car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

三菱eKスペース、カスタムがマイナーモデルチェンジでフェイスリフト

投稿日:

eKスペースが後期型へマイナーチェンジ、新エクステリアを採用

三菱・eKスペース、eKスペース カスタムがマイナーモデルチェンジを受けて2016年12月21日に発売となった。

(写真は新型eKスペース)
ekスペース

eKスペースシリーズは、日産と三菱が立ち上げたNMKV社により開発製造され、2014年3月に発売されたモデル。今回、販売期間3年弱というタイミングで後期型へ移行することになり、フロントデザインを大きく変えることでイメージが一新された。

三菱・eKスペースの姉妹モデル、日産・デイズルークスもマイナーモデルチェンジ

新型eKスペースのフロントデザインは、左右ヘッドランプ間を繋ぐグリルを廃し、フロントバンパーで上下に区切られたダブルフレームグリルが採用された。ダイハツ・タント風に仕上げられ、以前のスポーティイメージから一転し、ファニーな顔立ちが与えられる。顧客ターゲットをより女性に絞り込んだ印象だ。

(写真は新型eKスペース カスタム)
ekスペース カスタム

その分、新型eKスペースカスタムの方は、より男性ユーザーに好まれるエクステリアに仕上げられている。フロントグリルは三菱エンブレムが置かれるラインから大型の横桟メッキグリルがシンプルに配置される。ミニバンカスタムモデル風のフェイスが与えられた。

(写真は新型デイズルークス ハイウェイスター)
日産デイズルークス

姉妹モデルの日産・デイズルークスもマイナーモデルチェンジとなる。

最近のスーパーハイト軽ワゴン市場では、スズキがスペーシア カスタムZを発売し、男性ユーザーを意識した押し出し感の強いデザインのモデルがラインアップに加わっている。販売台数では、タントとホンダ・N-BOXが二強状態で同市場をリードしており、販売下位ブランドはエクステリアで存在感のあるカスタムモデルを強化することで巻き返しを図る。

#1 匿名さん2016/12/23(Fri)07:06:59
おはようございます!
eKスペースとデイズルークスも、マイナーチェンジとなりましたね!

今後で三菱からはデリカD:5を、日産からはエルグランドとマイクロバスのシビリアン、そして商用車のNV200バネットとNV150 ADをフルモデルチェンジして欲しいので、よろしくです!
#2 匿名さん2016/12/28(Wed)12:59:16
三菱ネタの書き込みの少なさよ……

名前(任意)
コメント

三菱eKスペース、カスタムがマイナーモデルチェンジでフェイスリフト

三菱・eKスペース、日産・デイズ ルークスがマイナーモデルチェンジ予定

三菱 eKワゴン、eKカスタム、eKスペース、eKスペースカスタムの販売を再開

三菱自動車燃費不正、eKワゴン、eKスペース、デイズ、デイズルークス販売停止

eKスペースが燃費性能アップでJC08モード26.2km/Lへ、新色ツートーンスタイル

デイズルークスの車両価格は124万0050円から、予約受け付け中、正式発表は2月

日産デイズルークス、三菱eKスペースが2014年初頭に発売、スーパーハイト軽ワゴン

eKスペース&デイズルークスを予告、日産と三菱がタントのモデルチェンジに対抗

日産・ルークス/三菱・トッポ後継の軽自動車が2013年度内に発売計画