car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

S660のプレミアムバージョンが登場、ラグジュアリーMRオープンスポーツ

ホンダは東京オートサロン2017で、S660をベースにしたカスタマイズモデルとしてBruno Leather Editionを発表した。

(写真はS660 Bruno Leather Edition)
S660 ブルーノ レザー エディション

様々なカスタムカーが出品される東京オートサロンであるが、中にはメジャーメーカーによる市販予定車も含まれている。このS660 Bruno Leather Editionもその一つ。ベースとなるS660はホンダが2015年に発売した軽自動車規格のMRオープンスポーツカーで、趣味のセカンドカーとして維持費用の安さから手が届きやすいモデルとして注目される。

S660 フロントグリル S660 Bruno Leather Edition リアコンビネーションランプ

ホンダ・S660 Bruno Leather Editionは市販される、発売日は2017年春に予定

S660のライバルは2014年に発売されたダイハツ・コペンである。こちらはFF駆動で、電動ハードトップを装備するなど、軽自動車の規格内でラグジュアリーな方向にベクトルが向けられたモデルであった。軽オープンという括りでライバルと言われつつも純スポーツ志向のS660とは方向性が大きく違った。

S660 Bruno Leather Edition インテリア S660 レザーシート

今回のS660 Bruno Leather Editionは、従来のS660が持つスポーツ性能を残しつつもラグジュアリーな装備で飾られたモデルとなる。専用のタン色レザーシートと高級感あるベルベットマルーンメタリックのボディカラーをメインにプレミアムカーの要素が加えられた。この他、オールブラックのアルミホイールやインパネ周りも専用品となる。これまでのS660では購買意欲が湧かなかったファンにも是非一度見ていただきたいモデルとなる。

ホンダ S660ブルーノ レザーエディション

S660 Bruno Leather Editionの発売時期は2017年春を予定している。

#1 a2017/01/16(Mon)23:38:22
これはテコ入れにならんでしょ、せめて普通のナビ付けられるOP用意しないと
かくあるべきだってホンダは、こういうの頑なに変えないんだよな
あと丸目にした方が売れると思う。
#2 匿名さん2017/01/17(Tue)00:15:47
丸目とか嫌過ぎる。
#3 匿名さん2017/01/17(Tue)18:39:34
丸目ならビートルが良いと思う。
#4 匿名さん2017/01/18(Wed)22:44:01
これはこれで格好良いいのでは?
レザー仕様もいいが、通常のハードトップモデル(あったかな?)や4シーターモデルなんかあるとファミリー層の人も奥さんに言い訳しやすいのに…
#5 匿名さん2017/02/16(Thu)19:27:06
4シーターモデルって無理でしょ
#6 匿名さん2018/03/03(Sat)06:44:43
根気よく熟成していってほしい。

名前(任意)
コメント

過去記事(2015/03/31)

ホンダS660が4月2日正式発売、β198万円、α218万円、Concept Edition238万円

S660がいよいよ発売、MRレイアウト採用の軽オープンスポーツカー

ホンダのS660が2015年4月2日に発売日を迎えることになった。

(写真は新型S660 限定660台のコンセプトエディション)
S660特別仕様車コンセプトエディション

S660は軽自動車規格で開発されたオープンスポーツカー。ミッドシップエンジン・リアドライブレイアウトを採用することで45:55の前後重量配分が実現される。かつて1991年から1996年にかけてホンダは近いコンセプトの車種としてビートを販売していたが、S660はその後継モデルに相当する。

(写真は新型S660 α)
S660 リアコンビネーションランプ

MRレイアウトのS660に搭載されるエンジンは、N BOXなど他の軽自動車用ユニットがベースとなりコスト面が優先される。一方でターボ過給器は専用設計とするなどこだわりも見せた。

軽自動車税制の改定に合わせて、最高出力64psという自主規制値が緩和される動きもあったがこれは実現されず。最高出力64ps/6000rpm、最大トルク10.6kgm/2600rpmというパフォーマンスとなる。

S660の車両価格はベースグレードβが198万円から、特別仕様車は238万円

S660の価格は、上級グレードのαがα218万円、ベースグレードのβ198万円、さらに特別仕様車のコンセプトエディションが238万円に設定される。

(写真はS660コンセプト、東京モーターショー2013)
S660 ビート後継車 東京モーターショー2013 S660 ミッドシップ

コンセプトエディションは660台の限定発売で、東京モーターショー2013で公開されたコンセプトモデルをより意識した内外装で飾られる。

S660は26歳の開発責任を置くなど、若者イメージが強くアピールされているのも話題となった。ただし2シーターの軽自動車がスタート価格198万円というのは高過ぎる印象が拭えない。250万円前後のスタート価格が設定されている86/BRZやマツダ・ロードスターにもう少しで手が届きそうなほどである。
やはり、実際のオーナーとなるのは中年世代以降が多くなりそうである。

過去記事(2015/01/18)

ホンダ・S660発売迫るも、東京オートサロンではコンセプトカーの出展に留まる

S660の特別仕様車、東京モーターショー仕様車が限定660台で先行予約スタート

S660はホンダが新たに市場投入させる軽自動車規格のスポーツカーである。2013年11月に開催された東京モーターショーでS660 CONCEPTが公開されて以来、ファンの間では市販モデルの登場が待たされていたが、もう間もなくで正式発売に至る段階に来た。

(写真はS660コンセプト、東京オートサロン2015)
S660 東京オートサロン

まずは、東京モーターショー仕様車と名付けられた特別仕様車が先行して発売される見込み。その名からも東京モーターショーで公開されたコンセプトモデルに近い仕様となることが予想され、こちらは来月2015年2月にも予約受注がスタートされる計画となっている。限定数は660台で、早ければ2015年4月にも納車が開始されるだろう。

S660 東京オートサロン 2015

また、先日の東京オートサロン2015では発売に向けたプロモーションとして、これまで公開されたものとは別色のS660 CONCEPTが出展された。そろそろ市販プロトが拝めるのかと期待していたファンにとっては少し物足りなさを感じる内容であった。

(写真はS660コンセプト、東京モーターショー2013)
S660 ミッドシップ S660 東京モーターショー

S660をベースにS1000を開発中か、ワイドボディ+リッターエンジン

市販型S660のボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1150mmとなり軽自動車規格に収められる。実は写真のコンセプトモデルのサイズは軽自動車規格を上回っているようで、市販型はこれより少し小さくなる。

S660 ミッドシップ オープン スポーツカー S660 ビート後継車 東京モーターショー2013

エンジンに関しても最高出力64psの軽自動車向け直3ターボの採用となる。さらに、このS660をベースにワイドボディ化したS1000なるモデルが海外向けに開発中との噂もあり、こちらの日本発売も望まれるところだ。

過去記事(2014/12/27)

ホンダ新型S660が発売予定、市販型が2015年2月に正式発表の見込み

S660の正式発表は2015年2月、MR駆動による本格軽スポーツカーが発売予定

ホンダが開発中の軽自動車規格のスポーツカー、S660コンセプトが2013年の東京モーターショーで公開されていた。そして市販型S660の正式発表が2015年2月にも実施される見通しとなった。

(写真はS660 Concept、東京モーターショー2013)
S660 東京モーターショー

写真のS660コンセプトは、実は軽自動車規格よりも大きなボディサイズであった。市販型S660のボディサイズは、全長3395mm×全幅1475mm×全高1150mm、ホイールベースは2520mmとなる。低い全高を除けば、N BOXなど他の軽自動車と変わらないディメンションとなる。

S660 S660 ミッドシップ

S660のパワートレインは軽ターボエンジンによるMR駆動、CVTと6MTを用意

市販型S660のグレード構成は上級モデルのαと標準モデルのβの2タイプになる見込み。トランスミッションはCVTと6MTの2タイプが用意される。

S660に搭載されるのは3気筒658ccで最高出力64psの軽ターボエンジン。これがミドシップに搭載されたMR駆動となる。タイヤサイズは前後で異なり、フロントが165/55R15、リアが195/45R16となる見込み。

S660 ミッドシップ オープン スポーツカー S660 ビート後継車 東京モーターショー2013

バックウィンドウは上下に開閉できるパワーウィンドウが備わるが、ルーフはキャンバス地のトップを手動で貼り付けるシンプルな機構となり、軽量化とコストダウンが重視される。

ホンダ S660 東京モーターショー2013 ホンダS660

装備面では電動で跳ね上がるリアスポイラーの設定がある。イグゾーストは一本出しでリアセンターに堂々と配置されるほか、上級のαには本革シートが採用される。

車両価格については2月の公式発表を待つことになるが、ベースモデルのβが190万円前後になると予想される。

S660 コンセプト 東京モーターショー2013

生産台数は1日40台が計画されており、正式発売は4月以降になる見込み。

過去記事(2014/09/21)

