car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

レクサス次期CT200hが開発中、正常進化を遂げ派生SUVのUXシリーズも新設

CT200hは2017年フルモデルチェンジに向けて準備中、ハイブリッドとターボ

レクサスでは、次期CTシリーズの開発が進められており、2017年内のフルモデルチェンジ発売が見込まれる。

(写真は現行CT200h)
レクサスCT200h

まずは、2017年1月の北米国際オートショーで、次期CTを予告するコンセプトモデルの出展が予想される。

レクサス CT200h ジュネーブ2016 CT200h リアコンビネーションランプ

次期型もプレミアムハッチバックという基本的な方向性は変わらない。パワートレインもハイブリッドが主力となり、プリウスで先行して導入された新型ハイブリッドが採用されることは想像に難くない。駆動用バッテリーも現行のニッケル水素式からリチウムイオン式へ切り替わるだろう。

(写真は8AR-FTS型エンジン)
2.0L ターボエンジン トヨタ レクサス

これに加えて、ダウンサイジングターボエンジン搭載車の設定も考えられる。直4 2.0Lターボの8AR-FTS型ユニットは、既にNX200t、IS200t、RX200t、RC200tとして多くのレクサスモデルでの採用実績がある。これにCT200tが加われば、比較的軽い車体重量と相まってプレミアムホットハッチモデルとして注目されるはず。

この他、新開発の1.6Lターボエンジン車の導入を予想する声もある。

CTをベースに開発されるクロスオーバーSUV、新型UXシリーズもラインアップ

そして次期CTをベースにしたクロスオーバーSUVの姉妹モデルとしてUXシリーズが新設される予定となっている。

ライバルとなるドイツ系プレミアムブランドを見てみると、メルセデスベンツがAクラス/GLAを、BMWが1シリーズ/X1を、アウディがA3/Q3をラインアップしている。このクラスにおいてハッチバックモデルをベースにしたクロスオーバーSUVモデルを置くことは当然の流れでもある。

(写真はインフィニティQX30)
インフィニティ QX30 インフィニティ QX30リアコンビネーションランプ

そんな中、日系ブランドからはインフィニティがQ30/QX30を市販する段階に来ており、これらは日本市場でも日産ディーラーを通した販売が見込まれている。次期CTおよびUXの直接的なライバルとなるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

車名

CT

CT

代表グレード

CT200h 特別仕様車 ブラックシークエンス

CT200h

発売日

2018年8月

2017年8月

型式

DAA-ZWA10

DAA-ZWA10

ボディ形状

5ドア ハッチバック

5ドア ハッチバック

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4355

4355

全幅(mm)

1765

1765

全高(mm)

1460

1450

ホイールベース(mm)

2600

2600

トレッド 前(mm)/後(mm)

1525/1520

1535/1530

室内長(mm)

1765

1765

室内幅(mm)

1470

1470

室内高(mm)

1135

1135

車両重量(kg)

1440

1380

エンジン型式

2ZR-FXE

2ZR-FXE

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1797

1797

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

80.5×88.3

80.5×88.3

最高出力

99ps(73kW)/5200rpm

99ps(73kW)/5200rpm

最大トルク

14.5kg・m(142N・m)/4000rpm

14.5kg・m(142N・m)/4000rpm

圧縮比

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

45

45

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

26.6

30.4

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット

マクファーソンストラット

サスペンション(リア)

ダブルウィッシュボーン

ダブルウィッシュボーン

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

215/45R17

195/65R15 91S

タイヤサイズ(リア)

215/45R17

195/65R15 91S

最小回転半径(m)

5.2

5.0

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

4,090,000円

3,770,000円

車名

CT

CT

代表グレード

CT200h バージョンC

CT200h Fスポーツ

発売日

2017年8月

2017年8月

型式

DAA-ZWA10

DAA-ZWA10

ボディ形状

5ドア ハッチバック

5ドア ハッチバック

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4355

4355

全幅(mm)

1765

1765

全高(mm)

1460

1460

ホイールベース(mm)

2600

2600

トレッド 前(mm)/後(mm)

1525/1520

1525/1520

室内長(mm)

1765

1765

室内幅(mm)

1470

1470

室内高(mm)

1135

1135

車両重量(kg)

1420

1440

エンジン型式

2ZR-FXE

2ZR-FXE

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1797

1797

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

80.5×88.3

80.5×88.3

最高出力

99ps(73kW)/5200rpm

99ps(73kW)/5200rpm

最大トルク

14.5kg・m(142N・m)/4000rpm

14.5kg・m(142N・m)/4000rpm

圧縮比

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

45

45

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

26.6

26.6

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット

マクファーソンストラット

サスペンション(リア)

