car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

トヨタ RAV4が復活、2019年内の日本発売の予測、3列シート車の設定有り

RAV4の日本販売が復活、北米市場が育てた中型クロスオーバーSUV

トヨタの中型SUV、RAV4が2019年内にフルモデルチェンジを受けて、国内ラインアップに復活する見通しとなっている。

(写真はFT-AC concept)
次期RAV4

RAV4は3代目モデルまでが国内販売されていたが、2016年に販売を終了させている。一方で、主力市場の北米をはじめとするグローバルでは、2013年にフルモデルチェンジを受けた4代目RAV4に切り替わっており、これは日本で販売されることはなかった。

FT-AC リアコンビネーションランプ FT-AC フロントグリル

そして、2017年のロサンゼルスオートショーでFT-AC conceptが公開され、5代目となる次期RAV4が予告される段階となっている。

(写真は4代目RAV4)
RAV4ハイブリッド RAV4 北米仕様 2013

次期RAV4日本仕様は3列シートあり、ヴァンガード復活

次期RAV4は3列シート車も用意され、これはヴァンガードの復活と考えることもできるだろう。日産・エクストレイル、三菱・アウトランダーに続き、ホンダも今夏発売の新型CR-Vで3列シート車を設定する予定。このクラスのSUVでは、3列シートモデルを設定するのが近年のトレンドとなっている。

(写真はC-HR)
トヨタC-HR日本仕様

トヨタのSUVカテゴリでは2016年12月に発売したC-HRの販売が好調となっている。C-HRはTNGA-Cプラットフォームを採用した全長4360mmの小型SUVで、ボディサイズ的にも日本市場との相性は良い。それどころか、C-HRの発売以降はトヨタのSUVカテゴリ全体が注目されるようになり、さらに大きい全長4720mmのハリアーの売上も伸びている。両モデルの間に、全長4.6mクラスのRAV4が割り込むように入れば、これも売れそうである。

#1 匿名さん2018/02/19(Mon)13:20:31
たいていの車種はFMC毎に大型化するが、RAV4ほど大型化したのも珍しい
いまだに150万で買えるミニSUVだと思ってるやつ
#2 匿名さん2018/02/19(Mon)13:26:12
それこそ懐古厨の考え
#3 匿名さん2018/02/19(Mon)14:13:59
グロ画像でございます
#4 匿名さん2018/02/19(Mon)14:20:16
下のディスカバリースポーツの広告画像と比較すると、グロ、かもな
#5 匿名さん2018/02/19(Mon)14:33:12
木村拓哉のころのスタイルがいまだに秀逸
#6 匿名さん2018/02/19(Mon)15:03:03
ブルーのRAV4は良く売れてた!
トヨタはたまに「先見の明」的モデルを発売するんだよな
#7 匿名さん2018/02/19(Mon)15:26:27
RAV4が3列シート設定で復活か。期待していいのか
#8 匿名さん2018/02/19(Mon)15:50:05
現行ハリアーとRAV4はプラットフォームを共有する姉妹車。と、いうことで、国内市場専用モデルの「ハリアー」がどうなってしまうのか興味が沸く
ハリアーは日本では絶大な知名度を誇るクルマだから、廃止することはないだろうけど。
次期モデルは、北米向け「ハイランダー」との姉妹車になるのか、ボディを共有するのか。
ハイランダーも源流を辿れば、以前存在した「クルーガー」に行きつく。
#9 匿名さん2018/02/19(Mon)17:16:20
これかっこいい!!でもなんだかスバル顔な気がする。
#10 匿名さん2018/02/19(Mon)17:23:27
まだプロトタイプだから
量産型では、もっとディテールがマイルドになるのでは?
#11 匿名さん2018/02/19(Mon)17:59:06
#8
 そうだな ハリアーがどうなるか
#12 匿名さん2018/02/19(Mon)18:08:40
トヨタは2020年代前半までに、車種を半減すると報道されてるからな
ハリアーは廃止になるのか、より上級モデルに移行するのか
そうすると、レクサスNXやRXとの棲み分けは?とか気になる
国内専用モデルは簡単には作りづらい環境になってきてるから、気になるな
#13 匿名さん2018/02/19(Mon)21:21:10
ハリアーとの兼ね合いがあるから結局はRAV4の国内復活はないんじゃね
3列シート車を用意するにしてもハリアーを3列シートにするとか
#14 匿名さん2018/02/19(Mon)21:28:48
いや、トヨタもホンダと同じ作戦を展開中。
『世界的に人気のある車種を、日本のお客様にもお届けしたい』したい、と

