car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

三菱eKスペース、カスタムがマイナーモデルチェンジでフェイスリフト

eKスペースが後期型へマイナーチェンジ、新エクステリアを採用

三菱・eKスペース、eKスペース カスタムがマイナーモデルチェンジを受けて2016年12月21日に発売となった。

(写真は新型eKスペース)
ekスペース

eKスペースシリーズは、日産と三菱が立ち上げたNMKV社により開発製造され、2014年3月に発売されたモデル。今回、販売期間3年弱というタイミングで後期型へ移行することになり、フロントデザインを大きく変えることでイメージが一新された。

三菱・eKスペースの姉妹モデル、日産・デイズルークスもマイナーモデルチェンジ

新型eKスペースのフロントデザインは、左右ヘッドランプ間を繋ぐグリルを廃し、フロントバンパーで上下に区切られたダブルフレームグリルが採用された。ダイハツ・タント風に仕上げられ、以前のスポーティイメージから一転し、ファニーな顔立ちが与えられる。顧客ターゲットをより女性に絞り込んだ印象だ。

(写真は新型eKスペース カスタム)
ekスペース カスタム

その分、新型eKスペースカスタムの方は、より男性ユーザーに好まれるエクステリアに仕上げられている。フロントグリルは三菱エンブレムが置かれるラインから大型の横桟メッキグリルがシンプルに配置される。ミニバンカスタムモデル風のフェイスが与えられた。

(写真は新型デイズルークス ハイウェイスター)
日産デイズルークス

姉妹モデルの日産・デイズルークスもマイナーモデルチェンジとなる。

最近のスーパーハイト軽ワゴン市場では、スズキがスペーシア カスタムZを発売し、男性ユーザーを意識した押し出し感の強いデザインのモデルがラインアップに加わっている。販売台数では、タントとホンダ・N-BOXが二強状態で同市場をリードしており、販売下位ブランドはエクステリアで存在感のあるカスタムモデルを強化することで巻き返しを図る。

#1 匿名さん2016/12/23(Fri)07:06:59
おはようございます!
eKスペースとデイズルークスも、マイナーチェンジとなりましたね!

今後で三菱からはデリカD:5を、日産からはエルグランドとマイクロバスのシビリアン、そして商用車のNV200バネットとNV150 ADをフルモデルチェンジして欲しいので、よろしくです!
#2 匿名さん2016/12/28(Wed)12:59:16
三菱ネタの書き込みの少なさよ……

名前(任意)
コメント

過去記事(2016/10/29)

三菱・eKスペース、日産・デイズ ルークスがマイナーモデルチェンジ予定

eKスペースとデイズルークスがマイチェン、三菱自動車燃費不正問題からの販売回復に期待

eKスペースとデイズ ルークスが2016年内にマイナーモデルチェンジを受ける見込みとなった。

(写真は現行eKスペース)
三菱 eKスペース

2014年2月に発売されたeKスペースは、三菱と日産の協業による軽自動車専業会社、NMKV社により提供されるモデルである。実際の開発および製造は三菱自動車が主体となっており、OEMモデルとして日産ブランドからもデイズルークスとして販売される。

(写真はデイズルークス)
日産 デイズ ルークス デイズ ルークス リアコンビネーションランプ

2016年の三菱自動車の燃費不正問題は、燃費データの不正に気付いた日産が三菱自動車を告発したことに始まった。このeKスペース/デイズルークスはその発端となったモデルの一つでもある。

一時は販売が停止となっていたが、その後、JC08モード燃費を定められた方法で測定し表記することで販売を再開している。当初予定していたマイナーモデルチェンジは延期せざるを得なくなったが、2016年12月にも実施される見通しとなった。

eKスペースカスタム後期型はラグジュアリーエクステリア、燃費性能の向上も期待

eKスペースおよびデイズルークスのJC08モード燃費は22.0km/Lが最高となっている。同クラスのライバルモデルを見渡すと、スズキ・スペーシアが32.0km/L、ダイハツ・タントが28.0km/L、ホンダ・N-BOXが25.6km/Lといった状況となっている。今回のマイナーモデルチェンジによりいくらかの向上を期待したいところだ。

(写真は現行eKスペースカスタム)
eKスペースカスタム eKスペース カスタム リアコンビネーションランプ

後期モデルということでエクステリアも新しくなる。特に上級のekスペースカスタムでは大型メッキグリルが採用され、従来のスポーティからラグジュアリーなイメージに切り替わる見込みだ。

過去記事(2016/07/09)

三菱 eKワゴン、eKカスタム、eKスペース、eKスペースカスタムの販売を再開

三菱自動車が軽自動車eKシリーズの販売再開、JC08モード燃費は大幅減

三菱自動車はJC08モード燃費を意図的に水増しして表示していたとして、軽自動車のeKワゴン、eKカスタム、eKスペース、eKスペースカスタムの販売を2016年4月20日より停止していた。今回、JC08モード燃費の表記を改め2016年7月5日より販売が再開された。

(写真はeKワゴン)
eKワゴン

eKワゴン、eKカスタムのJC08モード燃費は最高モデルで25.8km/Lとなり、従来表示の30.4km/Lから大幅に下げられた。

eKワゴン JC08モード燃費 eKカスタム JC08モード燃費 eKスペース JC08モード燃費

他社同クラスでは、ダイハツ・ムーヴが31.0km/L、スズキ・ワゴンRが33.0km/L、ホンダ・Nワゴンが29.4km/Lでいずれも30km/L前後の水準となっている。これらの数値と並べると、eKワゴンとeKカスタムの燃費性能の悪さが目立つ結果となった。

(写真はeKスペース カスタム)
eKスペースカスタム eKスペース カスタム リアコンビネーションランプ

トールワゴンタイプのeKスペースとeKスペースカスタムは、最高モデルで22.0km/LのJC08モード燃費となった。従来表示は26.0km/Lであったからこれも大きく値を下げた。ライバルモデルのJC08モード燃費はダイハツ・タントが28.0km/L、スズキ・スペーシアが32.0km/L、ホンダ・N-BOXが25.6km/Lといった状況で、いずれもeKスペースより優れている。

三菱自動車がユーザーに対して支払い、燃費詐称の損害賠償金は1台あたり10万円

eKシリーズの燃費表示が変更されたことで、エコカー減税率も変わることになる。そのユーザー負担増の肩代わりと謝罪の意を込めて、販売期間2013年5月から2016年4月21日のekシリーズ一台あたり10万円を三菱自動車がユーザーへ損害賠償という形で支払うとしている。なお、残価設定型クレジット、リース契約、過去の使用者であった方については、その期間の応じて1年あたり1万円が支払われる。

過去記事(2016/04/21)

三菱自動車燃費不正、eKワゴン、eKスペース、デイズ、デイズルークス販売停止

eKシリーズ、デイズシリーズの販売は停止、再開はされるのか?

三菱自動車の軽自動車eKワゴン、eKスペースおよびそのOEMモデルの日産自動車のデイズ、デイズルークスにおける燃費不正が発覚した。現在は両社のいずれのモデルとも販売停止となっており、ウェブサイトの商品ページは閉鎖されている状況だ。燃費不正の対象台数は62万5000台と影響は大きい。

(写真は三菱・eKワゴン)
eKワゴン eKワゴン リアコンビネーションランプ

三菱と日産は軽自動車事業の協業のため、2011年にNMKV社を共同出資により設立。以降、2013年にeKワゴンとデイズ、2014年にeKスペースとデイズルークスを発売し、2016年内にも新たな軽自動車を市場投入する予定であった。

(写真は日産・デイズ)
デイズ デイズ リアコンビネーションランプ

そんな中発覚した燃費不正であるが、これを指摘したのは日産サイドの技術陣であるという。三菱自動車からOEM供給されるモデルの燃費性能が仕様を満たさないことから、原因を調査したところ、シャシーダイナモの抵抗値を意図的に誤ったものを使用し、燃費性能を偽っていたことが明るみとなった。

(写真は三菱・eKスペース)
eKスペースカスタム eKスペース カスタム リアコンビネーションランプ

三菱自動車と日産の軽自動車協業はどうなる?年内のニューモデル発売は中止か?

