ヴェゼルが2月15日マイナーモデルチェンジ、ホンダセンシング標準装備

ホンダ
このページの情報は古いです
ヴェゼルの最新ニュースはこちらです
 NEW  【新着】ヴェゼルがフルモデルチェンジ発売へ、ハイブリッドの受注が好調

ヴェゼル後期型、フェイスリフトを含めたマイナーモデルチェンジ

ホンダ・ヴェゼルが2018年2月15日にマイナーモデルチェンジを受けて後期型に移行する。これに先駆けて新型エクステリアが公開されている。

(写真はヴェゼル後期型モデル)
ヴェゼル

ヴェゼルは2013年にデビューしたコンパクトクロスオーバーSUV。販売期間4年を過ぎるタイミングに来ており、フェイスリフトを受けた後期モデルに切り替わる。

後期型ヴェゼルはHonda SENSINGが標準装備化される

後期型ヴェゼルのエクステリアは、新デザインのヘッドランプユニットによって近未来的な印象となる。グリルデザインも変更されており、ホンダエンブレムは幾分拡大されているように見える。

ヴェゼル ホンダセンシング

そして、単眼カメラとミリ波レーダーによる安全支援システムHonda SENSINGが標準装備化される。これには、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)とLKAS(車線維持支援システム)の機能が含まれており、自動運転レベル2相当のシステムとなる。現行モデルのHonda SENSING搭載グレードは212万円から。標準化によるコストダウンも期待したいところではあるが、実質的には値上げとなる可能性も考えられる。

(写真はヴェゼル前期型モデル)
ヴェゼル ハイブリッド

現行モデルの1.5L Sport Hybrid i-DCDと1.5L NAのパワートレインについては、キャリーオーバーとなる見込み。ヴェゼルには1.0L VTEC TURBOエンジンの導入が噂されていたが、これは今回のマイナーモデルチェンジでは盛り込まれないようだ。

(写真はシビックのVTEC-TURBO 1.0L)
シビックVTEC-TURBO 1.0

ただし、シビック欧州仕様に先行搭載されている1.0L VTEC TURBOエンジンを日本向け車種に導入させる動きは継続されているようで、2018年終盤ごろにヴェゼルターボとして追加発売されることが予想される。

このページの情報は古いです
ヴェゼルの最新ニュースはこちらです
 NEW  【新着】ヴェゼルがフルモデルチェンジ発売へ、ハイブリッドの受注が好調
タイトルとURLをコピーしました