RAV4日本復活はホント
ハリアーがいらない子
ガラパゴス車は、やめたほうがいいと思う。
#15 匿名さん2018/02/19(Mon)21:33:06
旧プラットフォームのハリアーはオワコン
そりゃもう一回TNGAプラットフォームでハリアーやるかもしれんが、、、ないだろ
#16 匿名さん2018/02/19(Mon)21:47:41
それな
でも、ハリアーのネームバリューは、一般人にも絶大だから、簡単に手ばなせないかもな
#17 匿名さん2018/02/19(Mon)23:32:38
先代の面影が無い
デザインに、「社としての一貫性」がないのがトヨタの好きじゃないところ
制約がない分、デザイナーは楽しく仕事ができそうだが
BMWとかアウディのデザイナーは逆の意味で大変そう
#18 匿名さん2018/02/20(Tue)01:35:22
現行は欧州のオーリス、アベンシス、C-HR系の割とプレーンで品の良いキーンルックだった、というか欧州のデザインチームによるものだと思う
これはがっつり北米向けデザインだろうね
#19 匿名さん2018/02/20(Tue)07:37:17
ネットではスバルのコンセプトカーからの市販型劣化についてボロカス言われてるが、これも相当劣化しそう
#20 匿名さん2018/02/20(Tue)08:07:27
逆にこれが今のトヨタ顔から将来のトヨタ顔ってことかもな。
4代目RAV4(今のトヨタ顔)
5代目RAV4(将来のトヨタ顔)
#21 匿名さん2018/02/20(Tue)09:18:10
初代RAV4L V TypeGを自分で買った一代目の車だったが、ロングボディなのに後席が狭いし、リアハッチは横開きでスペアタイヤ背負ってるしで、微妙な車だった。
そのあとにレガシィ買ったら、速いわよく曲がるわ荷物は乗るわ後席は意外といいわで、文句つけようのない車だったことを思い出す。
#22 匿名さん2018/02/20(Tue)09:19:13
ハリアーは国内でっもレクサス化しとくべきだったね。RAV4の立ち位置が微妙になった結果ラインナップがいびつになった
#23 匿名さん2018/02/20(Tue)10:10:39
ハリアーは初代・2代目とも海外市場向けには「レクサスRX」として販売
されていた
2代目ハリアーが販売中の2009年1月、レクサスRXはハリアーから独立し、3代目が登場、新たに日本市場にも投入された
しかし、人気の衰えない日本のハリアーはRXの投入後も、4年半にわたって継続販売(2003年2月~2013年7月)
2013年7月、惜しまれつつ生産を終了

以降、
ハリアーは2013年11月、現行3代目が登場し、4か月ぶりに復活
国内未発売の「RAV4」をベースとした、「日本市場専用モデル」となった
また、レクサスRXは2015年10月、現行4代目(日本では2代目)が登場

いまや、ハリアーとRXは、ほぼ別物
そして、2019年、日本でも3年ぶりにRAV4が復活する

立ち位置が微妙になったのはガラパゴスモデルとなったハリアーの方
#24 匿名さん2018/02/20(Tue)12:42:40
どうせガセだろ。

今更、RAV4を国内投入する意味は無い。
そもそもトヨタは今後は車種を絞るって言ってたやん。
増やしてどうする。
#25 匿名さん2018/02/20(Tue)13:00:52
これはガセではないな
替わりにハリアー廃止すれば、車種は増加しないだろ?

「日本専売のガラパゴスカー」のハリアーより
世界中で売れているRAV4がなぜ「日本で買えないのか?」という素朴な疑問にトヨタが気づいたからだろう

ホンダのシビック・CR-Vと同様の至極まっとうな考え

グローバル化が「島国根性」を克服する唯一の手法
#26 匿名さん2018/02/20(Tue)13:14:09
トヨタの「車種削減」はあくまで報道による情報。
トヨタの公式発表はない。しかし、報道後、既に以下の動きがあった。

2017年10月以降、ウイッシュ・アイシス・SAI・FJクルーザーが消滅。

また、トヨタ某ディーラー情報。
報道の「車種削減」はカタログベースでの細かな車種分割を統合することに着目したのでは?ということ。某営業マン氏曰く、

クラウンロイヤル・クラウンアスリート→夏のFMCで「クラウン」に統合。
クラウンマジェスタ→廃止。
アベンシス→廃止。
アリオン・プレミオ→2019年廃止。
プリウスα+エスティマ→2019年統合され後継モデル登場or 廃止。
マークX→2019年廃止。

