car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ダイハツ・ミラは2017年秋フルモデルチェンジ、安全運転支援システム充実

ダイハツ・ミラのフルモデルチェンジ計画、ミライース統合で正常進化

ダイハツのベーシック軽自動車、ミラがフルモデルチェンジされ2017年秋に発売される見込みとなっている。

(写真はD-baseコンセプト)
D-base ミライース

現行ミラは2006年から販売される非常に古いモデルである。2011年には燃費特化の派生モデルとしてミライースが発売されており、以降こちらが販売のメインとなる。そのミライースも販売期間5年を超え、フルモデルチェンジのタイミングに来ている。2015年の東京モーターショーでは次期ミラ シリーズを予告するD-baseコンセプトが発表されていたが、これが二年越しで市販化されることになる。

ミライース D-base ダイハツ ミライース D-base ダイハツ バックウィンドウ

ラインアップ上の車名としては、ミライースは廃止され、本家のミラに統合される形となるだろう。

D-base ダイハツ インテリア ダイハツ 次期ミライース D-base リアシート

次期ミラの燃費性能、安全運転支援システム、いずれもスズキのほうが優れるのか?

一方でライバル、スズキ・アルトは2014年12月に新開発プラットフォームを採用することで大幅な軽量化を実現し、燃費性能を上げてきた。さらにスズキにはS-エネチャージとして軽自動車向けハイブリッドシステムをいつでもアルトに搭載できるところまできており、燃費性能という一面においてはダイハツはスズキに太刀打ちできない状況となっている。

ダイハツ ミライース後継コンセプト D-base

こういったなか次期ミラでは一層の燃費性能の向上が求められるが、商品力アップのもう一つの柱として安全運転支援システムの拡充が計画されている。これは具体的にはスマートアシストⅢの採用ということになるだろう。ただし、こちらも実はスズキのデュアルカメラブレーキサポートの方が高性能という見方もあり、アルトへの採用拡大が予想される。

#1 匿名さん2017/01/11(Wed)13:45:15
こんにちは!
いよいよミラも、今年秋でFMCですね!

ミラバンとOEM車のプレオも、同日にFMCして欲しいです!
#2 匿名さん2017/01/13(Fri)13:19:53
内装もこんな感じで出ればいいんだけど。軽の内装は高級感でもおもちゃっぽさでも色んな形で攻めてみて欲しいワ。

名前(任意)
コメント

車名

ミラ

ミラ

代表グレード

Xスペシャル

TX

発売日

2014年6月

2014年4月

型式

DBA-L275S

HBD-L275V

ボディ形状

5ドア 軽自動車

3ドア 軽自動車

乗員定員

4名

4名

全長(mm)

3395

3395

全幅(mm)

1475

1475

全高(mm)

1530

1530

ホイールベース(mm)

2490

2490

トレッド 前(mm)/後(mm)

1310/1305

1310/1305

室内長(mm)

2000

室内幅(mm)

1350

室内高(mm)

1265

車両重量(kg)

750

710

エンジン型式

KF

KF

シリンダー配列

直列3気筒

直列3気筒

排気量(cc)

658

658

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

63.0×70.4

63.0×70.4

最高出力

58ps(43kW)/7200rpm

58ps(43kW)/7200rpm

最大トルク

6.6kg・m(65N・m)/4000rpm

6.6kg・m(65N・m)/4000rpm

圧縮比

10.8

10.8

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

36

36

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

24.2

24.2

サスペンション(フロント)

マクファーソン・ストラット式

マクファーソン・ストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ディスク

ディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

145/80R13 75S

145/80R13 75S

タイヤサイズ(リア)

145/80R13 75S

145/80R13 75S

最小回転半径(m)

4.2

4.2

トランスミッション

5MT

5MT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

884,572円

740,571円

車名

ミラ

ミラ

代表グレード

Xリミテッド

発売日

2011年7月

2011年7月

型式

DBA-L275S

DBA-L275S

ボディ形状

5ドア 軽自動車

5ドア 軽自動車

乗員定員

4名

4名

全長(mm)

3395

3395

全幅(mm)

1475

1475

全高(mm)

1530

1530

ホイールベース(mm)

2490

2490

トレッド 前(mm)/後(mm)

1310/1305

1310/1305

室内長(mm)

2000

2000

室内幅(mm)

1350

1350

室内高(mm)

1265

1265

車両重量(kg)

780

780

エンジン型式

KF

KF

シリンダー配列

直列3気筒

直列3気筒

排気量(cc)

658

658

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

63.0×70.4

63.0×70.4

最高出力

58ps(43kW)/7200rpm

58ps(43kW)/7200rpm

最大トルク

6.6kg・m(65N・m)/4000rpm

6.6kg・m(65N・m)/4000rpm

圧縮比

10.8

10.8

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

36

36

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

サスペンション(フロント)

マクファーソン・ストラット式

マクファーソン・ストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ディスク

ディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

145/80R13 75S

145/80R13 75S

タイヤサイズ(リア)

145/80R13 75S

145/80R13 75S

最小回転半径(m)

4.2

4.2

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

950,000円

1,030,000円

過去記事(2016/09/11)

ダイハツ・ミラは2017年にフルモデルチェンジ、2016年秋計画から延期

ミラ次期型発売は2017年に、燃費特化型ベーシック軽自動車

ダイハツ・ミラのフルモデルチェンジについて以前のレポートでは、2016年9月になると書いたが、このスケジュールは延期となっている。新たな発売日は2017年後半以降ということになりそうだ。

(写真はD-baseコンセプト)
D-base ミライース

ダイハツは2015年の東京モーターショーで、次期ミラを予告するD-baseコンセプトを出展していた。ミラおよびミライースを統合する燃費特化型の軽自動車ということで、次世代ミラシリーズの未来像を見ることができた。

D-base ミライース ダイハツ ミライース後継コンセプト D-base

一方で、トヨタと提携関係にあるダイハツは、従来のbB、クーン、ラクティス、トレジアを統合する新型コンパクトトールワゴンの登録車を2016年内にも発売させる計画となっている。こちらはダイハツ、トヨタ、スバルの3つのブランドで販売されるモデルとなり、販売台数が多くなることが予想される。

ミライース D-base ダイハツ ミライース D-base ダイハツ バックウィンドウ

また軽自動車部門では、新型車のムーヴキャンバスを発売したばかりとなっており、このタイミングでさらに主力車のミラをフルモデルチェンジさせる余裕がダイハツには無いというのが、おそらく延期となった理由と想像する。

D-base ダイハツ インテリア

ミラハイブリッド、ダイハツ軽自動車にハイブリッドシステム導入の期待

ただし、新型ミラ発売までの開発期間が約1年延長されるという意味では、歓迎すべきかもしれない。三菱自動車、スズキの燃費不正問題以降、やや燃費競争がトーンダウンした印象もあるが、依然各自動車メーカーとも次世代技術の開発に向けて意欲的だ。

特に軽自動車セグメントにおいては、スズキのみがハイブリッドシステムを商品化しており、燃費性能において他社の追従を許さない状況となっている。これを打開するためにも開発期間が延長された次期ミラにはハイブリッドシステムの導入を期待したい。

過去記事(2016/05/20)

ダイハツ・ミラは2016年9月フルモデルチェンジ予測、ミライースと統合

ミラ、ミライースがフルモデルチェンジ、軽自動車最高燃費が予想される

ダイハツの軽自動車、ミラのフルモデルチェンジが2016年9月にも実施される見込みとなっている。最新の燃費技術が採用され、軽自動車最高燃費でデビューすることになるだろう。

(写真はD-baseコンセプト)
D-base ミライース

ダイハツは東京モーターショー2015でD-baseコンセプトを発表していた。これは次期ミライースを意図したモデルとされ、フルモデルチェンジが迫っていることを予感させるものであった。

D-base ダイハツ ミライース後継コンセプト D-base

ミラの派生モデル、ミラココアも遅れてフルモデルチェンジ

ダイハツの現行ラインアップでは、基本モデルのミラに対し、燃費特化型のミライースと2つのモデルが用意されているが、これらは新型ミラに統合され、最新の燃費技術も新型ミラに採用されることになる。このあたりの関係は一足先にフルモデルチェンジしたライバルのスズキ アルトと廃止されたアルトエコと同様となるだろう。

D-base ダイハツ インテリア ダイハツ 次期ミライース D-base リアシート

高張力鋼板、あるいはコペンで実績のある樹脂パネルの採用などによる大幅な軽量化。そして最新テクノロジーとしては、電磁波によって燃焼効率を高める技術が注目となる。

ミライース D-base ダイハツ

現行モデルの燃費性能は、ミライースが35.2km/L、ライバルのアルトが37.0km/Lということであったから、38km/L程度は確実にクリアし、場合によっては40km/Lもあり得る。

ミライース D-base ダイハツ バックウィンドウ

一方でライバルのアルトはスズキの燃費不正の対象車種であった。ダイハツとしてもここは一気に存在感をアピールしたいところである。

(写真は現行ミラココア)
ミラココア ツートンカラー

派生モデルのミラココアもフルモデルチェンジの準備が進められており、こちらは新型ミラの発売から数ヶ月遅れるものの2016年終盤での発売が予想される。

過去記事(2015/11/07)

ダイハツがミライース後継コンセプトカーのD-baseを発表、東京モーターショー

東京モーターショーでミライース後継モデルを提案、ダイハツ D-baseコンセプト

ダイハツから次期ミライースを想定したD-baseコンセプトが発表された。

(写真はD-baseコンセプト)
D-base ミライース

現行ミライースはダイハツの燃費特化型の軽自動車として2011年にデビューしたモデル。今回の東京モーターショー2015ではその後継モデルに相当するコンセプトカーが出展され、フルモデルチェンジに向けて開発が進められていることを確認することができた。

