car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ルノー・セニックがフルモデルチェンジ、日本発売を期待したい小型ミニバン

新型セニックがジュネーブモーターショー2016でワールドプレミア

ルノーのコンパクトミニバン、セニックがフルモデルチェンジを受け、今月スイスで開催されたジュネーブモーターショー2016でワールドプレミアとなった。

(写真はルノー新型セニック)
セニック ジュネーブ

新型セニックのボディサイズは全長4406mm×全幅1865mm×全高1653mm、ホイールベースは2734mmとなる。今回のジュネーブでは2列シートの5人乗りモデルしか見ることができなかったが、従来型では3列シートを装備するグランセニックなるモデルが存在しており、今後は3列シート車の新型を待ち望むファンが多くなるだろう。

セニック フロントグリル セニック リアコンビネーションランプ

新型セニックの日本導入はあるか?3列シートモデルも期待

新型セニックのフロントデザインはルノー最新のデザインルールが適用され、ルーテシアやキャプチャーなどと共通するフェイスに仕上げられた。

セニック インテリア

インテリアではフランス車らしくしっかり感のあるシートが好印象である。中央にはタブレット端末ほどの大きさの縦長ディスプレイが存在感を示す。安全運転支援システムとして自動ブレーキが全車標準装備される。

セニック ラゲッジルーム

シートが肉厚なこともあり、ボディサイズから想像するほどラゲッジの広々感は少ない。

ルノー セニック ジュネーブ2016

日産との提携以降、ルノーは比較的日本でも買いやすい輸入車ブランドとなっている。ただし、現在ルノー・ジャポンではセニックシリーズの取り扱いを行っておらず本モデルからの導入を期待したいところ。

ルノー・セニック

他の欧州ブランドを見れば、フォルクスワーゲン・トゥーランやシトロエン・C4ピカソなどが日本販売されており、オシャレな小さめ輸入3列シート車を求める需要はそれなりにありそうだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
キャプチャー/エスパス/ルーテシア/メガーヌ

過去記事(2015/03/18)

ルノー新型カジャール(KADJAR)発表、キャシュカイと共通部分が多い新SUV

ルノー・カジャールはキャシュカイと車体の多くが共通化される

ルノーは今年のジュネーブモーターショー2015で新型SUVのカジャールを正式発表させた。

ルノー新型カジャール

ルノーはBセグメントSUVのキャプチャーと、DセグメントSUVのコレオスをラインアップするが、新型カジャールはその中間にCセグメントクロスオーバーSUVとして位置付けられる車種となる。

ルノー カジャール リアコンビネーションランプ カジャール ルノー

新型カジャールのボディサイズは全長4450mm×全幅1840mm×全高1600mm。ホイールベースは2645mmとなった。このホイールベースは欧州で販売される日産・キャシュカイのそれと同サイズであることからも判断できるように、ルノー日産アライアンスのCMFを採用しボディ骨格が共通化されている。もちろん表面的なエクステリアおよびインテリアについてはルノーの独自デザインであり、先行して販売されるキャプチャーの流れを汲むものとなっている。

ルノー カジャール ジュネーブ2015

新型カジャールの最低地上高は190mmに設定される。キャプチャーには無かった4WDモデルも用意され、日常の悪路に対応する。

ルノー カジャール トランクルーム

新型カジャールはデュアリスの実質的な後継モデルとして日本発売される可能性

新型カジャールの日本発売については言及が無いが、ルノー・ジャポンの現行ラインアップでは、これまでキャプチャー、コレオスといったクロスオーバーSUVモデルが積極的に導入されてきた。また日産は2014年にフルモデルチェンジさせたキャシュカイを日本導入させておらず、ルノー日産アライアンスとして日本市場向けのCセグメントSUVの枠が空いたままとなっている。こういったことを踏まえると、デュアリス後継モデルという意味でも、このカジャールが日本販売される可能性は十分にあると考える。

ルノー カジャール フロントグリル ルノー カジャール インテリアデザイン

カジャール欧州仕様のエンジンラインナップは、1.5Lディーゼル、1.6Lディーゼルのほか、1.2Lガソリンターボもラインアップされる。既にスペイン工場での生産が決まっており2015年夏からの欧州発売が計画されている。そして、英国向け右ハンドル仕様も2015年秋から生産される。1.2Lガソリンターボ搭載の右ハンドル仕様という、日本仕様に相応しいモデルの生産も予定されている。

過去記事(2012/09/01)

ルノー・コレオス、デザインはルノー、中身は日産、組立は韓国

ルノー・コレオスはエクストレイルやデュアリスがベース

現行のルノー・コレオスは、2009年に日本に導入されたモデルが2012年1月にマイナーチェンジを受けたものである。
コレオス 2012
コレオスはそもそもルノーの車といっても、日産のエクストレイルやデュアリスといった本格的SUVをベースに、ルノーがデザインを加えたものである。2.5L直列4気筒エンジン、無段変速機、4×4-iと呼ばれる四駆システムは日産系列からのパーツを使用。さらに生産は韓国にあるルノー・サムソン・モーターズの釜山工場で行われるという、国際色豊かな性格を起源にもつ興味深い車である。
コレオス インテリア
2012年1月に行われたモデルチェンジではマイナーチェンジとは思えないくらいで、特に前から見た印象が変わっている。タイヤのホイール形状も変わり、見た目には随分SUVらしくなったと言えるだろう。コレオスのインテリアに目を向けてみると、若干のシート形状チェンジはあるものの、やや深めに沈み込むような快適な独特の座り心地はルノーらしさを追求したもので、長距離ドライブの疲労を軽減させてくれる。

コレオスの心地良いスピード感が走りの高級感を演出

コレオスのエンジンや四駆性能にこれといって抜きん出ているものはない、ただし、乗ってみるとその走り心地は感心に値する。加速が異常に速いわけでもなく、ギアチェンジがとてつもなくスムースというわけではないのに、なぜか心地の良いスピード感を保っており、これが走りの高級感を実現している。
ルノー・コレオス
またオフロードやコーナーでの走行安定性も優れている。コレオスの一番の良さはこのような多くの点における優れたバランスではないだろうか。まったりゆったりのんびりした旅に最適な一台と言えるだろう。