car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

XC40が日本カーオブザイヤー受賞の理由、ボルボが連覇

ボルボ・XC40が2018-2019 JCOTYイヤーカーに選ばれる

ボルボ・XC40が日本カーオブザイヤーのイヤーカーに選ばれた。昨年のXC60に続き二年連続、ボルボブランドからの受賞となった。

(写真はボルボ・XC40)
ボルボXC40

2018 – 2019 日本カーオブザイヤー 得点表

1位 ボルボ・XC40 363点
2位 トヨタ・カローラ スポーツ 314点
3位 フォルクスワーゲン・ポロ 197点
4位 トヨタ・クラウン 170点
5位 三菱自動車・エクリプスクロス 156点
6位 マツダ・CX-8 111点
7位 アルファロメオ・ステルヴィオ 106点
8位 BMW・X2 47点
9位 ホンダ・クラリティPHEV 36点

XC40が得点を伸ばしたのは、一部の日本車辞退も原因の一つ

XC40は2018年3月に発売されたボルボの新型クロスオーバーSUVである。ボディサイズは、全長4425mm×全幅1863mm×全高1652mmということで、昨年受賞のXC60よりも小柄で日本の路上でも扱い易いとしている。

XC40 リアコンビネーションランプ

しかし、このサイズのSUVは日本で販売台数を伸ばしにくいのが実情ではないだろうか。取り回しを求めるユーザーには全長4.2mクラスのコンパクトSUVが人気であるし、本格的にレジャーで使いたいというユーザーは全長4.6mクラスでなければ積載力が物足りない。

XC40 JCOTY

ただし60人の審査員の採点方式で決まる日本カーオブザイヤーでは、販売台数はさほど重要ではない。XC40は最終選考9モデルの中で、総得点でトップであっただけではなく、10点満点を最も多く獲得することもできている。

ボルボ XC40 ヨーロッパカー・オブ・ザ・イヤー

さらにXC40は、3月のジュネーブモーターショーでもヨーロッパ カーオブザイヤーに受賞していた。このことは、審査員が良いクルマと感じれば、躊躇いなく加点しやすい背景となったのではないか。

(写真はスズキ・ジムニー)
ジムニー フロントグリル

今年は、スズキ・ジムニーとスバル・フォレスターが、燃費・排ガス検査などの不正問題を理由に選考を辞退した。ジムニーは受賞本命モデルという考えも多かっただけに、これが番狂わせとなった。フォレスターもXC40とカテゴリが近いSUVモデルであるから選考結果に及ぼす影響は大きかったはず。

(写真はトヨタ・クラウン)
クラウンRS トヨタ

また、もう一つの受賞本命モデルであったトヨタ・クラウンは、意外にも少ない得点結果に終わった。単にビッグネームのフルモデルチェンジだからといって受賞が約束されているわけではない。むしろ同ブランドのカローラスポーツが健闘して、XC40に迫る得点となった。

#9 匿名さん2018/12/09(Sun)22:37:42ID:FhZDU2ZWzN
あっ、4も同じヤツかwwwww
#10 匿名さん2018/12/09(Sun)23:38:27ID:YzN2NkMzjZ
8.9
いつも批判しかできないとは情けない。8.9の家の近くではボルボは売ってなくて馴染みがないのかもしれないが、良いクルマだよ。
#11 匿名さん2018/12/10(Mon)07:07:22ID:I3MWE2ZDDZ
最近は比較対象にはされるようになったが、ほとんどの人が結局買うのはレクサスかドイツ車になる
#12 匿名さん2018/12/10(Mon)07:08:31ID:U2YjAzNTzO
大した性能のない欧州車を称賛して日本車を批判するような人間って、メディアに踊らされているだけで大して車の事を分からない人間だよね。

ホント批判しか出来ない人間って人としてどうかと思う。
#13 匿名さん2018/12/10(Mon)07:40:07ID:YzZWY1YWjM
ホントそれ。
♯8、♯9は批判コメしかしない。
このサイトを憂さ晴らしに使うのはマジでやめろって感じ。
#14 匿名さん2018/12/10(Mon)15:39:01ID:NmZDA0YTzM
日本メーカーはCOTY 眼中にないから旨味なし。外国メーカーに群がれw
#15 匿名さん2018/12/10(Mon)16:05:51ID:I3MWE2ZDDZ
COTYって審査員がメシ食うためだけの賞だろ、知らんけど
#16 匿名さん2018/12/10(Mon)18:15:22ID:JkM2UyYjGN
80年代〜90年代に比べて、日本カーオブザイヤーの存在感が殆ど無い。
#17 匿名さん2018/12/10(Mon)19:54:55ID:Y0NzY3YTjN
日本流行語大賞以下だね
#18 匿名さん2018/12/10(Mon)20:25:36ID:FiZTBkZDTM
アンチ欧州車たちの敗戦の弁がめちゃ楽しいw
#19 匿名さん2018/12/10(Mon)20:42:30ID:QzODBiZmWY
やっぱり決め手はチャイナマネーだな!
#20 匿名さん2018/12/10(Mon)23:12:39ID:JmNDc4ODjN
金が無くなったVWが下がって、中華マネーでボルボが受賞。
#21 匿名さん2018/12/11(Tue)06:27:23ID:FmMjNjMTjO
賞なんてどうでもいいけど、
XC40は良い車だよ
#22 匿名さん2018/12/11(Tue)08:28:35ID:BjM2IzOTmM
「輸入車」ってワードだけでXC40を選択肢からはずすなんて、もったいない!欧州でも日本でもカーオブザイヤーを獲得するなんて、凄い事!
#23 匿名さん2018/12/11(Tue)11:34:05ID:g4OGZkN2DO
この時代に
カーオブザイヤー信じるバカいないだろ
冗談はやめてくれw

#24 匿名さん2018/12/11(Tue)15:15:14ID:VjMTJjOWzN
中華汽車がイヤーカーとは。
#25 匿名さん2018/12/12(Wed)14:42:06ID:JjN2I2NmDM
2020年は、次期ゴルフが輸入される年だから、イヤーカーはゴルフで確定か。
と、いうことは、来年、日本車が受賞しないと輸入車が4年連続で受賞することになる。
来年は、マツダ3が最有力だが、日本メーカーは不祥事▶︎辞退が相次いでいるのが心配。マツダは大丈夫だと思うが。
#26 匿名さん2018/12/12(Wed)20:28:13ID:dhYjg1NTDY
排ガス不正でエビカニパワー低下してるからムリかもな!w
チャイナマネーに勝てるか!
#27 匿名さん2018/12/12(Wed)21:45:23ID:Y0ZjgyZjTM
日米欧メーカーにとってはもはや
権威なし
価値なし
意味なし
必要なし

関心あるのは中華人民共和国メーカーだけ
#28 国沢光宏2018/12/13(Thu)16:04:40ID:dkYjgzND2Z
まあ下民のオマエラには関係ないね
#29 匿名さん2018/12/13(Thu)21:58:32ID:FiM2UwMjTZ
国沢さんのコメント通り
貧乏人のヒガミ・ネタミ投稿は迷惑
羨ましいなら、努力して金稼いで好きなクルマを買えばいい
#30 匿名さん2018/12/13(Thu)23:02:58ID:IwZDZlZjTZ


人間性に難あり・・・・。

#31 匿名さん2018/12/13(Thu)23:41:51ID:k0NWFlZWTN
アンチとファンは紙一重
アンチ対象に興味があるから、アンチ行動に走る
興味がなければ目もくれないはず
#32 匿名さん2018/12/14(Fri)09:17:48ID:A4NDBhM2GN
#28 #29 #31
ん~,
偏ってる。
誰も寄りつかない。

