car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

三菱 eKワゴン、eKカスタム、eKスペース、eKスペースカスタムの販売を再開

三菱自動車が軽自動車eKシリーズの販売再開、JC08モード燃費は大幅減

三菱自動車はJC08モード燃費を意図的に水増しして表示していたとして、軽自動車のeKワゴン、eKカスタム、eKスペース、eKスペースカスタムの販売を2016年4月20日より停止していた。今回、JC08モード燃費の表記を改め2016年7月5日より販売が再開された。

(写真はeKワゴン)
eKワゴン

eKワゴン、eKカスタムのJC08モード燃費は最高モデルで25.8km/Lとなり、従来表示の30.4km/Lから大幅に下げられた。

eKワゴン JC08モード燃費 eKカスタム JC08モード燃費 eKスペース JC08モード燃費

他社同クラスでは、ダイハツ・ムーヴが31.0km/L、スズキ・ワゴンRが33.0km/L、ホンダ・Nワゴンが29.4km/Lでいずれも30km/L前後の水準となっている。これらの数値と並べると、eKワゴンとeKカスタムの燃費性能の悪さが目立つ結果となった。

(写真はeKスペース カスタム)
eKスペースカスタム eKスペース カスタム リアコンビネーションランプ

トールワゴンタイプのeKスペースとeKスペースカスタムは、最高モデルで22.0km/LのJC08モード燃費となった。従来表示は26.0km/Lであったからこれも大きく値を下げた。ライバルモデルのJC08モード燃費はダイハツ・タントが28.0km/L、スズキ・スペーシアが32.0km/L、ホンダ・N-BOXが25.6km/Lといった状況で、いずれもeKスペースより優れている。

三菱自動車がユーザーに対して支払い、燃費詐称の損害賠償金は1台あたり10万円

eKシリーズの燃費表示が変更されたことで、エコカー減税率も変わることになる。そのユーザー負担増の肩代わりと謝罪の意を込めて、販売期間2013年5月から2016年4月21日のekシリーズ一台あたり10万円を三菱自動車がユーザーへ損害賠償という形で支払うとしている。なお、残価設定型クレジット、リース契約、過去の使用者であった方については、その期間の応じて1年あたり1万円が支払われる。

#1 匿名さん2016/07/17(Sun)23:08:30
1年一万円じゃあ消費者は納得しないだろう。精神的苦痛や、中古下取りの下落も含めて最低1年五万円でしょうね。

名前(任意)
コメント

車名

eKワゴン

eKワゴン

代表グレード

E e−アシスト

M e−アシスト

発売日

2018年5月

2018年5月

型式

DBA-B11W

DBA-B11W

ボディ形状

5ドア ワゴン

5ドア ワゴン

乗員定員

4名

4名

全長(mm)

3395

3395

全幅(mm)

1475

1475

全高(mm)

1620

1620

ホイールベース(mm)

2430

2430

トレッド 前(mm)/後(mm)

1300/1290

1300/1290

室内長(mm)

2085

2085

室内幅(mm)

1295

1295

室内高(mm)

1280

1280

車両重量(kg)

830

840

エンジン型式

3B20

3B20

シリンダー配列

3気筒

3気筒

排気量(cc)

659

659

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

65.4×65.4

65.4×65.4

最高出力

49ps(36kW)/6500rpm

49ps(36kW)/6500rpm

最大トルク

6.0kg・m(59N・m)/5000rpm

5.7kg・m(56N・m)/5500rpm

圧縮比

10.9

12.0

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

30

30

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

23.0

25.8

サスペンション(フロント)

ストラット式

ストラット式

サスペンション(リア)

トルクアーム式3リンク

トルクアーム式3リンク

ブレーキ(フロント)

ディスク

ディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

155/65R14

155/65R14

タイヤサイズ(リア)

155/65R14

155/65R14

最小回転半径(m)

