car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

レクサスUXシリーズ2018年11月発売、400万円前後のスタート価格が想定される

UX200、UX250hが発売予定、プレミアムクラスの小型クロスオーバーSUV

レクサスの新型車UXシリーズが、3月のジュネーブモーターショー2018でワールドプレミアされた。もちろん日本市場にも導入されることになり、2018年10月発表、翌11月発売のスケジュールが想定される。

(写真は新型UXシリーズ)
UX250h ジュネーブモーターショー2018

レクサスではクロスオーバーSUVにカテゴライズされる車種として、これまで全長4890mmのRXシリーズと、全長4630mmのNXシリーズをラインアップしてきた。今回、さらにコンパクトなモデルとして全長4495mmのUXシリーズが追加される。

UX250h インテリア UX250h フロントシート

新型UXシリーズの対抗はメルセデスGLAとBMW X1、これらを意識した車両価格に

UXシリーズはGA-Cプラットフォームをベースに開発され、トヨタのTNGA-C採用車種と主要部分が共通化される。TNGA-Cは販売中のプリウス、C-HRに加え、オーリス欧州仕様や新型カローラでも採用される。レクサスブランドでもこのUXシリーズだけでなく次期CTシリーズもGA-Cプラットフォームがベースとなる見込みで、数多くのモデルが共通プラットフォームとなる。

UX250h UX250h リアコンビネーションランプ

搭載されるパワートレインも新世代型となる。

ダイナミックフォースエンジン2.0L

UX200に搭載されるのが、Dynamic Force Engineと名付けられた新開発の2.0L直噴エンジンである。2.5L版が北米カムリに先行採用されてきたが、これのダウンサイジング版に相当する。駆動方式はFFのみが予想される。

THSⅡ 2.0L ニッケル水素バッテリー

UX250hには新開発の2.0L THSⅡハイブリッドが搭載される。プリウスの1.8L THSⅡをベースに、2.0Lエンジンをメインユニットとしたもの。ニッケル水素バッテリーユニットも専用設計。E-Four方式による4WDモデルがラインアップされる。

UX250h フロントグリル UX250h バックドア

プレミアムブランドのなかでは、メルセデスベンツGLA(全長4430mm、406万円~)、BMW X1(全長4454mm、417万円~)といったコンパクトSUVが直接対抗するモデルとなる。新型UXシリーズの車両価格はこれらを意識したものとなり、400万円前後のスタート価格が予想される。

#1 匿名さん2018/04/18(Wed)20:35:15ID:RhMGYxOTjM
欧州を始め世界中で拡大傾向にあるコンパクトSUV市場。
NXがどこまで販売を伸ばすか注目したい。
#2 匿名さん2018/04/18(Wed)20:39:04ID:RhMGYxOTjM
訂正
NX → UX
#3 匿名さん2018/04/18(Wed)20:40:57ID:U4ZDc0YmGZ
米国やアジアはかなり売れると思う
EUは10%の高額関税で障壁作って日本車排除してるから
相当恐れられてるね 
EU車の日本へ輸出は関税ゼロなのに超不平等
#4 匿名さん2018/04/18(Wed)22:11:39ID:Y2M2IxYTDZ
国産は欧州を追い越せないと散々言われていますが、上記と話が矛盾する面もありますね。
#5 匿名さん2018/04/19(Thu)05:13:57ID:BiMGFkZDjM
欧州企業はマーケティングが優れていて、大した性能でないものを過大に評価させています。既に性能は日本車が上回っている部分も多くあり、ブランドや戦略に踊らされてまともに評価できない日本人が多数いますね。

諸外国では欧州車は日本ほど評価されておらず、欧州車を絶賛しているアナリストや消費者に多大な違和感を感じます。
#6 匿名さん2018/04/19(Thu)12:55:02ID:gyZDAyNzzY
日本車が上回っている部分・・・。
①電気系統部品の耐久性。
②各種ユーティリティ。
③燃費。
④全体的な壊れにくさ。
・・・くらいですかね?あとありますっけ?
#7 匿名さん2018/04/19(Thu)19:59:08ID:I3NDZkZTWN
 ⑤世界一優れたオートマチックトランスミッション
 ⑥操縦安定性と乗り心地の両立
 ⑦環境技術
 ⑧優れた品質管理と高い信頼性に裏付けられたブランド
 ⑨マーケッティングに基づく各国市場に適応した企画開発
 ⑩コストパフォーマンスの高さとリセールバリュー
#8 匿名さん2018/04/19(Thu)20:19:43ID:M5MzJjNDDN
SUVブームこの世から消えて無くなれ
#9 匿名さん2018/04/20(Fri)09:12:23ID:Q2MGIwYmmY
逆に考えるんだ。
こうやって流行りものに乗ってくれる人たちがいるから、セダンやスポーツカーみたいな物好きしか買わない車が存続できるんだ、と…。
#10 匿名さん2018/04/20(Fri)12:08:51ID:E4NmU2YWTY
FFのみの駆動方式か…。
外装だけのSUV風だな。

名前(任意)
コメント

過去記事(2018/03/11)

レクサス新型UXシリーズがジュネーブ発表、UX200とUX250hがラインアップ

レクサスUXシリーズ最新画像、日本発売は2018年冬の予定

レクサスは新型UXシリーズをジュネーブモーターショー2018で公開した。

(写真は新型UX250h F SPORT)
UX250h

新型UXシリーズは、レクサスブランドの中で最も小さいGA-Cプラットフォーム採用のクロスオーバーSUV。エントリークラスとして現行NXシリーズの下に新たにポジショニングされる。ボディサイズは全長4495mm×全幅1840mm×全高1520mmとなった。ホイールベースは2640mmとなり、これはカテゴリが近いトヨタ・CH-Rと同値である。

UX250h ジュネーブモーターショー2018 UX250h リアコンビネーションランプ

新型UXシリーズのフロントデザインは、上位モデルに負けない存在感のあるスピンドルグリルが与えられた。一方でヘッドランプはエントリークラスらしくシンプルにまとめられた印象がある。

UX250h フロントグリル UX250h バックドア

リアエクステリアでは、一文字のLEDテールランプで左右リアコンビネーションランプを連結させた新たなデザインが採用された。

UX250h インテリア

インテリアは非常にシンプルで、ラグジャリーを期待すると落胆するかもしれない。ドアパネルなんかはエントリークラスとはいえ、もう少し華やかさやデザイン性が欲しいと感じた。写真のシートはF SPORT グレードのものとなる。

UX250h フロントシート UX250h フロントドア

UX200とUX250hが用意される、パワートレインは新開発型

今回、公表されたモデルはUX200とUX250hの2種類でいずれもパワートレインは新開発型。UX200にはコンベンショナルガソリンエンジンの2.0L直噴NAユニット、UX250hには2.0Lハイブリッドが搭載される。

UX250h リアシート UX250h リアドア

AWDがE-Four方式となり、新開発のDirect Shift-CVTが搭載されることも発表された。一方で、期待されたダイナミックトルクベクタリングAWDについては言及がなく、これはUXシリーズでの採用は見送りということだろう。

新型UXシリーズの日本発売は2018年冬頃が予告されている。

過去記事(2018/02/27)

レクサス新型UXのエクステリア写真を公開、エントリークロスオーバーSUV

新型UX250hの外観画像を公開、ジュネーブで来週ワールドプレミア

レクサスは新型UXシリーズを、来週に開催が迫ったジュネーブモーターショー2018でワールドプレミアさせる。エクステリア画像が先に公開された。

(写真は新型レクサスUXシリーズ)
UX250h

フロントには、すっかり定着したスピンドルグリルが置かれる。ヘッドランプユニットの下にL字のLEDポジションマークを置くのが近年のレクサス車の特徴であったが、このUXシリーズには設定されない。フロントの表情はレクサス他モデルと比べてシンプルな印象となる。

レクサスUX

今回の新型UXは、先に公開されたティザー画像で確認できるように、一文字のLEDバーで左右が連結されたリアコンビネーションランプに新しさがある。その後方からのエクステリアをはっきりと知るには、来週に開催が迫ったジュネーブモーターショー2018でのワールドプレミアを待たなければならない。

