スズキ新型【ワゴンR スマイル】発売日は2021年秋以降に再延期か、スライドドア装備車

ワゴンR

ワゴンRスマイルの発売日、2021年秋以降に延期の可能性、スライドドア装備の派生車

スズキの軽自動車、ワゴンRに派生モデルとして「ワゴンRスマイル」が追加発売される見込み。その発売日は、当初の6月から8月に延期となっていたが、その実現性も疑わしくなってきた。

ワゴンR

現行ワゴンR

新型ワゴンRスマイルの発売日は、2021年秋以降に再延期となっている可能性がある。自動車向け半導体不足の問題は、スズキの新型車投入時期にも影響を及ぼしている。

ワゴンRスマイルは、後席スライドドアを装備

ワゴンRスマイルは、ダイハツ・ムーヴキャンバスに直接対抗するモデルとなる。

ムーヴキャンバス

ダイハツ・ムーヴキャンバス

スズキがワゴンRをベースに、このようなモデルを開発しているという噂は以前からあったが、「WAGON R SMILE」の商標が2019年12月5日付で出願されたことで、そのモデルネームについても判明しつつあった。

従来型ワゴンRと新型ワゴンRスマイルの構造的な違いは、後席ドアにある。従来型ワゴンRは一般的なヒンジドアを採用しているのに対し、新型ワゴンRスマイルではスライドドアが採用される。

スペーシア カスタム

スペーシア カスタム

スライドドア装備車は子育てママから人気が高いものの、軽自動車ではスペーシアのようなスーパーハイトワゴン車において装備されることがほとんどである。しかし、ワゴンRのような全高が低めのモデルでもスライドドア車の需要が高いことは、ムーヴキャンバスの販売が好調なことからも明らかであった。

ワゴンRスマイルは女子向けエクステリア

新型ワゴンRスマイルのエクステリアは、女性ユーザーをターゲットとした可愛らしいデザインとなる見込み。デザインコンセプトについても、ムーヴキャンバスを後追いしたものとなりそうだ。

ラパン

現行アルトラパン

一方で、スズキはラパンを2021年度内にもフルモデルチェンジ発売させる見込み。ラパンは女性ユーザーをターゲットとした軽自動車としては定番モデルである。

近い将来、スズキのラインアップでは、女子向けの新型軽自動車として2モデルが同時販売されることになる。

新型ワゴンR スマイルが売れる理由、スライドドア軽自動車が人気

国内市場では、乗用車から軽自動車へのシフトが進行してから久しいが、なかでも人気となっているのがスーパーハイトワゴンと呼ばれるカテゴリである。ホンダ・N-BOX、スズキ・スペーシア、ダイハツ・タントに代表されるモデルがこれに相当し、各社が販売に力を入れてきた。

2021年4月の軽自動車の販売台数ランキングでも、
1位 N-BOX 16,733台
2位 スペーシア 10,802台
3位 ムーヴ 9,750台
4位 タント 9,471台
となっており、全長1.8m前後のスーパーハイトワゴン車が上位にランクインされているのがわかる。

ただし例外的に、3位 ムーヴに関しては、全高1.65m前後のトールワゴン車でありながらのランクインとなった。

そのムーヴの販売台数の内訳を見ていくと、実は過半数が後席スライドドアを装備するムーヴキャンバスで占められている状況である。全高が少々低くても、後席スライドドアと、所有欲を満たすエクステリアがあれば、人気車種となり得ることが証明されているのだ。

ワゴンR スズキ

現行ワゴンR

新型ワゴンRスマイルは、このムーヴキャンバスの対抗車種として、スズキが開発を進めてきており、大ヒットモデルとなる可能性を秘めている。

ワゴンR スマイルはハイブリッド車も用意される

ベースとなる現行型ワゴンRは、2017年にデビューした6代目モデルで、マイルドハイブリッドシステム搭載車も用意される。

ワゴンR リアコンビネーションランプ

現行ワゴンR

ワゴンRからの電動化に関するアドバンテージも引き継ぎ、ワゴンRスマイルは人気車種となることが期待される。

タイトルとURLをコピーしました