4.4

4.4

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

1,109,160円

1,220,400円

車名

eKワゴン

eKワゴン

代表グレード

M e−アシスト プラスエディション

Gセーフティパッケージ

発売日

2018年5月

2018年5月

型式

DBA-B11W

DBA-B11W

ボディ形状

5ドア ワゴン

5ドア ワゴン

乗員定員

4名

4名

全長(mm)

3395

3395

全幅(mm)

1475

1475

全高(mm)

1620

1620

ホイールベース(mm)

2430

2430

トレッド 前(mm)/後(mm)

1300/1290

1300/1290

室内長(mm)

2085

2085

室内幅(mm)

1295

1295

室内高(mm)

1280

1280

車両重量(kg)

840

850

エンジン型式

3B20

3B20

シリンダー配列

3気筒

3気筒

排気量(cc)

659

659

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

65.4×65.4

65.4×65.4

最高出力

49ps(36kW)/6500rpm

49ps(36kW)/6500rpm

最大トルク

5.7kg・m(56N・m)/5500rpm

5.7kg・m(56N・m)/5500rpm

圧縮比

12.0

12.0

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

30

30

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

25.8

25.8

サスペンション(フロント)

ストラット式

ストラット式

サスペンション(リア)

トルクアーム式3リンク

トルクアーム式3リンク

ブレーキ(フロント)

ディスク

ディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

155/65R14

155/65R14

タイヤサイズ(リア)

155/65R14

155/65R14

最小回転半径(m)

4.4

4.4

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

1,220,400円

1,413,720円

過去記事(2016/04/21)

三菱自動車燃費不正、eKワゴン、eKスペース、デイズ、デイズルークス販売停止

eKシリーズ、デイズシリーズの販売は停止、再開はされるのか?

三菱自動車の軽自動車eKワゴン、eKスペースおよびそのOEMモデルの日産自動車のデイズ、デイズルークスにおける燃費不正が発覚した。現在は両社のいずれのモデルとも販売停止となっており、ウェブサイトの商品ページは閉鎖されている状況だ。燃費不正の対象台数は62万5000台と影響は大きい。

(写真は三菱・eKワゴン)
eKワゴン eKワゴン リアコンビネーションランプ

三菱と日産は軽自動車事業の協業のため、2011年にNMKV社を共同出資により設立。以降、2013年にeKワゴンとデイズ、2014年にeKスペースとデイズルークスを発売し、2016年内にも新たな軽自動車を市場投入する予定であった。

(写真は日産・デイズ)
デイズ デイズ リアコンビネーションランプ

そんな中発覚した燃費不正であるが、これを指摘したのは日産サイドの技術陣であるという。三菱自動車からOEM供給されるモデルの燃費性能が仕様を満たさないことから、原因を調査したところ、シャシーダイナモの抵抗値を意図的に誤ったものを使用し、燃費性能を偽っていたことが明るみとなった。

(写真は三菱・eKスペース)
eKスペースカスタム eKスペース カスタム リアコンビネーションランプ

三菱自動車と日産の軽自動車協業はどうなる?年内のニューモデル発売は中止か?

NMKV社を設立したものの、実際の開発生産は三菱自動車が担っていた。つまり日産は、三菱自動車によって捏造された燃費データに騙されていたことになり、今後のNMKV社の存続および新モデルの発売に影響が出そう。もちろん何より騙されたのはこれらのモデルを購入した消費者ということになり、その補償について注目されることになる。

(写真は日産・デイズルークス)
日産 デイズ ルークス デイズ ルークス リアコンビネーションランプ

また三菱自動車は、登録車を含めた他のモデルについても、今回のケースと同様に誤った測定方法を用いていた疑惑があり、燃費不正の対象モデルがさらに増える可能性がある。

過去記事(2013/06/06)

