car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ダイハツがビーゴ後継モデルを計画中、トヨタにもラッシュ後継として供給

ビーゴ後継コンパクトSUVが開発中、ラッシュ後継モデルとしてOEM販売

ダイハツが東京モーターショー2017で発表したコンセプトカー、DN TRECをベースにした市販モデルが計画されている。

(写真はDN TREC)
DN TREC

これは2016年まで販売されていた小型SUV ビーゴの実質的な後継モデルと考えられる。
DN TREC ビーゴ後継車 リアコンビネーションランプ DN TREC ビーゴ後継車 東京モーターショー2017

ビーゴ&ラッシュ後継モデルで、ジュークのフルモデルチェンジに対抗

従来型ビーゴはトヨタにも車体供給されラッシュの車名で販売された。トヨタは2020年までにSUVラインアップの強化を計画しており、その中には販売が好調なC-HRの下にポジショニングされるBセグメントクラスの小型SUVも含まれる。つまりラッシュ後継モデルというわけで、これもダイハツによって生産されることになる。

(写真は従来型ラッシュ)
ラッシュ

インドネシアでは先月2018年1月に、ダイハツ新型テリオスとトヨタ新型ラッシュが共通車体でデビューした。ラッシュのモデル名が使われたが、これは全長4.4mクラスの3列シートモデルであったので、日本向けのラッシュ後継モデルはこれとは別車体となる。モデル名は継承されず新たなものが与えられるかもしれない。

(写真は新型ラッシュ、インドネシア仕様)
ラッシュ

同クラスのコンパクトSUVでは、日産・ジュークが約8年の販売期間を経て、2018年夏-秋期にフルモデルチェンジされる見込み。

(写真は次期ジュークコンセプト GRIPZ)
日産GRIPZ

初期型ジュークは、発売時にデザインやセールス面でも大きな注目を集めた実績があるだけに、これに対抗するモデルをラインアップすることは国内販売首位のトヨタにとって定石と言えよう。

#1 匿名さん2018/02/23(Fri)22:24:13
ジュークとは車格が違うと思います
ジュークには、既にC-HRを当ててると思いますがね
#2 匿名さん2018/02/23(Fri)22:28:02
これ、160万で、1.0Lターボとかだったら面白い
さらにFRだったら、変態
#3 匿名さん2018/02/23(Fri)22:31:01
#1
キャシュカイあるじゃん

そうだ、C-HRが飽きられた頃にキャシュカイ売れば、日産は簡単に儲けられるな
#4 匿名さん2018/02/23(Fri)22:36:12
ジュークはCMF-Bだと、なんかの雑誌に書いてあったぞ。嘘かもしれんが。
#5 匿名さん2018/02/23(Fri)22:41:15
♯4
現行マイクラと同じ、という意味だな
ま、そうかもな
#6 匿名さん2018/02/24(Sat)01:03:30
ジュークなんか、もう日本で売らないんだからさ・・・

サイズ的に「クロスビー」とか「イグニス」がライバルだろう?
#7 匿名さん2018/02/24(Sat)01:09:06
このこのジャンルは和状態だよ!
なんか、明らかな違いが欲しいな。
#8 匿名さん2018/02/24(Sat)01:12:42
いや、「A~BセグメントのSUV」は、スズキしかないじゃないか
トヨタグループが参戦するのは当然
遅いくらいだ
#9 匿名さん2018/02/24(Sat)08:37:19
イグニスの二番煎じ。
#10 匿名さん2018/02/24(Sat)09:26:03
オシャレな車は?
貧乏人「国産車」
DQN「ベンツ、レクサス」
意識高い系「BMW、ワーゲン」
おっさん「ポルシェ、フェラーリ

