car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ヴェゼルが2月15日マイナーモデルチェンジ、ホンダセンシング標準装備

ヴェゼル後期型、フェイスリフトを含めたマイナーモデルチェンジ

ホンダ・ヴェゼルが2018年2月15日にマイナーモデルチェンジを受けて後期型に移行する。これに先駆けて新型エクステリアが公開されている。

(写真はヴェゼル後期型モデル)
ヴェゼル

ヴェゼルは2013年にデビューしたコンパクトクロスオーバーSUV。販売期間4年を過ぎるタイミングに来ており、フェイスリフトを受けた後期モデルに切り替わる。

後期型ヴェゼルはHonda SENSINGが標準装備化される

後期型ヴェゼルのエクステリアは、新デザインのヘッドランプユニットによって近未来的な印象となる。グリルデザインも変更されており、ホンダエンブレムは幾分拡大されているように見える。

ヴェゼル ホンダセンシング

そして、単眼カメラとミリ波レーダーによる安全支援システムHonda SENSINGが標準装備化される。これには、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)とLKAS(車線維持支援システム)の機能が含まれており、自動運転レベル2相当のシステムとなる。現行モデルのHonda SENSING搭載グレードは212万円から。標準化によるコストダウンも期待したいところではあるが、実質的には値上げとなる可能性も考えられる。

(写真はヴェゼル前期型モデル)
ヴェゼル ハイブリッド

現行モデルの1.5L Sport Hybrid i-DCDと1.5L NAのパワートレインについては、キャリーオーバーとなる見込み。ヴェゼルには1.0L VTEC TURBOエンジンの導入が噂されていたが、これは今回のマイナーモデルチェンジでは盛り込まれないようだ。

(写真はシビックのVTEC-TURBO 1.0L)
シビックVTEC-TURBO 1.0

ただし、シビック欧州仕様に先行搭載されている1.0L VTEC TURBOエンジンを日本向け車種に導入させる動きは継続されているようで、2018年終盤ごろにヴェゼルターボとして追加発売されることが予想される。

#1 匿名さん2018/01/31(Wed)12:44:42
宗一郎氏がこれに乗ったら本気で怒る、いや変わり果てたホンダに泣くかも知れない
それくらいにサスが悪い車の典型。ミッションとバランスの煮詰めはMCで向上していくと信じてますが、果たして脚の根本的ダメ設計を挽回できるのか
#2 ヴェゼル マンセー!2018/01/31(Wed)12:55:03
■振幅感応型ダンパー(フロント/リア)
ざらついた路面など振動の幅が小さいときは柔軟に吸収し、コーナリング時など大きな動きには安定した姿勢をキープ。
シーンにあわせて特性が変化する「振幅感応型ダンパー」を全タイプに標準装備しています。
■パフォーマンスダンパー
走行中に発生する車体のたわみや微振動を軽減し穏やかに整える「パフォーマンスダンパー」。安定性を高め、乗り心地にも寄与し、総合的な走りのレベルを高めます。RSでは専用に減衰力を調整。さらなる走りの楽しみを味わえる仕様としています。
#3 ヴェゼル マンセー!2018/01/31(Wed)13:00:55
パフォーマンスダンパーは、前後のオーバーハング内に設置すると車体の振動等を巧みに吸収して質の高い乗り心地を実現する。それが見事に効果を発揮したわけだ。

乗り心地が良くなったことで、クルマの走りそのものも印象はさらによくなる。特に今回は雪道での試乗となったわけだが、そうしたシチュエーションでも、しなやかさを忘れずに走ってくれることも確認できたし、何より走りの良い印象が増したことで、1クラス上のクルマを感じさせる雰囲気も手に入れた。
#4 匿名さん2018/01/31(Wed)13:02:31
いやいや、ホンダは経営手腕なら、日本企業で随一だぞ

