car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ増産、想定外のオーダーを受け設備投資

ジムニーの販売が好調、スズキが生産ラインの追加を準備中

スズキは新型ジムニー シリーズを増産する計画となっている。

(写真は新型ジムニー)
新型ジムニー

新型ジムニー シリーズは2018年7月5日に発売されたモデル。約20年ぶりのフルモデルチェンジということもあり、オーダーが殺到している。特に登録車のジムニーシエラは生産台数が少なく、3年近い納期を予告する販売店が現れるなど、異常な状況となっている。スズキはこれを受けて、生産ラインの追加準備を進めており、2019年1月にも増産体制が整う見込みとなった。

ジムニーシエラ フロントグリル

ジムニーとジムニーシエラの合計で月間7000台生産に

生産設備増強後はジムニーとジムニーシエラの合計生産力が月間7000台規模になる予定。当初の計画では、軽自動車のジムニーが年間1万5000台(月平均1250台)、ジムニーシエラは年間1200台(月平均100台)であった。現在は生産設備を増やさない範囲で増産対応しており、湖西工場で月間約4000台規模で生産されている。ここからさらなる増産のために設備投資を行うというわけだ。

ジムニーシエラ リアコンビネーションランプ

スズキにとってうれしい誤算となったが、そもそも販売計画を少なく見積もり過ぎではないだろうか。本格増産までしばらくの時間が必要なことや、さらに輸出販売も予定しているから、まだ品薄状態が続きそう。それでも趣味性の高いモデルであるから、他モデルに流れることも少なく、ファンは納車まで楽しみに待ってくれるはずだ。

#1 匿名さん2018/09/19(Wed)10:06:28ID:E4OThjZDWY
久々のFMCとあってバカ売れ状態のようだな。
スズキは笑いが止まらないだろうね。

近年は奇抜なデザインが目立つ中、まともなデザインなのも大きいかな。
男女関係無く、ジムニー好きは多いし。
#2 匿名さん2018/09/19(Wed)18:15:20ID:UzOWMzMmWZ
ワゴンRの誤算をカバーするのは苦しいか。
#3 匿名さん2018/09/19(Wed)20:25:07ID:VjMmYzZjTM
奇をてらったデザインしかできないトヨタにこの車の良さはわかるまい
#4 匿名さん2018/09/19(Wed)20:56:30ID:VlYmY1MmDY
トヨタは真似てくるよ。たぶん
#5 匿名さん2018/09/19(Wed)22:39:26ID:EyZjJlMDjZ
利幅薄いし売れるほど企業平均燃費が下がるからあまり売れて欲しくなさそう、スズキのアイコンだから長期的にじわじわ売れるのが理想じゃないかな?
トヨタもランクルで原点回帰のデザイン取り入れて欲しいな、FJクルーザーも無いしね
#6 匿名さん2018/09/20(Thu)02:22:26ID:c0OWEzYjmM
納車まで3年も掛かるなら、MCまで待った方がいいネ
#7 匿名さん2018/09/20(Thu)07:45:31ID:c2NGIxNTGN
待ってる間にランドベンチャーとか出ちゃいそうw
#8 匿名さん2018/09/20(Thu)16:21:09ID:JlZWU3ZmjM
それがまたセンスよさそう^_^
#9 匿名さん2018/09/21(Fri)00:25:32ID:ZlMDVkNjTZ
トヨタはダイハツにテリオスとテリオスキッドを作らせて、トヨタにOEM版を供給し、日産は三菱にパジェロミニとパジェロJrを作らて、日産にOEM版を供給するのかな?
#10 匿名さん2018/09/21(Fri)00:39:40ID:c5Yzg2MzjZ
現実しても不思議無し
#11 匿名さん2018/09/21(Fri)14:41:22ID:NkYTRkNzjM
#9
三菱はスズキからソリオをOEM供給してもらってるから
ジムニーをパジェロミニとしてOEM供給してもらうというのも手かもね
あとマツダも先代ジムニーをAZオフロードとしてOEM供給してもらってたけど、
ジムニーの生産が落ち着いたら、フレアオフロードとしてOEM供給してもらうんだろうかね
#12 匿名さん2018/09/23(Sun)23:13:05ID:M5M2RjNjzY
トヨタはデザインを真似てくるとは思うけど、多分、中途半端でカッコ悪くなると予想。
性能に特段優れていたわけでもないBbが大ヒットした際も、あの稀に見るシンプルデザインの良さを理解できず、モデルチェンジで㌧でもない奇形車を堂々と発売してから、そう確信しました。
#13 匿名さん2018/09/24(Mon)10:12:42ID:M1YmQ5ZjTZ
2代目Bbは豚と呼んでたな。あんな外装デザインと顔でよく売り出したなと。1代目の良さを全部ふっとばしてくれてたわ。
そういえばあのエンジニア今レクサスに在籍しとるんだよな。なんとなくオチが分かるわ。
#14 匿名さん2018/09/25(Tue)01:08:14ID:hlMGFlMDWZ
イストも同様かな
#15 匿名さん2018/09/25(Tue)11:20:13ID:VkMzZhMDjO
工業意匠は、デザイナーのマスターベンションの場ではない。
自慰は本来隠れてするものだが、オープンにして発散したければ個展でも開催すれば同じ趣味の友達ができて仲良くできると思う。
#16 匿名さん2018/09/25(Tue)16:20:50ID:lhNGQ3ZmzY
>>15 何が言いたいのか、全然わからない
君の発言こそ、マスターベーション
#17 匿名さん2018/10/16(Tue)19:59:19ID:Y3NDFkNzTY
レッド系のカラーを設定して欲しい
#18 匿名さん2018/10/21(Sun)08:29:34ID:gzMzJjMDmY
5ドアをぜひとも売り出してほしい。
#19 匿名さん2018/10/21(Sun)13:44:52ID:U4M2FhOWzO
それはもうジムニーよりも初代エスクード ノマド
#20 匿名さん2018/10/21(Sun)17:52:42ID:VkOTNiNzTZ
スズキは、不正により、カーオブザイヤー選考を辞退したとのこと

