car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型RAV4発売、260万円~トヨタのクロスオーバーSUVの日本販売が復活

トヨタのミドルクラスSUV、新型RAV4が日本発売

トヨタから通算5代目となる新型RAV4が発売された。

(動画は新型RAV4、ジュネーブモーターショー2019)

RAV4初代モデルは1994年発売の全長約3.7mのコンパクトSUVであった。当時は木村拓哉さんのCM効果もあって、大ヒットとなった。
その後、全長約4.1mの5ドアモデルの追加、2000年にフルモデルチェンジを受けて2代目に切り替わる。
このころまでは、日本市場が意識されたコンパクトSUVというサイズ感が維持されていた。

トヨタ新型RAV4

ただし3代目モデルは、北米向けの中型SUVへとコンセプトが大きく変更され、ボディサイズは拡大。4代目モデルは日本発売を果たすことはなかった。

そして、今回の新型5代目モデルは、日本市場での復活販売となる。

RAV4 トヨタ 内装

新型RAV4はTNGAプラットフォームを採用

新型RAV4のボディサイズは全長4600mm×全幅1855mm×全高1685mm、ホイールベースは2690mmとなる。北米向け中型SUVというサイズ感は変わらず。

エクステリアデザインは、通常モデルとアドベンチャーの2種類のラインアップとなる。

RAV4 GENEVA

ライバルは、ホンダ・CR-V、マツダ・CX-5、日産・エクストレイル、スバル・フォレスター、三菱・アウトランダーといったあたり。

新型RAV4の車両価格は、グレードXのFF 2.0Lガソリンエンジン搭載モデルが約260万円でエントリー価格。
中心価格帯は、グレードG 4WD 2.0Lガソリンエンジンモデルの約320万円。あるいは2.5L E-FourのハイブリッドXの約345万円といったあたりになるだろう。

トヨタブランド内では、CH-Rあるいはハリアーと部分的に価格帯が重なる。

CH-Rは一足先に、約229万円のFF低価格モデルを発売し、新型RAV4に対する差別化の準備をしていた。そもそもCH-RとRAV4ではキャラクターとサイズの違いが大きい。C-HRの内外装デザインは今なお斬新ではあるが、長く乗るならRAV4の古典的でSUVらしい無骨なデザインも魅力的に感じる。またCH-Rはボディサイズが寸法的に小さいだけでなく、空間的リソースはパッケージングよりもエクステリアデザインを優先して割り振られていた。居住性を求めるならRAV4が断然有利となる。

一方で、新型RAV4とハリアーとの比較では、サイズ感は近いが、価格帯はハリアーのほうが上。ただし、ハリアーは、2013年に発売されたモデルで、TNGA世代より以前の古いプラットフォームで作られている。
デザイン面でも6年の差は大きく、今後は新型RAV4を選ぶユーザーが優勢となりそうだ。

#1 匿名さん2019/04/11(Thu)19:11:32ID:M0MDQ0MTWO
クロスオーバーとありますが、何と何とのクロスオーバーなのでしょうか?
#2 匿名さん2019/04/11(Thu)20:34:41ID:BjNzliMTGM
メーカーがそう言ってんだから、気になるならメーカーに聞け!
#3 匿名さん2019/04/11(Thu)21:17:40ID:I2YWRkYTWM
しょうもない屁理屈オッサン
英語ニワカ
#4 匿名さん2019/04/12(Fri)05:11:55ID:I0ZTE4OTWM
さすがダサイ、デザインのTOYOTA www
#5 匿名さん2019/04/12(Fri)05:58:21ID:NlZDg1YWmM

早起きのお爺さんには、理解ができないカタチだったらしい。
#6 匿名さん2019/04/12(Fri)07:52:42ID:RlNDgzOT2O
常に否定する方向でしか物事を考えられない人間も居るんですよ。可哀そうですね。
#7 匿名さん2019/04/12(Fri)16:38:35ID:Q5MWE2OGDM
欧州車が否定されると暴れまわる輩もおるし、ここは常に否定しているネガキャン野郎ばっかってことでいいか
#8 匿名さん2019/04/12(Fri)20:14:23ID:ViNmIyMmWN

国産車が否定されると、の間違え
#9 匿名さん2019/04/13(Sat)02:05:26ID:Q0NmQ5ZjTN
なんちゃって系のクロスオーバーが蔓延る中、オフロード性能やタフなデザインなど、「こんなの待ってた!」と思う人が多いのでは。
売れると思う。トヨタもやればできる子だったんだ、と見直した。
#10 匿名さん2019/04/13(Sat)20:44:47ID:UxYjYyZDDY
猫も杓子もSUVやのぅ
#11 匿名さん2019/04/14(Sun)12:47:32ID:A5OGQ5MWWN
車好きじゃない人にも受けそうなデザイン。宣伝にせよ、トヨタはそこがうまい。世界サイズだけどね。
#12 匿名さん2019/04/14(Sun)14:28:37ID:EwYTBkZDDM
リバイバルでキムタク起用してみてはどうか
#13 匿名さん2019/04/17(Wed)02:08:07ID:EyYzlmZTmZ
ライトが某車に似ているが、トヨタにしては頑張ったデザインだと思うが、スライドドアにして欲しかった

名前(任意)
コメント

車名

RAV4

RAV4

代表グレード

スタイル

スタイル Sパッケージ

発売日

2015年5月

2014年4月

型式

DBA-ACA36W

DBA-ACA36W

ボディ形状

5ドア SUV

5ドア SUV

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4335

4335

全幅(mm)

1815

1855

全高(mm)

1685

1685

ホイールベース(mm)

2560

2560

トレッド 前(mm)/後(mm)

1560/1560

1570/1570

室内長(mm)

1820

1820

室内幅(mm)

1495

1495

室内高(mm)

1240

1240

車両重量(kg)

1460

1460

エンジン型式

2AZ-FE

2AZ-FE

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

2362

2362

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

88.5×96.0

88.5×96.0

最高出力

170ps(125kW)/6000rpm

170ps(125kW)/6000rpm

最大トルク

22.8kg・m(224N・m)/4000rpm

22.8kg・m(224N・m)/4000rpm

圧縮比

9.8

9.8

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

60

60

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

12.2

12.2

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット式

マクファーソンストラット式

サスペンション(リア)

ダブルウィッシュボーン式

ダブルウィッシュボーン式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

225/65R17

235/55R18

タイヤサイズ(リア)

225/65R17

235/55R18

最小回転半径(m)

5.1

5.4

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

2,211,429円

2,365,714円

車名

RAV4

RAV4

代表グレード

スポーツ

発売日

2010年8月

2010年8月

型式

DBA-ACA36W

DBA-ACA31W

ボディ形状

5ドア SUV

5ドア SUV

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4365

4365

全幅(mm)

1815

1855

全高(mm)

1685

1685

ホイールベース(mm)

2560

2560

トレッド 前(mm)/後(mm)

1560/1560

1570/1570

室内長(mm)

1820

1820

室内幅(mm)

1495

1495

室内高(mm)

1240

1240

車両重量(kg)

1470

1530

エンジン型式

2AZ-FE

2AZ-FE

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

2362

2362

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

88.5×96.0

88.5×96.0

最高出力

170ps(125kW)/6000rpm

170ps(125kW)/6000rpm

最大トルク

22.8kg・m(224N・m)/4000rpm

22.8kg・m(224N・m)/4000rpm

圧縮比

9.8

9.8

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

60

60

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット式

マクファーソンストラット式

サスペンション(リア)

ダブルウィッシュボーン式

ダブルウィッシュボーン式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

225/65R17

235/55R18

タイヤサイズ(リア)

225/65R17

235/55R18

最小回転半径(m)

5.1

5.4

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

フルタイム4WD

消費税込み車両価格

2,020,000円

2,590,000円

過去記事(2019/03/22)

新型RAV4予約受付中、正式発売日は4月10日、2.0L NAと2.5Lハイブリッド

RAV4復活、トヨタ中型SUVの日本発売がまもなく

2019年4月10日に予定されている新型RAV4の発売日が迫っており、先行予約もスタートしている。先代4代目モデルは日本導入を果たすことができなかったが、本5代目モデルからラインアップに復活することになる。

(動画は新型RAV4、欧州仕様)

新型RAV4日本仕様はエンジン、エクステリアともに2タイプ

日本仕様に用意されるエンジンは2タイプが用意され、グレードラインアップが構成される。

メインとなる4WD車の価格帯は2.0L NAが283万5000円~334万8000円、2.5Lハイブリッドは345万0600円~381万7800円。
2WD車はエントリーグレードの「X」だけに用意され、2.0L NAが260万6200円、2.5Lハイブリッドが320万2200円に設定される。

RAV4

トヨタのSUVタイプのモデルとしては、C-HRとハリアーの中間にあたるボディサイズ、価格設定となる。

北米発表で示されたスポーティなフェイスを持った別エクステリア、「アドベンチャー」グレードは2.0L NAモデルのみに設定される。

RAV4 Adventure

2.0Lモデルは2018年に発表があったTNGA世代の最新技術、ダイナミックフォースエンジンとダイレクトシフトCVTが採用される。さらに4WD車はダイナミックトルクベクタリングAWDとして、後輪の左右独立制御が加わる。悪路走破性だけでなくコーナリング特性にも期待したい。

また、2.5Lハイブリッドの4WD車は、トルクアップとコントロール範囲拡大を果たした新型E-Fourの採用となる。

過去記事(2019/01/29)

新型RAV4発売日は2019年4月10日の見込み、5人乗り仕様のみ設定

トヨタ新型RAV4の事前予約が3月にもスタートする見込み

昨年2018年に北米販売がスタートした新型RAV4が、日本発売される。2019年春の日本発売を予告するティザーサイトもオープンしている。

(動画は新型RAV4)

日本仕様に搭載されるエンジンは、2.0L NAガソリンと2.5Lハイブリッドの二種類で準備が進められている。いずれもFFと4WDが設定される。

RAV4 リアコンビネーションランプ

発売日は2019年4月10日が予想される。3月頃には事前予約が開始され、実質的なセールスが始まる。月間目標販売台数は5000台に設定される見通し。

ただし、予想されていた3列シート車に関する情報が無く、これはモデル中期からの導入になるかもしれない。初期モデルは2列5人乗り仕様のみのラインアップとなるだろう。

RAV4 インテリア RAV4 シート

中型クロスオーバーSUVの選択肢が増えた

新型RAV4のライバルは、マツダ・CX-5、日産・エクストレイル、ホンダ・CR-Vといったあたり。

(写真はCX-5)
CX-5

現行CX-5は2016年末にフルモデルチェンジ発売され、国内では月間3000台前後の販売ペースを保っている。5人乗りという意味では直接対抗モデルとなる。

(写真はエクストレイル)
エクストレイル

エクストレイルは2列シート車と3列シート車を設定し、ミニバン代替としての需要も取り込んだ。プロパイロットも人気であったが、ゴーン前CEO逮捕以降のブランドイメージの低下から回復していない。

(写真はCR-V)
新型CR-V

CR-Vは2018年夏に発売した新しいモデルで2列シート車と3列シート車が設定される。ただし、車両価格が高過ぎる。ホンダは国内向けには、本気で売っていくつもりがないのだろう。ニューモデルでありながら月間1000台前後の販売台数にとどまっている。

過去記事(2018/12/26)

RAV4が2019年4月にフルモデルチェンジ発売、新型を日本導入

RAV4が来春に日本市場で復活販売、グローバル中型SUV

RAV4の5代目モデルに向けてのフルモデルチェンジが北米で先行して進められている。先代の4代目RAV4は日本市場で販売されなかったが、今回の新型は復活販売されることになる。発売日は2019年4月10日となる見込み。

(写真は新型RAV4北米仕様)
新型RAV4 モデルチェンジ

新型RAV4シート配列は2列5人乗りと、3列7人乗りの両方が用意される可能性

新型RAV4日本仕様に搭載されるパワートレインについては、確定的な情報がまだない。先行する北米仕様では2.5L NAガソリンエンジン車を中心にラインアンプされ、2019年3月には2.5Lハイブリッドモデルが追加発売されるスケジュールとなっている。これらが日本仕様の上位グレードに搭載される可能性がある。

RAV4 インテリア RAV4 ニューヨークオートショー

一方で、ワンクラス上のSUVであるハリアーを見てみると、2.0L NAエンジン搭載モデルが用意されている。新型RAV4日本仕様にも2.0L NAエンジンといった小さな排気量のモデルがラインナップされるのは妥当だろう。

RAV4 2019年フルモデルチェンジ

日本市場で売るにはハイブリッドパワートレインのラインナップも欠かせない。既にトヨタは新型の2.0L THSⅡを完成させており、今後このパワートレイン採用モデルが増えていくことが予想されていた。この2.0L THSⅡも新型RAV4への採用が期待されるユニットの一つである。

RAV4 シートアレンジ RAV4 シート

ボディサイズ的には、ホンダ新型CR-V、日産・エクストレイル、三菱・アウトランダーなどと近くなる。これらライバル車がそうであるように、このクラスのSUVは3列シートを設定するのが、昨今のトレンドとなっている。新型RAV4もこれに倣い、2列5人乗りモデルと3列7人乗りモデルの両方のラインナップが見込まれる。

過去記事(2018/07/10)

トヨタ・RAV4日本発売は2019年4月で調整中、3列シート車も検討

RAV4の5代目モデルの日本発売は2019年4月

新型RAV4が2018年春のニューヨーク国際オートショーでワールドプレミアとなっていたが、このモデルは一年遅れで日本発売されることになる。

(写真は新型RAV4北米仕様)
新型RAV4 モデルチェンジ

先代の4代目RAV4の日本発売は無かったわけだが、今回の5代目は日本導入される。従来のネッツ店に加えてカローラ店も取り扱いディーラーに加わる見込みで、販売体制が強化される。

RAV4 フロントグリル RAV4 ニューヨークオートショー

RAV4日本仕様には3列シートモデル、2.0Lエンジンモデルの可能性

RAV4シリーズは、元々はBセグメントクラスのコンパクトSUVとして人気となったモデルであるが、販売の重心がモデルチェンジごとに北米に移されたことで、ボディサイズの拡大を伴ってきた。新型RAV4の全長は4595mmとなり、ミドルクラスSUVに属するモデルとなっている。日本市場では大き過ぎるということで敬遠されてきたボディサイズであった。

RAV4 インテリア RAV4 シート

ただし、近年では同クラスのマツダ・CX-5の販売が好調であった。以前より日本市場でも受け入れられる環境となっているのではないだろうか。

TNGA 2.5L NAエンジン

北米仕様のパワートレインは、最新型の2.5LNAガソリンエンジンとそのハイブリッドシステムが用意された。日本仕様ではエントリーモデルに2.0Lエンジンの搭載も期待される。

TNGA THS2 ハイブリッド

新型RAV4の座席パターンは、2列シート車と3列シート車が用意される見込み。今夏発売のホンダ・CR-Vや日産・エクストレイルも同クラスSUVはとなるが、いずれも3列シート車を設定しており、これらに対抗する。

過去記事(2018/03/30)

トヨタ RAV4がフルモデルチェンジ、日本発売は2019年春が予告される

RAV4の5代目モデルがニューヨークで発表、日本販売も復活予定

トヨタは、新型RAV4のワールドプレミアを開催中のニューヨーク国際オートショーで行った。

(写真は新型RAV4 Limited)
新型RAV4 モデルチェンジ

新型RAV4米国仕様のボディサイズは全長4595mm×全幅1855mm×全高1700mm、ホイールベースは2690mmとなる。TNGAプラットフォーム採用による高剛性ボディと低重心設計が取り入れられる。

RAV4 シートアレンジ RAV4 リアコンビネーションランプ

エクステリアデザインは、グレードによって異なる2種類の顔付きが用意された。

(写真は新型RAV4 XSE Hybrid)

LimitedグレードおよびXSE Hybridグレードはトヨタエンブレム位置を上底とする台形型フロントグリルが特徴となる。ロアグリル、アンダーガードもこれにあわせた統一感のある台形型である。メッシュグリルはシルバー色で横長の亀甲文様が採用され、洗練された表情に仕上げられた。どちらかと言えば都市の景観にマッチしたシティSUV風となる。

(写真は新型RAV4 Adventure)
RAV4 Adventure RAV4 ニューヨークオートショー

Adventureグレードは2017年のLAオートショーのFT-AC conceptで予告されていたモデルに近い。六角形グリルが採用され、その中央にトヨタエンブレムが置かれる。さらにロアグリルとアンダーガードも別デザインの横長。フォグランプ形状も横長となり、ワイドで力強い印象となった。こちらは、地球の原風景との相性がいいだろう。

RAV4 インテリア RAV4 シート

フルモデルチェンジを受けたRAV4は、TNGA世代の最新パワートレインが採用される

新型RAV4のパワートレインは、コンベンショナルガソリンエンジンとハイブリッドの2種類が用意され、最新TNGA世代の2.5L 直4エンジンをメインユニットとしたものとなる。トランスミッションとしてDirect Shift-8ATが採用される。

RAV4 2019年フルモデルチェンジ

上級ガソリンエンジン車の駆動システムには、ダイナミックトルクベクタリングAWDが採用される。後輪の左右トルク配分がコントロールされ、悪路走破性だけでなくコーナリング特性も高まる。