と、いう調査結果が
#11 匿名さん2018/02/24(Sat)09:27:06
二番煎じはトヨタ・ダイハツの専売特許
#12 匿名さん2018/02/24(Sat)09:50:14
どこへ行っても奇人・変人だらけ
#13 匿名さん2018/02/24(Sat)14:39:08
クロスビーに対抗して、キャストアクティバをデカくした車を出すかと思ってたが新規デザインか
ラッシュの後継とは言っても、ラッシュほどの性能はなく、あくまでデザイン上でのSUVってところだろう
#14 匿名さん2018/02/24(Sat)16:12:45
ビーゴ(ラッシュ)の後継名乗るんなら勿論、ラダーフレーム+センターデフだよなwww

まっさか、ただの生活四駆じゃねぇよなw
#15 匿名さん2018/02/25(Sun)11:53:41
草生やすほど嬉しいのはわかるよ
#16 匿名さん2018/03/02(Fri)10:44:52
ジムニーまでとは言わないまでも、硬派を期待
#17 匿名さん2018/03/03(Sat)08:48:59
リヤなんとなくVWっぽい
#18 匿名さん2018/03/05(Mon)06:09:48
FRベースなら面白い
#19 匿名さん2018/03/05(Mon)12:49:00
リアドアの開閉方法がこのままだと辻褄が合わない気が。
#20 匿名さん2018/03/05(Mon)13:21:58
コンセプトカーのリアドアが逆向きについてることをしたり顔で指摘するやつって、この先もずっといるんだろな
#21 匿名さん2018/03/10(Sat)06:52:47
今後の動向を見てみよう。

名前(任意)
コメント

過去記事(2017/11/19)

ダイハツ・DN TRECはビーゴ後継車を予告するモデルか、1.2Lハイブリッド搭載

DN TRECはスタイリッシュな欧州風エクステリア、インテリアは亀甲柄を多用

ダイハツからビーゴ後継車と予想されるコンセプトモデル、DN TRECが東京モーターショー2017で発表された。

(写真はDN TREC)
DN TREC ビーゴ後継

DN TRECのボディサイズは全長3980mm×全幅1695mm×全高1600mmとなる。現行ビーゴは全長4005mm×全幅1695mm×全高1690mmであるから、BセグメントのクロスオーバーSUVのサイズ感は維持される。次期型は大型化を受けることはなく、むしろダウンサイズの傾向にあることが予想される。

DN TREC ビーゴ後継車 東京モーターショー2017 DN TREC ビーゴ後継車 リアコンビネーションランプ

特に全高は大きく下げられており、スタイリッシュなシティSUV調に仕上げられた。このためキャビンスペースが犠牲となっており、後席はやや狭い印象である。

DN TREC ビーゴ後継車 シート DN TREC ビーゴ後継車 リアシート

インテリアではシート背もたれ、ドア内張り、センターコンソールなどと多くの部分で
亀甲文様が使われている。液晶ディスプレイが採用されたメーターパネルにおいてもフレーム枠は六角形である。

DN TREC ビーゴ後継車 インテリア DN TREC ビーゴ後継車

トヨタでのOEM販売も予想、ダイハツのパワートレイン技術はスズキより遅れ気味

DN TRECに搭載されるエンジンは1.2Lハイブリッドと1.0Lターボが想定されている。このクラスのパワートレイン技術に関しては、ライバルのスズキから差を付けられている状況。スズキは近々発売するXBEEにおいて、新開発の1.0Lターボハイブリッドを搭載する計画でいる。

DN TREC ビーゴ後継車 フロントグリル DN TREC ビーゴ後継車 バックドア

ダイハツと提携関係にあるトヨタでも、ラッシュ後継モデルとしてOEM販売されることが予想される。すぐ上のクラスには販売が好調なC-HRがあり、これよりもコンパクトなサイズを希望するユーザーからの支持を受けやすくなるだろう。

過去記事(2017/10/13)

ダイハツ・DNトレックが東京モーターショー出品予定、ビーゴ後継コンセプト

次期ビーゴ予告、ダイハツがDNトレック コンセプトを発表

ダイハツは新型DNトレックを10月25日にプレスデーを迎える東京モーターショー2017でワールドプレミアさせる予定となっている。

(写真は新型DNトレック)