NMKV社を設立したものの、実際の開発生産は三菱自動車が担っていた。つまり日産は、三菱自動車によって捏造された燃費データに騙されていたことになり、今後のNMKV社の存続および新モデルの発売に影響が出そう。もちろん何より騙されたのはこれらのモデルを購入した消費者ということになり、その補償について注目されることになる。

(写真は日産・デイズルークス)
日産 デイズ ルークス デイズ ルークス リアコンビネーションランプ

また三菱自動車は、登録車を含めた他のモデルについても、今回のケースと同様に誤った測定方法を用いていた疑惑があり、燃費不正の対象モデルがさらに増える可能性がある。

過去記事(2015/06/08)

eKスペースが燃費性能アップでJC08モード26.2km/Lへ、新色ツートーンスタイル

eKスペースが一部改良、新色ツートンスタイルの追加でトレンドに追従

三菱の軽自動車、eKスペースとeKスペース カスタムが2015年04月23日に一部改良を受けリニューアルされた。

(写真はeKスペース 2トーンスタイル)
eKスペース 2トーンスタイル

eKスペース シリーズは2014年に発売されたモデル。全高1775mmという背高いBOX型軽ワゴンとなっており、主にダイハツ・タントの対抗モデルとして位置付けられる。
(写真はeKスペース カスタム 2トーンスタイル)
eKスペース カスタム

スーパートール軽ワゴンとも呼ばれるこのセグメントは、各軽自動車メーカーがタントの対抗馬を立ててきており、スズキ・スペーシア、ホンダ・N-BOXといった競合がひしめく。これらに対し後発モデルとなるeKスペースは、姉妹モデルの日産・ディズルークスとともにシェアを奪っていく構えだ。

(写真はライバルのダイハツ・タント)
ダイハツ タント

新型eKスペースはアイドリングストップシステムの性能アップと普及拡大で燃費性能が向上

さて、今回のeKスペースの一部改良は、アイドリングストップ性能の向上が主なトピックとなっている。NAエンジン搭載の2WDモデルは、エンジン停止速度を従来型9km/hから新型13km/hへ向上させ、JC08モード燃費は最高26.2km/Lを達成。

また、ターボエンジンモデルも新たにアイドリングストップを導入し、JC08モード燃費24.0km/Lを達成している。

新しくなったeKスペースの車両価格は、消費税込み125万9280円からとなる。

また、新たなカラーリングとしてルーフ別色のツートンスタイルが追加された。スズキの軽クロスオーバーSUV、ハスラーの大ヒット以降、ルーフ別色カラーが人気となっており、eKスペースもこのトレンドに追従した。

過去記事(2014/01/05)

デイズルークスの車両価格は124万0050円から、予約受け付け中、正式発表は2月

新型デイズルークスの車両価格情報は2月に公式発表あり、アイドリングストップ装備

日産の新型軽自動車デイズルークスの予約受付が開始されている。ティザーサイトが既に開設しており、公式発表は2014年2月になるとのこと。

デイズルークス

新型デイズルークスは2013年11月に開催された東京モーターショーで完成車体が既に公開されていた。三菱の新型eKスペースと車体の多くが共通化されたOEM車ということになる。

日産 デイズルークス ハイウェイスター

少し高いデイズルークスの価格設定、ライバル3強のシェアを奪うのは難しいか

非公式ながらもデイズルークスの価格情報がインターネット上で出始めている。
これによると、エントリーモデルのグレードS(FF)は消費税込み124万0050円からという設定となっている。ライバルとなる他社製スーパーハイト軽ワゴン車らと比較すると、ダイハツ・タントが最安の117万円、スズキ・スペーシアが122万8500円、ホンダ・N BOXが123万9900円となっており、新型デイズルークスが最も高い車体価格ということになる。

デイズルークス 運転席

この他に装備の充実したグレードXが133万8750円、ハイウェイスターSが145万7400円、ハイウェイスターGが152万4600円、ハイウェイスターX Gパッケージが159万4950円と続き、さらにハイウェイスターにはターボモデルが173万4600円から用意される。
4WDはそれぞれに11万7600~11万9700円の上乗せで設定される。

デイズルークス 後席

全体的にデイズルークスの商品力、ブランド力に対してやや強気の価格設定と感じたが、すでに販売されているデイズのラインアップでは、低価格グレードのJが設定されており、デイズルークスもこれに準じたモデルが追加発売される可能性もあるだろう。

