【新着】ホンダ・次期ヴェゼル内外装を公開、 フルモデルチェンジ4月

ヴェゼル
  • 市販型車体が公開済み
  • 2021年4月、正式発表、発売
  • e:HEV採用
  • 低価格 1.5L ガソリンも設定
  • 欧州でも新型HR-Vとして発表
  • ヴェゼルEV追加の可能性
  • 共通プラットフォームのシャトルも2021年秋頃FMC

以下で、「自動車リサーチ」が詳しく説明していきます。

新型ヴェゼルがワールドプレミア

ホンダのコンパクトSUVヴェゼルが2021年4月にフルモデルチェンジ発売を迎える。ホンダは2021年2月18日に、新型ヴェゼル市販型のエクステリア、インテリアを初公開した。

新型ヴェゼル

ヴェゼルのライバル関係であり続けたトヨタ・C-HRの販売台数が落ちている。詳しくは、
トヨタ・C-HR人気凋落の原因

新型ヴェゼル、エクステリアの特徴

新型ヴェゼルは、全高が低く抑えられ、前後方向に伸びやかなスタイリングが印象的となった。

VEZEL HR-V 2021

シンプルなボディスタイルが故に、ヘッドランプユニットからリアコンビネーションランプまで続く、直線的なキャラクターラインが際立っている。そして、Aピラーが立たされたことによって生みだされた長いノーズが、エンジンルームを強調し、車格が上がったような錯覚を引き起こしている。全長が従来型から伸ばされたように感じるが、実際の寸法の差は、それほど変わらないとしている。詳細なボディサイズ(全長×全幅×全高)の数値は、今回の車体発表の段階では明らかとされなかった。

VEZEL HR-V ホンダ

この伸びやかなスタイリングは、発表前から一部がリークされていた。やはり全長は拡大されるのでは、という予想もあったが、これは良い意味でハズレた。従来型ヴェゼルオーナーも納得できる程度のコンパクト感に収まっているようである。

VEZEL HR-V リアコンビネーションランプ

ボディが大きくなったのではと思わせるもう一つの理由は、後席サイドウィンドウの形状にもあるだろう。ガラス部分が前後方向にしっかりと伸ばされて、その面積を広く感じる。このようなルーフ高が低く抑えられたモデルは、後席乗客に閉塞感を与えがちになるが、これは横に幅を持たせたウィンドウで開放感を出すことで打ち消された。

フロントの造形はマツダ顔?

新型ヴェゼルのフロントデザイン、最初の印象はマツダのSUVを連想してしまった人も多いはず。

VEZEL

VEZEL

CX-5

CX-5

例えばCX-5と比較してみると、切れ長のヘッドランプユニットや、グリルのサイズバランスは、やはりマツダのファミリーフェイスに似ていると感じさせる部分である。さらにヘッドランプ下の広い無装飾エリアは、バンパーパネルの曲面だけで表情が作られており、これもフォグランプをヘッドランプユニット内に収めるようになってからのマツダ車で見られる特徴に近い。

 

しかし、これらを除けば意外にも共通点は少ないのではないか。

特にフロントグリルは、ボディ同色で塗装されており、新型ヴェゼルならではの独特な雰囲気を醸し出している。

VEZEL HR-V バックドア

リアコンビネーションランプは、従来型の縦のシェイプから、新型では横のシェイプに変わった。近年では定番となった、一文字のテールランプ中央にメーカーエンブレムが置かれるデザインは、新しいクルマであることを印象づける。

そして、バックドアに付けられたバッチからもわかるように、パワートレインラインナップの一つにe:HEVが存在することがアピールされた。

この新型ヴェゼルの直接的ライバルとなりそうなのが、2021年の日本発売が見込まれるトヨタ・カローラクロスである。詳しくは、
カローラクロスは日本発売する。SUV化が進むトヨタラインアップ

グレード展開、パワートレインラインナップ

新型ヴェゼルのグレード構成を見ていく。

  • G 1.5L コンベンショナルガソリンエンジン+CVT
  • e:HEV X
  • e:HEV Z(装備:シーケンシャルターンシグナル、ピアノブラック調フェンダー色、ハンズフリーリアゲート、後席エアコン&USB充電ポート、ほか)
  • e:HEV PLaY 、FFのみ4WDは無し(装備:ルーフ別色、パノラマルーフ、ほか)

低価格、1.5L ガソリン車の設定

電動化が叫ばれるこのご時世に、低価格なエントリーグレードとしてGが設定されたのは、ユーザーとしては有り難い。ただし、このGグレードが装備面を含めて納得できるものであるかどうかは、今後の発表を待つことになる。

