car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スズキ・バレーノにお買い得グレードXSが追加、充実装備で154万4400円から

投稿日:

バレーノXS、1.2L NA VVTエンジン搭載で装備充実のお買い得グレード

スズキのバレーノにXSグレードが新たに追加され、2016年11月17日に発売となった。

(写真はバレーノ)
バレーノ ジュネーブ2016

バレーノXSは、1.2Lエンジン搭載のXGをベースにディスチャージヘッドランプ、LEDポジションランプ、フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ、LEDサイドターンランプ付ドアミラー、16インチアルミホイールといったエクステリア装備が標準化されたグレードとなる。

バレーノ リアコンビネーションランプ

インテリアにおいては、フルオートエアコン、助手席シートヒーター、本革巻ステアリングホイール/ステアリングオーディオスイッチ、フロントセンターアームレストなどが装備される。

バレーノ欧州仕様

かなりの上級仕様といった印象であるが、車両価格は154万4400円で、これはベースグレードから約13万円高となる。非常にお買い得感のあるグレードとなっている。

バレーノと同クラス、スズキのBセグメント主力のスイフトがまもなくフルモデルチェンジ

バレーノはそもそも日本で多く売れることが想定されていないモデルで、月販目標として500台が設定されている。インドのマルチ・スズキからの輸入販売ということで、インドあるいは東欧を主力マーケットとして考えられたモデルである。

他メーカーであれば、日本発売はされないところであるが、少ない台数にせよ輸入販売してみるというのがスズキの面白いところである。

(写真は現行スイフト)
スイフト

バレーノと同程度のボディサイズでは、スズキはスイフトをラインアップしており、こちらが日本市場向けの主力モデルとなる。スイフトは2016年内にもフルモデルチェンジが実施される可能性があり、こちらも目が離せない。

#1 南 貴仁2016/11/22(Tue)18:30:33
バレーノにXSグレードが出たのか
#2 南 貴仁2016/11/22(Tue)19:06:37
スズキにも1・5ℓクラスのCセグメントカーを開発してほしい
#3 ぺぺめめ2016/11/22(Tue)21:36:29
確かにコストパフォーマンス高いが、デザインかっこ悪すぎる。
#4 匿名さん2016/11/22(Tue)22:11:54
(`▽´)
#5 匿名さん2016/12/07(Wed)02:32:54
これ、丸目だったら印象良かった気がするなぁ……

名前(任意)
コメント

スズキ・バレーノにお買い得グレードXSが追加、充実装備で154万4400円から

スズキが新型バレーノを発表、車両価格は141万4800円から、1.0Lターボは5月

新型バレーノ量産型ジュネーブ発表、1.0Lターボと1.2Lハイブリッドは同価格

スズキ・バレーノは2016年3月に発売予定、既にインドから日本に向けて輸送中

スズキ新型バレーノ2016年3月に発売見込み、1.0Lターボと1.2Lデュアルジェット

バレーノ日本仕様が大阪モーターショー出展、レザーシート、クルコン装備

新型バレーノ2016年1月の発売見込み、スズキのグローバルBセグメントハッチ

東京モーターショー2015、見逃せないモデル(前編)

次期スイフトスポーツ、1.4Lブースタージェットエンジンを搭載、最高出力150ps

スズキ新型バレーノのワールドプレミア画像、これはスイフト後継なのか?

次期スイフト日本仕様は新型ソリオの1.2Lマイルドハイブリッドを搭載か