三菱eKワゴン&日産デイズが6/6の発売日直前にリコール、一般ユーザーへの影響

新型軽自動車のeKワゴンとデイズがリコール

三菱と日産が共同設立した軽自動車事業の合弁会社、NMKV社による第一号車としてeKワゴンとデイズが2013年6月6日付けで発売日を迎える。そんな中、これら2車種に対して6月4日にリコールが発表された。
ただし、リコール対象となるのは、6月6日の発売日前ということで、主にディーラーが保有する展示用、試乗用の車両のみ。まだ一般ユーザーへの納車は無く、顧客へはすべて対策済みのものが出荷されることになる。リコール対応は数十分で完了できることから納期に遅れは出ないとしている。
DAYZ ハイウェイスター
ekワゴン 2013
リコールの内容は、テールゲート上部に設置されたハイマウントストップランプの取り付けに問題があるとのこと。不具合としては比較的軽微なものであるが、保安基準を満たさない恐れがあるということでリコール対応となった。

NMKV第一弾、eKワゴンとデイズ

(写真は販売が好調なN BOX)
N BOX カスタム
軽自動車市場では、長らくダイハツ、スズキの二強がシェアを占めていたが、昨年2012年度からはホンダが新型軽自動車のN BOXを大ヒットさせたことで競争が激化していた。対する三菱と日産は合弁会社NMKVを立ち上げ、協業による軽自動車開発をスタート。その最初となる市販化モデルがeKワゴンとデイズということである。発売直前という、これからプロモーションを活発化させていくタイミングでのリコール発表となり、イメージダウンは避けられないだろう。
この他にNMKVは2014年の早い時期を目処に、トッポおよびルークス後継となるトールワゴンボディの軽自動車の発売を計画している。

過去記事(2013/05/22)

DAYZとeKワゴンが生産開始、日産&三菱の新型軽自動車が6月6日に発売

日産DAYZと三菱eKワゴンがラインオフ、発売日は6月6日

日産・DAYZおよび三菱・eKワゴンの生産が2013年5月20日より始まった。日産と三菱が共同開発した新型軽自動車の第一弾ということで話題性も大きい車種である。予約受付は4月中旬から既に始まっており、正式な発売日は6月6日に予定されている。

(日産 DAYZハイウェイスター)
DAYZ ハイウェイスター
新型DAYZおよびeKワゴンのボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1620mmとなる見込みで、これはダイハツ・ムーヴと全く同じ寸法ということになる。それぞれ標準車と上級車が用意され、最安モデルはeKワゴンEの105万円程度となる見込み。恐らく標準装備の違いによるものと思われるが、日産・DAYZの方が全グレード的に2万円程度高くなるという情報もある。
新型DAYZおよびeKワゴンのJC08モード燃費は29.2km/Lに達することが明らかとなっており、これは現在クラストップの燃費性能を誇るムーヴの29.0km/Lを超え、ナンバーワンに躍り出ることになる。

(三菱 eKカスタム)
eKカスタム 2013

DAYZとeKワゴンにより、日産&三菱は軽自動車シェアを伸ばすことができるのか

今年は日産&三菱による軽自動車協業が本格スタートを切るということで、車ファンだけでなく、産業界からも彼らがどれだけのシェアを握ることができるのかが注目されている。
最近の国内軽自動車シェアの推移を見てみると、2011年度はダイハツとスズキの2強が合わせて66%を占め、3位のホンダが10%と続いていた。これが2012年度にはホンダは18%にまで数字を伸ばしてきておりシェア争いに火が着いた。販売台数から見た市場規模も2011年度の168万台から、2012年度は197万台へと拡大を果たしている。
今回のDAYZの投入とeKワゴンのフルモデルチェンジにより、日産&三菱の連合は昨年度のシェア12%を超えてくるはず。各社とも生き残りを掛けた争いとなるだろう。

過去記事(2013/04/19)

三菱・新型eKワゴンが予約開始、JC08モード燃費29.2km/Lでクラスナンバーワン

新型eKワゴンの予約受付が開始、6月納車、発売が目標

三菱の軽ワゴン車、eKワゴンの約7年ぶりとなるフルモデルチェンジが行われようとしている。2013年04月18日からニューモデルの予約受付が開始されており、新型eKワゴンおよび新型eKカスタムの事実上の販売が開始されている。正式発表および納車開始は6月頃となる見込みだ。

(写真はeKカスタム)
eKカスタム 2013 ekカスタム 内装
新型eKワゴン最大の進化は、室内広さの拡大である。全高は現行1550mmから新型1620mmまで高められ、ダイハツ・ムーヴ、スズキ・ワゴンRといった主力軽ワゴン車らと近い寸法となった。また、燃費性能の進化も著しく、JC08モード燃費は29.2km/Lとなった。これは、現行eKワゴン 4AT FFモデルの19.6km/Lと比較して50%近い性能アップとなり、ムーヴの29.0km/LやワゴンRの28.8km/Lを追い抜くクラストップの燃費性能を獲得している。

(写真はeKワゴン)
ekワゴン 2013 eKワゴン 内装
新型eKワゴンは、日産の新型軽自動車デイズと車体の大部分が共通となり、どちらも三菱の水島製作所で生産される。開発は日産と三菱の合弁会社NMKVによって行われた。

新型eKワゴンで三菱は復活できるのか

三菱は昨年2012年頃より、コンパクトカーのミラージュ、SUVのアウトランダーと新型車を立つ続けに投入し、積極的な販売の巻き返しを図ってきた。しかし、ミラージュは国内の販売不振に見舞われ、三菱初のプラグインハイブリッド車となったアウトランダーPHEVはリチウムイオンバッテリーのトラブルで出荷を停止している状況だ。国内の自動車市場が普通車から軽自動車へとシフトする中、今回の新型eKワゴンにかかる三菱社内の期待は大きい。

過去記事(2013/03/01)

日産オッティ&三菱eKワゴン後継車、2013年6月の発売に向けて準備中

オッティ、eKワゴン後継車がNMKV社によって開発最終段階

三菱のeKワゴンと日産のオッティの後継車種の発売が2013年6月に予定されている。
現行モデルでは、三菱が開発生産するeKワゴンが日産へもOEM供給され、オッティとして販売されていた。次世代モデルからは、三菱と日産の共同出資による新会社NMKVが設立され、ここで開発生産が行われることになる。日産の販売体勢はこれまで以上に積極的になることが予想され、日産も本格的に軽自動車市場へ参入することになる。

(写真は現行eKワゴン)
ekワゴン

次世代オッティ & eKワゴンのJC08モード燃費は30km/Lに到達か?

現行モデルのeKワゴン&オッティは、全高が1.55mに設定されている。パーキングの制約を受けやすい都市部の事情を考慮しながらもなるべく広い室内空間を維持するというコンセプトであった。
次期モデルからはこのコンセプトを変更し、室内広さを重視した全高1.6m以上のボディになる見込み。軽自動車の中でも最も競争が激しいセグメントへ挑戦することになる。競合車種としてはスズキ・ワゴンR、ダイハツ・ムーヴ、ホンダ・N ONEが主なものとしてあげられる。これらの中で差別化していくためにも、次期eKワゴン&オッティのボディデザインはプレミアム感の高いものが採用される。生産は三菱の水島工場が実質的に受け持つことになりそうだが、エクステリアデザインは日産が主導権を握ると予想される。試作車の目撃情報によれば、次期eKワゴン&オッティはエルグランドをフラグシップとする日産ミニバン系列のボディデザインが取り入れられているようだ。

また、車名についてはeKワゴン、オッティの名称が使い続けられる可能性は低いだろう。三菱、日産のそれぞれに新たな車名が用意されると考えられる。

燃費性能についてはクラストップレベルが目標となる。現在のクラス燃費トップはムーヴのJC08モード燃費29.0km/L。eKワゴン&オッティ後継車はこの数値を凌ぐ、JC08モード燃費30km/L前後になるのではと考える。

過去記事(2012/11/06)