S660の発売日は2015年1月の見込み、ホンダ ビート後継の軽オープンスポーツ

ホンダS660が2015年の年明けに発売される見込み、軽オープンスポーツカー

ホンダの軽オープンスポーツカー、S660が2015年1月にも発売される見通しとなった。2015年夏頃とも言われていた発売予測時期は少し前倒しとなった。

(写真はS660コンセプト、東京モーターショー2013年11月)
S660

ホンダはかつて軽自動車規格のオープンスタイルのスポーツカーとして、ビートを販売していた。今冬発売されるS660はそのビートのコンセプトを引き継いだモデルとなる。

ホンダS660 ホンダ S660 東京モーターショー2013

タルガトップのエクステリアデザインが特徴的で、キャンバス地のルーフは手動による開閉が可能となる。一方で、2014年6月に発売したライバルのダイハツ・コペンはルーフに電動ハードトップが採用されており、既に好受注を得ている。

S660 ミッドシップ オープン スポーツカー S660 東京モーターショー

S660は高トルクの軽ターボエンジンを搭載、コペンのパフォーマンスを上回る

S660のエンジン仕様は軽自動車向けのターボエンジンで、これがリアミドシップに搭載されたMR駆動となる。軽自動車向けターボエンジンは自主規制により最高出力64psと相場が決まっているが、トルクは各メーカーおよび車種によって異なる。例えば、前述のコペンは最大トルク9.4kgfm/3200rpmというスペック。これに対してN-ONEなどに搭載されるホンダのターボエンジンは10.6kgfm/2600rpmで、より低い回転数で高トルクを発生する仕様となっている。このことはS660においてもアドバンテージとなるはずだ。

(写真はライバルのダイハツ・コペン)
コペン ローブ 2014

トランスミッションは6MTとCVTの2タイプが設定される見込み。S660の車両価格は、ライバルのコペンのスタート価格179万8200円あたりが目安か。

過去記事(2014/07/10)

S660市販モデル2014年内発表か、タルガトップでルーフ開閉よりボディ剛性を重視

ホンダ・ビート後継車のS660が2014年末頃にも発表される見込み

ホンダはビート後継車として、軽自動車規格のオープンスポーツカーを開発しているが、その発表が2014年末頃にも行われる見込みとなった。既に昨年の東京モーターショー2013で、S660コンセプトとしてエクステリアデザインが提案されていたが、その市販モデルということになる。発売は2015年の早い時期にも実現することになるだろう。

(写真はS660コンセプト)
S660

S660市販モデルと前作ビートとの大きな違いの一つとなりそうなのが、ルーフの開閉方式となる。ビートは樹脂製ソフトトップを使ったリトラクタブルルーフが採用されており、フロントガラス上部からヘッドレスト後方にかけて折りたたまれる形で格納されるものであった。

S660 ミッドシップ

S660市販モデルではタルガトップ構造が採用されるということで、オープンカーながらも立派なBピラーが存在することになる。開閉が可能なのはフロントガラスとBピラーの間に限られ、キャンパス地でできたルーフを取り外し、これをフロントボンネット内の荷室に収納することでオープン状態となる。ビートより気軽に開閉できそうにないことが想像できるが、S660市販モデルではBピラーの存在によって高いボディ剛性が望めるため走りに特化したモデルとなることが期待できる。

ホンダS660 ホンダ S660 東京モーターショー2013

S660はS07A型ターボエンジンをリアミドシップに搭載、CVTと6MTが用意される

S660市販モデルのエンジンは、すでにNシリーズに搭載されている直列3気筒のS07A型ターボをベースとしたものがリアミドシップに搭載される。高回転域型にセッティングされることが予想され、最高出力は自主規制値いっぱいの64psで変わりないだろうが、最大トルクについては現行モデルの10.6kgmを超える可能性がある。

S660 東京モーターショー

トランスミッションは6MTが用意され、自動変速機モデルはCVTの採用となる見込みだ。

過去記事(2014/06/05)