管理サンも考えんと,
過疎るばっかやね。
#33 匿名さん2018/12/15(Sat)12:14:31ID:M5YTQ3MTGN
このままじゃ残るのは管理人と欧州万歳の二人だけ
#34 匿名さん2018/12/15(Sat)15:49:46ID:I2MWQ0NjGM
基地外ミニバン乗り(ワーゲン大好き❤)を忘れちゃいけない
#35 匿名さん2018/12/17(Mon)09:39:47ID:JkNzlkZjTZ
↑ポンコツゴルフ自慢ww
#36 匿名さん2018/12/17(Mon)14:49:42ID:ExZWJhYzWY
35
アタマバカ過ぎ、馬鹿杉クン
#37 匿名さん2018/12/17(Mon)19:20:05ID:gxMTdmYmWN
よく見かけるようになってきたね
#38 匿名さん2018/12/30(Sun)12:02:07ID:ViNGI0Y2TM
中国メーカーのボルボがイヤーカー
COTY終わった!
チャイナマネーにしっぽ振るな
#39 匿名さん2018/12/30(Sun)14:46:00ID:NjZWY3OT2M
勝手に終わらせるな!アホ!
#40 匿名さん2018/12/31(Mon)01:07:28ID:g0ZTI1MjzM
ボルボが2年連続か、中国車なのに頑張ったな。
COTY の権威はガタ落ち、早くやめたほうがいい。
#41 サイプレス2018/12/31(Mon)06:19:56ID:IzYjNlYTTN
XC60は良いよ。圧倒的に美しい内外装と Drive-Eディーゼルエンジンの胸のすく加速力。しかも都心に最適なサイズ。ツインエンジン(注:スーパーチャージャー&ターボによるプラグインHV)に興味があったけど、価格と納期がね・・・
中国車とか言う前に、まず乗ってみなよ。試乗するだけならタダなんだから。
at マリーナ・ベイ・サンズ
#42 匿名さん2018/12/31(Mon)06:34:35ID:IzYjNlYTTN
ちなみに、「現時点での」日本向けXC60はスウェーデンの『トースランダ工場』製なので、欧州仕様と基本は一緒(ウチのもメイド・イン・スウェーデン)。#40みたいな日本人に配慮した結果だそう。ただ、納期が非常にかかってしまうので、今後は北米向けと同様に中国製に切り替わるかも、というのがディーラーから聞いた話。
#43 匿名さん2019/01/02(Wed)09:43:52ID:M2YTBjZTjY
マリーナベイはツアーだと安く泊まれるんや。中国のお上りさんが多いからちょうどええなw

トヨタ、ホンダ、マツダ、メルセデス、BMW、韓国車が多く、ボルボはあまり走っとらんところや。B級は相手されへんからな、フェラーリ、ランボルギーニは日本より見るわ、タクシーは現代ソナタばっかりや、たまにウィッシュやプリウスもあるわ。
#44 匿名さん2019/01/02(Wed)10:54:38ID:M2MTJhZjTM
ボルボがB級だってんなら、
♯43の愛車はE級かねね?
#45 匿名さん2019/01/02(Wed)12:44:47ID:M1NDcwZGzN
ボルボって中国の吉利汽車だよ。
習近平とも関係が深いとされる企業。
#46 匿名さん2019/01/05(Sat)00:55:09ID:NmMmQ5Y2zY
中国車のボルボにのって、
欧州車が~欧州車が~って、
得意になってるバカいないだろ("⌒∇⌒")
#47 匿名さん2019/01/05(Sat)01:38:44ID:ZlMDQ3OTmY
↑↑↑↑↑↑↑
こういう事書く人に限って、服はユニクロ(臭いパンツ含め)、スマホはHuaweiだったりするんですよね🤣🤣
日本の生活環境から中国製品排除するのは、結構ムズいんですけどね〜w
#48 匿名さん2019/01/05(Sat)17:12:09ID:Y0NGJhZTTM
といって中国製品を自慢しないけどなぁwwww
#50 匿名さん2019/01/06(Sun)14:15:56ID:E2ZjkxYTWM
#49
嫌われ者を自覚したら!

