car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

MRワゴンがマイナーモデルチェンジ、グリーンテクノロジーで燃費性能向上

MRワゴンがグリーンテクノロジー採用で燃費向上、4月のマイナーチェンジ

MRワゴンのマイナーモデルチェンジが2013年4月に行われる見通しとなった。当初、夏ごろとされていた計画は大幅に前倒しされることになる。今回のマイチェンの目玉は燃費向上であり、新型MRワゴンにもスズキグリーンテクノロジーが採用されることになる。スズキは昨年2012年に発売した新型ワゴンRから、グリーンテクノロジーを採用することで大幅な燃費向上を実現している。

(写真は現行MRワゴン)
MRワゴン

MRワゴンOEMのモコもマイナーモデルチェンジを実施

新型MRワゴンに採用が進められるグリーンテクノロジーとは、エネチャージ、新型アイドリングストップ、エコクールの3つをメインとした燃費改善策となる。
エネチャージとは、リチウムイオン電池を使った電力周りの最適化システムであり、従来のオルタネーターと鉛蓄電池のみで構成されるシステムと比較して充放電効率が向上される。オルタネーター発電によるエンジン負荷が低減され燃費向上に結びつくというわけだ。新型アイドリングストップは13km/h以下でエンジン停止となる最新型が採用される。
そして、エコクールとはパラフィンを使った蓄熱材をエアコンエバポレーターに内蔵することで、コンプレッサー停止時の保冷能力を向上させる機能となる。アイドリングストップによるエンジン停止時でも暫くの間、冷風を送り出すことが可能になる。

現在、同クラス軽ワゴン車のJC08モード燃費トップはムーヴの29.0km/Lで、2位にワゴンRが28.8km/Lと続く。新型MRワゴンもこれらと同水準の燃費性能になると予想される。

さて、MRワゴンは日産ブランドでもモコとしてOEM販売されているが、こちらも同様に今回のマイナーチェンジを受ける見込み。日産はこれまで他社製軽自動車のOEM販売を行なってきたが、三菱自動車との共同出資によるNMKV社を設立したことで、こちらの生産車の販売に切り替えていく方針である。ただしモコに関しては、代替モデルの準備ができておらず、しばらくはスズキからのOEM供給が続くことになる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2012/09/14)

MRワゴンが2013年夏にマイナーチェンジ、燃費は29~30km/L達成見込み

MRワゴンがマイナーチェンジでスズキの新燃費技術を搭載

今月2012年9月に発売された新型ワゴンRの登場により、スズキ軽自動車の新燃費技術が明らかになった。
これらの技術は、エネチャージ、13km/h以下停止アイドリングストップ、新世代R06A型エンジン、エコクールの4つが柱となっており、ワゴンRのJC08モード燃費は28.8km/Lを達成。ワゴン型軽自動車で燃費ナンバーワンの座を獲得した。

そして、これらの技術はスズキの他車種へも展開される見込みだ。
その中で注目したいのが、2013年夏頃の実施が想定されているMRワゴンのマイナーチェンジである。MRワゴンに、これらの燃費改善技術の改良版が早くも搭載される見込みで、JC08モード燃費は29km/L以上、あるいは30km/Lを達成することができる目処が早くもついているということだ。

(写真は現行MRワゴン)
MRワゴン

MRワゴン採用時には、エネチャージとエコクールの更なる進化が期待される

中でも、エネチャージと名付けられているリチウムイオンバッテリーを使った回生エネルギーシステムがMRワゴンに採用されることに期待が大きい。リチウムイオンバッテリーは高価なため、そもそもの価格が安い軽自動車には小容量なものしか採用することができない。しかし、小容量ながらも従来の鉛バッテリーの補助的な役割を果たし、減速時に回収するエネルギーの効率化に貢献している。今回新型ワゴンRで採用されたばかりの技術なので、その伸びしろはまだまだ大きく、今から約1年後のMRワゴンへの採用時には、さらなる進化が期待されている。