これだけでも大幅な車種の削減となるね。
#27 匿名さん2018/02/20(Tue)13:29:08
26
なるほどな。
ついでに、ムダな姉妹車を設定してるクルマは統合したらどうだ?
ボクシー、ノア、エスクワイヤー
アルファード、ベルファイヤー
ハイエース、レジアスエース
ポルテ、スペード
トヨエース、ダイナ
ライトエース、タウンエース
#28 匿名さん2018/02/20(Tue)13:30:19
26
アリオン、プレミオは、新型カローラの姉妹車として残ると聞いたぞ?
#29 匿名さん2018/02/20(Tue)15:25:22
#16
 それはあるだろうなぁ
#25
 新車1年後の残価率はハリアーの約80%がSUV№1。
 RAV4復活=ハリアー廃止となるかどうか
#30 匿名さん2018/02/20(Tue)15:46:53
下取りとか興味ないが、ハリアーに人気があるのは確か

ハリアーをなくすことはしないと思うが、次がどうなるのかさっぱりわからんし、情報もない
#31 匿名さん2018/02/21(Wed)21:51:27
まあ、トヨタはまだ日本市場を諦めていないな
日産は諦めているより、もう捨てにかかっている
#32 匿名さん2018/03/02(Fri)13:13:11
目を覆いたくなる。
#33 匿名さん2018/03/02(Fri)15:56:43
再びキムタク
#34 匿名さん2018/03/05(Mon)19:30:37
最新情報ではRAV4に3列シートの設定はなさそう
#35 匿名さん2018/03/10(Sat)09:10:42
ハリアーが不人気だったら、RAV4との置き換えで問題なかったんだろうけどな。
ヴァンガードの再来。

妥協で、ハリアーとRAV4をフロント違いの兄弟車にして販売じゃね。

車種が増えてしまうけど。
#36 匿名さん2018/03/10(Sat)11:11:47
別にどうでもいい
#37 匿名さん2018/03/10(Sat)12:58:20
#35
無能
#38 匿名さん2018/03/12(Mon)09:20:53
次期RAV4はボディーサイズが2タイプになるようで、「ロングホイールベース」のモデルが3列になるらしい。
#39 匿名さん2018/03/21(Wed)20:24:05ID:M5NjYxNjmY
2017年アメリカのSUV販売ランキング
 ①RAV4 ②ローグ(エクストレイル) ③CR-V
日本で復活する新型RAV4に注目したい
#40 匿名さん2018/03/28(Wed)14:47:02ID:EwMGZiMGWY
新型RAV4のエクステリアが公開された。
SUVらしいく力強さとシャープさを兼ね備えたカッコいいデザインだ。
ボディサイズはほぼ現行通り。
HBを30mm延長した結果、
足回りとボディのバランンスが良くなった。ヒットする可能性は大きい
#41 匿名さん2018/03/28(Wed)15:08:11ID:ZjODcyY2DN
コンセプトカーそのままのデザインだったね
あっさりと「キーンルック」をやめちゃったのは方針としてブレブレだけど
オクタゴン(八角形)」をモチーフにしたデザインは、とてもカッコ良い
#42 匿名さん2018/03/28(Wed)15:15:05ID:ZjODcyY2DN
トヨタ発表によると、

新型RAV4の米国での発売は、2018年末頃(ハイブリッドは2019年初)を予定しています。なお、日本においては、2019年春頃を予定しています。

とのこと
#43 匿名さん2018/03/28(Wed)15:15:47ID:ZjODcyY2DN
主要諸元(米国仕様)
ホイールベース 105.9インチ[2,690mm](現行型+1.2インチ[+30mm])
全長 180.9インチ[4,595mm](同-0.2インチ[-5mm])
全幅 73.0インチ[1,855mm](同+0.4インチ[+10mm])
全高 66.9インチ[1,700mm](同-0.2インチ[-5mm])
#44 匿名さん2018/03/28(Wed)15:19:33ID:UyODkzNjWM
ヘキサゴングリル
#45 匿名さん2018/03/28(Wed)15:25:48ID:ZjODcyY2DN

そう思う
でも、プレスリリースによると
「幾何学形状の「オクタゴン(八角形)」をモチーフにしたデザインにより、タフさや力強さのなかにも洗練された遊び心を演出しています。また、黒色に統一したボディ下部や多角形状のホイールアーチにより、地上高の高さを強調することで、足元を力強く見せています。」
とのこと
#46 匿名さん2018/03/30(Fri)16:58:52ID:BiMjk5NGTN
カっこ良くなりました

名前(任意)
コメント