管理人さん、こういう輩を野放しでいいんですか?
#52 匿名さん2019/01/07(Mon)12:17:25ID:k5NGQ2ZmDO
※整理してみました

[日本]
・COTY信じてクルマ買う人いない
・国産メーカーはCOTYもらっても販売に影響なし

[中国]
・憧れの先進国の日本での受賞は中国国内のセールスに有利
・中国メーカーの受賞は労働者の名誉
#53 匿名さん2019/01/08(Tue)18:06:57ID:ZmZWQwND2O
52
エクリプスクロスのページ読みました。
もう、中国のヘイトスピーチは禁止だそうですよ
#54 匿名さん2019/01/08(Tue)18:40:31ID:EzNWRiMWzZ
↑↑↑
中国じゃなくて、オマエの隣国に対するヘイトスピーチだ。
ふざけるな。
こういうヤツはアクセスさせるな。
#55 匿名さん2019/01/08(Tue)18:53:26ID:EzNWRiMWzZ
#51=#49
典型的ヘイトスピーチ

#56 匿名さん2019/01/08(Tue)18:54:57ID:ZmZWQwND2O
53
誹謗中傷も禁止
ヘイトスピーチも禁止

たまに、クルマについて「まともなコメ」したつもりが、勉強不足で頓珍漢な内容になり、周囲から袋叩きwww

じゃあどうすんのよってな感じの、貧乏ミニバン荒らし=53

たぶん、開き直って今まで通りだと思う

サイト側が規制しない限り、こんな奴が我が物顔でウソ、デマを蔓延させる

これで良いはずがない
#57 匿名さん2019/01/08(Tue)18:56:17ID:ZmZWQwND2O
53じゃなく、貧乏ミニバン荒らしは54の間違えww
#58 匿名さん2019/01/08(Tue)20:53:30ID:c0M2ExNzmM
56
57
管理人さんの忠告もまったく無視か
みんながあなたの書き込みには辟易してるんだ
レスはしばらく自重してくれないか
┐(´д`)┌ヤレヤレ

名前(任意)
コメント

過去記事(2018/03/08)

ボルボがV60をフルモデルチェンジ公開、ジュネーブモーターショー2018画像

ボルボ新型V60がデビュー、ボディサイズは前作より大型化

ボルボは新型V60をジュネーブモーターショー2018で発表した。

V60

新型V60のボディサイズは全長4761mm×全幅1850mm×全高1427mm、ホイールベースは2872mmとなる。パワートレインはPHVのT8とT6、ガソリンのT6とT5、ディーゼルのD4とD3が用意される。

V60 フロントグリル 新型V60 ボルボ

新型V60はV90に準じたデザイン、北欧風インテリアも魅力的

上位モデルのV90が2016年に復活デビューしているが、これとアウトライン、ディテールともに新型V60のデザインは近い。フロントでは縦桟グリルの採用により、他のボルボシリーズ同様のファミリーフェイスが与えられた。

V60リアコンビネーションランプ V60 ジュネーブモーターショー2018

ヘッドランプはトールハンマー型デイタイムランニングライトが採用される。V40のような少し曲線が入れられたものではなく、V90のような直線的な眼つきとなる。新型V60の無骨でオーソドックスなステーションワゴンボディには、後者のタイプが似合う。

ボルボ V60 インテリア ボルボ V60 リアシート

インテリアは木目調パネルがアクセントとなる。シート表皮には定番の素材、色だけでなく、北欧家具のようなオシャレなファブリック柄も設定され魅力を感じるところ。

V60 インテリア V60 シート

ただ基本的にはボルボらしくシンプルで、華美な印象は少ない。下位グレードモデルのドアパネル内張りなんかは仕上がりの丁寧さはあるが、デザインのベースは普及価格帯のクルマそのものに感じた。他社のラグジュアリーブランドに近いプライスが付けられることになるだろうから、購入にあたってこのあたりの割り切りは必要になるかもしれない。

V60 リアシート V60 トランク

ボルボは、昨年2017年の東京モーターショーでXC60が日本COTYを受賞。さらに今回XC40が欧州COTYに選ばれており、ブランド評価がグローバルで向上しつつある。

過去記事(2017/12/14)