ダブルウィッシュボーン

ダブルウィッシュボーン

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

205/55R16 91V

215/45R17 87W

タイヤサイズ(リア)

205/55R16 91V

215/45R17 87W

最小回転半径(m)

5.2

5.2

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

3,990,000円

4,400,000円

過去記事(2016/05/05)

レクサスCTシリーズが2017年春頃のフルモデルチェンジ、TNGAプラットフォーム

CT200h来春フルモデルチェンジへ、新型1.8L THSⅡを採用

最近のレクサスでは、新型LCシリーズや次期LSシリーズを予告するコンセプトモデルなど上位モデルの動きが激しかった。一方でエントリーモデルのCTシリーズについては2017年春頃を目処にフルモデルチェンジされる見込みとなっており、これから注目されることになる。

(写真はレクサス現行CT200h)
レクサスCT200h

CT200hはCセグメントクラスを守備範囲とするレクサスの入門モデル。5ドアハッチバックのボディ形状で、ライバルとしてはメルセデス・Aクラス、BMW 1シリーズといったドイツ系プレミアムブランドのエントリーモデルが挙げられる。

CT200hフロントグリル レクサス CT200h ジュネーブ2016

新型THSⅡは他モデルへも波及、しばらくはプリウスの生産に力が注がれる

現行CT200hに搭載されるパワートレインは、先代型プリウスと同タイプの1.8LのTHSⅡで2ZR-FXE型と呼ばれるもの。このTHSⅡは、昨年のプリウスのフルモデルチェンジで新世代型が導入されていおり、燃費特性が大幅に向上している。1.8LのTHSⅡは他に、オーリス、ノア、ヴォクシー、エスクァイアにも採用されているが、現在のところ新世代型が導入されているのはプリウスのみ。次に導入されるのはレクサスCTということになり、来春頃に実現されるだろう。

CT200h リアハッチ CT200h リアコンビネーションランプ

新世代THSⅡへの切り替えペースが遅いようにも感じるが、新型プリウスが月販2~3万台ペースで販売されている現状を考えると、他モデルにまで手が回らないということだろうか。特にオーリスハイブリッドについては、日本仕様は発売されたばかりとなっており、おそらくフルモデルチェンジまで新世代THSⅡの導入がされそうにない。

過去記事(2013/12/24)

新型レクサスCT200hがマイナーチェンジでスピンドルグリル搭載、1月16日発売

CT200hがビッグマイナーモデルチェンジ、東京モーターショーで最新モデル公開

レクサスはCT200hのビッグマイナーモデルチェンジを2014年1月16日に計画している。写真は東京モーターショー2013で公開された新型CT200hである。

CT200h スピンドルグリル

新型CT200hのワールドプレミアの舞台として選ばれたのは、ここ東京ではなく同時期に開催された広州モーターショーであったわけだが、この広州の発表が終わるまで新型CT200hはベールに包まれた状態でレクサスブースの最前列にスタンバイされていた。

今回のレクサスブースでは、コンセプトモデルのLF-NXターボ、そして新型RCシリーズの市販モデルRC300hの発表がメインステージを飾ったこともあり、この新型CT200hの発表はメディアに大きく取り上げられることは少なかった。

しかし、レクサスでもエントリーハッチバックカーとして人気のあったCTシリーズが、ようやくスピンドルグリル化されるということで待望していたファンも多いはず。レクサスはGSシリーズ以来の新しいモデルを全てスピンドルグリルで統一してきており、これでIS Cを除く全てのモデルが変更を受けたことになる。

さらにフロントグリルに限らず、バンパーやL字型のリフレクターハウジングなどもデザインが変更された。

CT200h 東京モーターショー2013 CT200h レクサス

レクサスCT200h F SPORTは15万円の価格上昇、ベースグレードは値上げなし

今回展示された新型CT200hはF SPORTグレードのもの。こちらはスピンドルグリルにメッシュグリルが装着されており、見た目にもスポーティな印象が強い。価格は421万円からとなり、これは従来モデル比で15万円の価格アップとなる。

CT200h F SPORT

一方で、標準モデルは従来価格が維持され356万円からとなる。

CT200h マイナーモデルチェンジ

またインテリアも一新されており、特に目を惹くのは新型ISと共通する370mmのステアリングホイールである。これに二世代目に進化したリモート・タッチ・インターフェース、4.2インチTFTモニター(オプション)を組み合わせれば、現代的な走りは約束されたようなものである。

過去記事(2013/11/14)

レクサスがCT200hの新型スピンドルグリル画像を公開、広州モーターショー出展

CT200hがマイナーモデルチェンジで新型スピンドルグリルを採用

(画像は新型CT200h)
CT200h スピンドルグリル

レクサスのハイブリッドハッチバックカー、CT200hのマイナーチェンジが2014年1月16日にも行われる見込みである。それに先駆けて今月11月に開催される広州モーターショーでは、新型CT200hが出展されることになった。
レクサスはそのプレビュー画像を公表した。

新型CT200hはスピンドルグリル採用、メッシュグリルのF SPORTに期待

レクサスのエントリーカーとしてラインアップされるCT200h。主力のセダン車種に対して若々しいハッチバックボディでこれまで販売台数を伸ばしてきた。ライバルとして列挙される車種はメルセデスAクラスおよびBクラス、BMW1シリーズ、アウディA3とドイツの高級ブランドハッチバックカーが並ぶ。
そんななか、今回のCT200hのマイナーチェンジはレクサスのアイデンティティでもある新型スピンドルグリルが採用されるということでファンの期待も大きい。ただし、この新型CT200hの画像を見る限り、垢抜けない印象を持ってしまった。

新型CT200hに採用されるスピンドルグリルは、ブラックアウトされたバンパーとそれに上下して横桟グリルが配置されたもの。これはこれまで上級セダン車種を中心に採用されてきた新型ISシリーズよりも古いバージョンのスピンドルグリルと考え、比較的若年層をターゲットとするCT200hのイメージとは違和感があると感じた。ただし、Fスポーツはメッシュグリルが採用されることで、スポーティーな印象が強まることが期待できる。

レクサス CT200h マイナーモデルチェンジ

また、リアについてもバンパーデザインがリニューアルされている。

(写真は従来型CT200h)
レクサス CT200h ニューヨーク2013

CT200h レクサス

新型CT200hが出展されるのは広州モーターショーとしており、同時期に開催される東京モーターショーでの出展について言及されなかったのは残念。レクサスは東京モーターショーで新型RCとLF-NXターボの出展を予定している。

過去記事(2013/06/03)

レクサスCT200hがマイナーチェンジ、新型スピンドルグリル採用の可能性

CT200hに新型スピンドルグリルを装備、マイナーモデルチェンジを実施

レクサスのCT200hが2013年末にもマイナーチェンジを受ける見込みである。新型スピンドルグリルがフロントデザインに採用されると予想され、2010年にワールドデビューした現行モデルからイメージは大きく変わることになるだろう。
(写真は現行CT200h)
CT200h レクサス
CT200h LEXUS
最近のレクサスではISシリーズが2013年5月16日にフルモデルチェンジしたことが記憶に新しい。ISシリーズで採用されたシングルフレームタイプのスピンドルグリルは、レクサスがブランド発足当初から築き上げてきた高級感に加え、新鮮さやスポーティさを感じるものとなった。
(写真は新型IS300h。メッキパーツで装飾されたスピンドルグリルが特徴的である。)
IS300h スピンドルグリル

新型CT200hが東京モーターショーで公開される可能性

そもそもスピンドルグリルの発端となったのは現行CT200hであると言っても過言ではない。しかし、これはフロントバンパーによって上下が区切られたダブルフレームタイプのスピンドルグリルとなっている。ISシリーズにあるようなインパクトの強さは薄く、レクサス自身がまだスピンドルグリルのデザインに迷いがあったようにも感じる。
CT200h スピンドルグリル

CT200hはレクサス唯一の小型ハッチバックボディということもあって、車両価格の安いエントリー車種として発売当初から多くの台数を販売した。新型スピンドルグリルによるイメージチェンジによって、人気が再び盛り返すことが予想される。
マイナーチェンジ直前の2013年11月には東京モーターショーが控えていることから、同ショーで新型CT200hが公開される可能性が高いと考える。
この他、ハイブリッドシステムに改良が盛り込まれるかどうかも気になるところだ。現行CT200hは直4 1.8Lと60kWモーターによるTHSⅡが採用されており、これは現行プリウスと共通ユニットとなっている。

過去記事(2012/07/02)

