car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スズキ新型バレーノのワールドプレミア画像、これはスイフト後継なのか?

バレーノがワールドプレミア、フランクフルトモーターショー画像

バレーノのワールドプレミアが9月15日にプレスデーを迎えたフランクフルトモーターショー2015で行われた。

(写真は新型バレーノ)
バレーノ スイフト後継

バレーノは新型のBセグメントコンパクトハッチバックカーとしてスズキが欧州市場に投入するモデル。新開発プラットフォームを採用することで、現行Bセグメントカーのスイフトとはボディフォルムを大きく変えてきた印象である。

BALENO スズキ suzuki baleno

スイフトと並べて見ると、バレーノはCセグメントと見紛うほどのボディフォルムであるが、バレーノの全長はスイフトの3850mmから145mm延長の3995mm。寸法的には確かにBセグメントカーである。

スズキ バレーノ フランクフルトモーターショー2015 スズキ バレーノ フランクフルト2015

他のディメンションについては、全高はスイフト1510mmからバレーノ1460mmで、50mmのダウン。全幅はスイフト1695mmからバレーノ1745mmで、50mmの拡大となる。

リアシート バレーノ スイフト後継 バレーノ トランク スイフト後継

ラゲッジスペースは355Lで、数値的にはクラス最大としている。実際に見た印象では、今日のBセグメントカーの中ではやや広め。しかし、Cセグメントカーのラゲッジサイズには確実に届いていない。

1.0L ブースタージェット エンジン スズキ

搭載されるエンジンは3タイプ用意される。まずは新開発として今回発表された1.0L 直噴ターボのブースタージェット、続いて1.2Lデュアルジェット、1.2LデュアルジエットSHVSとラインアップされる。最後の1.2LデュアルジエットSHVSは、フルモデルチェンジされた新型ソリオにて採用が始まったばかりのマイルドハイブリッドシステムとなる。

デュアルジエットSHVSマイルドハイブリッド 1.2L

新型バレーノはスイフトの後継モデルなのか、スイフトは引き続き販売される可能性が高い

さて、この新型バレーノは正式発表されるまではスイフトの後継モデルとして扱われてきたわけだが、実車を目の当たりにすると、そのことについてはややトーンダウンした印象だ。

バレーノ ヘッドライト

ヘッドライトの目つきは、歴代スイフトのデザインを踏襲か。

スイフト後継 バレーノ インテリア

バレーノの全幅は1.7mを超えた3ナンバー車ということになる。日本で台数の出るこのクラスの車種を販売するにあたって5ナンバーサイズに収めるのは定石だ。また同ショーのスズキブースでは、スイスポはもちろんのこと、標準車のスイフトも出展されており、欧州ではこれからも従来型スイフトシリーズを引き続き販売していくつもりのようだ。

バレーノ スズキスイフト後継 シート

こういったことから本当のスイフト後継モデルについては、10月の東京モーターショー2015で、別の発表があるのではとも噂されている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント