スズキ ソリオ/三菱デリカD2を長所と短所で評価レポート

スズキ ソリオ/三菱デリカD2の長所と短所

◎ 広くて乗り心地がいい

コンパクトな車体寸法のなのに室内が広い。こういった車はこれまで、乗り心地や室内に入ってくる騒音の面で問題のある車が多かったが、ソリオ/デリカD2の車内は意外なほど静かで乗り心地がソフト。
シートの作りも前席、後席ともしっかりしている。

○ コンパクトカーなのにスライドドア

ソリオ/デリカD2の後席はスライドドアになっているのは満足できるポイントの一つ。
コンパクトカーの多くは寸法上の制約から後席よりも前席に重点をおいたものが多いが、後席は乗り降りがしやすく、足元が広くて居住性はいい。

○ 収納が多い

運転席周りに収納スペースが多いのも地味に満足している。

× 小回りが利かない

運転の慣れの問題もあるかもしれないが、小さなボディの割に小回りが利きにくく感じる。
調べて見ると、ソリオの最小回転半径は5mで、フィットの4.7mなどと比較しても、数値上でも小回りは利かないようだ。
小回りが利くというのはコンパクトカーの魅力の一つだが、これがいまひとつとなると、買ってから不満として感じてしまう人もいるのではないか。

△ ブレーキがいまいち

ブレーキはスイフトと同タイプのものらしいが、車重増に合わせてアシストが強く効くようになっている。
スイフトの出来が良すぎたのもあるが、やや頼りなく感じる。
踏み込み量に合わせたリニアな制動力が得られず、あるところで急に効きだす感じ。
人によっては遅れて効き始めると感じたり、踏み始めだけ良く効くように感じたりするだろう。

△ ステアリングが小さい

ステアリングのチルト機構は全グレード標準装備されており、おらゆる体格のドライバに合うように作られているが、ステアリング径が小さいのは欠点。
この類のコンパクトカーに多くを求めすぎになってしまうかもしれないが、ハンドル径はもう少し大きい方が、運転がしやすい。

△ 所々で安っぽい

車体価格が安くて広いコンパクトカーのソリオ/デリカD2だが、価格なりの安っぽさを感じる部分はある。
例えばシートのリクライニングレバー、給油口レバー、インサイドドアハンドルといった操作レバー類、これらの作りが安っぽく軽自動車の流れを感じる。
車体価格の安さを考えると妥協できる範囲とも言える。

関連するレポート

[ 2011/07/16 ]
#1 匿名さん2017/02/05(Sun)18:02:23
デリカD2とソリオは、どこの工場で生産さ🏭れているのか

名前(任意)
コメント
コメント投稿

次期インプレッサ2012年デビュー写真

イース(e:S)軽自動車が9月末にもダイハツから発売

次期プリウスは2015年秋の発売予測、4WDモデルもラインアップされる

ホンダ・シビックタイプR量産型がジュネーブモーターショーで初公開予定

アルファード&ヴェルファイアのマイチェン後期型が東京モーターショー出展か

トヨタが新型i-TRILコンセプトをジュネーブモーターショーで発表予定

マツダ・CX-3にガソリンモデルを計画、低価格化でライバルSUVに対抗

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

トヨタ S-FRコンセプトが東京モーターショー2015でワールドプレミア

マツダ・RX-VISION、ロータリーエンジンSKYACTIV-Rを開発中、RX-9コンセプト

レクサス・LS500hがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

VW新型アーテオンがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

スバルXVの日本発売は4月6日、3月ジュネーブモーターショーで市販型公開

トヨタの軽自動車、ピクシススペースに続くOEM車種は何か?

レガシィB4ブリッツェン発売計画あり、東京オートサロンのコンセプト市販化

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

三菱自動車、新型エクリプス クロスをジュネーブモーターショーで公開

トヨタ・プリウスPHVがフルモデルチェンジ発売、車両価格326万1600円から

レガシィがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフトされた後期型を発表

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

次期スープラ2018年、フェアレディZ、S2000、RX-9国産スポーツカー黄金期再来

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

三菱自動車がアスレジャー(仮名)をジュネーブモーターショーで公開予定

ステップワゴンハイブリッド、2017年秋のマイナーモデルチェンジで追加

マツダ次期アテンザは2018年春に発売される見込み、スカイアクティブ2へ進化

ノート e-POWERエアコン有りは195万9120円から、JC08モード燃費34.0km/L

次期ジムニーがフルモデルチェンジに向けて開発中、東京モーターショー公開か

三菱・新型アスレジャーは案外大きい、RVR以上アウトランダー未満の可能性

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

日産E52新型エルグランド(2代目)ユーザー評価、トラブル、メンテナンス報告

ステップワゴンハイブリッド2017年10月東京モーターショー出展予想

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

フィットのマイナーモデルチェンジ2017年春GW前に実施される見込み

マツダ新型CX-5がフルモデルチェンジ発売、プレオーダー数は9055台に到達

ホンダ新型シビック、セダン、ハッチバック、タイプRが2017年夏に日本発売

新型ワゴンRが2月1日に発売、スティングレーを含め3タイプのエクステリア

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.