car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

次期スイフトスポーツ、1.4Lブースタージェットエンジンを搭載、最高出力150ps

次期スイフトスポーツも計画中、フランクフルトショーで次期スイフトのバレーノ公開

スズキは開催中のフランクフルトモーターショー2015でスイフト後継モデルのバレーノをワールドプレミアさせた。

(写真は新型バレーノ)
バレーノ ヘッドライト

新型バレーノ欧州仕様に搭載されるエンジンは新開発の直3 1.0L ブースタージェット、1.2Lデュアルジェット、1.2Lデュアルジエット+SHVSの3タイプが用意された。

suzuki baleno スズキ バレーノ フランクフルトモーターショー2015

そして、さらにハイパワーなパワートレインとして、1.4Lのブースタージェットエンジンの搭載が計画されている。これはスイフトスポーツ後継に相当するモデルとなる。

次期スイスポに搭載されるのは最高出力150psの1.4Lブースタージェットエンジン

(写真はビターラS)
ビターラS

1.4Lのブースタージェットエンジンは4月の上海モーターショー2015で発表されたばかりの新開発ユニットである。そのスペックは最高出力140ps、最大トルク22.4kgmというものであった。今回のフランクフルトモーターショーでもビターラSとして同ユニットを搭載させたモデルが出展され、採用が拡大されつつある。

(写真は1.4L ブースタージェットエンジン)
1.4L ブースタージェットエンジン

次期スイフトスポーツでは、このエンジンのチューンアップ版が投入されることになり、最高出力としては150ps前後になることが想定される。現行スイフトスポーツの136psから大幅アップとなることは確実となった。トランスミッションとしては6MTが引き続き採用される。

次期スイフト日本仕様については、バレーノのフランクフルト発表に続き、10月の東京モーターショー2015での発表が予想される。次期スイフトスポーツはそこから1年から2年先の2017年頃に発売されるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント