car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ミラがフルモデルチェンジへ、ミライース車体がベースの5MTとターボを計画

ミライースに引き続き、本家ミラもフルモデルチェンジ

昨年2017年はダイハツのミライースが、ベースモデルのミラよりも先にフルモデルチェンジを果たしている。2018年は本家のミラでも同様のフルモデルチェンジが実施される見込みとなっている。

(写真はカスタマイズモデルのミライースSPORZA)
ミライース SPORZA

ダイハツのベーシック軽自動車として、フルモデルチェンジを果たしたミライースであるが、これはあくまでミラシリーズの燃費特化モデルという位置付けであった。そのためパワートレインはNAとCVTの組み合わせに限られている。幅広いパワートレイン選択肢が用意される本家ミラも後追いでフルモデルチェンジを果たすことになる。

新型ミラは64psのターボ、5MTモデルも用意される見込み、ミラTR-XX復活の可能性も

ミラの一部仕様では、エンジンは最高出力64psのターボモデルとなる。そしてトランスミッションとして5MTを採用したグレードも低価格モデルやスポーツモデル、ミラVANなどに用意される見込み。ホットハッチファンだけでなく法人需要も含めて販売の裾野を広げることになる。
ミライース SPORZA リアコンビネーションランプ
ダイハツは東京オートサロン2018でカスタマイズコンセプトモデルのミライースSPORZAを出品。パワートレインとしてターボエンジンと5MTの組み合わせが想定され、かつてのミラTR-XXを後継するモデルとして期待される。

ミライース SPORZA フロントグリル

市販化についてはファンからの反響が高ければ、という条件付きで回答を得ているが、スズキがアルト ワークスを復活させたように、その対抗馬としてラインアップすることができれば、たとえ数は売れなくとも注目度は高くなるはずだ。

#1 匿名さん2018/02/17(Sat)22:52:31
アルトワークス結構見かける。ダイハツ本気出すのか?
#2 匿名さん2018/02/17(Sat)22:54:49
いつまで64ps規制してるのよー
登録車と同様にしてちょ
#3 匿名さん2018/02/17(Sat)23:06:07
誤報に終わりそうな記事
#4 匿名さん2018/02/17(Sat)23:38:02
ダイハツミラのホームページより抜粋

「ミラの販売は在庫対応となるため、グレード・オプション・ボディカラーなどお客様のご希望に沿えない場合がございます。詳しくは販売会社におたずねください。」

ミラ・ミラバン・ミラココアともに同様の表記がある
今月実施の「歩行者脚部保護性能試験」をクリアできないため、生産が中止となる
#5 匿名さん2018/02/18(Sun)02:58:32
ダイハツも出せば相乗効果期待できるし可能性高い。
ミラは元々MTが必要な車種だから開発費も抑えられるはず。

ただ最近の車は剛性高すぎて動きがネムい。
アルトターボRSは600kg台と思えないどっしり感だった。
峠で限界まで振り回せばヒラヒラ走るんだろうか。
#6 匿名さん2018/02/18(Sun)14:57:51
新型ミラとして専用デザインで出すのではなく
ミライースのバリエーションを増やすだけになるんじゃないかな
#7 匿名さん2018/02/18(Sun)18:00:26
ミライースはリヤコンビネーションランプ周りの黒い部分が解せないんだよなあ
#8 匿名さん2018/02/18(Sun)21:45:57
#7

分かる!
最近のダイハツは樹脂パーツ祭りだからなのか?

個人的にはラジオのアンテナの位置がおかしいと思う。
#9 匿名さん2018/02/18(Sun)21:58:20
♯8
ラジオのアンテナの位置
ムーヴキャンバス・タント・ウェイクもミライースと同じ位置だか何か?
#10 匿名さん2018/02/18(Sun)21:59:23
安全装備を大幅に向上させながら、価格は先代と同等か値下げだぞ!
「樹脂パーツ祭り」ぐらい大目に見てやれよ
#11 匿名さん2018/02/18(Sun)22:08:38
もう3ドアにしちゃえ
#12 匿名さん2018/02/19(Mon)00:37:19
#9

ミライースは30センチくらい後方にある。

それがダサく見えたのさ
#13 匿名さん2018/02/19(Mon)02:28:14
#7 ランプ周りのカーボン調シートって純正なのか。
信号待ちで並んで、変わった改造してるなと思ってた。
過去にはルーフにカーボン調シート貼るオプションもやってた模様。
耐久性どうなんだろう、、、。
#14 匿名さん2018/02/19(Mon)13:30:15
#3
誤報ですかねー?
ミラバンの存在考えると、MTは残る
現状ターボなしというのも、無理ある
旧シャシー廃止して、ミライースの新シャシーに統一も当然ある
低予算でやれる企画モノ
#15 匿名さん2018/02/19(Mon)13:37:45
いつも通りの誤報
♯4の書いてる通りの、ミラ、ミラバンは3月までにラインアップから消える。ターボは出たとしてもミライースのボディに搭載される見込みだ
このサイトの記事の正確性は毎回チェックげ必要だ
#16 匿名さん2018/02/19(Mon)13:42:50
ミライースのボディにターボ 5MT出たら、それは誤報とはいえないだろ
#17 匿名さん2018/02/19(Mon)14:25:22
『ミラがフルモデルチェンジ』と書いてるから、誤報と言われるわけだ
『ミライースイースにターボ追加』。これで済む話。
#18 調べてみたシリーズ2018/02/19(Mon)14:41:43
♯13さん
先代ミライースにオプション設定されていた「2トーンパック」ですね
・Dラッピング」(カーボン調成形PVC貼付)
・ブラック塗装ドアミラー
・ビラーブラックアウト
がセットになっていました。
ルーフ・ピラーの塗り分けを考慮していないデザインだったため
ルーフのみにカーボン調シートを張り付け、コストダウンと見栄えを両立していたのでしょう。
あんまり見かけませんでしたが。

現在は、キャストに設定されていますね。
#19 匿名さん2018/02/19(Mon)14:44:17
#17さん
でしょうね。
#20 匿名さん2018/02/19(Mon)17:26:19
軽自動車はガチンコライバルがあるから、選ぶ楽しさがあるんだと思う

TR-XXアバンツァートのオマージュかね
#21 匿名さん2018/02/19(Mon)18:37:42
四輪操舵じゃないとねぇ・・。
#22 匿名さん2018/02/19(Mon)18:41:19
なお、バブル世代のコメントですw

あったな〜忘れてた

名前(任意)
コメント

ミラがフルモデルチェンジへ、ミライース車体がベースの5MTとターボを計画

ダイハツからミラ、ミライース後継の新型軽自動車が5月9日に発売

ダイハツ・ミラは2017年秋フルモデルチェンジ、安全運転支援システム充実

ダイハツ・ミラは2017年にフルモデルチェンジ、2016年秋計画から延期

ダイハツ・ミラは2016年9月フルモデルチェンジ予測、ミライースと統合

ダイハツがミライース後継コンセプトカーのD-baseを発表、東京モーターショー

ミラがカタログ落ちしミライースに一本化される、JC08モード燃費35km/Lへ

軽自動車で納期の早い車種は?

軽自動車の実燃費を比較してみる(1位~5位)

ミラ/ミラカスタム新型7代目(ダイハツL275/L285)の口コミによる評価