新型【クラウン】フルモデルチェンジ速報、発売日2022年度後半、次期型はSUV【クラウンクロス】とセダンの両方

クラウン

クラウンのフルモデルチェンジは、2022年度後半に実施される見込み。

クラウンコンセプト

次期クラウンについては、FF化、SUV化など、様々な噂が飛び交ってきた。発売が約1年後に迫ったことで、ようやく大筋が見えてきた。

次期クラウンは、2つのキャラクターが設定される

クラウンアスリート ターボ

先代クラウン アスリート

歴代クラウンシリーズを振り返ると、キャラクター違いで、スポーティーな「クラウン アスリート」と、コンサバティブな「クラウン ロイヤル」の2種類が設定されていたことは、まだ記憶に新しい。

クラウンロイヤル

先代クラウン ロイヤル

こういった過去の事例と同様に、次期型では、スポーティーセダンの「クラウン」と、SUVスタイルの「クラウン クロス」の2種類が設定されることになるだろう。

通常「クラウン」は、4ドアクーペのスタイリングが採用され、トランクルームの存在を感じさせない新しいイメージのセダンとなる。これまでのプレミアムセダンのニーズを引き継ぐモデルとして、販売の主力となりそうだ。

これに対する「クラウン クロス」は、専用サスペンションや大径タイヤなどにより、最低地上高のアップと走破性が高められたモデルとなる。SUV調の専用デザインのフェンダーとバンパーなども装備されるだろう。「SUVテイスト」と揶揄される可能性もあるが、SUVトレンドの中におけるクラウンの新たな方向性を見定めるモデルとなる。

クラウンクロスのSUVスタイルは、なぜ必要なのか

SUVスタイルがトレンドとはいえ、クラウンまでSUV化させる必要性はあるのか。

実は、これからのEVが普及していく時代の中では、床面へのバッテリー積載の関係で、腰高なボディスタイルの流行が予想されるのだ。対して、FRセダンの特徴であった低く伸びやかなスタイルは、従来的なイメージになりかねない。こういった車体デザインのトレンドは、パワートレイン種別を問わず影響を受けることになり、EVではない次期クラウンも腰高なスタイルを選択肢に用意していくことは時代に取り残されないための作戦として有効だろう。

テスラ モデルX

テスラ モデルX

既存の具体的な車種でボディスタイルをイメージするなら、テスラ Model Xが近いかもしれない。

テスラ model x

テスラ モデルX

もちろんクラウンクロスでは、ファルコンウィングドアの装備は無いし、EVパワートレインの採用も無いだろう。

次期クラウン、来月発売のレクサスNXが大きなヒントとなる

次期クラウンは、FFレイアウトのGA-Kプラットフォームをベースに開発される。これにより、FRレイアウトを採用してきたクラウンの歴史は、大きな転換点を迎える。

これまで、GA-Kプラットフォームが採用されたモデルは、カムリ、RAV4、ハリアーといったあたりが該当する。さらにプレミアムセダンとしてレクサスESでも導入例があり、FFレイアウトとはいえ、決して車格の低いクラスに向けたプラットフォームではない。

ES300h version L

レクサス ES

そして、GA-Kプラットフォームの最新作として、11月の日本発売が予告されているのがレクサスNXで、次期クラウンに搭載されるパワートレインを占う重要なモデルとなる。

NX350

NX350

そのなかでもNX350は、新開発の2.4Lターボ(T24A-FTS型)が搭載される。最新のダイナミックフォース世代の技術を使った直列4気筒ガソリンターボエンジンで、最高出力279PS、最大トルク43.8kgmfのパフォーマンスとなる。このエンジンは次期クラウンへの搭載が予想され、駆動方式をAWDのみとし、走行性能、走破性に拘ったモデルとなる。クラウンクロスとの相性も良さそうだ。

NX350h

NX350h

また、NX350hに搭載される2.5L ハイブリッド(A25A-FXS型)も次期クラウンへの採用が予想され、むしろこちらが販売の主力となるはず。A25A-FXS型エンジンは、見方を変えれば、現行クラウンからの継続採用ということになるが、FFレイアウト採用によりエンジン搭載方向は縦置きから横置きに変更される。駆動方式はE-Fourがグレードのメインとなりそうだが、燃費性能を重視した2WDモデル、つまりFF車の設定も予想される。

