car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ホンダ・S660発売迫るも、東京オートサロンではコンセプトカーの出展に留まる

S660の特別仕様車、東京モーターショー仕様車が限定660台で先行予約スタート

S660はホンダが新たに市場投入させる軽自動車規格のスポーツカーである。2013年11月に開催された東京モーターショーでS660 CONCEPTが公開されて以来、ファンの間では市販モデルの登場が待たされていたが、もう間もなくで正式発売に至る段階に来た。

(写真はS660コンセプト、東京オートサロン2015)
S660 東京オートサロン

まずは、東京モーターショー仕様車と名付けられた特別仕様車が先行して発売される見込み。その名からも東京モーターショーで公開されたコンセプトモデルに近い仕様となることが予想され、こちらは来月2015年2月にも予約受注がスタートされる計画となっている。限定数は660台で、早ければ2015年4月にも納車が開始されるだろう。

S660 東京オートサロン 2015

また、先日の東京オートサロン2015では発売に向けたプロモーションとして、これまで公開されたものとは別色のS660 CONCEPTが出展された。そろそろ市販プロトが拝めるのかと期待していたファンにとっては少し物足りなさを感じる内容であった。

(写真はS660コンセプト、東京モーターショー2013)
S660 ミッドシップ S660 東京モーターショー

S660をベースにS1000を開発中か、ワイドボディ+リッターエンジン

市販型S660のボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1150mmとなり軽自動車規格に収められる。実は写真のコンセプトモデルのサイズは軽自動車規格を上回っているようで、市販型はこれより少し小さくなる。

S660 ミッドシップ オープン スポーツカー S660 ビート後継車 東京モーターショー2013

エンジンに関しても最高出力64psの軽自動車向け直3ターボの採用となる。さらに、このS660をベースにワイドボディ化したS1000なるモデルが海外向けに開発中との噂もあり、こちらの日本発売も望まれるところだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント