【ムーヴ】フルモデルチェンジ前の最終型か、一部改良 113.52万円~/特別仕様車 141.9万円~

ムーヴ

ダイハツは、軽乗用車「ムーヴ」を一部改良し、特別仕様車のVSシリーズを設定するとともに、軽福祉車両「ムーヴ フロントシートリフト」(昇降シート車)を発売した。

ムーヴカスタムX“VS SAⅢ”フロント

ムーヴカスタムX“VS SAⅢ”

現行型ムーヴは2014年発売の6代目モデル。今回、一部改良の実施と特別仕様車が設定されたことで、販売期間7年を超えることが確定的となった。

ムーヴカスタムX“VS SAⅢ” インパネ

ムーヴカスタムX“VS SAⅢ”

ダイハツの主力車種であるムーヴは1995年の初代モデルから先代5代目モデルに渡って、およそ4年前後のサイクルでフルモデルチェンジが実施されてきた。現行型は異例にも販売期間が長くなったが、2022年のフルモデルチェンジが予想される。

ムーヴカスタムX“VS SAⅢ” シート

ムーヴカスタムX“VS SAⅢ”

ムーヴのフルモデルチェンジ、ハイブリッド、EVはどうなる

ムーヴの7代目へのフルモデルチェンジは、電動パワートレインがどうなるのかにも注目が集まる。そんななか、ダイハツは軽自動車のハイブリッド化について消極的な姿勢を変えていない。次期ムーヴにおいても、ライバルのスズキが設定してきたような簡易型ハイブリッドシステムを導入する可能性は低いだろう。

一方で、軽自動車向けのEVプラットフォームについては、ダイハツはスズキと共同開発していくことを明らかとするなど、2021年に入ってから大きな動きが見られた。

それでも2022年と予想されるムーヴのフルモデルチェンジのタイミングでEVモデルを導入できる状況とは考えにくく、次期ムーヴもガソリンエンジンを中心としたNAとターボのパワートレインラインナップとなることが予想される。

ダイハツのハイブリッド化は軽自動車ではなく、ロッキーとライズから

ダイハツのハイブリッドは1.0Lクラス前後の車種で導入が進められることになりそうだ。まずは、コンパクトSUVのロッキーと姉妹車トヨタ・ライズにハイブリッドモデルが追加設定され、これらは2021年内の発売が見込まれる。

1.0Lクラス前後のハイブリッド車は、ダイハツが強みとするインドネシアやマレーシアでも販売がしやすい。ダイハツの小型車のハイブリッド化は、今後グローバルでも進行していくことが予想される。

現行型ムーヴ、2021年9月の一部改良内容

  • オートライトを標準装備(法規対応。2021年10月1日より継続車にも義務化される装備となる。)

ムーヴ

  • 全11グレードから9グレードに 集約
  • 特別仕様車「カスタムX “VS SAⅢ”」を新設定(ベースの「カスタムX “ Limited SAⅢ”」にパノラマモニター対応カメラを特別装備)
ムーヴカスタムX“VS SAⅢ” リアコンビネーションランプ

ムーヴカスタムX“VS SAⅢ”

特別仕様車「カスタムX “VS SAⅢ”」の車両価格は、2WD 1,419,000円、4WD 1,545,500円となる。

ムーヴ フロントシートリフト(昇降シート車)

ムーヴ フロントシートリフトX“LimitedⅡ SAⅢ”

ムーヴ フロントシートリフトX“LimitedⅡ SAⅢ”

  • 従来の「カスタムX “Limited SAⅢ”」にパノラマモニター対応カメラを標準装備した「カスタムX “LimitedⅡ SAⅢ”」を新設定
  • 従来の 「X “SAⅢ”」に純正ナビ装着用アップグレードパックを標準装備した「X“LimitedⅡ SAⅢ”」を新設定
タイトルとURLをコピーしました