次期eKワゴンは三菱&日産の合作、2013年夏頃に発売の見込み

eKワゴンが2013年夏発売、NMKV開発による第一号車

軽自動車市場に進出したいがノウハウを持たない日産。そして50年以上にわたって軽自動車を生産してはいるものの次期モデルの開発資金が足りない三菱。この両社がNMKVという軽自動車の企画・開発を担当する別会社を折半による共同出資で立ち上げ、次期eKワゴンの開発が進められている。
現行eKワゴンに関しては、三菱が製造したものを日産のオッティとして販売するというOEM提携はあるのだが、共同出資による開発は次期モデルが初めてとなる。

まず、次期eKワゴンの全高は1.6m以上になる見込み。現行eKワゴンは、ワゴンボディながらも全高を1.55m以下に抑え、多くの立体駐車場に入るサイズであることが特徴であった。しかし次期モデルは、都市部だけにある駐車場事情よりも室内空間の広さを優先するボディサイズとなりそうである。
ほぼ同サイズになると思われる軽ワゴン車は、スズキ・ワゴンRとダイハツ・ムーブ、さらに最近ではホンダ・N BOXも加わり、超激戦のセグメントに参入することになる。

(写真は現行ekワゴン)
ekワゴン

次期eKワゴン、生産は三菱だが販売は日産頼み

eKワゴンの実質的な生産は三菱の水島工場が受け持つことになる。

NMKVの計画では、まずは次期eKワゴンを2013年夏頃に発売。その後も新車種の投入を続け、最終的には軽自動車シェアの20%を獲得することを目標としている。

日産の関与は資金面だけでなく、販売面でも重要な役割を果たすだろう。
国内での販売力が弱い三菱に対し、日産は自社製の軽自動車を持たないOEM供給だけに頼った販売でありながらも、売った車の4台に1台が軽自動車という水準にまで軽自動車の販売力を高めている。
そんな中、日産主導によるエクステリアのデザインが行われているようで、新型ノート調のフロントグリルも候補になっているようである。

過去記事(2012/02/22)

次期eKワゴンが日産三菱共同開発で2013年発売予定

次期eKワゴンは新開発エンジン搭載で、超低燃費設計

現行eKワゴンは、2006年に2代目がデビューし、来年2013年で7年を迎える。
そろそろ、フルモデルチェンジが待望される時期に来ている。
そんななか、日産と三菱の合弁会社NMKVで、次期eKワゴンなる新型の軽自動車開発が進められている。
現行のeKワゴンは、三菱が開発生産する軽自動車。自社で販売するだけでなく、日産への車体OEM供給も行なっており、日産・オッティとしても販売されている。
次期モデルのeKワゴンからは、NMKV社による開発生産になることで、三菱だけでなく日産の技術提供も受けた完成度の高い車種になることが期待されている。
特に燃費性能に関しては最重要課題で開発が進行しており、エンジンは新規開発され、アイドリングストップをはじめとした最新の低燃費技術が投入される。
大柄のワゴンボディながらも、ミライースやアルトエコと同レベルのJC08モード30km/L程度を達成する見込みだ。

次期eKワゴンは居住性が向上

次期eKワゴンは、ボディサイズが大型化するのでは、という予想もされている。
大型化といっても軽規格の制限があるため、高さ方向にしか伸ばすことができないが、全高は現行eKワゴンの1550mmに対して、次期モデルは約10cm延長され1650mm程度になるのではとされている。
室内は広くなり、居住性はこれまで以上に向上する。
全高がここまで高くなると、2008年にフルモデルチェンジ復活を果たした三菱の軽自動車、トッポと車種が重複してしまうのだが、場合によってはトッポの生産中止も考えられるだろう。

次期eKワゴンの車体価格は、メイングレードで110万円程度とされ、さらに100万円未満の廉価グレードも設定される見込み。
新型もこれまで通りの価格帯は維持されるようだ。

そんな新型eKワゴンのライバル車はスズキ・ワゴンR。
2013年秋頃の発売を目標に次期eKワゴンは開発されているが、同時期にスズキではワゴンRのフルモデルチェンジが計画されている。
来年秋は、これら2車種の新型軽ワゴンが注目になるはずだ。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先