールを採用

三菱自動車によるスポーティなSUVモデルの提案は、昨年の東京モーターショー2013でのXR-PHEVが記憶に新しい。

(写真はXR-PHEV)
次期RVR コンセプトカー 東京モーターショー 次世代RVR

XR-PHEVは次期RVRのコンセプトモデルとも言われており、コンパクトクロスオーバーSUVの車体に三菱の次世代デザインを織り込んだスポーティでスタイリッシュなエクステリアとなった。

三菱 次期RVR コンセプト

そのXR-PHEVで用いられたデザインルールがアウトランダーPHEV コンセプト-Sに使われていると考えられる。

アウトランダーPHEV コンセプト-Sの市販化について、具体的な発表はまだなされていないが、例えばラリーアート名義などでの追加ラインアップが期待されるところである。

過去記事(2013/04/22)

シトロエン DSワイルド ルビスに三菱アウトランダーのPHEVシステム採用の可能性

三菱のプラグインハイブリッドシステムをシトロエンDS6に搭載か?

2013年4月20日より開幕した上海モーターショーで、『DS ワイルドルビス』という新型SUVのコンセプトカーが発表された。シトロエンは、DSシリーズとして、メーカーの顔となる上級車ラインを確立してきた。現在のラインナップには、小型の5ドアハッチバックである『DS3』、小型クロスオーバーである『DS4』、ミドルクラスのクロスオーバーである『DS5』が名前を連ねている。今回、本格的SUVのコンセプトカーとして発表されたDS ワイルドルビスは将来的には『DS6』としての販売が待望されている。
DSワイルド ルビス DS6
DS6 上海2013

三菱とPSAの業務提携はDSシリーズにも展開されるのか?

エクステリアを見てみると、これまでのDSシリーズの流れを感じさせない独創的なデザインが採用されているのがわかる。ボディサイズは全長4700mm×全幅1950mm×全高1590mm。DSシリーズ初の本格SUVというのもあるだろうが、従来のDSシリーズにあった繊細な曲線美よりも力強さを感じさせる直線基調のラインが印象的である。ヘッドライトなどに見られるスクウェアな造形は、DSシリーズの次世代デザインとして以降のモデルに展開される可能性もあるだろう。
DS6 wild rubis 上海モーターショー2013
DS6 上海モーターショー
さらに興味深いのが、DS ワイルド ルビスの市販モデルに搭載されるパワートレインとしてプラグインハイブリッドの搭載が公表されていることである。同セグメントのプラグインハイブリッド搭載のSUVと言えば三菱のアウトランダーPHEVを思い出すが、PSA・プジョーシトロエンと三菱自動車はアイミーブのOEM等で提携関係にあることからも、アウトランダーのシステムがそのまま採用される可能性が高いと考えていた。しかし、これは誤り。
採用されるエンジンは、1.6Lの直4ガソリンターボで、最大出力225ps。これに70psのモーターが加わるということである。駆動方式も少し異なり、前輪はエンジン駆動のみでフロントモーターは設置されない。後輪がモーター駆動のみとなるところはアウトランダーPHEVと似ている。
三菱プラグインハイブリッド PHEV
現在、アウトランダーPHEVはリチウムイオンバッテリーのトラブルから出荷停止となっており、一刻も早い問題解決が求められている。

過去記事(2013/04/11)

アウトランダーPHEVバッテリー不具合問題、北米ではV6 3.0Lモデルが登場

アウトランダーPHEVのリチウムイオンバッテリー溶損・短絡問題、未だ解決せず

昨年2012年10月に発売が始まった三菱初のプラグインハイブリッド車、アウトランダーPHEVのリチウムイオンバッテリー不具合問題が長期化する可能性がある。2013年4月10日に三菱自動車は、この件に関する中間報告を発表したが、4月中に解決したい意向は示したものの、具体的な目処が立っていないのが現状だ。現在、新型アウトランダーPHEVの出荷はストップしている状況であり、既に納車したユーザーに対しては、外部電源による充電(プラグイン)とチャージモードの使用禁止を呼びかける方針となっている。原因および解決方法が判明次第リコールとなる見込みだ。
アウトランダー PHEV
アウトランダーPHEV リチウムイオンバッテリー
長らくヒット車の出ない状況が続く三菱自動車であるが、昨年2012年に再起を掛けてデビューさせたコンパクトカー、ミラージュも販売不振に陥っており、さらにこのアウトランダーPHEVも出だしから躓きを見せている。

アウトランダー V6 3.0Lがワールドプレミア

国内モデルのPHEVが販売停止となった一方で、ニューヨーク国際オートショーでプレミアを迎えたアウトランダー北米モデルは、Outlander GTとしてV6エンジン搭載モデルがラインアップされた。
アウトランダー V6
アウトランダーV6 ニューヨーク2013
搭載されるV6ユニットはアルミニウムブロック製の3.0L SOHC MIVECで、その仕様は最高出力が224hp/6250rpm、最大トルクが214fb-ft(29.6kgm)/3750rpmとなり、先代の3.0Lモデルを僅かに上回る性能となった。トランスミッションとして6速ATが採用されている点も日本仕様のCVTとは異なる点である。
このV6のアウトランダーは2013年今夏にも北米発売される予定である。北米でPHEVが発売される計画もあるのだが、具体的な発売時期についての明言は避けられている。
V6モデルが日本に導入されるという可能性はしばらく無いと考えるが、バッテリー問題でもたつくようなことになれば、販売サイドからの要望もあがってくるかもしれない。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先