また、アイドリングストップ時でも暫くの間はエアコン冷風が持続できるエコクールも注目したい技術だ。これはエアコンのエバポレーターにパラフィンを主原料とする蓄冷材を埋め込むことによって、アイドリングストップ時にも暫くの間、冷風を送り続けることが可能になる技術である。これもモデルチェンジ後のMRワゴンに採用される見込みだ。
ただし、JC08モード燃費はエアコンオフの条件下で計測されるため、エコクールが燃費スペックの数字を増やすことはない。それでも、実質的なアイドリングストップ時間を延長することができるエコクールは、実用燃費の向上に大きく貢献することは間違い無いだろう。

過去記事(2011/07/05)

リセールバリューでお得なのは?MRワゴン,ワゴンR,ステップワゴン,ストリーム

リセールバリューで損をしないために

クルマを安く買いたいというのは皆が考えると思うが、リセールバリューについてまで計算する人は少ない。
新車の購入価格が5万円安いクルマを選んでも、手放すときのリセールバリューが10万円安ければ、差し引きで5万円の損ということになる。
購入価格で安いクルマというのは、ほとんどの場合で高い車と比較して何かしらの欠点があり、それを妥協しての購入となることが多いが、金銭的な損もしないように注意が必要だ。

リセールバリューが読みやすくなった

かつてのバブルの時代から90年代にかけては、車の流行がコロコロ変わり、3年後、5年後のリセールバリューを予測するのが難しい状況が続いた。
しかし、2000年以降ぐらいからは、手放す時に高値で買い取ってくれる車のボディタイプというのがおおよそ定着化しつつある。
軽自動車、コンパクトカー、ミニバン、この3タイプの車種は中古車の価値が安定しており、リセールバリューの高い車種と言えるだろう。
ステップワゴン ストリーム
例えば、同じミニバンでもストリームとステップワゴンでは、リセールバリューの付き方も大きく違ってくる。
新車価格と比較して、下取り価格が値下がりしにくいのは、断然ステップワゴンということになっている。
ストリームはミニバンのなかでも全高が低いクルマで、こういった車種は中古車市場ではあまり人気とは言えない。
全高が高く、室内が広いタイプのミニバンがリセールバリューの高い車種になりやすい。
ステップワゴンと同様にノア、ヴォクシー、セレナも下取り価格に期待ができる。

フルモデルチェンジから新しい車種も下取り価格が高い

ボディタイプの他に、モデルチェンジから経過した年数でリセールバリューが大きく変わることがある。
もちろん、フルモデルチェンジからの経過年数の少ない車の方が中古車市場での価値は高い。
例えば、スズキの軽自動車のワゴンRとMRワゴンは新車購入時の比較対象になりやすい。
2008年デビューのMH23S型のワゴンRよりも2011年デビューのMF33S型のMRワゴンの方がリセールバリューの面では有利と言える。

過去記事(2011/05/24)

軽自動車の実燃費を比較してみる(1位~5位)

軽自動車燃費ランキング1位~5位

軽自動車燃費ランキング(6位~10位)
軽自動車燃費ランキング(11位~)

1位:ミラ 実用燃費19.51km/L

低い全高と低燃費エンジン+CVTの採用で、軽自動車実燃費1位の座を獲得した。
ハイブリッドカープリウスと同等の実燃費を記録している。
背の高いワゴン車では無いが、室内は十分な広さがあり、実用性も高い。

2位:エッセ 実用燃費18.58km/L

簡素な装備の軽い車体が燃費ではプラスに働いた。
トランスミッションは5MTとなっているので注意。
現在のところCVTを採用したモデルはラインアップされていない。
4AT車はこれよりも、燃費は悪くなる。

3位:eKワゴン 実用燃費17.92km/L

人気は無いが、三菱の軽自動車は意外と燃費が良かった。
不人気なため、新車は値引きが大きく、中古車相場も低迷している。
車体価格+ガソリン代で考えると軽自動車で最も出費が少ない、お得な車種かもしれない。
「ワゴン」と言っても、全高1550mm以下なので都市部の立体駐車場も駐車可能。
室内の広さはミラに近いサイズだ。

