car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ボルボがV60をフルモデルチェンジ公開、ジュネーブモーターショー2018画像

ボルボ新型V60がデビュー、ボディサイズは前作より大型化

ボルボは新型V60をジュネーブモーターショー2018で発表した。

V60

新型V60のボディサイズは全長4761mm×全幅1850mm×全高1427mm、ホイールベースは2872mmとなる。パワートレインはPHVのT8とT6、ガソリンのT6とT5、ディーゼルのD4とD3が用意される。

V60 フロントグリル 新型V60 ボルボ

新型V60はV90に準じたデザイン、北欧風インテリアも魅力的

上位モデルのV90が2016年に復活デビューしているが、これとアウトライン、ディテールともに新型V60のデザインは近い。フロントでは縦桟グリルの採用により、他のボルボシリーズ同様のファミリーフェイスが与えられた。

V60リアコンビネーションランプ V60 ジュネーブモーターショー2018

ヘッドランプはトールハンマー型デイタイムランニングライトが採用される。V40のような少し曲線が入れられたものではなく、V90のような直線的な眼つきとなる。新型V60の無骨でオーソドックスなステーションワゴンボディには、後者のタイプが似合う。

ボルボ V60 インテリア ボルボ V60 リアシート

インテリアは木目調パネルがアクセントとなる。シート表皮には定番の素材、色だけでなく、北欧家具のようなオシャレなファブリック柄も設定され魅力を感じるところ。

V60 インテリア V60 シート

ただ基本的にはボルボらしくシンプルで、華美な印象は少ない。下位グレードモデルのドアパネル内張りなんかは仕上がりの丁寧さはあるが、デザインのベースは普及価格帯のクルマそのものに感じた。他社のラグジュアリーブランドに近いプライスが付けられることになるだろうから、購入にあたってこのあたりの割り切りは必要になるかもしれない。

V60 リアシート V60 トランク

ボルボは、昨年2017年の東京モーターショーでXC60が日本COTYを受賞。さらに今回XC40が欧州COTYに選ばれており、ブランド評価がグローバルで向上しつつある。

#1 匿名さん2018/03/08(Thu)21:47:20
バツグンの美しさ!
#2 匿名さん2018/03/08(Thu)22:14:12
欧州デザインのトレンドは完全にaudiからボルボになった気がする

#3 匿名さん2018/03/09(Fri)01:24:51
デザインの良さをボルボのエンブレムが台無しにしていると思う。
#4 匿名さん2018/03/09(Fri)12:03:37
欲しい人は、中国製になる前に急ぎましょう!
#5 匿名さん2018/03/09(Fri)12:08:00
V90は写真だと超美しいと感じたのに、実物を見たら、まぁ普通だった。
ヘッドライト周りの立体的造形が、期待していたほどでは無かった。

V60はどうなんだろう‥
#10 匿名さん2018/03/10(Sat)06:43:08
破綻はしていない。が特別なものも感じない。
#11 匿名さん2018/03/10(Sat)14:54:41
特に北欧風とは感じないけど
#12 匿名さん2018/03/10(Sat)14:56:37
北欧風w
#13 匿名さん2018/03/10(Sat)15:45:29
中国資本のメーカーだから(笑)
#14 匿名さん2018/03/12(Mon)21:49:01
デザイン、そんなべた褒めするほどかね
#15 匿名さん2018/03/12(Mon)22:33:52
ミニバン乗ってる人間には理解ができない
#16 匿名さん2018/03/12(Mon)23:32:01
ミニバン所有したことないが理解できない
#17 匿名さん2018/03/18(Sun)17:09:47
カッコ良い
文句無し
サイズも丁度良いし、出たら欲しい、これ
#18 匿名さん2018/03/23(Fri)09:24:59ID:NlM2MxMz2Z
ボルボは今や北欧産ではありません
今や中華人民共和国産なのですよ皆さん
ボルボは中国企業なのですよ皆さん
#19 匿名さん2018/03/23(Fri)09:37:09ID:I4NGIxYWDM
北欧産←笑える。
#20 匿名さん2018/03/23(Fri)17:47:57ID:JlNzkzOWDZ
18
同じ日本人と思いたくない投稿

日本市場向けのボルボは、全てスウェーデンかベルギー製

ホンダを始め、日本車は中国、韓国産の部品を多数使ってるのを知らないようだ

#22 匿名さん2018/03/24(Sat)00:27:21ID:hjMDg3MGjN
#20
ボルボは中華人民共和国の企業だよ。
もはやスウェーデン資本ではない。
常識でしょ。
しかもボルボが中国、韓国の部品を使ってないと思ってるバカがいるとは驚き。
#23 匿名さん2018/03/24(Sat)00:31:34ID:UyYzIyZTjZ