ジムニーが消えてしまってため、
今年も2年連続で、輸入車がイヤーカーを獲得するんだろうな・・・
#21 匿名さん2018/11/01(Thu)10:13:15ID:U0MmQyOTWO
グッドデザイン賞金賞を受賞しましたね。
#22 匿名さん2018/11/08(Thu)18:22:29ID:M0NGQ3ODmY
欧州で販売される車が『ホンモノ』とこのサイトで知りました。
ジムニーとジムニーシエラのどちらにするか悩みましたが、
欧州で販売されるジムニーと同じ仕様の「ジムニーシエラ」に決めました。
オーバーフェンダーがカッコいい!
#23 匿名さん2018/11/08(Thu)19:34:40ID:UxZjdmZjDY
開発費をペイするという事もあり、今回も20年は生産する模様

名前(任意)
コメント

車名

ジムニー

ジムニー

代表グレード

XG

XG スズキセーフティサポート装着車

発売日

2018年7月

2018年7月

型式

3BA-JB64W

3BA-JB64W

ボディ形状

3ドア ワゴン

3ドア ワゴン

乗員定員

4名

4名

全長(mm)

3395

3395

全幅(mm)

1475

1475

全高(mm)

1725

1725

ホイールベース(mm)

2250

2250

トレッド 前(mm)/後(mm)

1265/1275

1265/1275

室内長(mm)

1770

1770

室内幅(mm)

1300

1300

室内高(mm)

1200

1200

車両重量(kg)

1030

1030

エンジン型式

R06A

R06A

シリンダー配列

直列3気筒

直列3気筒

排気量(cc)

658

658

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

64.0×68.2

64.0×68.2

最高出力

64ps(47kW)/6000rpm

64ps(47kW)/6000rpm

最大トルク

9.8kg・m(96N・m)/3500rpm

9.8kg・m(96N・m)/3500rpm

圧縮比

9.1

9.1

過給機

ターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

40

40

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

サスペンション(フロント)

3リンクリジッドアクスル式

3リンクリジッドアクスル式

サスペンション(リア)

3リンクリジッドアクスル式

3リンクリジッドアクスル式

ブレーキ(フロント)

ディスク

ディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

175/80R16 91S

175/80R16 91S

タイヤサイズ(リア)

175/80R16 91S

175/80R16 91S

最小回転半径(m)

4.8

4.8

トランスミッション

5MT

5MT

駆動方式

パートタイム4WD

パートタイム4WD

消費税込み車両価格

1,458,000円

1,500,120円

車名

ジムニー

ジムニー

代表グレード

XL

XL スズキセーフティサポート装着車

発売日

2018年7月

2018年7月

型式

3BA-JB64W

3BA-JB64W

ボディ形状

3ドア ワゴン

3ドア ワゴン

乗員定員

4名

4名

全長(mm)

3395

3395

全幅(mm)

1475

1475

全高(mm)

1725

1725

ホイールベース(mm)

2250

2250

トレッド 前(mm)/後(mm)

1265/1275

1265/1275

室内長(mm)

1795

1795

室内幅(mm)

1300

1300

室内高(mm)

1200

1200

車両重量(kg)

1030

1030

エンジン型式

R06A

R06A

シリンダー配列

直列3気筒

直列3気筒

排気量(cc)

658

658

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

64.0×68.2

64.0×68.2

最高出力

64ps(47kW)/6000rpm

64ps(47kW)/6000rpm

最大トルク

9.8kg・m(96N・m)/3500rpm

9.8kg・m(96N・m)/3500rpm

圧縮比

9.1

9.1

過給機

ターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

40

40

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

サスペンション(フロント)

3リンクリジッドアクスル式

3リンクリジッドアクスル式

サスペンション(リア)

3リンクリジッドアクスル式

3リンクリジッドアクスル式

ブレーキ(フロント)

ディスク

ディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

175/80R16 91S

175/80R16 91S

タイヤサイズ(リア)

175/80R16 91S

175/80R16 91S

最小回転半径(m)

4.8

4.8

トランスミッション

5MT

5MT

駆動方式

パートタイム4WD

パートタイム4WD

消費税込み車両価格

1,582,200円

1,624,320円

過去記事(2018/07/06)

スズキ新型ジムニー、ジムニーシエラ発売、20年ぶりフルモデルチェンジ

ジムニー、ジムニーシエラ、新開発FRラダーフレーム構造を採用

スズキはジムニーおよびジムニーシエラをフルモデルチェンジさせ、2018年7月5日に発売した。

(写真は新型ジムニー)
ジムニー フロントグリル

新開発ラダーフレーム、FRレイアウト、副変速機付パートタイム4WD、3リンクリジッドアクスル式サスペンションが備わり、長年ジムニーに求められてきた4つの基本スペックが引き続き採用された。

ジムニー ラダーフレーム ジムニー リアコンビネーションランプ

軽自動車ジムニーは専用チューニングターボエンジン、シエラは新開発1.5L NA

新型ジムニー ジムニー インテリア

ジムニーに搭載されるエンジンは、R06A型ターボエンジンでスズキの最新型軽自動車向けターボエンジンとなる。ジムニー専用チューニングが施され、最高出力64ps/6000rpm、最大トルク9.8kg・m/3500rpmとなる。

ジムニー R06Aエンジン ジムニー トランク

ジムニーシエラに搭載されるエンジンは1.0Lターボになるのではという予想であったが、これは新開発のK15B型 1.5L NAエンジンとなった。最高出力102ps/6000rpm、最大トルク13.3kg・m/4000rpmのスペックとなる。信頼性が求められるカテゴリの車種でもあるから、シンプルな機構の最新型NAエンジンの採用は歓迎されるだろう。

(写真は新型ジムニーシエラ)
ジムニーシエラ フロントグリル ジムニーシエラ エンジン

インテリアは、良い意味でゴテゴテとしていて所有欲を満たしてくれそう。クロカンSUVのキャラクターにマッチしたスタイルとなる。

ジムニーシエラ インテリア ジムニーシエラ リアコンビネーションランプ

安全運転支援システムは、単眼カメラと赤外線レーザーレーダーによるスズキ セーフティサポートを採用する。

ジムニーシエラ トランク

エアバッグシステムは、運転席と助手席だけでなくサイドとカーテンについても全車標準装備。先日に発売されたダイハツ・ミラトコットも全車に同等のエアバッグが標準装備となっており、軽自動車全体としての安全基準が向上しつつある。

過去記事(2018/06/07)

スズキ新型ジムニー7月発表見込み、ワイドボディのシエラも同時デビュー

ジムニーがフルモデルチェンジ、エクステリア リーク画像

スズキの新型ジムニーがフルモデルチェンジを受けて、2018年7月5日にも発表される見通しとなった。すでに従来型の生産は3月に終了している。4月から施行の法規で横滑り防止装置が義務化されているが、これには従来型は対応せず生産継続を諦めた。

また、ワイドボディの登録車モデル、ジムニーシエラも同時デビューする見込みである。

(写真は次期ジムニー、リーク画像)
スズキ新型ジムニー フルモデルチェンジ

スズキはニューモデルに関する箝口令が厳しいことでも有名。一応、広報部もあれば、プレス向けの情報提供もあるが、車種によってはそのタイミングが一般発表と同じだったりする。パイの限られた国内軽自動車市場で生き残ってきただけあって、往年のライバル ダイハツに手の内をギリギリまで見せない方針だろうか。ただ、そんななか次期ジムニーのリーク画像もちらほら出回っている。エクステリアの概形が判明しつつある。

スズキ新型ジムニー

新型ジムニーは古典的クロカンスタイル、パワートレインは最新型

スズキは前回2017年の東京モーターショーで、e-SURVIVERを出品。EVパワートレインとオープンルーフが特徴のクロカン風小型車であり、その剥き出しになったボディ骨格からはラダーフレーム構造らしきものが確認された。次期ジムニーを予告するモデルと考えられ、オープンルーフやEVパワートレインは実現されないが、次期型もラダーフレーム構造は継続されるだろう。

ジムニー、リーク画像スズキ ジムニー、リーク画像リア

新型ジムニーに搭載されるエンジンは旧式のK6A型エンジンから、ロングストローク化されたR06A型に切り替わることは、スズキ軽自動車の他モデルを見ても予想がつく。やはり出力性能を補うためターボチャージャーは備わるはず。

ジムニーフロント ジムニー 生産

(写真はe-SURVIVER)
e サバイバー

ジムニーシエラの方は、現行ラインナップのコンパクトクラスを見ると、バレーノなどに搭載される1.0Lターボが有力。この他、1.2Lのマイルドハイブリッドもパワートレイン候補として考えられる。

過去記事(2018/05/03)

スズキ・ジムニーのフルモデルチェンジは6月、ラダーフレーム継続

ジムニー4代目モデルが今夏発売予定、現行型は在庫セール

スズキはジムニーのフルモデルチェンジを2018年6月に実施する見込み。既に現行タイプの生産は3月を以って終了しており、在庫販売のみの対応となっている。

(写真はe-SURVIVER)
e サバイバー 次期ジムニー コンセプト

前回の東京モーターショー2017では、ジムニー次期型を予感させるコンセプトカー、e-SURVIVERが出品された。次期ジムニーはe-SURVIVERのようなオープントップとはならない。ただし、ラダーフレーム構造が引き続き採用され、堅牢なボディが悪路走破性の後ろ盾となる。

e サバイバー バックビュー

新型ジムニーはハイブリッドモデルも用意される

ボディタイプはバックドアを含めた3ドアとなり、従来型から踏襲される。積載性も期待できるスクウェアなボディデザインが採用され、クラシカルなクロカンスタイルとなる。バックドア中央には外付けのスペアタイヤが設置される。

e サバイバー フロントグリル

e-SURVIVERのフロントデザインは1970年発売の初代ジムニーを彷彿とさせるものであったが、これは次期ジムニーにも採用されることになる。横長の長方形に左右下端のエッジを面取りした輪郭と、その中に置かれる2つの丸目ヘッドランプが特徴となり表情が作られる。