4位:ワゴンR 実用燃費17.85km/L

売り上げNo1のワゴンRも上位にランキングされている。
全高の高いハイトワゴンの軽自動車では最も実燃費がいい。
広さ、燃費、車体価格のトータルで最もバランスが良く、売れているのも納得できる。
あまりにも街中ですれ違うことが多いのが唯一のデメリット。

5位:MRワゴン 実用燃費17.54km/L

スズキの新型エンジンを搭載しているが、実燃費は性能では大きな変化は無い。
室内の広さを稼ぐための背が高く角ばったデザインが風の抵抗を受けやすく、やや燃費面ではマイナスだが、それでも全軽自動車の中では優秀な実燃費性能だ。
アイドリングストップ機能もついているが実用燃費への貢献度は低い。

過去記事(2011/05/01)

MRワゴンは、お薦め度No1の軽自動車

少し個性のある軽ワゴン車

軽自動車人気の中、スズキから新型のMRワゴンがリニューアルした。
主力のワゴンRと比較すれば、ややマイナーな車種であるが、今回のモデルチェンジ以降は人気車となっている。
実用一辺倒な部分だけでなく、少し遊び心を持ち合わせたのが新型MRワゴンの特徴だ。

新型エンジンとCVTのフィーリング

MRワゴンにはスズキが開発した、新型エンジンR06A型が採用される。
従来モデルのK6A型エンジンは16年間も採用し続けられスズキの屋台骨を支えてきた。
それだけに、R06A新型エンジンに寄せる期待はスズキ社内でも大きい。

従来モデルとの大きな違いは、NAエンジンに限るが、吸排気VVT機構を採用した点にある。
従来型エンジンの吸気側だけの設定であった可変バルブタイミング機構を排気側にも備えている
また、ロングストローク化することにより、トルクをより多く発生させる方向にセッティングされている。
これらの改善により、特に中低速の実用域での燃費と出力を向上させることに成功した。

また、エンジンだけでなくジャトコと共同開発されたCVTもさらなる改良が加えられた。
リダクションギアのハイギアード化により燃費をかせぐように調整されている。

環境性能への意識が高まる中、アイドリングストップ機能なしでも25.5km/Lの低燃費を実現させた新型MRワゴンは魅力十分の軽ワゴン車としてデビューした。
MRワゴン エクステリア

フロントシートはベンチシート

MRワゴンの前席はベンチシートが採用されている。
ベンチシートは広々感があるものの、座り心地や長時間乗車した時の疲労感については妥協が必要であった。
それゆえ短距離走行を重点においた設計がされてきた部分がある。
そんな中、今回のMRワゴンのベンチシートは非常に出来のいいものに仕上がっている。
一見すると、普通の左右の繋がったベンチシートなのだが、意外とサイドの張り出しがしっかりしていて、ホールド感があるのが特徴だ。
腰の当りも良く、これなら長時間乗車でも疲れにくい。
これまでのスズキの軽自動車と比較して、大きく進歩した部分である。

後席はスライド機構付

グレードXとTのリアシートは、左右分割のスライドシートが備え付けられる。
後席のスライド機構を使うことによって、軽自動車枠の限られた空間をできるだけ有効に利用することができるのは嬉しい。
このXとTが主力グレードになりそうだ。
また、リアシートを倒せば、ほぼフラットになるため、荷物の出し入れもしやすい。

MRワゴン インテリア

実は人気のMRワゴン

このMRワゴンというクルマは、先代は明らかに子育てママを意識した車種であったため、幅広い年代性別から購入候補にされにくい面があった。
今回の新型MRワゴンは男女の若者をターゲットにしているが、基本的には老若男女誰でも親しめるクルマに仕上がっている。
このクラスの軽ワゴン車は、ワゴンR、ムーヴという定番車が多くのシェアを占めているが、あまりにも街中にあふれ過ぎているため、周りとは少し違ったクルマを求めるユーザーからもウケがいい。
軽自動車ブームの中、敢えてターゲットを絞り込みすぎないスタイルが人気を呼びそうだ。

