car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スズキ・MRワゴン、日産・モコの次期モデルは無し、車種整理カタログ落ちへ

MRワゴン&モコは現行モデルで販売終了、車種継続は困難

スズキの現行MRワゴンは2011年にデビューしたモデルであった。日産へも完成車体が供給され、モコの車名で販売される。

(写真は現行スズキ・MRワゴン)
MRワゴン

MRワゴンの先代型の販売期間は約5年間であったが、現行型は既に販売4年が経過している。次期モデルについての噂も出始める時期ではあるが、次期MRワゴンの発売予定は無し。つまりカタログ落ちすることになりそうである。

(写真は現行日産・モコ)
モコ

日産の軽自動車はNMKV社のモデルへシフトしていく、スズキは新たな人気車種ハスラーに注力

MRワゴンの後継モデルが設定されない理由としては、姉妹車種モコを販売してきた日産の影響が大きいとされる。日産は三菱自動車と軽自動車事業に関する協業契約を締結しており、2011年にNMKV社を共同出資で設立した。NMKV社は日産および三菱自動車で販売される軽自動車の開発、生産を担当しており、車種ラインナップを拡充させつつある。

(写真はNMKV社が製造する日産・ディズルークス)
デイズルークス

そんななか、日産が販売する軽自動車ラインアップは、なるべくNMKV社の製品にしていく動きがある。この流れに従い、日産はスズキからモコの車体供給を受けることを現行モデルで解消し、今後はNMKV社のモデルを販売することに力が注がれることになる。

スズキは自社ブランドのMRワゴンのみで販売しなければならなくなり、車種を維持することは困難となる。

(写真はハスラー)
ハスラークーペ コンセプト

一方でMRワゴンと同クラスサイズであるワゴンRは、販売台数とブランド力に揺るぎがない。さらに2014年からは新たな人気車種としてハスラーが加わっており、MRワゴンのカタログ落ち後も、ワゴンR、ハスラーの2車種に集中していくことで販売台数を維持することが考えられる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2013/07/23)

ワゴンRとMRワゴンが30.0km/L、軽自動車最重要セグメントはスズキが燃費No.1

ワゴンRとMRワゴンがJC08モード燃費ナンバーワン

スズキ主力の軽自動車、ワゴンRとMRワゴンの改良版が2013年7月16日より販売された。今回の改変の目玉は燃費性能の改善で、ワゴン型軽自動車としては初めてとなるJC08モード燃費30.0km/Lを達成した。燃費改善のために導入された主な技術はエンジンフリクションの低減としており、MRワゴンについては未導入であったエネチャージ、新アイドリングストップシステム、エコクールが採用される。
ワゴンR

激しい燃費競争をワゴンRとMRワゴンが制す

軽自動車市場の中でも大きな比率を占めるワゴン型車種は長らくスズキとダイハツによる二強体制が続いていたが、先月2013年6月に日産と三菱の協業によるDAYZと新型ekワゴンがJC08モード燃費トップの29.2km/Lで参入している。今回のワゴンRとMRワゴンの改変はこれを凌ぐJC08モード30.0km/Lということで、軽ワゴンセグメントの燃費競争の激しさを示すものとなった。
MRワゴン wit
ワゴンRおよびMRワゴンの燃費性能改善のために行われた技術は、タイミングチェーンを細くすることによるフリクション低減、VVTおよびCVTのコントロール部分の最適化、CVTディファレンシャルケースの軽量化、エンジンアンダーカバーの装備となっている。我々ユーザーからすれば、せっかく持っている燃費向上技術を小出しにしているかような印象もあるわけだが、先に挙げた改善策は何れもコストアップを伴うもので、その多くを実質的に負担するのがメーカーサイドである。ライバル車種の動向を見た上で、小出しにせざるを得ない事情はそんな所にあると考える。
ワゴンR 20周年記念車
この他に特別仕様車として、「ワゴンR 20周年記念車」、「MRワゴン Wit」が発売された。また、ワゴンRのOEM車のマツダ・フレア、MRワゴンのOEM車の日産・モコもそれぞれ同様の改変が行われた。

