car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ホンダ・S660の発売は2015年が目標、軽自動車MRオープンスポーツカー

ホンダS660が2015年に発売予定、ビート後継のMRオープンスポーツカー

今年の東京モーターショー2013は、軽自動車規格の小さなスポーツカーも見所であった。ダイハツが外装着せ替えが可能なRmz、Xmzの出展で注目を集めるなか、ホンダはビート後継車に相当する正統派スポーツカーとしてS660コンセプトを発表した。

S660

S660のデザインのベースとなったのは前回2011年の東京モーターショーで発表されたコンセプトカーのEV-STER。電気自動車であったEV-STERに対して、このS660は660cc未満のガソリンエンジンをミッドシップに搭載している。軽自動車規格に則った仕様となったことから、2015年が目標とされる市販化へ一歩近づいたコンセプトカーと考える。

ホンダS660 ホンダ S660 東京モーターショー2013

S660は軽自動車向けガソリンエンジンをミッドシップに搭載

新型S660のエクステリアデザインは、前回発表のEV-STERから2年が経過したもののその方向性は殆ど変わらないと感じた。ただし、フロントグリルはラジエター冷却のために大型化したほかリアフェンダー手前には吸気口が現れ、パワートレインが電気モーターからMRの内燃機関に変更されたことが外観からも認められる。

S660 ミッドシップ

気になるトランスミッションのタイプについては発表はなかった。しかしミッドシップということでアクティやバモスとのコンポーネント共用を想定すれば、5MTの採用も期待してもよいのではなかろうか。もちろんオートマチックトランスミッションとしてCVT(あるいはDCT)の設定はあるだろう。

S660 東京モーターショー S660 ミッドシップ オープン スポーツカー

見ての通りオープンカーであるわけだが、そのルーフ機構については詳細が発表されていない。重量やコストの問題からソフトトップ式になる可能性が高いと考える。

S660 ビート後継車 東京モーターショー2013

S660のインテリアはタッチパネル式のコントロール類が近未来的な印象を与える。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント