car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スズキ新型スイフトスポーツがデビュー

次期スイフトスポーツが11月にも発売開始

昨年2010年に3代目としてフルモデルチェンジしたスイフトにスポーツ仕様が追加される。
既にコンセプトモデルが2011年3月のジュネーブモーターショーでお披露目されていたが、東日本大震災の影響もあり、一般発売が遅れていた。
そのとき出展されたSコンセプトは3ドア仕様。
一般発売モデルでは3ドアは廃止し、5ドアになる予定で写真とは少し違う。
デザインの方向性はこれに近いものになる。
大きめのリアスポイラーや2本出しマフラーなどは一般発売される新型スイフトスポーツでも採用される見込みだ。
ただし、日本の5ナンバー枠の車幅に抑えられるので、オーバーフェンダーは写真より控えめになる。
内装部分ではアルミペダルが採用されるが、ノーマルのスイフトと大きな違いは無い予定。
足回りはローダウンサスペンションと17インチor18インチアルミホイール。
発売時期は2011年11月となっている。

1.6Lエンジン+6MT

新型スイフトスポーツのエンジンは1.6LのM16A型が採用される。
ノーマルスイフトが1.2Lであるから、走りへの期待は大きい。
ただし、出力は125ps,15.1kgmで排気量の割りに出力スペックの数値は控えめ。
絶対的なスピードを求めるよりも、実用トルク重視で乗って気持ちいい、実用域での体感フィールを重視したセッティングになっている。
トランスミッションは6MTを採用。前モデルの5MTより多段化される。
前モデルでは4AT版も存在したので、今回もCVT版も発売されるかもしれない。
シャシーの詳細はまだ不明だが、既に販売されているノーマルスイフトの評判はいい。
スイフトスポーツでは、さらに補強が加わる可能性もあるだろう。

新型スイフトスポーツの燃費

燃費向上が叫ばれる中、新型スイフトスポーツのような、走りを重視したクルマも例外ではない。
新型スイフトスポーツにもアイドリングストップシステムが採用されるという話だ。
最近のアイドリングストップは、減速時にエンジン停止するものが増えてきた。
この新型スイフトスポーツの場合、トランスミッションが6MTということであるから、どのような挙動になるのか今から楽しみである。
燃費は10・15モードで16km/L前後が想定されている。
CVT,FFのノーマルスイフトが23.0km/Lであるから、燃費はあまり良いとは言えない。
ただし、実燃費だとそれほど大きな差にならないと期待している。

#1 匿名さん2017/02/27(Mon)20:15:14
こないだフルモデルチェンジしたスイフトベースのスポーツは950kg未満の車両重量、7速MT、8速TCSS、2.5リッターNA並みのパワー&トルク、S-エネチャージ、ストロングハイブリッド、ALL-GRIPを総合制御して東京モーターショー2017に出展し、同年末に発売してほしいです。全部搭載されるのが楽しみです!後、燃費は32キロメートル、最高出力145ps以上目標で!!そうなるように頑張ってください♪

名前(任意)
コメント