また、従来型ジムニーシエラに相当するワイドボディの登録車タイプも用意される。

搭載されるエンジンは軽自動車仕様は660ccターボ、ワイドボディ版は1.0Lターボとなる。いずれも通常ガソリンエンジン仕様と、アシストモーターを備えたマイルドハイブリッド仕様が用意される見込み。トランスミッションは5速MT、および自動変速のAGSが採用される。駆動方式はフルタイムAWDとなる。

過去記事(2018/01/10)

スズキ・ジムニーがフルモデルチェンジへ、2018年秋頃の発売が見込まれる

次期ジムニー2018年発売へ、20年ぶりフルモデルチェンジ

スズキの軽SUV、ジムニーのフルモデルチェンジが計画されており、2018年秋頃にも発売される見込みとなっている。

(写真は次期ジムニーコンセプト、e-SURVIVER)
e サバイバー フロントグリル

現行ジムニーは、1998年に発売された3代目モデルから基本構造を変えることなく改良を積み重ね、20年近く販売されてきた。近年では次期型のテストカーと思われる車両も目撃されており、いよいよフルモデルチェンジが現実的となっている。

e サバイバー e サバイバー リアコンビネーションランプ

次期ジムニー、コンセプトカーのe-SURVIVERにヒント有り

昨年の東京モーターショー2017では、スモールサイズのSUVコンセプトとして、e-SURVIVERが発表されていた。ボディスタイルはオープンカーとなっているが、次期ジムニーでは通常のハードトップが採用されるだろう。ラダーフレーム構造は継続され、ファンの期待を裏切らない正常進化モデルとなりそうだ。

e サバイバー 次期ジムニー コンセプト e サバイバー 次期ジムニー

e-SURVIVERでは、モデル名の通りEVパワートレインが想定されていたが、次期ジムニーでは660ccのガソリンエンジンの搭載が現実的と考える。ただし電動化という意味では、次期ジムニーにも導入される可能性は十分にある。ワゴンRやスペーシアに搭載されている軽自動車向けハイブリッドシステムは有力な選択肢である。

(写真は現行ジムニー)
ジムニー

ワイドボディ版のジムニーシエラも開発中となっており、軽自動車のジムニーから一年遅れの2019年あたりの発売が見込まれる。欧州などグローバル市場を巻き込んで、スモールSUVのセグメントで存在感を示すことになるだろう。

過去記事(2017/10/27)

スズキがe-SURVIVORを発表、次期ジムニーを予感させる自動運転EV

e-SURVIVOR、ラダーフレームSUVにEVパワートレインと自動運転技術を搭載

スズキは東京モーターショー2017でコンセプトモデルのe-SURVIVORをワールドプレミアさせた。

(写真は新型e-SURVIVOR)
e サバイバー

今回の東京モーターショー2017では、EVと自動運転技術を組み合わせたコンセプトモデルが各社から出品された。スズキもこの例に漏れないわけだが、ジムニー後継モデルを想像させるスモールSUVでの提案となったのが面白いところである。

e サバイバー シート e サバイバー 次期ジムニー

悪路は手動運転、舗装路は自動運転を想定したシステム

e-SURVIVORのボディサイズは全長3460mm×全幅1645mm×全高1655mm、ホイールベースは2300mmで、軽自動車規格より一回り大きいサイズとなった。軽自動車としてのジムニー後継はもちろん、登録車のジムニーシエラまでを想像させるコンセプトモデルである。パワートレインは四輪独立制御のモーター駆動となり、優れた悪路走破性と路面追従性が実現される。

e サバイバー バックビュー e サバイバー リアコンビネーションランプ

ラダーフレームボディが採用され、本格スモールSUVというコンセプトはジムニーから継承される。

e サバイバー 東京モーターショー2017 e サバイバー フロントグリル

自動運転技術とドアパネルを組み合わせたシステムに一つのアイデアがある。主に舗装路の走行時は自動運転モードが前提となっており、ドアパネルが非透明になることで車内のプライバシー確保が優先される。

e サバイバー 自動運転モード e サバイバー 手動運転モード

そして、オフロード走行時などの自動運転では対応しきれない状況では、手動運転モードを選択することになる。この場合ドアパネルは透明に切り替わり、ドライバーの目視による路上の障害物確認をサポートする。さらに路面状況や車両状況については、インパネにある球体モニターでも確認することができる。

e サバイバー 次期ジムニー コンセプト

残念ながらe-SURVIVORの市販型が登場する可能性は低そう。ただし、次期ジムニーについては別途開発中となっており、2018年のフルモデルチェンジを予想する声もある。