UXティザー

UX250hに搭載される新型2.0Lハイブリッドパワートレインも発表された

ティザー画像から、モデル名はUX250hであることが判明している。パワートレインはトヨタから発表があったばかりの新型2.0L THSⅡとなり、駆動システムとしてDynamic Torque Vectoring AWDとE-Fourシステムを採用する。後輪は電気式で左右独立のトルクコントロールが可能で、悪路走破性だけでなく、コーナリング時の路面追従性においてもパフォーマンスを発揮する。トランスミッションの新型Direct Shift-CVTは、発進時はギア駆動を採用することで、CVTの不得意域をカバーする。

THSⅡ 2.0L Direct Shift CVT

これまでのレクサスのエントリーモデルとしては、CセグメントハッチバックのCTシリーズがあり、これも相当街中で見かけるほどに売れたモデルであった。昨今のSUV人気の流れの中では、この新型UXがレクサスのエントリークラスとして販売台数を伸ばすことになるだろう。なお、CTシリーズも新型UXシリーズと同じTNGA-Cプラットフォームをベースにフルモデルチェンジを受け、新型に切り替わる予定となっている。

過去記事(2018/02/22)

レクサス UX250h市販型がジュネーブ発表予定、小型高級SUVに参入

レクサスUX250hがワールドプレミア、TNGA-Cプラットフォーム採用

レクサス新型UXシリーズの市販モデルが来月3月に開催されるジュネーブモーターショー2018でワールドプレミアされる予定となっている。

(写真はレクサスUX、ティザー画像)
レクサスUX

新型UXシリーズは、トヨタブランドで販売されるプリウスやC-HRと同じTNGA-Cプラットフォームが採用される。NXシリーズの下位にラインアップされ、レクサスで最も小さなクロスオーバーSUVとなる。前回レポートでは、2018年秋のパリモーターショーでのワールドプレミアを予想したが、これよりも早まった。

ジュネーブでの公開に向けてティザー画像が一点公開されている。一文字で左右が連結されたリアコンビネーションランプが特徴的。これは2016年のパリモーターショーで公開されたUXコンセプトでも話題となっていたが、市販型でも採用された。近年のレクサスでは、トレードマークとして定着したフロントのスピンドルグリルを継続しながらも、他の箇所で個性や新鮮さを感じさせるデザインを取り入れる動きが見られる。

UXティザー

ティザー画像のコントラストを変えてみると、UX250hと書かれたモデル名が認識できる。2.0L ハイブリッドシステムと電気式4WDによるパワートレイン構成が想定され、これは日本仕様にも導入されるだろう。

UX250hのライバルは、GLA、X1、Q3といったプレミアムCセグメントクロスオーバーSUV

(写真はUXコンセプト)
UXコンセプト スピンドルグリル UXコンセプト クロスオーバーSUV

このほかに、UX200、UX250が米国で商標登録されており、それぞれ2.0L NAガソリンエンジン、2.5L NAガソリンエンジンの搭載が予想される。

UXコンセプト UXコンセプト パリモーターショー2016

ドイツ系ではメルセデスベンツ・GLA、BMW・X1、AUDI・Q3、あるいは日系ではインフィニティ・QX30といったぐあいに、プレミアムブランド各社がCセグメントクロスオーバーSUVを導入済み。ようやくレクサスもUXシリーズでライバルらに対抗することになる。

過去記事(2017/06/03)

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

新型UXはパリモーターショー2018で発表、同時期に発売される見込み

レクサス新型UXシリーズについて、以前のレポートで2018年春の発売と報告したが、これは最新のスケジュールでは2018年秋に延期されている。

(写真はUXコンセプト、パリモーターショー2016)
UXコンセプト

欧州はCセグメントクロスオーバーSUVのメインマーケットであり、隔年開催されるパリモーターショーは最も大きなプロモーションの機会として位置付けられる。2014年の同ショーでは、TNGA-Cプラットフォームを採用したC-HRコンセプトが発表されており、現在はその市販型がトヨタの人気モデルとしてラインアップされる。そして、2016年では同じくTNGA-CのクロスオーバーSUVとして、UXコンセプトがレクサスから発表された。次回2018年秋に開催されるパリモーターショーでは、市販型UXのワールドプレミアが予想される。