レクサスCT200hベースの新型コンパクトSUVが開発中、2013年発売予定

CT200hと共通プラットフォームの新型SUV

レクサスのSUV、RXシリーズが今年2012年4月にビッグマイナーチェンジを迎え、新型スピンドルグリルを採用したフェイスアップが行われた。そのRXよりワンサイズ小さい新型SUVの開発がレクサスブランドで進められている。ボディサイズは、全長4.3m×全幅1.8m×全高1.6m程度と推定される。
この新型コンパクトSUVは、現在レクサスブランドで最も売れているCT200hのプラットフォームがベースとなる。新型SUVもCT200hと同様にハイブリッド専用車になる可能性が高く、1.8LのTHSⅡが搭載される見込みだ。
(写真はシャシーとハイブリッドシステムが共通となるCT200h)
レクサスCT200h

レクサス新型小型SUVは、燃費性能の良さでライバルを圧倒

(BMW・X1)
BMW X1 xdrive20i
新型SUVの燃費性能は、CT200hのJC08モード30.4km/Lには及ばないものの、プレミアムコンパクトSUVの中でナンバーワンになることは確実だ。
海外プレミアムブランドでは、近年多くの小型SUVをデビューさせてきた。直接的なライバルとなるのはBMW・X1、アウディ・Q3、フォルクスワーゲン・ティグアン。もう少し下の価格帯も含めると、プジョー・3008やルノー・コレオスも入ってくる。これらライバル車に対する圧倒的な燃費性能と、欧州や日本の市場で支持されやすいコンパクトなボディサイズにより、レクサスブランドの販売を支える車種となるのではと期待する。
(アウディ・Q3)
audi q3

CT200hベースの新型SUVの発売時期は、2013年の秋頃と予想されており、2013年11月に開催される東京モーターショーで、その姿を見ることができそうだ。

過去記事(2011/06/07)

ハイブリッドカー実用燃費ランキング6位~10位

ハイブリッドカー実用燃費ランキング1位~5位
ハイブリッドカー実用燃費ランキング11位~

ランキング6位~10位は上質感のある車種が多い

6位:レクサス CT200h 実燃費16.85km/L

(10・15モードカタログ燃費34.0km/L)
THS系ハイブリッドでプリウスの次に実燃費が良かったのは、レクサスの高級ハッチバックモデルCT200hである。
このクラスになるとドライバーも燃費運転というよりかは、走りを楽しむ走行をしがちだが、それでも低燃費をマークした。
ハンドリング性能も評価が高い。

7位:トヨタ SAI 実燃費14.99km/L

(10・15モードカタログ燃費23.0km/L)
SAIはトヨタブランドでのセダンボディのハイブリッド車である。
セダンのハイブリッドカーはホンダのシビックハイブリッドの方が歴史が長いが、セダンクラスでは車体が大きくより上質感のあるセグメントのSAIが断然人気がある。
THS系ハイブリッドながら2.4Lエンジン搭載でプリウスの1.8Lよりもハイパワーとなっている。

8位:レクサス HS250h 実燃費14.53km/L

(10・15モードカタログ燃費23.0km/L)
SAIと共通のハイブリッドシステムで燃費性能も同等。
レクサスブランドのオーナー層は燃費など気にしないのか、実燃費ではHS250hのほうが劣っていた。
レクサスの中では車体価格、車体サイズ共にお手ごろで人気車種となっている。

9位:日産 フーガハイブリッド 実燃費12.61km/L

(10・15モードカタログ燃費19.0km/L)
日産にハイブリッドカーがラインアップされていることは意外と知られていないが、ちゃんと量産車として販売されている。
リチウムイオン電池を量産ハイブリッドカーとしては初めて採用しており、THS系のニッケル水素電池よりもそのポテンシャルは高い。
THS系でも最近になってリチウムイオン電池を搭載したプリウスα(7人乗り)がデビューしている。

10位:トヨタ エスティマハイブリッド 実燃費12.35km/L

(10・15モードカタログ燃費20.0km/L)
ハイブリッドカーで12.35km/Lという実燃費は、そんなに燃費が良くないのではと思うかもしれないが、ノーマルのエスティマの実燃費は8.63km/Lである。
ざっくりいえば年間12万3500円のガソリン代が8万6300円になるわけだから、ハイブリッド化の低燃費効果は結構ある。
ただし、車体価格の差を相殺するのはかなりの距離を走らないと難しいか。

ハイブリッドカー実用燃費ランキング6位~10位 まとめ

ランキング上位は燃費性能を重視した車種が多かったが、6位~10位は主に上級セダンのハイブリッド車が姿を見せてきた。
元々この手の大きな車は燃費が悪いので、ランキング上位の小型の車種よりもハイブリッド化にする意義は大きい。
大きな車に乗る経済的余裕があるなら是非ともハイブリッドカーをお薦めしたい。