過去記事(2017/02/06)

次期ジムニーがフルモデルチェンジに向けて開発中、東京モーターショー公開か

スズキが次期ジムニーを開発中、ラダーフレーム継続

スズキの現行ジムニーは1998年に発売されたモデルである。いよいよ19年に及ぶ販売期間を経てフルモデルチェンジされる見込みとなっている。

(写真は従来型ジムニー ランドベンチャー)
ジムニー

近年のアルト、ワゴンRに代表されるスズキの一般的な軽自動車については、モノコックを超軽量化することで燃費性能を大幅に向上させてきた。その技術はラダーフレーム構造が継続される次期ジムニーにおいても活用されることになり、超高張力鋼板の多用などか予想される。もちろんシャシー設計は、全くの新開発となる。

新型ジムニーにR06A型エンジン採用、本格派軽SUVとして東京モーターショーのワールドプレミアが予想される

新型ジムニーのパワートレインでは、いよいよR06A型エンジンの採用が大きな目玉となる。とは言っても現行ジムニーのK6A型エンジンは、既に旧世代エンジンでスズキとしてはこれを退役させたいというのが本音か。R06A型も最初に登場したのは2010年ということで、もはや新型というよりも十分に熟成の進んだエンジンという印象が強い。アップデートも継続的に施されてきており、性能面および信頼性で申し分がないパワーユニットと言えるだろう。

(写真はR06Aエンジン)
R06A型エンジン

エクステリアでは原点回帰が意識されたのか、丸目ヘッドランプが復活される見込み。フロントグリルは縦桟タイプが採用され、愛嬌のある超小型SUVとして仕上げられる。

また、新機能としては安全運転支援システムが導入が予想される。

今秋開催される東京モーターショー2017では、新型ジムニー市販プロトタイプのワールドプレミアとなるかもしれない。

過去記事(2016/06/07)

スズキ次期ジムニー開発中、ラダーフレーム継続で2017年フルモデルチェンジ

ジムニーが19年ぶりにフルモデルチェンジ予定、R06型ターボ搭載

スズキの軽SUV、ジムニーのフルモデルチェンジが2017年内に実施される見込みとなっている。現行型は1998年発売の3代目であるから、販売期間19年のタイミングでのフルモデルチェンジとなる。

(写真はX-LANDER、東京モーターショー2013)
スズキ X-LANDER

近年のスズキは特にSUVモデルが充実された印象である。エスクード、SX4 S-CROSS、イグニスと登録車でありながらも比較的コンパクトなクロスオーバーSUVの新型車が市場投入されてきた。次は軽自動車規格の本格SUVということになる。

X-LANDER 2013 X-LANDER 次期ジムニー

次期ジムニーとされたX-LANDERコンセプトのエクステリアデザインは継続か?

スズキの軽SUVといえば、2013年末に発売されたハスラーの大ヒットがまだ記憶に新しい。燃費不正問題後は販売台数を大幅に減らしたようだが、これまで月8000台規模の販売台数を維持してきた。ただし、ハスラーはワゴンRをベースに多少の最低地上高を上げた程度のクロスオーバーSUVである。SUVらしいオシャレなエクステリアが与えられたシティSUVの位置付けで、ジムニーのような本格SUVには程遠いモデルである。

X-LANDER 東京モーターショー2013

次期ジムニーはラダーフレーム構造が継続採用される見込みで、この辺りは従来からのファンの期待を裏切らない仕様となりそうだ。エンジンは最新のR06型ターボに切り替わり、燃費性能は向上する。

X-LANDER インテリア

次期ジムニーとされたコンセプトカーは2013年の東京モーターショーで発表されたX-LANDERがあった。あれから少し時間が経っているので現在は別エクステリアで進められている可能性もあるだろう。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先