car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ボルボ

ボルボ・XC60が日本カーオブザイヤー受賞、レベル2自動運転の輸入SUV

投稿日:

XC60が日本COTY受賞、本命リーフは不祥事のため不参加

ボルボが新型XC60が日本カーオブザイヤー(JCOTY)2017-2018を受賞した。

(写真はボルボ・XC60日本仕様)
XC60 プラグインハイブリッド

得点数はボルボ・XC60が294点を獲得。以下 BMW・5シリーズセダン/ツーリング 242点、トヨタ・カムリ 232点、スズキ・スイフト 210点、ホンダ・N-BOX/N-BOXカスタム 189点と続く。輸入モデルがJCOTYで選ばれたのは4年前2013-2014のVW・ゴルフに次いで2回目。これまで国内モデルが選ばれることがほとんどの日本COTYであるが、今回は重要なモデルとして考えられていた日産・リーフ、スバル・XVが両メーカーの無資格検査問題を背景に出場を辞退していた。

XC60 プラグインハイブリッド フロントグリル XC60 右ハンドル仕様インテリア

主役不在とも言えるなかで行われた選考は稀に見る接戦となり、次点にも輸入車のBMW・5シリーズがランクインされる。3位にようやく日本メーカーのトヨタ・カムリが入るがこれも北米向けの性質が強いモデルである。

XC60 T5 リアコンビネーションランプ

新型XC60は多彩なパワートレインラインアップとレベル2自動運転を搭載

受賞した新型XC60は3月のジュネーブモーターショー2017でワールドプレミアされ、日本仕様は2017年10月16日にフルモデルチェンジを受けていた。

(写真は新型XC60欧州仕様)
XC60 ボルボ

搭載されるパワートレインは4種類。T5の2.0Lターボ、T6の2.0Lスーパチャージャー+ターボ、D4の2.0Lクリーンディーゼル、T8の2.0Lスーパチャージャー+ターボ+プラグインハイブリッドがラインアップされる。全車で8速ATと4WDシステムが採用される。

XC60 トランク

自動ブレーキとステアリング制御による衝突回避軽減システムや、レベル2相当の自動運転システムが採用されており先進テクノロジーもしっかりと備わる。

XC60 リアシート

新型XC60の車両価格帯は税込みで599~884万円となる。今回の受賞は、プレミアムセグメント車の購入を考えるユーザーに向けて、大きなアピールとなるだろう。

#1 匿名さん2017/12/14(Thu)15:33:08
ノミネートされた10台を見れば、
妥当な結果
来年以降も輸入車の受賞が続くだろう

ボルボおめでとう‼️
#2 匿名さん2017/12/14(Thu)15:37:08
ボルボって角ばったデザインのイメージだったけど
今では正反対の、リアの傾斜が強いデザインに様変わりしてるんだな
#3 匿名さん2017/12/14(Thu)16:16:03
いつの時代のぼるぼだよ!w
#4 匿名さん2017/12/14(Thu)16:20:29
ミニバン厨の願い
一度でいいから、ミニバンに
イヤーカーの座を!

永遠にないよな
ミニバン嫌いの審査員が大半だし
#5 匿名さん2017/12/14(Thu)17:00:29
RJCでは、1995年に初代オデッセイが、更に昨年はセレナが受賞しているな
確かにCOTYではミニバンは受賞してないな
#6 匿名さん2017/12/14(Thu)17:48:22
■日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)の受賞傾向
審査員はレース経験豊富、且つハンドリングオタクな自動車評論家が
多く含まれるため、選考基準は、「動力性能!」・「操安性!」が何より重視される。比較的高額な車種が受賞することも多い。
また、輸入車も選考対象となる。RJCよりはコアなクルマ好きが「好きそうな」クルマを選ぶ傾向。
前述の理由から、ミニバン・軽自動車が受賞したことはない。

■RJCカー・オブ・ザ・イヤーの受賞傾向
審査員は学識経験者やメーカー出身者も含まれており、COTYよりも
一般消費者目線で選ぶ傾向が強い。また動力性能よりも、最新技術を
評価するように感じる。高額なクルマはあまり受賞することはなく、
比較的低価格のクルマが選ばれる傾向。軽自動車がイヤーカーになる
ことも多い。また、輸入車は選考対象外(インポート・カー・オブ・ザ・イヤーとして別に選考)
#7 匿名さん2017/12/14(Thu)17:57:24
COTY/RJCのイヤーカー一覧(過去3年)

