car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ダイハツからミラ、ミライース後継の新型軽自動車が5月9日に発売

投稿日:

ダイハツ・ミラ、ミライースを統合する後継モデルがいよいよ発売

ダイハツ・ミライースのフルモデルチェンジが2017年5月9日に実施される見込みとなっている。

(写真はD-base コンセプト)
D-base ミライース

ダイハツは、次期ミライースを予告するモデルとして、D-baseコンセプトを2015年の東京モーターショーで発表していた。その市販型となるモデルがいよいよ発売されることになる。

ミライース D-base ダイハツ ミライース D-base ダイハツ バックウィンドウ

次期ミラは、燃費性能よりも安全運転支援システムの充実が焦点となりそう

現行ミラは2006年に7代目モデルとしての販売が始まった。2011年には燃費特化モデルのミライースが派生モデルとして登場し、以降は、ダイハツの軽セダン車のメインストリームはミライースが担っている。本家ミラは2013年からはMTモデルのみが残され、現在も販売が続いている。

D-base ミライース ダイハツ ミライース後継コンセプト D-base

このように少々複雑となっているミラシリーズのラインアップ構成であるが、その原因の一つとなったのがスズキとの燃費競争である。一時はアルトあるいはアルトエコとのわずかなJC08モード燃費の差を競う局面となったが、スズキがワゴンRにおいて軽自動車初のハイブリッドモデルを市販化させたことで、この燃費競争は収束した。つまり、純粋な燃費競争ではスズキの勝利に終わったというわけである。

D-base ダイハツ インテリア ダイハツ 次期ミライース D-base リアシート

今なお、アルトにハイブリッドモデルはラインアップされていないが、スズキがその気になれば、いつでもアルトハイブリッドを発売できる状況であることは明らか。スズキが燃費性能において技術的に優位であることから、次期ミラは燃費性能で積極的に攻めてこない可能性がある。次期ミラは安全運転支援システムの充実など、燃費性能に拘らない総合的な商品力でアドバンテージを狙ってくるだろう。

#1 匿名さん2017/04/12(Wed)07:00:10
おはようございます!
いよいよミライースも、5/9で2代目になるんですね!

楽しみにしていますが、OEM車のプレオプラスも楽しみにしています!

またスマートアシスト3で、新たに後部誤発進機能をミライースで、初めて搭載するんですね!
ライバル車のアルトとキャロル(OEM車)のマイナーチェンジで、デュアルセンサーブレーキサポートを搭載すると同時に、後部誤発進機能も新たに搭載して欲しいです!
#2 匿名さん2017/04/13(Thu)11:12:58
ミラとミライースを統合して新型ミラになるのかと思ってたけど、2つを統合して新型ミライースになるのかな?
#3 匿名さん2017/04/15(Sat)10:40:50
技術でスズキに勝てないと悟ったか。

名前(任意)
コメント

ダイハツからミラ、ミライース後継の新型軽自動車が5月9日に発売

ダイハツ・ミラは2017年秋フルモデルチェンジ、安全運転支援システム充実

ダイハツ・ミラは2017年にフルモデルチェンジ、2016年秋計画から延期

ダイハツ・ミラは2016年9月フルモデルチェンジ予測、ミライースと統合

ダイハツがミライース後継コンセプトカーのD-baseを発表、東京モーターショー

ミラがカタログ落ちしミライースに一本化される、JC08モード燃費35km/Lへ

軽自動車で納期の早い車種は?

軽自動車の実燃費を比較してみる(1位~5位)

ミラ/ミラカスタム新型7代目(ダイハツL275/L285)の口コミによる評価