三菱のeKスペースもデイズルークスと同様の価格、グレード構成になることが予想される。

(写真は三菱eKスペース カスタム)
新型eKスペース カスタム

また、日産デイズルークスの燃費性能はアイドリングストップの装備により、JC08モード28.4km/Lという噂も出回っている。タントが28km/L、パレットが29km/Lという中では、業界水準を達成した印象だ。

過去記事(2013/12/06)

日産デイズルークス、三菱eKスペースが2014年初頭に発売、スーパーハイト軽ワゴン

デイズルークスとeKスペースが2014年1月にも発売される計画

軽自動車税の見直しが検討されており、増税となる可能性が出てきた。しかし、それでも登録車と比較すれば有利な税制であることから、軽自動車の人気はまだ続きそうである。そんななか日産と三菱の協業によるNMKV社による新型軽自動車が来年2014年初頭にも発売される計画となっている。。

新型eKスペース カスタム

上の写真は三菱・eKスペース カスタム。フロントデザインがデリカD5調のメッキ縦桟グリルが採用されているのが三菱らしい特徴である。トッポ後継車としての役割を果たす。

一方で日産側ではデイズルークス(写真はハイウェイスター)として販売される。既に販売が終了したルークスの後継車となる。ルークスはスズキが生産していたが、このデイズルークスはNMKV社から車体供給を受けることになる。

デイズルークス ハイウェイスター 日産 デイズルークス ハイウェイスター

新技術としてはバッテリーアシストシステムが導入され、燃費性能の向上に貢献することになる。

リアシートは左右セパレートのスライド機構を備える。後席を倒したラゲッジには27インチの自転車が収納可能である。
eKスペース リアシート

(三菱・eKスペース 標準グレード)
三菱 eKスペース eKスペース 内装

日産デイズルークスと三菱eKスペースのライバル車

新型デイズルークス及びeKスペースのライバル車として挙げられるのは、ダイハツ・タント、スズキ・パレット、ホンダ・N-BOXといった全高1.7mを超えるスーパーハイト軽ワゴンら。価格や性能面を含めてこれらライバル車とほぼ拮抗すると思われる。
ただし新型車はブランド力がまだまだ弱い。値引きを含めた実売価格では、ややお得感のある設定を期待したいものである。

eKスペース カスタム Bピラー
ライバルのタントは助手席側ピラーレス構造であるが、デイズルークス&eKスペースはピラー有りの構造となる。

過去記事(2013/10/08)

eKスペース&デイズルークスを予告、日産と三菱がタントのモデルチェンジに対抗

三菱・eKスペースと日産・デイズルークス、NMKVのハイトワゴン型軽自動車

三菱・eKスペースと日産・デイズルークスの画像が2013年10月3日行われたが、この日はダイハツ・タントが約6年ぶりのフルモデルチェンジを行った日でもあった。三菱と日産が合同で立ち上げた軽自動車事業、NMKV社がダイハツへの対抗として、今回の発表を行ったことは明らかだろう。

(写真はeKスペース)
ekスペース

ただし、eKスペース&デイズルークスの燃費性能などを含めた詳細スペックは未発表であった。ただ単に開発が遅れているというよりも、タントを確実に上回るスペックで発売日までに仕上げてくる狙いがあると考える。

(写真はeKスペースカスタム)
ekスペース カスタム

eKスペースとデイズルークスのJC08モード燃費は28km/L超が課題

eKスペース&デイズルークスに採用される装備としては両側スライドドアや後席空調機能のリヤサーキュレーターなどが明らかとなっており、室内が広いだけでなく使い勝手の良いハイトワゴンタイプの軽自動車となりそうだ。

(写真はデイズルークス)
デイズルークス

また、ライバルのタントのJC08モード燃費は28.0km/Lであった。eKスペース&デイズルークスは、この数値を参考に採用される燃費改善策が調整され、28km/Lを上回る燃費性能でデビューすることが予想される。

(写真はデイズルークス ハイウェイスター)
デイズルークス ハイウェイスター

eKスペース&デイズルークスは、2013年11月23日から一般公開される東京モーターショーで参考出品される予定となっており、このとき市販モデルに近い車体が披露されることになるだろう。その後、来年2014年1月にはスペックと価格が決定され、発売開始となる見込み。消費税増税前の駆け込み需要に発売を間に合わせたい考えだ。

日産・ルークス/三菱・トッポ後継の軽自動車が2013年度内に発売計画

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先