過去記事(2011/03/11)

新型MRワゴン(スズキ)にアイドリングストップシステム搭載

新型MRワゴンに「X アイドリングストップ」が追加

昨年12月のデビューした三代目新型MRワゴンにアイドリングストップシステムが搭載されたグレード「X アイドリングストップ」が発表された。
従来からラインアップされていた、充実装備のグレード「X」にアイドリングストップ機能を搭載させて、燃費性能を向上させた。
坂道でエンジン停止したときに後退を抑制する、ヒルホールドコントロール機能もついている。

現在のところ、姉妹車の日産新型モコには、アイドリングストップシステムを搭載したグレードは発表されていない。
今後、OEM車の新型モコでも、ラインアップ追加される可能性がある。

MRワゴン(MF33S)
グレード エンジン オーディオ&バックビューモニター オーディオレス
2WD 4WD 2WD 4WD
T ターボ ¥1,393,350 ¥1,510,950 ¥1,340,850 ¥1,458,450
X アイドリングストップ NA ¥1,310,400 ¥1,257,900
X NA ¥1,215,900 ¥1,333,500 ¥1,163,400 ¥1,281,000
G NA ¥1,131,900 ¥1,249,500 ¥1,079,400 ¥1,197,000

MRワゴン X アイドリングストップ

スズキ株式会社 新型「MRワゴン」にアイドリングストップシステム搭載車を追加し発売

燃費はどれぐらい向上するか

10・15モード走行燃費は、2WD車グレード「X」で25.5km/L、「X アイドリングストップ」で27.0km/Lとなっている。
これは、ダイハツムーヴのアイドリングストップ搭載車の同条件でのカタログ燃費と同じ数値だ。

実燃費を予想

MRワゴン「X アイドリングストップ」の実燃費がどれぐらいになるか予想してみた。
グレード「X」の実燃費が概ね18.5km/Lである。
10・15モード燃費25.5km/Lに対する燃費達成率は72.5%になる。
この数値から「X アイドリングストップ」の実燃費を想定すると、19.6km/Lになる。

  X X アイドリングストップ
10・15モード走行燃費 25.5km/L 27.0km/L
実燃費 18.5km/L (予想)19.6km/L

「X アイドリングストップ」モトは取れるか評価してみる

MRワゴン「X」と、「X アイドリングストップ」の価格差は94,500円。
つまり、アイドリングストップ機能は94,500円ということになる。
この差額をガソリン代で回収しようと思えば、どれぐらいの走行距離が必要か気になる。

計算してみた

走行距離によるガソリン代の差額を評価してみた。
燃費については実燃費を採用し、MRワゴン「X」は18.5km/L、「X アイドリングストップ」は予想実燃費の19.6km/Lで計算した。
ガソリン代は135円としている。

走行距離 ガソリン代(135円/L) 差額
X Xアイドリングストップ
50,000km 364,865円 344,595円 20,270円
100,000km 729,730円 689,189円 40,541円
150,000km 1,094,595円 1,033,784円 60,811円
200,000km 1,459,459円 1,378,378円 81,081円
230,000km 1,678,378円 1,585,135円 93,243円
240,000km 1,751,351円 1,654,054円 97,297円
250,000km 1,824,324円 1,722,973円 101,351円

残念ながらユーザーメリットは少ない

およそ24万キロ走行しなければ、アイドリングストップシステムの差額分94,500円を回収することができない。
24万キロという数値は、ほとんどのユーザーが走りきれないほどの走行距離だ。
アイドリングストップシステムは通常よりも容量の大きい、高価なバッテリーが搭載されている。バッテリーは3~5年程度で交換される消耗品だ。その負担増は今回の計算には含まれていない。

最近のアイドリングストップは性能が非常に良くなってきていて、再始動の時間も短い。
しかし、交差点での右折待ちの時は、不安感が拭えない。
また、アイドリングストップシステムが作動しエンジンが停止すると、エアコンも停止して、単なる送風状態になる。
真夏の炎天下のドライブでは使えないシステムだ。
アイドリングストップシステムという最新装備は魅力的に見えるが、ユーザーにとっては、費用負担が増えるのにも関わらず不便を強いられるのが現実だ。

過去記事(2011/02/07)

AZワゴン、ワゴンR他、軽トールワゴンOEMまとめ

AZワゴンも見積りを出してみよう

軽トールワゴンの人気が続いている。販売チャンネルが競合するOEM車種は競争が激しく、これを利用すれば、値引きも大きくなる場合がある。
OEM先で販売される車種は、車両本体の大部分はOEM元の車種と同じだ。製造自体もOEM元が行っている。特別な拘りが無いのであれば、両方の見積りを取り、値引き競争させるのが基本だ。ワゴンRを買うなら、AZワゴンも見積りを出してみよう。

OEM先 OEM元 全高[mm]
マツダ AZ-ワゴン スズキ ワゴンR 1640
日産 モコ スズキ MRワゴン 1625
日産 ルークス スズキ パレット 1735
マツダ スクラム スズキ エブリィワゴン 1795
スバル ステラ(予定) ダイハツ ムーヴ 1620
スバル ルクラ ダイハツ タントエグゼ 1730
スバル ディアスワゴン ダイハツ アトレーワゴン 1875

AZ-ワゴン

AZワゴン
AZ-ワゴンはマツダから販売されている。中身はワゴンRと同じだ。
知名度の割には、中古車相場はワゴンRに近い。

モコ

モコは日産から販売されている。OEM車の中では専用設計がやや多い。フロント部分はモコのオリジナルで、MRワゴンとの差別化が大きい。

ルークス

日産ルークスはスズキパレットのOEM車だ。ルークスが上級グレードのハイウェイスターをメインに販売促進しているのに対し、パレットはベースグレードと上級のパレットSW共に力を入れている。

ステラ

ステラはスバルが現在唯一製造する軽自動車だ。四輪独立懸架のサスペンションを装備し、乗り心地とハンドリング性能は軽トールワゴン車の中でも評価が高い。他車と比較し室内がやや狭く、不人気車となっている。今後、ダイハツのムーヴをOEM元として供給を受ける予定で、スバルとしての軽自動車生産は終了する。

ルクラ

スバル・ルクラはダイハツ・タントエグゼのOEM車種だ。人気車タントのスライドドアを廃止したモデルとなる。スライドドア付きのタントのOEM車は現在無い。

ディアスワゴン

スバル・ディアスワゴンはダイハツ・アトレーワゴンのOEM車だ。
スバルはダイハツと軽自動車に関して提携しているが、主力のムーヴ、タントの供給は受けることができていない。

一円でも安い方が得か?

OEM元、OEM先の二車種を競合させて、見積価格が1円でも安い方がお得感がありそうだが、実はそれほど単純ではない。
基本的にOEM先の車種より、OEM元の車種の方が中古車としての市場価値が高い。つまり新車購入の見積りでOEM元、OEM先の見積りが同程度なら、OEM元の車種を買った方が、後々後悔が少なくてすむ。
車として価値がなくなるまで乗り潰すという考えの方なら、1円でも安い方がお得だろう。しかし軽自動車は製造年から長く経過しても市場価値がある。例えばワゴンRは10年落ちでも走行が5~6万キロ程度なら25万円程度で業者間で取引されている。12年落ち8万キロ程度ですら10万円を割る事は少ない。

基本はOEM元車種の方が高価値

OEM元車種の方が中古車価値が高い場合が多いが、これはOEM先の方が販売台数や知名度が高い車種でさえ成り立つ。
一つの例として、日産モコとスズキMRワゴンを考えよう。
モデルチェンジの時期はMRワゴンが先行してデビュー行われる分、MRワゴンにとって有利な販売状況になるが、大部分の期間は日産モコの方が多く売れてきた。中古車の流通量もモコの方が数倍も多い。
こういうOEM先の販売台数の方が大きくなるような人気逆転車種でも、2~3年落ちのカーオークション相場、つまり中古車の卸値はOEM元車種のMRワゴンの方が10万円程度高い。
ただし、AZワゴンに関しては思ったより相場での価値が高い。オリジナルのワゴンRとの差があまり見られなかった。