2015年
マツダロードスター / スズキアルト・アルトラパン
2016年
スバルインプレッサ / 日産セレナ
2017年
ボルボXC60 / スズキスイフト

昨年はRJCをセレナが受賞して沸いた記憶を思い出す
両者の選考基準の違いが良くわかる

COTYの審査員からすれば、
「は?セレナ?箱根で飛ばしても、走んね~、曲がらね~、つまんね~!」となり、
一方RJCの審査員は、
「インプ?変わり映えしないね。自動運転は未来に向けた先進技術!
プロパイロットマンセー!」となる。

まあ、今年の受賞モデルも賛否両論。誰もが納得する賞レースなど
なかなかないものだ。

個人的には「N-BOX」が受賞するものと思っていたがはずれたな。
#8 匿名さん2017/12/14(Thu)18:13:39
「ミニバンはクルマじゃないから」と宣った某自動車評論家
彼が審査員を務めるのが日本カー・オブ・ザ・イヤー
自動車評論家の「ミニバン嫌い」ははっきりしていて気持ちがいいよね
#9 匿名さん2017/12/14(Thu)18:34:45
今年の日本レコード大賞は「乃木坂46」で決まり!
乃木坂ちゃん!
#10 匿名さん2017/12/14(Thu)19:34:26
機能性や性能面で特に秀でた所が多いと言う訳ではないXC60だが、エクステリアはオシャレな感じでとても好感が持てる。
#11 匿名さん2017/12/14(Thu)20:56:59
頑張れ日本車!と言いたいが…
国産メーカーも海外企画の自動車を国内で売る始末。
#12 匿名さん2017/12/14(Thu)21:18:01
♯10
性能面に秀でた所が多くない?まさかでしょ?
カタログマニア垂涎のスペックのオンパレードなんだけどな
知らないなら教えてあげる

〇エンジン
2.0Lディーゼルターボ:190ps (D4用)
2.0Lガソリンターボ:254ps (T5用)
2.0Lターボ+スーパーチャージャー:320ps (T6用)
2.0Lターボ+スーパーチャージャー+モーター:318ps+モーター
(T8 Twin Engine用 ちなみにPHV)

〇先進安全運転支援機能「インテリセーフ」の主な機能
衝突被害軽減ブレーキは歩行者だけではなく
「自転車」・「大型動物」も検知可能(世界初。さすが北欧)
車線逸脱時や右折時の対向車回避を「ステアリング操作」で支援

その他いろいろ・・・
#13 匿名さん2017/12/14(Thu)21:26:36
♯11
日本市場がどんどん縮小しているんだから、それは仕方がないな

ちなみに来年のCOTYは「フォルクスワーゲン・ポロ」と予想
日本車がんばれ、という気持ちは同じ
「クラウン」・「ジューク」あたりが取れると良いがね
#14 匿名さん2017/12/14(Thu)21:57:33
ゴルフ受賞の時は、まあ一回ぐらいドイツ車でもいっかーみたいなノリ
今回は、日本メーカー制裁の意味も含めてるんじゃないかな
来年は、さすがにクラウンがポロに負けるとは思えん
特に次期クラウンは足回り固めてスポーティ路線になる可能性大だし、審査員の好みに合いそう
ほかに、カローラ フォレスター なんかもポロより上に来そうだし
#15 匿名さん2017/12/14(Thu)22:12:36
島国鎖国的な考えの奴が多いな

カローラが来年FMCされるのなら、カローラが受賞
(オーリス後継がカローラ〇〇らしいな)
フォレスターはない、無理
クラウンはダークホース

これで満足かな 本命ポロで決まりだよ
出たら試乗しよ
#16 ♯62017/12/14(Thu)22:18:38
♯6で失念していた

COTYはミニバン・軽自動車のイヤーカー受賞はないと書いた
もうひとつ
日本国内専用車(=ガラパゴスカー)の受賞もないのだよ
従って、クラウンはCOTYの受賞は難しいだろう

RJCのほうで受賞できることを祈る
#17 匿名さん2017/12/14(Thu)22:22:01
やっぱりJCOTYの「J」の意味は大きいでしょ
特にカローラは3ナンバー化して、アクセラみたいな路線になる可能性大
むしろ鎖国じゃない、グローバル化だよ
#18 匿名さん2017/12/14(Thu)22:25:03
輸入車アンチが、意外に多くてびっくり‼️
乗れば違いはわかると思うけどね。
#19 匿名さん2017/12/14(Thu)22:40:59
♯17
その「J」とやらを重視しているから「鎖国」だと言われてるのに
早く気付くべき

欧州カー・オブ・ザ・イヤーや北米カー・オブ・ザ・イヤーは、
輸入車を分け隔てなく選定するのに対して、日本はどうだ
これで輸入車の受賞はたった2回目なのに、輸入車アンチが騒ぐ騒ぐ
こういう考えだから、日本は閉鎖的だと言われるわけよ

今年は受賞すべき日本車がなかった、そういうこと
まあ、来年以降もそうかも、な
#20 匿名さん2017/12/14(Thu)22:57:23
2018年新型車予想
スープラ(仮称)・クラウン・カローラスポーツ(オーリス後継)
センチュリー・レクサスES・レクサスUX
タント・ジムニー・CR-V・ジューク
エクリプス・クロス・デリカD:5後継

スープラが受賞だろ。来年は。
中身はBMWで、オーストリアのマグナ・シュタイア工場で生産される
日本車ファンも輸入車ファンも両方大喜びだ。

ちなみに、このスープラ(仮称)はトヨタ車なのか?
#21 172017/12/14(Thu)23:02:10
揚げ足取りみたいで悪いが、欧州車乗りの意見だ
以前にポロも乗ったことある
#22 匿名さん2017/12/14(Thu)23:05:54
♯21
そうだったか。
それは大変失礼した。
#23 匿名さん2017/12/14(Thu)23:09:25
まあ日本は自動車産業が強すぎて特殊だろうね
自国メーカーシェアがこんなに高い国も多分無い
自動車大国のドイツですら、陸続きのユーロ圏内で強豪メーカー多数だから、自国シェアは日本より低い
#24 匿名さん2017/12/14(Thu)23:10:09
COTYはどうしても「接待漬け」のイメージが拭えない
折しも天下のトヨタは2009年の「先代プリウス」以来
受賞できていない
来年は賞取りに動くと予想

クラウンやセンチュリーは論外として、カローラかスープラか
カローラは10月にMCしたばかりだから、
本当に日本市場で来年新型が出るのか疑問だが・・・
#25 匿名さん2017/12/14(Thu)23:12:15
♯23
それな
日本か韓国か、というところだろうな
#26 調べてみたシリーズ2017/12/14(Thu)23:19:07
日本車には厳しい欧州でも「良いモノ」は評価してくれる。

〇欧州カー・オブ・ザ・イヤーにおける日本車の受賞
マイクラ(日本名マーチ、1993年)
ヤリス(日本名ヴィッツ、2000年)、
プリウス(2005年)、リーフ(2011年)の4車が受賞している。

〇欧州カー・オブ・ザ・イヤー2位受賞
プリメーラ(2位、1991年)、
マツダ6(日本名アテンザ、2位、2003年)
マツダ3(日本名アクセラ、2位、2004年)
マツダ2(日本名デミオ、2位、2008年)
トヨタiQ (2位、2010年)、
トヨタGT86(日本名86、2位、2013年)
スバルBRZ(2位、2013年)
#27 匿名さん2017/12/15(Fri)09:59:07
あちらでも、それなりに評価
されてんだね
日本は少し輸入車アレルギーが
強すぎるのかな
#28 匿名さん2017/12/15(Fri)17:28:28
いや、欧州COTYは、「ちゃんと結果への非難を実行する」車好きが多いために、
実状とあまりにかけ離れすぎると「ちゃんと叩かれて存続すら危うい」から
売れた日本車を筆頭に、消費者評価が高い車種を定期的に選ばないといけない
っていう前提があるんだよ

だから、完全な自分勝手を続けてもパトロンによる存続が余裕な日本COTYとは
そもそも状況が大きく違う事を忘れちゃいけないね

日本COTVにもそういう自浄作用をもたらす為には
日本人のユーザーたちが、ちゃんと実情を知って「声を挙げる」ことが必須

日本人の車好きって実はすごく多くて、知識もちゃんとしてる人多いのに、
車雑誌やSNSやヤフコメ等にたむろする、一部の偏向した車オタクのイメージが悪いせいか
それと混同されたくなくて声を挙げないって人が多過ぎるんだよね

車オタよりよっぽどまともな知識と価値観もってるんだから、そういう「一般人の普通に車が好きな人」に
もっと自分の意見や疑問などを発言して欲しいと思う
#29 匿名さん2017/12/15(Fri)17:50:47
♯28
結果何を言いたいのかさっぱりわかりませんでした
主語と述語の間が長すぎて、非常に読みにくい文章です

まず、結論から書く
ここですね
#30 匿名さん2017/12/15(Fri)18:20:53
♯12
実家の北海道(オホーツク海側の都市)では
「シカ注意!」の標識がある
毎年、エゾシカとクルマの衝突事故が多発中!