名実ともに「クラウンのFF化」が実施され、ある意味で象徴的なモデルとなりそうだ。

クラウン、クラウンクロス同時デビューの可能性、発売時期は2022年度後半

次期クラウンとクラウンクロスの発売時期は、2022年度後半が予想される。特にクラウンに関しては、「発売日ありき」の車種であることも重要なポイントだ。FF化やSUV化を受け入れてまで、モデルネームを存続させる意義の一つは、モデルチェンジの度にクラウンの新型車に乗り換えるユーザーのニーズに応えることである。現行型は2018年発売の15代目モデルであり、これが古くならないタイミングでトヨタは次期型を提供する必要がある。

クラウン リアコンビネーションランプ

さらにクラウンクロスは、2023年には中国、北米を含むグローバルでの生産、販売も計画されている。

クラウンクロスは、中国のクラウンクルーガーとは無関係

次期クラウンを語るにあたって、これまで誤解の元となっていたのが、中国で発表された「クラウンクルーガー」である。

クラウン クルーガー フロントグリル

クラウン クルーガー

北米ハイランダーが中国市場に導入される際に、姉妹車種としてクラウンのバッヂが貼られたSUV、「クラウンクルーガー」が設定されたが、これは日本市場の次期クラウンとは全くの無関係である。

今後の日本発売を期待する声もあるが、仮に実現したとしてもやはり次期クラウンとは別物である。

クラウン クルーガー

クラウン クルーガー中国仕様

クラウンだけのためにFRプラットフォームを開発するのは難しい

クラウンがFR車でなくなるという、ユーザーにとって信じ難いトヨタの方針は、レクサスのLSシリーズの事情も関わっている。

2018年発売の現行型クラウンは、GA-Lプラットフォームのナロー版が採用されている。これはレクサスのLSシリーズ、およびLCシリーズでのGA-Lプラットフォームの全幅を縮小させたものである。

そして現在、このGA-Lプラットフォームの次世代型が開発される段階にある。その開発で重視されるのは、LSシリーズが進むべき方向である。クラウンではないのだ。LSシリーズは、レクサスのフラグシップセダンでもあり、グローバルモデルでもあるから優先されるのは当然なわけである。

LS500h ジュネーブ2017

レクサス LS500h

レクサスLSシリーズは、フルモデルチェンジで全幅拡大へ

LSシリーズのライバルとされるのは、以下のいわゆるドイツ御三家であるが、これらの全幅は拡大傾向にある。

  • メルセデス・ベンツ新型Sクラスは、全幅1954mm。
  • 2018年発売のAudi A8は、全幅1945mm。
  • 2015年発売のBMW 7シリーズは、全幅1900mm。

このなかではBMW 7シリーズだけが、発売時期が2015年と古いため全幅1900mmであるが、これも次のフルモデルチェンジで拡大されるはず。

BMW 7series

BMW 7シリーズ

居住性、安全性の向上のため、御三家を代表する、フラグシップ プレミアムセダンのカテゴリでは、1950mm前後の全幅とするのが必至となってきている。

メルセデスベンツ Sクラス

対するレクサスLSシリーズ現行型の全幅は1900mmである。これに続く次期型では、ドイツ御三家に倣い、全幅を拡大していかねば、商品力で不利となってしまう状況にあるのだ。

AUDI A8

AUDI A8

クラウンは、あくまで国内向け、モデルチェンジを受けても全幅1800mm以下が要求される

一方で、国内市場にターゲットが絞られたクラウンに要求される全幅は、1800mm以下である。これはグローバルで見れば、普及車クラスの水準である。例えば、VW・ゴルフの全幅は1790mm、プジョー・308の全幅は1805mmである。

308SW プジョー ジュネーブ2014

プジョー 308SW

現行型クラウンは、FRセダン最上級のGA-Lベースでありながら「ナロー版」という既にギリギリの選択を強いられている。元のGA-Lプラットフォームがさらに拡大となれば、もう1800mmに収めるのは無理というわけである。あるいは、国内向けクラウンの専用プラットフォームを別途、新規開発するというわけにもいかないだろう。

クラウン トランク

クラウンのGA-Kプラットフォームの採用は、こういった環境下で出たものでもあり、我々ユーザーにとっても受け入れざるを得ない状況にある。

GA-Lプラットフォームかつセダンボディを持つ燃料電池車、新型ミライがクラウン後継モデルという考え方もできる。詳しくは、
新型ミライ発売、クラウンを実質的に後継するプレミアムセダン
...

