新型【ワゴンR スマイル】スズキ最新情報、発売日は8月に延期、スライドドア仕様、半導体不足の影響

ワゴンR

ワゴンR スマイルの発売日が遅れる、半導体不足の影響

スズキの新型車、ワゴンR スマイルの発売日が2021年8月に延期される見通しとなっている。自動車向け半導体部品の供給不足が原因で、当初6月の発売予定から2ヶ月程度の遅れとなる。

ワゴンR

現行ワゴンR

ワゴンR スマイルは、ワゴンRをベースに後席スライドドアを装備させた新型車種となる。

新型ワゴンR スマイルは、ムーヴキャンバスの対抗車種

国内市場では、乗用車から軽自動車へのシフトが進行してから久しいが、なかでも人気となっているのがスーパーハイトワゴンと呼ばれるカテゴリである。ホンダ・N-BOX、スズキ・スペーシア、ダイハツ・タントに代表されるモデルがこれに相当し、各社が販売に力を入れてきた。

先月4月の軽自動車の販売台数ランキングでも、
1位 N-BOX 16,733台
2位 スペーシア 10,802台
3位 ムーヴ 9,750台
4位 タント 9,471台
となっており、全長1.8m前後のスーパーハイトワゴン車が上位にランクインされているのがわかる。

ただし例外的に、3位 ムーヴに関しては、全高1.65m前後のトールワゴン車でありながらのランクインとなった。

ムーヴキャンバス

ムーヴキャンバス

そのムーヴの販売台数の内訳を見ていくと、実は過半数が後席スライドドアを装備するムーヴキャンバスで占められている状況である。全高が少々低くても、後席スライドドアと、所有欲を満たすエクステリアがあれば、人気車種となり得ることが証明されているのだ。

新型ワゴンRスマイルは、このムーヴキャンバスに対抗するモデルとして、スズキが開発を進めてきた。

ワゴンR スズキ

現行ワゴンR

ワゴンR スマイルはハイブリッド車も用意される

ベースとなる現行型ワゴンRは、2017年にデビューした6代目モデルで、マイルドハイブリッドシステム搭載車も用意される。

ワゴンR リアコンビネーションランプ

現行ワゴンR

こういった電動化のアドバンテージも受け継がれ、ワゴンRスマイルは人気車種となることが期待されるが、まずはエクステリアを見てからの判断となるだろう。

タイトルとURLをコピーしました