UXコンセプト スピンドルグリル UXコンセプト クロスオーバーSUV

新型UXシリーズ日本仕様は2.0L NAのUX200、2.0LハイブリッドのUX250hになりそう

UXコンセプトは、左右のリアコンビネーションランプが横一文字に連結された後ろからのエクステリアが印象的で、これは市販型にも採用される見込み。UXシリーズはレクサスのクロスオーバーSUVで最も小さなモデルとなるが、横への広がりが表現されることで、SUVらしい迫力が与えられる。

UXコンセプト パリモーターショー2016 UXコンセプト リアコンビネーションランプ

米国の商標登録の状況からUX200、UX250、UX250hの3モデルが挙げられており、これらはそれぞれ、2.0L NA、2.5 L NA、2.0L ハイブリッドのパワートレインを意味するだろう。これらの中で市販化が優先的に進められているのが、UX200とUX250hであり、特に日本仕様についてはこの2タイプに絞り込まれることが予想される。UX250hは電気式4WDが採用される。

過去記事(2017/05/16)

レクサス新型UXシリーズは2018年春の発売見込み、プレミアムコンパクトSUV

レクサスUX200、UX250、UX250hのワールドプレミアは2018年春ジュネーブ予想

レクサスの新型クロスオーバーSUVとして開発が進められているUXシリーズのデビューが2018年春頃となる見通しとなっている。

(写真はUXコンセプト、パリモーターショー2016)
UXコンセプト スピンドルグリル

2016年10月のパリモーターショーにおいて、レクサスはUXコンセプトなるデザインスタディモデルを出品していた。これにより現行のNXシリーズよりも小さなクロスオーバーSUVが開発中であることが明らかとなった。その後2017年3月のジュネーブモーターショーでは、UXシリーズの市販化についてアナウンスがあり、その実現が待たれる段階となっている。

UXコンセプト パリモーターショー2016 UXコンセプト リアコンビネーションランプ

UXシリーズはTNGA-C採用、パワートレインラインアップはC-HRより上級

新型UXシリーズはTNGA-Cプラットフォームの採用ということで、トヨタブランドで販売されるプリウス、C-HRと基本骨格が共通化される。特にクロスオーバーSUVというキャラクターを考慮すれば、C-HRのプレミアム版ということになる。C-HRは1.2Lターボと1.8Lハイブリッドの2種類のエンジンが設定されているが、UXシリーズではこれらは採用されない見込み。

UXコンセプト インテリア UXコンセプト リアシート

まずはUX200として直4 2.0L NAモデルがボトムラインに設定される。次にUX250として直4 2.5L NAモデルが用意され、これは新型カムリの新世代ユニットの採用が予想される。そしてUX250hとして2.0Lハイブリッドのラインアップとなるだろう。

UXコンセプト UXコンセプト クロスオーバーSUV

C-HRの販売台数は2017年4月で13168台となっており、このカテゴリの車種としては非常に良く売れている。UXシリーズとしてレクサスブランドの兄貴分が加わるとなれば、これも大ヒットとなりそうだ。

過去記事(2017/01/08)

レクサスUX、プレミアムC-HRを独自デザイン、別チャンネルで販売予定

レクサスUX、新たなプレミアムコンパクトSUVが2017年内に発売予定

レクサスは、トヨタ・C-HRの実質的な兄弟車となる最もコンパクトなクロスオーバーSUVとして、UXシリーズの発売を2017年内に計画している。

(写真はUXコンセプト、パリモーターショー2016)
UXコンセプト

レクサスの現行ラインアップでは、エントリークロスオーバーSUVとしてNXシリーズが設定されている。トヨタ・ハリアーをルーツとするNXシリーズはレクサスの販売チャンネルで更なるプレミアム感が与えられ、存在感を示している。

UXコンセプト スピンドルグリル UXコンセプト クロスオーバーSUV

そしてレクサスでは、NXシリーズのもう一段下位に属するコンパクトクロスオーバーSUVとして、UXシリーズを新設する計画となっている。パリモーターショー2016で既にUXコンセプトとして車体が公開されており、その市販型の発売時期が予想される段階となっている。

