car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

次期クラウン向け新開発2.5Lハイブリッド、トヨタが次世代パワートレイン発表

投稿日:2016/12/07 更新日:

トヨタTNGA世代技術をアッパークラスへ拡大、2.5Lエンジンを刷新

トヨタはTNGA(Toyota New Global Architecture)と名付けた新世代技術をCセグメントのプリウス、C-HRに採用してきた。TNGAは、次は中上級クラス車へ向けて拡大されることになり、その技術内容が2016年12月6日に発表された。

(写真は新開発の直4 2.5Lエンジン)
TNGA 2.5L NAエンジン

新開発の直4 2.5Lエンジンは、コンベンショナルタイプとハイブリッドタイプの2種類が用意される。コンベンショナルタイプは最高出力151kW(205ps)/最大トルク250Nm(25.5kgfm)、ハイブリッドタイプは130kW(177ps)/220Nm(22.4kgfm)にセッティングされる見込み。従来の2AR-FEおよび2AR-FXEを後継するユニットになることが想定される。

新開発エンジンで採用される高速燃焼技術、連続可変容量オイルポンプは世界初の新技術となる。従来型と比較してロングストローク化など大きな構造変更も含まれており、新技術投入のブラッシュアップ版ではなく全くの新設計エンジンと考えたほうが良さそう。新型エンジンの圧縮比は、コンベンショナルタイプが13、ハイブリッドタイプが14とかなり高いところまで上げられており、高効率化されている。

(写真は新開発THSⅡ 2.5Lエンジン)
TNGA THS2 ハイブリッド

また2.5L ハイブリッドシステムのTHSⅡについてもTNGA世代へアップデートされる。新開発マルチステージハイブリッドシステムが導入され、高車速域におけるエンジン間欠運転に対応する。

TNGAパワートレインがクラウン、カムリの2017年フルモデルチェンジで採用されることが想定される

このほかトランスミッションについても新開発8ATと新開発10ATが発表された。

TNGA トランスミッション FF TNGA トランスミッション FR

いずれも2017年以降の新型車に投入予定の新技術であり、具体的にはクラウン、レクサスIS、カムリなどの次期モデルへの採用が予想される。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

次期クラウン向け新開発2.5Lハイブリッド、トヨタが次世代パワートレイン発表

レクサス新型ISシリーズ、パリモーターショー2016出展、日本発売は10月20日

レクサスISがビッグマイナーチェンジで後期型へ、新デザイン10月販売開始

レクサスISシリーズがマイナーモデルチェンジ、北京モーターショー2016

レクサスIS200tが8月3日発売、8AR-FTSを搭載で車両価格454万4000円から

IS200tが欧州で公式発表、2.0Lターボエンジンと8速AT搭載で日本発売は7月23日に

レクサスIS300hに4WDハイブリッドが追加、7月のマイナーモデルチェンジ

レクサスIS200tが2015年7月発売予定、直4 2Lターボエンジンを採用

やはりIS F後継は出る?V8 5Lエンジン搭載の4ドアセダンの市場投入を検討か

IS Fが一部改良、これが現行最終モデルか?フルモデルチェンジは2014年予測

レクサスIS250、IS350がフルモデルチェンジ、ハイブリッドのIS300hが追加

新型レクサスISの車両価格は420万円から、既に先行予約を受付中

レクサスがスピンドルグリルに見切り、次期モデルから新型グリルデザインの可能性

レクサスISのフルモデルチェンジ発売は2013年5月16日、4月より先行予約開始

レクサスIS250、IS350、IS300hがフルモデルチェンジ、FR2.5Lハイブリッド

レクサス次期ISは2013年デビュー、LF-CCがパリモーターショー12で公開

レクサスがIS-FCの導入を計画中、コンバーチブルのV8搭載F仕様

新型レクサスISの発売が2013年4月に延期、ワゴン追加の可能性

次期レクサスISが2012年発売、ハイブリッドIS350hも追加

IS250レクサスの口コミ評価と実燃費