現にこのヴェゼルも、SUV販売台数トップを取ってたんだから
トヨタのバカの一つ覚えな若者回帰と真逆で、SUVをオバサマ需要に向けて売った功績

一番驚いたのは、重くて遅くてハンドリング最悪なのに足は固くて、二人乗りですら収納に困る狭さの
伝説的異端車であるCR-Zを、スポーツカーとして大量に顧客へ売り付けた実績
冗談じゃなく経営的に見ると凄まじい。ディーゼル売り逃げできたダイムラー並の手腕
#5 匿名さん2018/01/31(Wed)13:02:48
最新のホンダ顔になった
イイ感じですね
#6 調べてみたシリーズ SUV年間販売ランキング2018/01/31(Wed)13:35:06
SUV年間販売ランキングです。

◆2014年
1位 ヴェゼル:96,029台  2位 ハリアー:64,920台
参考 ハスラー:104,233台

◆2015年
1位 ヴェゼル:71,021台  2位 ハリアー:58,991台
参考 ハスラー:95,557台

◆2016年
1位 ヴェゼル:73,889台  2位 エクストレイル:56,151台
参考 ハスラー:85,762台

◆2017年
1位 C-HR:117,299台  2位 エクストレイル:64,332台
参考 ハスラー:72,600台

デビュー以来3年連続「SUV No.1」だったヴェゼルですが、昨年は3位にランクダウン。
2月のMCで、多少販売は回復するでしょう。

今年は、エクリプス・クロスの発売、フォレスターのFMC、CR-Vの復活、ジュークのFMCなど、SUVはプチブームが続くようで楽しみです。
#7 匿名さん2018/01/31(Wed)13:37:02
SUV年間販売ランキングです。

◆2014年
1位 ヴェゼル:96,029台  2位 ハリアー:64,920台
参考 ハスラー:104,233台

◆2015年
1位 ヴェゼル:71,021台  2位 ハリアー:58,991台
参考 ハスラー:95,557台

◆2016年
1位 ヴェゼル:73,889台  2位 エクストレイル:56,151台
参考 ハスラー:85,762台

◆2017年
1位 C-HR:117,299台  2位 ヴェゼル:64,332台
参考 ハスラー:72,600台

デビュー以来3年連続「SUV No.1」だったヴェゼルですが、昨年は2位にランクダウン。
2月のMCで、多少販売は回復するでしょう。

今年は、エクリプス・クロスの発売、フォレスターのFMC、CR-Vの復活、ジュークのFMCなど、SUVはプチブームが続くようで楽しみです。
#8 匿名さん2018/01/31(Wed)13:39:50
#1
まったくですね。 OUT OF 眼中。
#9 匿名さん2018/01/31(Wed)13:45:32
国産車買っておきながら、足回りガ〜とか無能の集まりばかり
ホンダ買う時点で、自己責任だろ!

これがホンダの精一杯
責めるのは筋違いに気づけ
#10 匿名さん2018/01/31(Wed)17:55:03
批判の道具に宗一郎使う人
多いよね。
#11 匿名さん2018/01/31(Wed)18:00:08
批判されるうちはまだいい。無視されるようになったら終わり。
#12 匿名さん2018/01/31(Wed)18:05:09
じゃあ、日産自動車も、まだみんな見捨ててないんだね!
#13 匿名さん2018/01/31(Wed)18:52:46
日産は外国企業だし論外
#14 匿名さん2018/01/31(Wed)18:57:38
「外資系」企業というべきだな
#15 匿名さん2018/01/31(Wed)20:40:56
調べてみた人ウザい。
自分のブログやツイッターに勝手に書いて。
#16 匿名さん2018/01/31(Wed)21:57:01
いや、欲しい情報くれたりする

調べてさん。ドンマイ!
#17 匿名さん2018/01/31(Wed)22:04:47
♯15
オマエ、ここの運営者だろ?

ここだって、マガジンXの記事の
丸パクリだよな?

ああ、違うか?
ミラココア記事で、大誤報してたな

#18 #152018/02/01(Thu)06:52:53
違うよ。ホンダ乗りの一般人です。
キモくてグロいトヨタのデザイン嫌い。
かといって今の冴えないホンダもガッカリ。
#19 匿名さん2018/02/01(Thu)16:08:28
結局はやっかみ。
#20 匿名さん2018/02/01(Thu)16:24:11
♯15
そんなの証明できん
調べての人、でてこなくなったら、オマエのせい
#21 #152018/02/01(Thu)17:48:04
ただの一般人だってば。
トヨタとホンダしかイチャモンつけてないし、
マツダやスバルの話知らないし。
#22 匿名さん2018/02/01(Thu)17:53:33
へ〜
どうだかね?

マガジンXのコピペじゃなく、ちゃんと自分の言葉で記事を書くんだぞ!
な、運営!

#23 #152018/02/01(Thu)18:56:41
運営さんに対して失礼だぞ。
運営さんが自分でモーターショーに行って写真撮ってきて記事作ってるのに
ただで見てる分際でサイトと運営さんに文句言うってひどい。
#24 匿名さん2018/02/01(Thu)19:08:58
自分自身を持ち上げるとはお笑いだなギャハハハハハ〜w

まあ、運営者が投稿しちゃダメ、って法律ないから、無問題か
ま、許してやるよ、♯15
面白い記事書いてくれ、期待してる
#25 匿名さん2018/02/01(Thu)20:11:52
民度の低いコメ欄でガッカリだ
#26 匿名さん2018/02/01(Thu)20:23:10
だとさ、※15
#27 匿名さん2018/02/01(Thu)22:48:32
エクリプス クロスのほうが気になる。
#28 匿名さん2018/02/01(Thu)23:41:02
ニッサン、ミツビシ、邪魔!
海外で頑張れ
#29 匿名さん2018/02/02(Fri)06:34:15
また「叩き屋」が湧いてきた。
#30 匿名さん2018/02/02(Fri)13:07:34
マトモな意見をうやむやにするには、汚い言葉や異常者ぶったレスで荒れさせて
スレ全体の価値を下げるのが効果的だからな

だから、マトモな人は取捨選択してどんどん見識深めていく一方で
心に余裕なくて面倒くさがりになってしまうと有益な情報もどんどん見逃し差がどんどん開く
これは俺自身への啓発でもある・・・
#31 匿名さん2018/02/02(Fri)13:15:57
マトモな意見
有益な情報
ホントにそうなのかどうか、受けとめ方は人それぞれだから

その手の輩に「毎回おんなじ奴」が、「わざわざ」反応してる
ヒマとしか言いようがない、平和な日本のある寒い昼
#32 匿名さん2018/02/02(Fri)13:20:23
ホンダセンシング良さげ
ユーチューブでレビュー見た限りだけど
#33 匿名さん2018/02/02(Fri)13:25:59
ホンダセンシング悪くは無さそう
ただ、LKAS(車線維持支援システム)のような機能は、ベテランドライバーには不評
スイッチOffすれば良い話だが
#34 掘り下げてみる2018/02/02(Fri)13:30:19
※15、※23
そもそも、運営の写真撮り、とか、何でそこまで知ってんのかな?

ディテールの細かい言い訳は墓穴を掘るよ
#35 匿名さん2018/02/02(Fri)13:36:12
LKASが魅力的なんだが
高速道路走行で本当に使い物になるなら欧州車から乗り換えたい
#36 匿名さん2018/02/02(Fri)13:47:04
※35
ヴェゼルのLKASを4時間ほど運転する機会があったが・・・
白線の認識率は十分に高かったよ
システムがかなり運転に介入し、白線を踏み越えようとしても
積極的にステアリングを「左に左に」に戻そうとする力が働く
個人的には「大きなお世話」だが、
一般の人には、とても有用な機能だと思う
#37 #152018/02/02(Fri)16:44:23
自分でモーターショー見に行った人ならわかるよ。
モーターショーの会場の様子を見てるから。
この写真は、その人がモーターショーに行って撮ってきた写真なんだな
ってわかるし、
言っちゃあ悪いが広報用のプロが撮った写真とも違う。コンパニオンさんのポーズも完全に決めた写真でもない。
断っておくが私は断じて運営者ではない。調べての人をウザいと思ってるのも事実。
#38 匿名さん2018/02/02(Fri)16:56:33
調べての人、居なくなった・・・