過去記事(2011/01/22)

MRワゴン新型3代目(スズキMS33S)の評判と評価レポート

MRワゴン
新型MRワゴンが2011/1/20にフルモデルチェンジデビューした。
先代の子育てママをターゲットにしたデザインを一転し若者にターゲットを絞ったコンセプトとなった。
エクステリアはシンプルで愛嬌のあるものになっている。先代のような女性向けのかわいらしいエクステリアから変化を遂げた。

新型MRワゴンMF33Sのここが長所

広い室内が特徴

評判となっているのがホイールベースの長さだ。スズキの軽自動車で最も長く設定され、2,425mmと最新のワゴンR比でも+25mmとなっている。その分、室内の居住性は増した。フロントウィンドーも立たせて広々とした室内を演出している。全体的なフォルムも角張ったデザインとなっておりロングルーフ、ロングキャビンの広い室内空間を目標に開発されたのがわかる。
先代はワゴンRに比べやや狭い感じがしたが、新型MRワゴンはほぼ同等の広さとなっている。多くの収納スペースが設置され、利便性も向上している。
全高はワゴンRより35mm低いが走行性能面ではメリットになる。
後席足元は、ほぼフラットで広々しており、前後160mmのスライドと、リクライニング機構でリラックスして過ごせる。リアシートはワンタッチで倒れ、広大なフラット荷室にアレンジすることも可能だ。

シンプルなデザイン

若者の感性に響く個性的なスタイリングとシンプルかつモダンなインテリアを目指して開発されている。白と黒のコントラストのインパネはセンスいいと評判だ。広々感のあるインテリアに仕上がっている。
タッチパネルオーディオについては意見が分かれるだろう。ドライブ中にはオーディオ操作をしないのが建前であるが、凹凸感の無いタッチパネルが操作しにくくないか確認しよう。USBソケットでiPodなどの接続も可能になっている。

新型MRワゴンの低燃費性能

R06A新開発エンジン

この新型MRワゴンからデビューとなるスズキの新型エンジンがR06A型である。
NAエンジンはVVTの採用で吸気側に加え排気側にも可変バルブタイミング機構を備えたことが大きい。これは軽自動車エンジンとしては初のシステムで評価に値する。軽量コンパクトで燃焼効率も大きく進化した。NA 2WD車の10・15モード燃費は25.5km/Lとなっている。
ターボエンジンは吸気側に可変バルブタイミング機構を備えた。ターボ 2WD車の10・15モード燃費は22.5km/Lを達成した。
これらのR06A型エンジンは低燃費性能だけでなく、低速トルク向上、低騒音、軽量化といった性能も向上している。

全車にCVT採用

新型MRワゴンは全グレードに副変速機構付CVTを採用した。先代の4ATからは大きな進歩といえるだろう。車体も軽量化し790kg~という車体重量を実現した。CVTと軽量化によりNA車でも低燃費でパワフルな加速感が得られる。

アイドリングストップシステムの設定は無し

スズキは既にワゴンRでアイドリングストップシステムを一部グレードに採用しているが、新型MRワゴンへの採用は見送りとなった。
実のところ現在のアイドリングストップシステムは経済的にも環境的にもまだまだマイナス面が勝る装備だと言われている。部品点数の増加や大容量バッテリーによる環境負荷、経済的負担は後々の運転時の低燃費効果で取り返せるほどに達していないのが現実だ。

新型MRワゴンのオススメグレード

新型MRワゴンは車両重量が先代やワゴンRと比較して軽くなっているのも評価したいところ。変速機がCVT化されたことも相まりNA車でも十分な加速を得ることができる。もちろんターボ車もパワフルで多人数乗車時には心強いがコスト的な問題を考えれば、NA車がオススメとなるだろう。
運転席シートリフターやチルトステアリングが付いているのはグレードX、Tのみとなる。ドライビングポジションが自分に満足できるものか、購入前には十分確認したいところだ。