car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

投稿日:2017/01/15 更新日:

S660のプレミアムバージョンが登場、ラグジュアリーMRオープンスポーツ

ホンダは東京オートサロン2017で、S660をベースにしたカスタマイズモデルとしてBruno Leather Editionを発表した。

(写真はS660 Bruno Leather Edition)
S660 ブルーノ レザー エディション

様々なカスタムカーが出品される東京オートサロンであるが、中にはメジャーメーカーによる市販予定車も含まれている。このS660 Bruno Leather Editionもその一つ。ベースとなるS660はホンダが2015年に発売した軽自動車規格のMRオープンスポーツカーで、趣味のセカンドカーとして維持費用の安さから手が届きやすいモデルとして注目される。

S660 フロントグリル S660 Bruno Leather Edition リアコンビネーションランプ

ホンダ・S660 Bruno Leather Editionは市販される、発売日は2017年春に予定

S660のライバルは2014年に発売されたダイハツ・コペンである。こちらはFF駆動で、電動ハードトップを装備するなど、軽自動車の規格内でラグジュアリーな方向にベクトルが向けられたモデルであった。軽オープンという括りでライバルと言われつつも純スポーツ志向のS660とは方向性が大きく違った。

S660 Bruno Leather Edition インテリア S660 レザーシート

今回のS660 Bruno Leather Editionは、従来のS660が持つスポーツ性能を残しつつもラグジュアリーな装備で飾られたモデルとなる。専用のタン色レザーシートと高級感あるベルベットマルーンメタリックのボディカラーをメインにプレミアムカーの要素が加えられた。この他、オールブラックのアルミホイールやインパネ周りも専用品となる。これまでのS660では購買意欲が湧かなかったファンにも是非一度見ていただきたいモデルとなる。

ホンダ S660ブルーノ レザーエディション

S660 Bruno Leather Editionの発売時期は2017年春を予定している。

#1 a2017/01/16(Mon)23:38:22
これはテコ入れにならんでしょ、せめて普通のナビ付けられるOP用意しないと
かくあるべきだってホンダは、こういうの頑なに変えないんだよな
あと丸目にした方が売れると思う。
#2 匿名さん2017/01/17(Tue)00:15:47
丸目とか嫌過ぎる。
#3 匿名さん2017/01/17(Tue)18:39:34
丸目ならビートルが良いと思う。
#4 匿名さん2017/01/18(Wed)22:44:01
これはこれで格好良いいのでは?
レザー仕様もいいが、通常のハードトップモデル(あったかな?)や4シーターモデルなんかあるとファミリー層の人も奥さんに言い訳しやすいのに…
#5 匿名さん2017/02/16(Thu)19:27:06
4シーターモデルって無理でしょ

名前(任意)
コメント

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

ホンダS660が4月2日正式発売、β198万円、α218万円、Concept Edition238万円

ホンダ・S660発売迫るも、東京オートサロンではコンセプトカーの出展に留まる

ホンダ新型S660が発売予定、市販型が2015年2月に正式発表の見込み

S660の発売日は2015年1月の見込み、ホンダ ビート後継の軽オープンスポーツ

S660市販モデル2014年内発表か、タルガトップでルーフ開閉よりボディ剛性を重視

ホンダS660は2015年の発売見込み、ビート後継のライトウェイト軽スポーツカー

ホンダ・S660の発売は2015年が目標、軽自動車MRオープンスポーツカー

ホンダがS660を東京モーターショー2013で発表、ビート後継の軽オープンスポーツ