過去記事(2013/03/09)

MRワゴンがマイナーモデルチェンジ、グリーンテクノロジーで燃費性能向上

MRワゴンがグリーンテクノロジー採用で燃費向上、4月のマイナーチェンジ

MRワゴンのマイナーモデルチェンジが2013年4月に行われる見通しとなった。当初、夏ごろとされていた計画は大幅に前倒しされることになる。今回のマイチェンの目玉は燃費向上であり、新型MRワゴンにもスズキグリーンテクノロジーが採用されることになる。スズキは昨年2012年に発売した新型ワゴンRから、グリーンテクノロジーを採用することで大幅な燃費向上を実現している。

(写真は現行MRワゴン)
MRワゴン

MRワゴンOEMのモコもマイナーモデルチェンジを実施

新型MRワゴンに採用が進められるグリーンテクノロジーとは、エネチャージ、新型アイドリングストップ、エコクールの3つをメインとした燃費改善策となる。
エネチャージとは、リチウムイオン電池を使った電力周りの最適化システムであり、従来のオルタネーターと鉛蓄電池のみで構成されるシステムと比較して充放電効率が向上される。オルタネーター発電によるエンジン負荷が低減され燃費向上に結びつくというわけだ。新型アイドリングストップは13km/h以下でエンジン停止となる最新型が採用される。
そして、エコクールとはパラフィンを使った蓄熱材をエアコンエバポレーターに内蔵することで、コンプレッサー停止時の保冷能力を向上させる機能となる。アイドリングストップによるエンジン停止時でも暫くの間、冷風を送り出すことが可能になる。

現在、同クラス軽ワゴン車のJC08モード燃費トップはムーヴの29.0km/Lで、2位にワゴンRが28.8km/Lと続く。新型MRワゴンもこれらと同水準の燃費性能になると予想される。

さて、MRワゴンは日産ブランドでもモコとしてOEM販売されているが、こちらも同様に今回のマイナーチェンジを受ける見込み。日産はこれまで他社製軽自動車のOEM販売を行なってきたが、三菱自動車との共同出資によるNMKV社を設立したことで、こちらの生産車の販売に切り替えていく方針である。ただしモコに関しては、代替モデルの準備ができておらず、しばらくはスズキからのOEM供給が続くことになる。

過去記事(2012/09/14)

MRワゴンが2013年夏にマイナーチェンジ、燃費は29~30km/L達成見込み

MRワゴンがマイナーチェンジでスズキの新燃費技術を搭載

今月2012年9月に発売された新型ワゴンRの登場により、スズキ軽自動車の新燃費技術が明らかになった。
これらの技術は、エネチャージ、13km/h以下停止アイドリングストップ、新世代R06A型エンジン、エコクールの4つが柱となっており、ワゴンRのJC08モード燃費は28.8km/Lを達成。ワゴン型軽自動車で燃費ナンバーワンの座を獲得した。

そして、これらの技術はスズキの他車種へも展開される見込みだ。
その中で注目したいのが、2013年夏頃の実施が想定されているMRワゴンのマイナーチェンジである。MRワゴンに、これらの燃費改善技術の改良版が早くも搭載される見込みで、JC08モード燃費は29km/L以上、あるいは30km/Lを達成することができる目処が早くもついているということだ。

(写真は現行MRワゴン)
MRワゴン

MRワゴン採用時には、エネチャージとエコクールの更なる進化が期待される

中でも、エネチャージと名付けられているリチウムイオンバッテリーを使った回生エネルギーシステムがMRワゴンに採用されることに期待が大きい。リチウムイオンバッテリーは高価なため、そもそもの価格が安い軽自動車には小容量なものしか採用することができない。しかし、小容量ながらも従来の鉛バッテリーの補助的な役割を果たし、減速時に回収するエネルギーの効率化に貢献している。今回新型ワゴンRで採用されたばかりの技術なので、その伸びしろはまだまだ大きく、今から約1年後のMRワゴンへの採用時には、さらなる進化が期待されている。

また、アイドリングストップ時でも暫くの間はエアコン冷風が持続できるエコクールも注目したい技術だ。これはエアコンのエバポレーターにパラフィンを主原料とする蓄冷材を埋め込むことによって、アイドリングストップ時にも暫くの間、冷風を送り続けることが可能になる技術である。これもモデルチェンジ後のMRワゴンに採用される見込みだ。
ただし、JC08モード燃費はエアコンオフの条件下で計測されるため、エコクールが燃費スペックの数字を増やすことはない。それでも、実質的なアイドリングストップ時間を延長することができるエコクールは、実用燃費の向上に大きく貢献することは間違い無いだろう。

過去記事(2011/07/20)

軽ワゴン比較/ワゴンR/MRワゴン/ムーヴ/ライフ

軽ワゴン車4車種を比較ランキング

最近は全高の高いタント、パレットといった車種が売れているが、自動車リサーチ的には全高1700mm未満の軽ワゴンの方が走行性能、乗り心地のバランスが良くお薦め。
その中でも主力のワゴンR/MRワゴン/ムーヴ/ライフの4車種を比較してみる。

1位:MRワゴン

[ 走り90点 / 燃費80点 / 広さ80点 / デザイン85点 / コストパフォーマンス80点 ]

お薦め度No1なのが、MRワゴン。ワゴンRの弟分的な存在ではあるが、今年モデルチェンジしたばかりで今買うなら断然お薦めとなる。
デビューから半年が経ち、そろそろ値引き額が期待でき、買いごろ感も出てきた。
エンジンは新型のR06A型が採用されており、燃費、出力ともに旧型エンジンが使われているワゴンRより優れる。
CVT、アイドリングストップといった最新メカニズムも搭載。
共通ボディのOEM車、日産モコも同じくお薦め。
メーカー的にはタッチパネルオーディオを推しているが、操作感はイマイチだし無駄に高価なオーディオ付けるよりはカーナビの方がいいだろう。

2位:ワゴンR

[ 走り85点 / 燃費75点 / 広さ80点 / デザイン70点 / コストパフォーマンス85点 ]

このクラスの最主力車種がワゴンR。
お薦め度では2位に甘んじているが次回のモデルチェンジでは1位奪還してくるだろう。
デザインに新しさがないのが残念だが、ディーラーによっては値引き幅が拡大中。装備の充実したモデルが実質的に安く買える場合が増えてきた。
アイドリングストップ機能を備えたタイプも登場し、燃費性能も向上した。
後席の快適さはミドルクラスセダン並で快適そのもの。

3位:ムーヴ

[ 走り70点 / 燃費85点 / 広さ85点 / デザイン85点 / コストパフォーマンス70点 ]

ムーヴの長所はワゴンR以上に広さが感じられる所。
ただし、燃費性能と室内の広さに拘り過ぎたのが、走行性能は乗り心地の評価は低め。
10・15モード燃費27.0km/Lは素晴らしいが、エンジンはトルク感が少なく、頼りない感じは否めない。
また、同一装備で比較すると、スズキ車よりも若干価格が高くなるのも気になるところ。
ムーヴのOEM車としてはスバルのステラがある。

4位:ライフ

[ 走り70点 / 燃費65点 / 広さ80点 / デザイン80点 / コストパフォーマンス85点 ]
ライフ
少しでも個性を求めるならホンダのライフがお薦めとなる。
ワゴンR、ムーヴは街に溢れ過ぎている感があるし、いまさら所有するには抵抗のある人もいるだろう。
ライフは軽ワゴン車の中では販売台数が少なめなのが特徴。
ただし、売れていないのには理由があり、燃費性能が少し悪い。
CVTは装備されていないし、アイドリングストップの設定もない。
それでも、車体価格が安いので、近距離の運転が多いのであれば十分な走行性能と割り切れるはずだ。