確かに文章長いが、個人的に始めて知る話とかもあって、好きだった、

名指しで批判はやりすぎだろうね
相手は一応、正体明かしてるわけだし
#39 #152018/02/02(Fri)17:00:04
私もここに出入りするのやめます。
問題起こしてすみませんでした。
#40 匿名さん2018/02/02(Fri)17:34:31
いや、そこまでしなくても・・・
あやまる必要無いし、問題は起こしてないし、
ドンマイ、元気だそう、※15
#41 匿名さん2018/02/08(Thu)23:07:15
埼玉県民はホンダを買います!地産地消
#42 匿名さん2018/02/09(Fri)10:18:29
※41
狭山工場のほかに、最新鋭の寄居工場があるね
軽以外、国内向けの全車種がメイドインサイタマ!だね

なお2021年に狭山工場は閉鎖され、寄居工場に集約することを発表しているね
#43 匿名さん2018/02/09(Fri)10:38:08
年末に直3 1.0ターボが追加されるとの、某紙情報
ヴェゼルは、いずれ直4 1.5リッターエンジンが廃止されていくはず

ハイブリッドエンジン車以外の車種は、NAが消えていき、
ダウンサイジングターボが全盛になっていく模様
欧州市場に大幅に遅れてのブーム?だけど

日本人は燃費を気にし過ぎだから、イマイチ売れないんだろうな
#44 匿名さん2018/02/09(Fri)11:35:03
乗ってみないと何とも言えないけど、1.0L VTEC TURBOだと非力・・・?
1.5NAのリプレイスか。
シビックと同じ1.5L VTEC TURBOをRSに搭載・・・は無いか。
#45 調べてみたシリーズ2018/02/09(Fri)11:47:03
♯44さん
シビック1.0ターボのドイツ市場向けスペックは
129ps / 200NM です。
一方、現行ヴェゼルの1.5リッターは 131ps / 155NM です。
トルクは1.0ターボのほうが強力です。1.5リッターに遜色ないどころか、余裕のある走りができるのではないでしょうか。

また、1.5ターボは次期型のRS用として搭載される可能性は十分に考えられますよね。楽しみですね。
#46 匿名さん2018/02/15(Thu)17:51:07
ベーシックグレードだけど、207万5千円はリーズナブル
#47 匿名さん2018/02/15(Thu)18:01:40
今日発表のマイチェン
外見以外にも、細かく改良がなされた
#48 匿名さん2018/02/17(Sat)06:45:26
ボディーカラーはレッド押し
#49 匿名さん2018/02/17(Sat)06:47:43
プレミアムクリスタルレッド・メタリック
59,400円(消費税8%抜き 55,000円)高となります。

名前(任意)
コメント

ヴェゼルが2月15日マイナーモデルチェンジ、ホンダセンシング標準装備

ヴェゼルRSが2016年2月下旬に発売、パワートレインは通常モデルと共通か

ホンダ・ヴェゼルRSが2月発売見込み、1.5L VTEC-TURBO搭載のスポーツモデル

ホンダが新型HR-Vをパリモーターショーで発表、ヴェゼルを欧州市場へ投入

ホンダ新型グレースの発売は11月頃に延期、フィットとヴェゼルのリコール対応

フィットとヴェゼルのDCT不具合による納期遅れ、迷惑料で消費税増税分を肩代わり

新型ヴェゼルのカスタマイズコンセプトカーの画像、大阪オートメッセ2014

フィットハイブリッド、ヴェゼルハイブリッドのDCTがリコール、納車に遅れ

新型ヴェゼルの82%がハイブリッド車、4WDは約3割、ホンダが受注台数を発表

ヴェゼルの受注が好調、ハイブリッド納期は消費税増税後、将来はターボ追加

新型ヴェゼル ハイブリッドのJC08モード燃費は27km/L、価格はFF 219万円から

ホンダ新型ヴェゼル(VEZEL)が12/20発売、東京モーターショー画像

ホンダ新型ヴェゼル(VEZEL)が2013年12月発売、フィット派生クロスオーバーSUV