ハイブリッド車には後輪用電気モーターの最大トルク量が1.3倍となった新型E-Fourシステムが採用される。

RAV4 発売

新型RAV4の北米向けスケジュールは、2018年末頃にガソリンエンジンモデルが先行発売され、2019年年明けにはハイブリッドモデルも追加ラインアップされる見込み。

RAV4 フロントグリル

日本市場向けにも2019年春頃の発売が正式に予告されている。
4代目RAV4は日本販売されることが無かったが、来春に新型5代目モデルがラインアップに復活することになる。

過去記事(2018/02/19)

トヨタ RAV4が復活、2019年内の日本発売の予測、3列シート車の設定有り

RAV4の日本販売が復活、北米市場が育てた中型クロスオーバーSUV

トヨタの中型SUV、RAV4が2019年内にフルモデルチェンジを受けて、国内ラインアップに復活する見通しとなっている。

(写真はFT-AC concept)
次期RAV4

RAV4は3代目モデルまでが国内販売されていたが、2016年に販売を終了させている。一方で、主力市場の北米をはじめとするグローバルでは、2013年にフルモデルチェンジを受けた4代目RAV4に切り替わっており、これは日本で販売されることはなかった。

FT-AC リアコンビネーションランプ FT-AC フロントグリル

そして、2017年のロサンゼルスオートショーでFT-AC conceptが公開され、5代目となる次期RAV4が予告される段階となっている。

(写真は4代目RAV4)
RAV4ハイブリッド RAV4 北米仕様 2013

次期RAV4日本仕様は3列シートあり、ヴァンガード復活

次期RAV4は3列シート車も用意され、これはヴァンガードの復活と考えることもできるだろう。日産・エクストレイル、三菱・アウトランダーに続き、ホンダも今夏発売の新型CR-Vで3列シート車を設定する予定。このクラスのSUVでは、3列シートモデルを設定するのが近年のトレンドとなっている。

(写真はC-HR)
トヨタC-HR日本仕様

トヨタのSUVカテゴリでは2016年12月に発売したC-HRの販売が好調となっている。C-HRはTNGA-Cプラットフォームを採用した全長4360mmの小型SUVで、ボディサイズ的にも日本市場との相性は良い。それどころか、C-HRの発売以降はトヨタのSUVカテゴリ全体が注目されるようになり、さらに大きい全長4720mmのハリアーの売上も伸びている。両モデルの間に、全長4.6mクラスのRAV4が割り込むように入れば、これも売れそうである。

過去記事(2016/02/22)

RAV4生産中止、後継モデルのC-HRがジュネーブモーターショーで発表

RAV4を引き継ぐモデルはC-HR、THSⅡハイブリッド搭載のクロスオーバーSUV

RAV4日本仕様は2005年に発売された3代目モデルの販売が続いている。ロングセラーモデルとなっているが、これもいよいよ生産中止ということで販売が終了することになりそうだ。東京モーターショー2015でも公開されたC-HRコンセプトの市販型がRAV4の実質的な後継モデルとなる。

(写真はC-HRコンセプト)
トヨタ C-HRコンセプト

そのC-HR市販型が3月1日よりスイスで開催されるジュネーブモーターショー2016でワールドプレミアされる予定となっている。

C-HR 5ドア C-HR コンセプト 東京モーターショー

RAV4は日本市場向けにはカタログ落ち、グローバルでは4代目モデルの販売が継続

C-HRは新型のハイブリッドクロスオーバーSUVとして、既にその存在を知るファンも多いだろう。搭載されるパワートレインは新型プリウスと同タイプということもあり、プリウスSUVと呼ばれることもあった。

C-HR コンセプト フロントグリル トヨタ C-HR コンセプト東京モーターショー2015

トヨタの1.8L THSⅡシステムは、新型プリウスから大幅な改良を受けている。そのなかで4WD化が実現されており、新型C-HRのようなクロスオーバーSUVへの展開が可能となった。

(写真はRAV4、北米仕様)
RAV4 ニューヨークモーターショー2013

RAV4はかつて日本でも人気車種の一つであった。北米市場での販売がメインとなってからは大型化が進み日本市場での販売は低迷した。日本市場向けにはRAV4はカタログ落ちとなりラインアップから姿を消すことになるが、中国、北米などグローバル向けには既に2013年にフルモデルチェンジを受けた4代目RAV4の販売に切り替わっており、こちらの販売は継続されることになる。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先