北欧もそうなんだろうな
「大型動物」を検知可能な衝突軽減ブレーキを
試してみたい

ちなみに今住んでる横浜は、「タヌキ注意!」の標識があるね
(小動物注意?アライグマ注意?)

と、ここまで書いてたら
まとめ、があった
https://matome.naver.jp/odai/2135462702093184101

ヤンバルクイナ、カメ、カルガモ・・・w
#31 匿名さん2017/12/16(Sat)22:07:01
♯29
要は、♯28はミニバンが受賞できないのは、おかしい、と言ってるんだと解釈
走る・曲がる・止まる、が劣るミニバンでは、自動車評論家の評価は得られないけど・・・

#32 匿名さん2017/12/16(Sat)22:17:40
ミニバン・・・
w
#33 匿名さん2017/12/16(Sat)22:58:26
COTYは日本メーカーの接待の内容でイヤーカーが決まる、と
いう悪しき噂が絶えない
そんな中、ボルボが受賞できたのは朗報
ボルボが接待攻勢するとは、ちょっと思えないので
#34 匿名さん2017/12/16(Sat)23:49:15
近頃のボルボ車はフロントオーバーハングが短くて良いね。安全最優先のボルボが実現させたんだから、クラッシャブルゾーンと縦置きを言い訳に、いつまでもロングノーズを作り続けているスバルも何とか改善してほしいわ。
#35 匿名さん2017/12/16(Sat)23:53:57
最近は、歩行者安全にも眼が向けられるようになってきましたね。ロングノーズのデザインは、事故の際の衝撃を和らげる意味を持っていることはたしかです。
ただ、もっと大きいのはクルマが高速化してきているという事実です。フロントノーズを長くして空気の流れを良くすることが、以前よりも重要になってきました。燃費にも貢献するし、高速時の操縦安定性を高めることにもなります。
そして、デザインの面からもロングノーズが求められています。最近ではコンパクトカーにも高級感を持たせることがマーケティング上必要で、フロントを長くすることで、見た感じのボリューム感を持たせているのです。ノーズの短い高級車というのは、あまり思い浮かびませんね。
もちろんこれにより、後席が狭くなるというデメリットが生じることは避けられません。今、コンパクトカーはデザイン優先になっているというのは否めませんね。ただ、昨今はコンパクトカー1台にぎっしり乗ることも少なくなってきました。後席に乗る人が少なくなっていることも関係しているのかと思います。
#36 匿名さん2017/12/17(Sun)00:15:16
スバルはロングノーズというより、フロントオーバーハングが
長いんだろう
その理由は♯34が書いている通り
「エンジン縦置きとクラッシャブルゾーン確保」だ

♯34が言うような「ロングノーズが悪い」という話は聞いたことがないのだが・・・

前後オーバーハングが短いほうが、運動性能では有利なのは確かだが、
各社それぞれ、デザインポリシーもあるし、スバルは敢えて
「そうしてる」んだろう

デザインの好みは人それぞれ、スバルらしくていいじゃないか

ワタシは現行ハリアー、レヴォーグの前後のオーバーハングの長さが
あまりに不自然で気に入らない(オーナーの方、申し訳ない)
=要は、ホイールベースが全長に対して短すぎ
#37 匿名さん2017/12/17(Sun)00:23:05
長年、「絶世の美女」にはなりきれないスバル車。
この野暮ったさが、また魅力。(BRZもデザイン自体はトヨタだし)

でも、以前は同じようなイメージだったボルボが
今や「デザイン」で選ばれるブランドになったからな。

万人に好まれそうなデザインではあるのだが・・・
マツダ車に比べれば・・・う~ん。
#38 匿名さん2018/01/15(Mon)11:03:23
スバルのフロントオーバーハングが長いのは、水平対向エンジン+4WDを成立させるためには避けられないと何かの記事で見た事がある。
確かにスバルBRZはFRでフロントオーバーハングが短い。
閑話休題。
JCOTYもRJCカーオブザイヤーも周りでは殆ど話題にもならない。
自分が実際に見て乗って、心底好きなクルマに乗ればいい。

名前(任意)
コメント

ボルボ・XC60が日本カーオブザイヤー受賞、レベル2自動運転の輸入SUV

ボルボ新型XC60画像、ジュネーブモーターショーでワールドプレミア

ボルボ新型V90がワールドプレミア、ジュネーブモーターショー2016画像

ボルボ・V40クロスカントリーがパリモーターショーでワールドプレミア