過去記事(2011/07/05)

リセールバリューでお得なのは?MRワゴン,ワゴンR,ステップワゴン,ストリーム

リセールバリューで損をしないために

クルマを安く買いたいというのは皆が考えると思うが、リセールバリューについてまで計算する人は少ない。
新車の購入価格が5万円安いクルマを選んでも、手放すときのリセールバリューが10万円安ければ、差し引きで5万円の損ということになる。
購入価格で安いクルマというのは、ほとんどの場合で高い車と比較して何かしらの欠点があり、それを妥協しての購入となることが多いが、金銭的な損もしないように注意が必要だ。

リセールバリューが読みやすくなった

かつてのバブルの時代から90年代にかけては、車の流行がコロコロ変わり、3年後、5年後のリセールバリューを予測するのが難しい状況が続いた。
しかし、2000年以降ぐらいからは、手放す時に高値で買い取ってくれる車のボディタイプというのがおおよそ定着化しつつある。
軽自動車、コンパクトカー、ミニバン、この3タイプの車種は中古車の価値が安定しており、リセールバリューの高い車種と言えるだろう。
ステップワゴン ストリーム
例えば、同じミニバンでもストリームとステップワゴンでは、リセールバリューの付き方も大きく違ってくる。
新車価格と比較して、下取り価格が値下がりしにくいのは、断然ステップワゴンということになっている。
ストリームはミニバンのなかでも全高が低いクルマで、こういった車種は中古車市場ではあまり人気とは言えない。
全高が高く、室内が広いタイプのミニバンがリセールバリューの高い車種になりやすい。
ステップワゴンと同様にノア、ヴォクシー、セレナも下取り価格に期待ができる。

フルモデルチェンジから新しい車種も下取り価格が高い

ボディタイプの他に、モデルチェンジから経過した年数でリセールバリューが大きく変わることがある。
もちろん、フルモデルチェンジからの経過年数の少ない車の方が中古車市場での価値は高い。
例えば、スズキの軽自動車のワゴンRとMRワゴンは新車購入時の比較対象になりやすい。
2008年デビューのMH23S型のワゴンRよりも2011年デビューのMF33S型のMRワゴンの方がリセールバリューの面では有利と言える。

過去記事(2011/06/30)

アイドリングストップのメリットとデメリット

普及が進むアイドリングストップシステム

すべての車がハイブリッド車や電気自動車になれない現状では、普通のガソリン車が低コストで出来るだけ燃費を良くすることが重要になってくる。
そんな中、普及が進みつつあるのがアイドリングストップシステムだ。
最近は、各社が本気で開発を進めてきており、アイドリングストップシステムが出始めた頃と比べて完成度が非常に高くなってきており注目されている。

アイドリングストップ搭載車一覧

最近発売された車の中でアイドリングストップ機構が装備された車種は次の通り。

MRワゴン(スズキ)
ラフェスタハイウェイスター(日産)
モコ(日産)
プレマシー(マツダ)
マーチ(日産)
ワゴンR(スズキ)
セレナ(日産)
ヴィッツ(トヨタ)
ムーヴ(ダイハツ)
ステラ(スバル)

ハイブリッド車でシェアを持っているトヨタ、ホンダは、アイドリングストップ車の導入に対して消極的に感じる。

エンジンを止めることによる問題点を克服

ヒルスタートアシスト

上り坂で車を停止させている場合、ブレーキによる静止力に加え、エンジンとDレンジによって生み出すクリープ現象が静止するためのアシストになっている。
この状態で、エンジンを停止させると、車は坂道をころがり後退してしまう。
それを防止するためにブレーキを改良したのが、ヒルスタートアシストである。
この機能のおかげで、坂道の途中でも安心して、アイドリングストップさせることが可能になった。