ボルボ・XC60が日本カーオブザイヤー受賞、レベル2自動運転の輸入SUV

XC60が日本COTY受賞、本命リーフは不祥事のため不参加

ボルボが新型XC60が日本カーオブザイヤー(JCOTY)2017-2018を受賞した。

(写真はボルボ・XC60日本仕様)
XC60 プラグインハイブリッド

得点数はボルボ・XC60が294点を獲得。以下 BMW・5シリーズセダン/ツーリング 242点、トヨタ・カムリ 232点、スズキ・スイフト 210点、ホンダ・N-BOX/N-BOXカスタム 189点と続く。輸入モデルがJCOTYで選ばれたのは4年前2013-2014のVW・ゴルフに次いで2回目。これまで国内モデルが選ばれることがほとんどの日本COTYであるが、今回は重要なモデルとして考えられていた日産・リーフ、スバル・XVが両メーカーの無資格検査問題を背景に出場を辞退していた。

XC60 プラグインハイブリッド フロントグリル XC60 右ハンドル仕様インテリア

主役不在とも言えるなかで行われた選考は稀に見る接戦となり、次点にも輸入車のBMW・5シリーズがランクインされる。3位にようやく日本メーカーのトヨタ・カムリが入るがこれも北米向けの性質が強いモデルである。

XC60 T5 リアコンビネーションランプ

新型XC60は多彩なパワートレインラインアップとレベル2自動運転を搭載

受賞した新型XC60は3月のジュネーブモーターショー2017でワールドプレミアされ、日本仕様は2017年10月16日にフルモデルチェンジを受けていた。

(写真は新型XC60欧州仕様)
XC60 ボルボ

搭載されるパワートレインは4種類。T5の2.0Lターボ、T6の2.0Lスーパチャージャー+ターボ、D4の2.0Lクリーンディーゼル、T8の2.0Lスーパチャージャー+ターボ+プラグインハイブリッドがラインアップされる。全車で8速ATと4WDシステムが採用される。

XC60 トランク

自動ブレーキとステアリング制御による衝突回避軽減システムや、レベル2相当の自動運転システムが採用されており先進テクノロジーもしっかりと備わる。

XC60 リアシート

新型XC60の車両価格帯は税込みで599~884万円となる。今回の受賞は、プレミアムセグメント車の購入を考えるユーザーに向けて、大きなアピールとなるだろう。

過去記事(2017/03/13)

ボルボ新型XC60画像、ジュネーブモーターショーでワールドプレミア

XC60がフルモデルチェンジ、欧州主力のミドルクラスクロスオーバーSUV

ボルボ・XC60がフルモデルチェンジを迎え、ジュネーブモーターショー2017でワールドプレミアとなった。

(写真は新型XC60、ジュネーブモーターショー2017)
XC60

遡ること9年前、2008年のジュネーブモーターショーにおいて、ボルボは中型クロスオーバーSUVのセグメントに向けて新たに投入したのがXC60シリーズであった。その後、欧州市場の同セグメントにおいて最も大きな販売実績を残し、ボルボのラインアップの中でも中核を担う存在に成長した。

XC60 フロントグリル XC60 バックドア

そして今回、XC60シリーズは二代目モデルに向けたフルモデルチェンジを受け、やはりここジュネーブで量産モデルが初公開となった。

XC60 リアコンビネーションランプ XC60 トランク

新型XC60にはボルボの半自動運転機能のパイロットアシストを搭載

新型XC60に搭載されるエンジンは5タイプが用意される。トップグレードにはプラグインハイブリッドシステムのT8ツインエンジンが設定され、最高出力407hp、0-100Km/h加速 5.3秒というパフォーマンスが与えられる。

XC60 インテリア XC60 リアシート

このほかにディーゼルエンジンとして、190hpのD4と、235hpのD5。ガソリンエンジンでは、254hpのT5と、ターボ&スーパーチャージャー搭載で320hpのT6も用意される。

XC60 トランク

装備面では、パイロットアシストと名付けられた半自動運転機能がポイントとなる。加速とブレーキ操作については、130km/hまでの高速域において作動し、ステアリング操作もサポートされる。今回のジュネーブモーターショーでは他メーカーを含めて、多くの半自動運転システム搭載モデルが発表された。