次期クラウンは、自動運転技術に期待

FF系プラットフォームのTNGA-K採用ということで、特にセダンはクラウンを名乗るには凡庸なイメージとなりそうだ。しかし、もはやそこはユーザーの興味するところではないはず。

次期クラウンで期待されるのが、自動運転に関する何らかの最新技術である。

ホンダ レジェンド 自動運転レベル3

ホンダ レジェンド 自動運転レベル3

ホンダはフラグシップセダンのレジェンドで世界初の自動運転レベル3搭載車を少数台数ながらも市販化させている。自動運転技術において、このレジェンドを上回る実績をクラウンで示すことができれば、レイアウトの違いなどは些細な問題ではないか。

現行型クラウンの生産終了はデマ、SNS上のミスリードか

さて、今回の「次期クラウン」について拡散している情報のなかで真実ではない部分も話しておく。

クラウンの「生産終了」はデマである。

前述の事情はあれど、何も現行型クラウンを2018年発売から3年経過のタイミングで早期生産終了に追いやる必要性は何もない。むしろ、今後、長期に渡って販売継続される可能性すらあるのだ。

元町工場

クラウンの生産拠点 元町工場

クラウンシリーズはこれまで4~5年のモデルサイクルでフルモデルチェンジされてきたが、このペースが守られるなら2022年か2023年あたりが現行型の生産終了のタイミングとなる。これは他の車種に比べれば、非常に短いモデルサイクルでもある。仮に後継車が設定されないのなら、これまでの慣例よりも延長して生産、販売される可能性は高い。

クラウン フロントグリル

トヨタ クラウン

トヨタはクラウンを簡単には販売終了、廃止にはできない

国内シェア圧倒的ナンバーワンを誇るトヨタは、幅広いニーズに応える懐の深さがある。消えゆく車種への措置は寛大だ。

カローラフィールダー

カローラフィールダー

例えば、5ナンバーサイズのカローラ アクシオ/フィールダーは延長販売を続け、ようやく2021年秋に生産終了となる見込み。カローラシリーズの現行型が全車3ナンバーサイズにフルモデルチェンジしてから約2年間、5ナンバー車のセダンやワゴンを求めるユーザーのため、旧モデルの生産、販売が続けられた。

プレミオ、アリオンは最終フルモデルチェンジから14年近い販売期間を経て、2021年3月末の販売終了となった。

仮にクラウンの次期型が出せなかったとしても、最終型クラウンが手直しを加えながら、法規クリアの限界まで、ロングセラー商品として残る可能性が考えられる。

プレミオ

プレミオ

なお最近、生産終了が告知されたモデルの一覧はこちらで紹介しています。
トヨタ消えていく車種、プリウスα、プレミオ、ポルテ…

クラウンSUVの中国仕様、クラウンクルーガーがハイランダーのモデルチェンジと同時発表

トヨタが上海モーターショー2021で公開した上級SUV、クラウンクルーガーを見ていく。

クラウン クルーガー フロントグリル

クラウン クルーガー

クラウンにSUV版が出されるということは、昨年2020年11月の中日新聞の報道をきっかけに大きな話題となっていた。さらにその後、トヨタ内部の関係者によるクラウンSUVのプロジェクトの存在を肯定するコメントがいくつもキャッチされてきた。

クラウンクルーガー ワールドプレミア

クラウンSUVについて当初の情報では、北米ハイランダーをベースにした高級SUVで、クラウンのエンブレムが備わるとされてきた。そして、上海モーターショーのクラウンクルーガーが、正にこの条件を満たすモデルとなった。

同ショーでは中国仕様ハイランダーの新型も同時デビューとなったわけが、クラウンクルーガーとは姉妹車種の関係にある。これらの中身はほとんどが共通化されるが、内外装の差別化によってクラウンクルーガーが上級ポジションに置かれる。

ハイランダー中国仕様

ハイランダー中国仕様

クラウンクルーガーのボディサイズは全長5015mm×全幅1930mm×全高1750mmとなる。トヨタの最上級SUVとして君臨してきたランドクルーザーの200系と比較すると、クラウンクルーガーの方が、全長において65mmも上回っており、相当に大きな車体であることがわかる。

また、クラウンクルーガーとランドクルーザー200のホイールベースは、いずれも2850mmであるが、ボディ骨格は全くの別物となる。ラダーフレーム構造を取り入れた本格的SUVのランドクルーザー200に対し、クラウンクルーガーはTNGA(GA-K)プラットフォームが採用される。

ハイランダー フロントグリル

別の見方をすれば、カムリ、RAV4、ハリアーなどとプラットフォーム共用の関係にあり、クラウンクルーガーはロングホイールベース化されている。

クラウンSUV日本仕様の車名は「クラウンCROSS」

クラウン クルーガーというモデルネームについても様々な意見が出されているところである。これまでクラウンは中国市場でも販売されてきており、一般的に高級車として認識されるほどのポジションを確立してきた。

ただし、近年はレクサス車種のほうが、トヨタ系高級車として新鮮なイメージがあるのも事実。クラウンというモデルネームが持つブランド力は、中国ですら「かつての高級車」のイメージになりつつあった。

そして、同じ上海モーターショーで発表されたのが、クラウン ヴェルファイアである。中国において「クラウン」は、高級モデルの冠として、車種を問わず使っていく方針なのだろうか。

クラウン ヴェルファイア

クラウン ヴェルファイア

果たして、これと同じブランディングを日本でやったとして、ユーザーに受け入れてもらえるとは考え難い。

クラウンヴェルファイア エンブレム

現行型クラウン特別仕様車が2021年6月に発売

トヨタは、クラウンにコンセプトが異なる2つの特別仕様車を設定し、2021年6月30日より発売した。

クラウン 特別仕様車 RS“Limited Ⅱ”

クラウン 特別仕様車 RS“Limited Ⅱ”

クラウン 特別仕様車 RS“Limited Ⅱ”/RS Four“Limited Ⅱ”

特別仕様車のRS“Limited Ⅱ”/RS Four“Limited Ⅱ”は、RS/RS Fourをベース車に、ダークカラーで上質さと「スポーティ」さを高めた内外装が特徴となる。

クラウン 特別仕様車 RS“Limited Ⅱ” ブラック

クラウン 特別仕様車 RS“Limited Ⅱ”

インテリアでは、本革シート表皮+前席シートベンチレーションを装備。エクステリアは、マットブラック塗装の18インチ専用アルミホイール、漆黒メッキのフロントフォグランプリング、フロントグリル&バンパーなどで装飾される。

RS仕様専用ホイール

消費税込み車両価格は5,230,000円~5,670,000円となる。

本革シート表皮

クラウン 特別仕様車 S“Elegance Style Ⅲ”/S Four“Elegance Style Ⅲ”

クラウン 特別仕様車 S“Elegance Style Ⅲ" シルバー

クラウン 特別仕様車 “Elegance Style Ⅲ”

もう一つの特別仕様車、S“Elegance Style Ⅲ”/S Four“Elegance Style Ⅲ”は、S/S Fourをベース車に、「エレガント」で高級感のある内外装に仕上げられた。

クラウン 特別仕様車 S“Elegance Style Ⅲ"

クラウン 特別仕様車 “Elegance Style Ⅲ”

ハイパークロームメタリック塗装の18インチ専用アルミホイール、琥珀色の専用シート表皮、ドアトリム、センターコンソールサイドなどが装備の特徴となる。

ノイズリダクションアルミホイール

消費税込み車両価格は5,290,000円~5,510,000円となる。

ブランノーブ シート

特別仕様車の共通装備

2つの特別仕様車の共通装備としては、イージークローザー、ナノイーX、専用加飾スマートキーが設定される。

自動車リサーチ 記事リスト
タイトルとURLをコピーしました