ハイブリッドのe:HEVが販売の中心となりそう

販売の中心となってきそうなのは、やはりe:HEVのハイブリッドモデル。これらは200万円台後半から300万円オーバーの車両価格が予想される。

e:HEVは1.5Lエンジンを採用したハイブリッドシステムである。今回、詳細な仕様の公開は控えられているが、恐らくフィットと同タイプのハイブリッドシステムか、あるいはこれをベースにヴェゼルへ最適化されたシステムとなるだろう。

トランスミッションは従来型の7速DCTは廃止される。7速DCTはトラブルが多く不評であった。新型に採用されるe:HEVの電気式無段変速は、低速域はモーター出力で加速し、モーターが不得意とする高速域のみエンジントルクが繋がるシンプルなシステムで、従来のi-MMDハイブリッドのシステムを継承し進化させたものとなる。

後追いでEV仕様の追加を期待させる

今回の新型ヴェゼルは、欧州でも新型HR-Vとして発表されており、同地域でも販売されることになる。そんななか、今後ヴェゼルに搭載されるパワートレインタイプとして期待されるのはEV仕様である。

前述した通り、寸法に関する数値は現在のところ明らかとなっていない。しかし、最低地上高については、おそらく従来型より数センチ上がっている印象がある。これについては、もちろん雪道などで走破性を高める狙いもあるだろうが、将来のEVバッテリーの積載を目論んだものである可能性も考えてもいいのではないか。

欧州ではCAFE規制の厳格化により、EVラインアップの拡充が求められている。詳しくは、
日本でのEVブームが本格化しないのは、欧州市場が優先されるから

次期ヴェゼルのインテリア

VEZEL HR-V インテリア

VEZEL HR-V フロントシート

前席シート高は、先代型よりわずかに低く、少しセダン寄りとなった印象。立たされたAピラーにより、斜め前方の死角は減少し、総じて運転しやすくなっているはずだ。

Aピラー付け根にあるエアコン吹出口は、通常のドライバーに向けた送風と、窓とドライバー頭部の隙間を抜け後席にまで届くモードの切り替えが可能。

操作面では、電動パーキングブレーキが装備される。

VEZEL HR-V リアシート

リアシートはリクライニング機能無し、前後スライド無しのシンプルなものである。その代わりとして、クッションには厚みがある。ホンダが得意とするセンタータンクレイアウトの採用で、座面を跳ね上げるチップアップ機能が備わる。

後席は、従来型ヴェゼルと比較して、全体的に後ろ寄りに設置されている印象がある。後席ニースペースは広くなっているが、その分、5人乗車時のラゲッジスペースは犠牲になっている。ただし、分割可倒式の後席を倒したシートアレンジでは、ほぼフラットの荷室となり、このクラスの車種としては車中泊としても使いやすく感じる。

新型ヴェゼル、早くも純正アクセサリー装備車を公開

VEZEL 純正アクセサリー

新型ヴェゼルの特徴の一つであるボディ同色のフロントグリルは、ユーザーによっては拒否反応があるはず。これには、ホンダもある程度予想していたようで、ワールドプレミアと同時に発表されたのが、純正アクセサリー装備車である。一般的なSUVらしくブラックアウトされたフロントグリルも用意される。

VEZEL アーバンスタイル

VEZEL アーバンスタイル

VEZEL アーバンスタイル2

VEZEL アーバンスタイル

VEZEL カジュアルスタイル

VEZEL カジュアルスタイル

VEZEL カジュアルスタイル2

VEZEL カジュアルスタイル

次期ヴェゼルは新型プラットフォーム採用か

次期ヴェゼルについて現段階では、市販型の車体と一部の仕様、グレード構成の概略の公開に留まっており、詳細はところまでは伏せられている。2021年4月の発表、発売が予告されており、全てが明らかとなるまでには、まだ少し時間が必要である。

次期シャトルとプラットフォーム共用の可能性

従来型ヴェゼルは、先代フィットのホイールベース延長版という構造が基本になっていた。

フィット ハイブリッド

GK型 3代目フィット

次期ヴェゼルも新型フィットをベースにしたボディ骨格になるのか?これについては、新開発プラットフォームが採用されるという説もある。

また、ステーションワゴンのシャトル2021年秋頃のフルモデルチェンジが見込まれており、これは次期ヴェゼルとプラットフォーム共用されることが予想される。

タイトルとURLをコピーしました