過去記事(2016/03/16)

ボルボ新型V90がワールドプレミア、ジュネーブモーターショー2016画像

新型V90、ボルボの大型ステーションワゴンがラインアップに復活

今月開催されたジュネーブモーターショー2016で、ボルボは新型V90を発表した。

(写真は新型V90)
ボルボV90

ボルボは2016年1月の北米国際オートショーで、フラグシップセダンのS80後継モデルのS90を発表したばかり。ジュネーブで発表されたV90はそのステーションワゴンモデルに相当する。

ボルボV90 リアコンビネーションランプ ボルボV90 ジュネーブ

新型V90のボディサイズは全長4936mm×全幅1890mm×全高1475mm、ホイールベースは2941mmとなる。国内ブランドの代表的な大型ステーションワゴンであるレガシィと比較すれば、これより一回り大きい寸法である。

ボルボV90 T6 ボルボV90 トランク

ラゲッジスペースは5人乗車時で560L。さらに後席を倒せば1526Lにまで拡大する。

新型V90はプラグインハイブリッドのT8が用意される、日本発売も期待

新型V90はエンジン及び駆動方式別に5タイプがラインアップされる。エントリーとなるのがT5で2.0L 直4ガソリンターボ搭載のFF駆動となる。T6はそのAWDモデルに相当し、過給方式がターボ&スーパーチャージャーとなる。

ボルボV90 フロントグリル ボルボ新型V90

上位モデルではプラグインハイブリッドのT8がXC90およびS90と同様に用意される。メインユニットは2.0Lの直4ターボ&スーパーチャージャーで最高出力320hp、最大トルク400Nmといったスペック。後輪は最高出力87hpのモーター駆動となる。EV走行の最大航続距離は45kmを超える。

この他、2.0L 直4ディーゼルのD4とそのAWDのD5が用意される。

ボルボV90 インテリア

既にクロスオーバーSUVのXC90が日本導入されている状況を考えると、この新型V90が日本発売される可能性は高いだろう。XC90日本仕様ではT5、T6、T8がラインアップされた。

過去記事(2012/10/06)

ボルボ・V40クロスカントリーがパリモーターショーでワールドプレミア

V40クロスカントリーを早くも追加投入

ボルボは、V40クロスカントリーを2012年9月27日より開催中のパリモーターショー12にて新たに世に打ち出すことになった。
V40クロスカントリー
V40と言えば、S40やV50の後継モデルとしてつい最近、日本にも登場した新モデルである。ボルボ自らが、V40のライバルはメルセデスベンツのAクラス、BMWの1シリーズ、アウディのA3という、言わずもがなの顔ぶれを指名したことからもその本気度が伝わってくるモデルであった。発表時にはハッチバックのみで登場ということでかなり注目を集め、当分はそれ一本でいくかと見られていたが、早くもクロスオーバー車として、V40クロスカントリーというラインナップを加えることになった。
V40クロスカントリー ボルボ
V40クロスカントリーのベースは、あくまでコンパクト5ドアハッチバックである新型のV40。変更を受けた点と言えば、車高をアップし、ホイールにV70と同じ19インチサイズを採用したことがまず挙げられる。これに対応して専用バンパーやアンダーガードを一新し、クロスオーバー車としてSUVの性格を分かりやすく打ち出している。
また、ブラックが基調の内装を採用し、さらにドアミラーが高級感を演出したデザインとなっている。
VOLVO V40 クロスカントリー 2012 paris

V40クロスカントリーに搭載されるガソリンターボのT5エンジン

V40クロスカントリーには複数のエンジンオプションがあるが、中でも最高の性能を誇るのはガソリンターボのT5エンジンである。これは2.5L直列5気筒で、最大出力は254ps、最大トルクは40.8kgmと、日本で展開されている新型V40のT4エンジン(1.6L、180ps、24.5kgm)と比較すれば、その差は一目瞭然だ。
フルタイム4WDの駆動方式も選択でき、クロスオーバー車として遜色のないスペックとなっている。

V40クロスカントリーはパリモーターショー12でも注目に値する一台と言えるだろう。