car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ルノー

ルノー・セニックがフルモデルチェンジ、日本発売を期待したい小型ミニバン

投稿日:

新型セニックがジュネーブモーターショー2016でワールドプレミア

ルノーのコンパクトミニバン、セニックがフルモデルチェンジを受け、今月スイスで開催されたジュネーブモーターショー2016でワールドプレミアとなった。

(写真はルノー新型セニック)
セニック ジュネーブ

新型セニックのボディサイズは全長4406mm×全幅1865mm×全高1653mm、ホイールベースは2734mmとなる。今回のジュネーブでは2列シートの5人乗りモデルしか見ることができなかったが、従来型では3列シートを装備するグランセニックなるモデルが存在しており、今後は3列シート車の新型を待ち望むファンが多くなるだろう。

セニック フロントグリル セニック リアコンビネーションランプ

新型セニックの日本導入はあるか?3列シートモデルも期待

新型セニックのフロントデザインはルノー最新のデザインルールが適用され、ルーテシアやキャプチャーなどと共通するフェイスに仕上げられた。

セニック インテリア

インテリアではフランス車らしくしっかり感のあるシートが好印象である。中央にはタブレット端末ほどの大きさの縦長ディスプレイが存在感を示す。安全運転支援システムとして自動ブレーキが全車標準装備される。

セニック ラゲッジルーム

シートが肉厚なこともあり、ボディサイズから想像するほどラゲッジの広々感は少ない。

ルノー セニック ジュネーブ2016

日産との提携以降、ルノーは比較的日本でも買いやすい輸入車ブランドとなっている。ただし、現在ルノー・ジャポンではセニックシリーズの取り扱いを行っておらず本モデルからの導入を期待したいところ。

ルノー・セニック

他の欧州ブランドを見れば、フォルクスワーゲン・トゥーランやシトロエン・C4ピカソなどが日本販売されており、オシャレな小さめ輸入3列シート車を求める需要はそれなりにありそうだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

キャプチャー/エスパス/ルーテシア/メガーヌ

ルノー・セニックがフルモデルチェンジ、日本発売を期待したい小型ミニバン

ルノー新型カジャール(KADJAR)発表、キャシュカイと共通部分が多い新SUV

ルノー・コレオス、デザインはルノー、中身は日産、組立は韓国