エンジン再始動時間の短縮に成功

トヨタのヴィッツはエンジンの再始動にワンウェイクラッチと組み合わせた常時かみ合い式のスターターモーターを採用している。始動時間は0.35秒。

再始動時の振動改善のため日産のマーチはクランクプーリーなどにアンバランスマスを設ける工夫がされている。始動時間は0.4秒。

マツダのプレマシーはスターターは補助的に使うだけで、直接燃焼させることを主に始動させる。停止中にシリンダーを燃焼に最適なコンディションにしておく方法が取られている。始動時間は0.35秒。

日産のセレナは専用のモーターをエンジンに設置している。スターターを流用していないので、静かで素早い再始動が可能になっている。性能は高いが、ややコスト高となるのが欠点。始動時間は0.3秒。

メリットとデメリット

メリット

まず燃費が良くなることがあげられる。
ただし、燃費の改善は期待するほど大きくない。
実燃費の5%程度の改善と思っていたほうがいいだろう。
年間ガソリンを15万円使うドライバーであれば、年間7500円程度の節約になる。
信号待ちで静かなのもメリット。
もちろんCO2排出量が減るわけだから環境にもやさしい。

デメリット

先に述べた通り、わずか5%の燃費差では経済的メリットは少ない。
バッテリーが大型されているため、バッテリー交換に掛かる費用が年間で2500~3000円程アップする。
そうすると年間のガソリン代の節約は5000円程になる。
アイドリングストップ車は6万円~10万円程度車体価格が高いから、元を取れないケースが多くなるだろう。
再始動の高速化により、運転の違和感は少なくなったが、繰り返されるエンジンのON/OFFに煩わしさを感じる人も多いはずだ。
アイドリングストップ中はエアコンが送風になるのも我慢を強いられる。

アイドリングストップ車を選ぶべきか?

現状では、アイドリングストップ車を避けるようなグレード選択でも問題ないと思う。
アイドリングストップシステムは、今後の進化に期待したい装備。さらに燃費や始動性が向上することができれば、標準装備化されていくだろう。
ユーザーに装備の選択をさせている段階では、敢えて選ぶ必要のない装備である。

過去記事(2011/05/24)

軽自動車の実燃費を比較してみる(1位~5位)

軽自動車燃費ランキング1位~5位

軽自動車燃費ランキング(6位~10位)
軽自動車燃費ランキング(11位~)

1位:ミラ 実用燃費19.51km/L

低い全高と低燃費エンジン+CVTの採用で、軽自動車実燃費1位の座を獲得した。
ハイブリッドカープリウスと同等の実燃費を記録している。
背の高いワゴン車では無いが、室内は十分な広さがあり、実用性も高い。

2位:エッセ 実用燃費18.58km/L

簡素な装備の軽い車体が燃費ではプラスに働いた。
トランスミッションは5MTとなっているので注意。
現在のところCVTを採用したモデルはラインアップされていない。
4AT車はこれよりも、燃費は悪くなる。

3位:eKワゴン 実用燃費17.92km/L

人気は無いが、三菱の軽自動車は意外と燃費が良かった。
不人気なため、新車は値引きが大きく、中古車相場も低迷している。
車体価格+ガソリン代で考えると軽自動車で最も出費が少ない、お得な車種かもしれない。
「ワゴン」と言っても、全高1550mm以下なので都市部の立体駐車場も駐車可能。
室内の広さはミラに近いサイズだ。

4位:ワゴンR 実用燃費17.85km/L

売り上げNo1のワゴンRも上位にランキングされている。
全高の高いハイトワゴンの軽自動車では最も実燃費がいい。
広さ、燃費、車体価格のトータルで最もバランスが良く、売れているのも納得できる。
あまりにも街中ですれ違うことが多いのが唯一のデメリット。

5位:MRワゴン 実用燃費17.54km/L

スズキの新型エンジンを搭載しているが、実燃費は性能では大きな変化は無い。
室内の広さを稼ぐための背が高く角ばったデザインが風の抵抗を受けやすく、やや燃費面ではマイナスだが、それでも全軽自動車の中では優秀な実燃費性能だ。
アイドリングストップ機能もついているが実用燃費への貢献度は低い。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先