D-base ダイハツ インテリア

ミラのフルモデルチェンジはもう少し先か、ミライースの販売は継続

公開されたD-baseコンセプトのボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1490mmで、コンセプトモデルながらも軽自動車規格の寸法内に仕上げられている。全高方向には現行ミライース比で僅か-10mm。またホイールベースは2455mmと現行ミライースと同一であることから、次期ミライースも同等のサイズ感が維持されそうである。

ダイハツ 次期ミライース D-base リアシート

ダイハツではD-baseコンセプトを「ネクストベーシック」と位置づけていることから、ベーシック軽つまり次期ミラを意図しているとも読み取れる。いずれにせよダイハツ軽自動車において最も燃費性能の高いモデルとなるだろう。そして、このプラットフォームはムーヴなど多くのダイハツ軽自動車に流用されていくことになる。

ミライース D-base ダイハツ ミライース D-base ダイハツ バックウィンドウ

三角形型のヘッドランプは現行ミラシリーズからの流れを汲んでいる。バックビューはフォルクスワーゲン・UP!やスズキ・アルトを連想させるものとなった。

ダイハツ ミライース後継コンセプト D-base

リアウィンドウ横のドアハンドルは市販型でも採用されると話題となるだろう。

(写真は現行ミライース)
ミライース

東京モーターショー2015のダイハツブースでは現行ミライースも出展されていることから販売はまだ続きそう。フルモデルチェンジはもう少し先となりそうである。

過去記事(2013/01/14)

ミラがカタログ落ちしミライースに一本化される、JC08モード燃費35km/Lへ

モデル末期のミラを廃止してミライースへ車種統合される

ダイハツの主力軽セダンのミラがカタログ落ちしラインアップから外れる可能性出てきた。この主な理由は、表示が義務化されるJC08モードへ対応していないことによるものである。
現行ミラは2006年から販売されており、今年2013年で販売7年目となる。モデル末期であるミラにJC08モードの燃費表記に対応させるよりも、低燃費で知名度を獲得してきたミライースに販売を集中させる方が合理的というわけだ。

(写真はミライース)
ミライース

次期ミライースはJC08モード燃費35km/Lを達成か

何れにせよミラは旧式パワートレインを廃止してイーステクノロジーを導入していくべき段階にあった。それならいっそのことミラを販売終了させて、ミライースへ一本化する方が自然だろう。ミラとミライースは全高1.55m未満の軽セダンと呼ばれるボディ形状で、両者の商品コンセプトは元々非常に似通った存在であった。ダイハツとしても、ミラのマイナーチェンジを行なうことで販売を延命をさせるよりも、旧式のパワートレインを廃止し新型パワートレインが搭載されたミライースに一本化した方が経営効率が上がるはず。ミライースはあくまでミラの派生車種という位置付けではあったが、TVCM等によるプロモーションは最近ではミライースの方が活発に行われており、今更ベース車のミラに拘る必要もないというわけである。

さらにダイハツでは、ミライース用の次期パワートレインも開発しており、JC08モード燃費で35km/Lを狙うと、社長自らが公言している。これはミライースの次回マイナーチェンジで市販化される可能性が高いだろう。

過去記事(2011/05/24)

軽自動車の実燃費を比較してみる(1位~5位)

軽自動車燃費ランキング1位~5位

軽自動車燃費ランキング(6位~10位)
軽自動車燃費ランキング(11位~)

1位:ミラ 実用燃費19.51km/L

低い全高と低燃費エンジン+CVTの採用で、軽自動車実燃費1位の座を獲得した。
ハイブリッドカープリウスと同等の実燃費を記録している。
背の高いワゴン車では無いが、室内は十分な広さがあり、実用性も高い。

2位:エッセ 実用燃費18.58km/L

簡素な装備の軽い車体が燃費ではプラスに働いた。
トランスミッションは5MTとなっているので注意。
現在のところCVTを採用したモデルはラインアップされていない。
4AT車はこれよりも、燃費は悪くなる。

3位:eKワゴン 実用燃費17.92km/L

人気は無いが、三菱の軽自動車は意外と燃費が良かった。
不人気なため、新車は値引きが大きく、中古車相場も低迷している。
車体価格+ガソリン代で考えると軽自動車で最も出費が少ない、お得な車種かもしれない。
「ワゴン」と言っても、全高1550mm以下なので都市部の立体駐車場も駐車可能。
室内の広さはミラに近いサイズだ。

4位:ワゴンR 実用燃費17.85km/L

売り上げNo1のワゴンRも上位にランキングされている。
全高の高いハイトワゴンの軽自動車では最も実燃費がいい。
広さ、燃費、車体価格のトータルで最もバランスが良く、売れているのも納得できる。
あまりにも街中ですれ違うことが多いのが唯一のデメリット。

5位:MRワゴン 実用燃費17.54km/L

スズキの新型エンジンを搭載しているが、実燃費は性能では大きな変化は無い。
室内の広さを稼ぐための背が高く角ばったデザインが風の抵抗を受けやすく、やや燃費面ではマイナスだが、それでも全軽自動車の中では優秀な実燃費性能だ。
アイドリングストップ機能もついているが実用燃費への貢献度は低い。