ホンダS660は2015年の発売見込み、ビート後継のライトウェイト軽スポーツカー

S660の生産は八千代工業が担当、早ければ2014年度内に発売される可能性

ホンダはビート後継となる軽自動車規格の次世代スポーツカーとして、S660コンセプトを2013年の東京モーターショーで発表していた。その市販モデルのデビュー時期としては2015年前半頃が予測されており、早ければ2014年度内での発売が実現しそうである。生産はホンダの子会社でもある八千代工業の四日市製作所が担当する予定となっている。

(写真はS660コンセプト、東京モーターショー2013)
S660 東京モーターショー

S660のデザインのベースとなったのは、2011年の東京モーターショーで公開されたEV-STERである。EV-STERは電気自動車ということもあり市販化されることは無かったわけだが、S660市販モデルは軽自動車規格に適合した660ccクラスの3気筒ガソリンターボエンジンがミッドシップ搭載される。その最高出力は64ps。トランスミッションは5MTとCVTの2タイプの設定となることが現在のところ期待される。

S660 S660 ミッドシップ

ホンダS660のライバルはコペン、S1000として欧州仕様の計画もあるようだ

さて、S660コンセプトのボディサイズは発表されていなかったわけだが、実物を見た感じではコンパクトではあるものの軽自動車としては非常に立派な印象を受けた。実は全幅に関しては1480mmを超えていたのではないかと考える。

S660 ミッドシップ オープン スポーツカー S660 ビート後継車 東京モーターショー2013

S660は軽自動車規格の日本仕様の他に、S1000として約100mm幅広のワイドボディに1.0Lエンジンを搭載させた欧州仕様の計画も存在するようだ。東京モーターショーで発表されたのは、このS1000に近いモデルであった可能性もある。S1000は、2015年の発売が予測される次期MX-5(日本名マツダロードスター)とも競合することになり、ライトウェイトオープンスポーツカーのカテゴリーは注目となるだろう。

(写真はダイハツ次期コペン コンセプトモデル)
次期コペン RMZ

日本の軽自動車市場では、今月2014年6月の発売が予定されているダイハツ・コペンがS660のライバルとされる。次期コペンはスポーツ性能ではS660に比べ、面白みが少ないが、電動ハードトップと着せ替え可能な外板パネルの設定により、S660とはまた違った楽しみをもつ軽オープンカーとなる。

過去記事(2013/12/05)

ホンダ・S660の発売は2015年が目標、軽自動車MRオープンスポーツカー

ホンダS660が2015年に発売予定、ビート後継のMRオープンスポーツカー

今年の東京モーターショー2013は、軽自動車規格の小さなスポーツカーも見所であった。ダイハツが外装着せ替えが可能なRmz、Xmzの出展で注目を集めるなか、ホンダはビート後継車に相当する正統派スポーツカーとしてS660コンセプトを発表した。

S660

S660のデザインのベースとなったのは前回2011年の東京モーターショーで発表されたコンセプトカーのEV-STER。電気自動車であったEV-STERに対して、このS660は660cc未満のガソリンエンジンをミッドシップに搭載している。軽自動車規格に則った仕様となったことから、2015年が目標とされる市販化へ一歩近づいたコンセプトカーと考える。

ホンダS660 ホンダ S660 東京モーターショー2013

S660は軽自動車向けガソリンエンジンをミッドシップに搭載

新型S660のエクステリアデザインは、前回発表のEV-STERから2年が経過したもののその方向性は殆ど変わらないと感じた。ただし、フロントグリルはラジエター冷却のために大型化したほかリアフェンダー手前には吸気口が現れ、パワートレインが電気モーターからMRの内燃機関に変更されたことが外観からも認められる。

S660 ミッドシップ

気になるトランスミッションのタイプについては発表はなかった。しかしミッドシップということでアクティやバモスとのコンポーネント共用を想定すれば、5MTの採用も期待してもよいのではなかろうか。もちろんオートマチックトランスミッションとしてCVT(あるいはDCT)の設定はあるだろう。

S660 東京モーターショー S660 ミッドシップ オープン スポーツカー

見ての通りオープンカーであるわけだが、そのルーフ機構については詳細が発表されていない。重量やコストの問題からソフトトップ式になる可能性が高いと考える。

S660 ビート後継車 東京モーターショー2013

S660のインテリアはタッチパネル式のコントロール類が近未来的な印象を与える。

ホンダがS660を東京モーターショー2013で発表、ビート後継の軽オープンスポーツ

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先