レクサスUXのパワートレインは、直4 2.0Lガソリンターボ、1.8Lハイブリッド、V6 2.5L NAガソリン

レクサスUXは独自のエクステリアが与えられるものの、C-HRやプリウスと共通のTNGA-Cプラットフォームをベースに開発されている。

UXコンセプト リアコンビネーションランプ UXコンセプト パリモーターショー2016

UXシリーズに搭載されるパワートレインとしては3タイプが想定される。まずは、C-HRと共通する1.8L THSⅡが与えられる見込み。こちらはモデル名としてUX250hが予定されている。

次に、8AR-FTS型直4 2.0Lガソリンターボエンジン搭載モデルとしてUX200tが設定される。

そして、上級パワートレイン搭載モデルとしてUX250が用意され、2.5L V6 NAガソリンエンジン採用される。このサイズの車種としては、6気筒エンジンが回せる貴重なモデルとなるだろう。

UXコンセプト リアシート

ただし、UX250はグローバルモデルで、環境性能の都合で日本仕様には設定されない可能性がある。日本仕様はUX250hとUX200tの2タイプに絞られるかもしれない。誤解や批判を恐れず書けば、回して楽しいUX200tは男性向け、燃費性能に優れるUX250hは女性向けといったところか。

UXコンセプト インテリア

取り回しが楽でコンパクトでカッコイイSUVが欲しい。でもC-HRではプレミアム感が今ひとつ。かといって輸入車ではメンテナンスとサービスの問題で苦労しそう。レクサスUXは、そんな我儘なユーザーにピッタリのモデルとなる。

過去記事(2016/10/01)

レクサスUXコンセプトがパリモーターショーでワールドプレミア、コンパクトSUV

UXシリーズを予告、レクサスで最も小さなプレミアムクロスオーバーSUV

レクサスはパリモーターショー2016でUXコンセプトをワールドプレミアさせた。

(写真はUXコンセプト)
UXコンセプト

UXコンセプトはコンパクトサイズのクロスオーバーSUVとなっている。レクサスの現行ラインアップはNXシリーズ、RXシリーズ、LXシリーズと3つのSUVモデルが設定されるが、さらに最も小さなボディタイプとしてUXシリーズが新設されることになる。

UXコンセプト リアコンビネーションランプ UXコンセプト パリモーターショー2016

レクサスUXはTNGA-C採用の高級コンパクトSUV、2019年頃の発売が予想される

UXシリーズのプラットフォームはトヨタ・プリウスで市販実績のあるTNGA-Cが採用される見込み。TNGA-Cはこの他に、C-HR、次期オーリス、次期CTシリーズといったトヨタおよびレクサスブランドで販売されるC-Dセグメントクラスのニューモデルで導入していく計画となっている。

ただし、UXシリーズに関してはレクサスブランドのモデルということもあり、先行するプリウス、C-HRとは異なるワンランク上のパワートレインが採用される見込みだ。

UXコンセプト インテリア UXコンセプト スピンドルグリル

既にUX200、UX250、UX250hのモデル名が米国で商標登録の手続きを済ませており、ここから推定されるパワートレインラインアップは、直4 2.0L NAガソリン、V6 2.5L NAガソリン、そして開発中の直4 2.0Lハイブリッドとなる。直4 2.0L ターボガソリンのUX200tが無いのは何かの間違いかもしれないが、現在のところはこういった状況だ。

UXコンセプト リアシート UXコンセプト クロスオーバーSUV

新型UXの発売時期としては2019年あたりが予想され、まだ先となりそう。プレミアムブランドではコンパクトSUVが流行となっており、最近ではインフィニティがQX30を米国、欧州などで発売させたばかり。UXシリーズはやや出遅れ感もあるが、発売されれば日本でも人気モデルとなりそうだ。

レクサスがUXコンセプトをパリで発表予定、TNGA-C クロスオーバーSUV

レクサス次期CT200hが開発中、正常進化を遂げ派生SUVのUXシリーズも新設

レクサスUX、新型コンパクトクロスオーバーSUVを開発中、2019年発売予想

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先