新型DNトレックのボディサイズは全長3980mm×全幅1695mm×全高1600mmとなる。4m未満のコンパクトクロスオーバーSUVで、2016年3月に販売が終了しているビーゴを後継するモデルとなる。

DNトレック

ビーゴ後継車は新開発1.2Lハイブリッドを搭載、トヨタからの技術供与によるTHSⅡ方式採用か

新型DNトレックのフロントエクステリアは、中央エンブレムを挟み左右ヘッドランプを繋ぐ一本のバーによって表情が作り出される。どことなくC-HRとも共通するデザインと感じたが、C-HRのようなアグレッシブで大胆なライン取りではなく、DNトレックではあくまで保守的で直線的なスタイルが固持される。かつてのビーゴのOEM関係が継続されるなら、トヨタエンブレムを装着したモデルがラッシュ後継車として販売されるわけで、C-HRの弟分としても相応しい面構えである。

後ろからのスタイルも左右リアコンビネーションランプを一本のバーで繋ぐやり方が採用され、フロントのイメージと揃えてきた。フォルクスワーゲン風といった印象を得る。

搭載されるエンジンは2種類が予告されている。メインとなるのが新開発の1.2Lハイブリッドとなる。インテリア画像からはTHSⅡ風のシフトノブを確認することができるが、やはりトヨタからの技術供与を受けてのものになるのだろう。

もう一つは1.0Lターボで、これはトールで搭載実績のあるユニットとなる。

過去記事(2016/06/09)

ダイハツ・ビーゴが2017年フルモデルチェンジ、トヨタから1.5L THSⅡ供給

ビーゴとラッシュに後継モデルあり、ダイハツが開発中

ダイハツ・ビーゴとそのOEMモデルのトヨタ・ラッシュは2016年3月を以って販売が終了している。後継モデルは2017年の発売に向けて開発が進められている。

(写真は従来型ラッシュ)
ラッシュ

コンパクトクロスオーバーSUVのビーゴはダイハツによって開発、生産されてきたモデルで、トヨタへはラッシュのモデル名で車体供給されてきた。そんな中、トヨタは2016年1月にダイハツを完全子会社化しており、小型車のセグメントにおいての協業が加速されることになった。そして次期ラッシュもこの影響を受けることになる。

ラッシュ フロントグリル ラッシュ ビーゴ

次期ラッシュは従来型同様にダイハツによって開発が進められているが、ハイブリッドパワートレインとして、アクアと同タイプの1.5L THSⅡが搭載される見込みとなっている。完全子会社化により、トヨタからダイハツへのハイブリッドシステムの供給が容易になったと考えていいだろう。

ラッシュ トヨタ

この他にも1.5Lガソリンエンジンモデルが用意され、手に届きやすいエントリーグレードとなる。ボディサイズは5ナンバーが維持される。

ラッシュ リアコンビネーションランプ

次期ビーゴ/ラッシュはC-HRより一回り小さい、トヨタ独自開発の小型クロスオーバーSUV

一方でトヨタは、C-HRとしてグローバルでの販売を計画している新型のコンパクトクロスオーバーSUVがあり、既に市販型を発表している。

(写真はC-HR、ジュネーブモーターショー2016)
C-HR ワールドプレミア C-HR リアコンビネーションランプ

C-HRのボディサイズは全長4350mm×全幅1795mm×全高1555~1565mm、ホイールベースは2640mmとなる。次期ビーゴ/ラッシュはこれより一回り小さくなる。また、C-HRに搭載されるパワートレインは2つ用意される見込みで、プリウスと同タイプの1.8L THSⅡと、オーリスと同タイプの1.2Lターボとなる。

過去記事(2015/08/21)

ダイハツがFXコンセプトをインドネシアで発表、次期ビーゴ&ラッシュを予告

FXコンセプトは、次期ビーゴおよび次期ラッシュを意図しているのか?

ダイハツは8月20日から開催中のインドネシア国際オートショーでコンパクトクロスオーバーSUVのFX Conceptを公開した。そのボディサイズからビーゴ後継モデルである可能性が考えられる。

(写真はFXコンセプト)
FXコンセプト 次期ビーゴ、ラッシュ、テリオス

FXコンセプトのボディはBセグメントクラスのクロスオーバーSUVとなっている。このクラスのダイハツ車種といえばビーゴ。そしてトヨタブランドので販売される姉妹車種のラッシュもダイハツによって生産される。ビーゴおよびラッシュは販売期間が10年に迫るタイミングに来ており、FXコンセプトがこれらの後継モデルを予告している可能性があるだろう。

ダイハツ FXコンセプト ビーゴ ラッシュ

次期ビーゴ、ラッシュのボディサイズはキープコンセプト、東京モーターショーで市販型公開の可能性も

近年、このセグメントでの国内ブランド主力モデルは、マツダ・CX-3、ホンダ・ヴェゼル、日産・ジュークといったあたり。なかでも2010年発売のジュークは、日本市場だけでなく欧州市場でのセールスを成功させており、自動車メーカー各社がベンチマークとしてきた。ボディサイズはジュークに倣い、いずれも全長4mオーバー、全幅も1.7mを超えており3ナンバーボディが設定されている。

ダイハツ FX コンセプト ビーゴ後継

そんな中ダイハツが公開したFXコンセプトは、全長が3.8m、全幅は1.7m未満ということでライバルのコンパクトSUVの中でも一回り小さいのが特徴となっている。つまり、次期ビーゴ、ラッシュのボディサイズは現行モデルから大型化されず現行モデルのサイズ感が維持されることが予想される。

(写真は現行トヨタ・ラッシュ)
ラッシュ

次期ビーゴ、ラッシュのフルモデルチェンジは2015年末といった話もあった。2015年10月の東京モーターショーでの市販型公開もありえるか。

過去記事(2012/12/30)

ラッシュ/ビーゴが一部改良、トヨタが次世代コンパクトSUVを開発中

ラッシュ/ビーゴが改良し販売継続、次期モデルはどうなる?

2006年に発売されたトヨタ・ラッシュ/ダイハツ・ビーゴが2013年1月31日に一部改変となる。
改変内容は、トランスミッションとして5MTを採用していた4WD車のグレードが消滅し、JC08モードの燃費スペックが全車に記載されることになる。JC08モード燃費は2013年3月以降に生産される車種から表示が義務付けられ、これに合わせた対応となる。JC08モード燃費対応後も燃費基準に達しないためエコカー減税対象車とはならない。

(ラッシュ 2012年モデル)
ラッシュ

ラッシュ後継車となりうるコンパクトSUVの開発

さて、ビーゴ、ラッシュどちらもダイハツが生産を行なっているOEM姉妹車種である。来年2013年で販売8年目に突入する末期モデルとなっており、そろそろトヨタグループが開発中の次世代コンパクトSUVの話題も出始めている。
この次期コンパクトSUVは、開発初期段階ではヴィッツ系のBセグメントプラットフォームをベースにしていたようだが、現在はプリウス系のCセグメントプラットフォームへ変更しており、ラッシュやビーゴよりも大きな車体になるだろう。日産のジュークやデュアリスの対抗車種と考えられ、トヨタの現行ラインアップで手を付けていないセグメントに参入することになる。
グローバルカーとして世界中で販売されるためエンジンタイプは、オーソドックスなNAガソリンエンジンから小排気量ターボやハイブリッド、ディーゼルまで多彩なバリエーションが想定される。このうち日本仕様に導入されそうなのは、1.8L NA ガソリン、1.8Lハイブリッドであり、さらにダウンサイジングターボエンジンの開発が順調に進めば、排気量1.2L前後の直4ターボも加わる可能性があるだろう。
発売は2015年頃が予測されている。

この開発中の車種が、BセグメントSUVであるビーゴやラッシュの後継車と言えるかどうかは微妙ではあるが、RAV4より下のクラスに新たなコンパクトSUVが加わることは間違いなさそうだ。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先