ボルボには当然、中国製部品は使っていますね
ウチのも、リアウインドウが、「メイドインチャイナ」
ただ、ボルボで韓国製の部品は、ないでしょ
それはいいがかり
#24 匿名さん2018/03/24(Sat)00:48:35ID:hjMDg3MGjN
いやいやエンジン回りとか電子部品とか、何かしら韓国部品は使ってるはずだよ。
グローバル化の時代でそんな話はないと思うね。
#25 匿名さん2018/03/24(Sat)17:04:14ID:M5MTI1YWGO
どこの国の部品が使われていようと、このクルマは、ベルギーのゲント工場製。
18の意見、『中国産』というのは、
大きな間違いであり偏見。

こんなさべつ主義者がのさばる世界にしてはならない。
#26 匿名さん2018/03/24(Sat)17:23:15ID:E3OTU3MTmZ
日本人の大半は無意識のうちにさべつ主義者になっていますよ。
何かというと、ガラパゴス、ガラパゴスって仰ってますから。
#27 匿名さん2018/03/25(Sun)20:02:40ID:VlODg2NWTN
ボルボが中国企業だからイヤ、
なんて話は聞いたことない
その理論だと、日産は「おフランス車」になるはずだが、誰もそうは言わないのと一緒

言わせておけばいいわけだな
#28 匿名さん2018/03/25(Sun)20:08:11ID:U2YWI5MDTN
んだんだ
日本に輸入されるフォルクスワーゲンもメイドインチャイナになるのもすぐだろうからな。
中華人民共和国製のワーゲンだってまっすぐ走るだろ。
#29 匿名さん2018/03/25(Sun)22:47:56ID:VlODg2NWTN
ん〜
中国製のワーゲンは、やっぱりワーゲン=ドイツ車だから、まっすぐ走るのは当たり前
それよりも高速でフラつくトヨタのミニバンの方が大問題
オデッセイはまっすぐ走れたから、トヨタは手を抜いていると感じた
#30 匿名さん2018/03/25(Sun)22:50:58ID:U2YWI5MDTN
#29
車が悪いんじゃなくてお前の運転がよほどヘタクソなのか、酔っ払っていたのかどっちかだろ。
#31 匿名さん2018/03/26(Mon)14:45:46ID:hhNDBmMTjZ
座布団一枚
#32 匿名さん2018/03/28(Wed)15:40:03ID:AzNjExMjGN
2018年欧州カー・オブ・ザ・イヤーは、「ボルボXC40」が受賞!

欧州カーオブザイヤー2018の結果は以下の通り

●ボルボ XC40(325点)
●セアト・イビーサ(242点)
●BMW5シリーズ(226点)
●キア・スティンガー(204点)
●シトロエンC3エアクロス(171点)
●アウディA8(169点)
●アルファロメオ・ステルヴィオ(163点)

日本車は、
シビック・CX-5・エクリプスクロス・インプレッサ・スバルXV・スイフト・イグニスがノミネートされたが・・・
毎年、上位に食い込む日本車は、今回選ばれず・・・

韓国の「キア・スティンガー」が初めて上位に!

名前(任意)
コメント

過去記事(2017/12/14)

ボルボ・XC60が日本カーオブザイヤー受賞、レベル2自動運転の輸入SUV

XC60が日本COTY受賞、本命リーフは不祥事のため不参加

ボルボが新型XC60が日本カーオブザイヤー(JCOTY)2017-2018を受賞した。

(写真はボルボ・XC60日本仕様)
XC60 プラグインハイブリッド

得点数はボルボ・XC60が294点を獲得。以下 BMW・5シリーズセダン/ツーリング 242点、トヨタ・カムリ 232点、スズキ・スイフト 210点、ホンダ・N-BOX/N-BOXカスタム 189点と続く。輸入モデルがJCOTYで選ばれたのは4年前2013-2014のVW・ゴルフに次いで2回目。これまで国内モデルが選ばれることがほとんどの日本COTYであるが、今回は重要なモデルとして考えられていた日産・リーフ、スバル・XVが両メーカーの無資格検査問題を背景に出場を辞退していた。

XC60 プラグインハイブリッド フロントグリル XC60 右ハンドル仕様インテリア

主役不在とも言えるなかで行われた選考は稀に見る接戦となり、次点にも輸入車のBMW・5シリーズがランクインされる。3位にようやく日本メーカーのトヨタ・カムリが入るがこれも北米向けの性質が強いモデルである。

XC60 T5 リアコンビネーションランプ

新型XC60は多彩なパワートレインラインアップとレベル2自動運転を搭載

受賞した新型XC60は3月のジュネーブモーターショー2017でワールドプレミアされ、日本仕様は2017年10月16日にフルモデルチェンジを受けていた。

(写真は新型XC60欧州仕様)
XC60 ボルボ

搭載されるパワートレインは4種類。T5の2.0Lターボ、T6の2.0Lスーパチャージャー+ターボ、D4の2.0Lクリーンディーゼル、T8の2.0Lスーパチャージャー+ターボ+プラグインハイブリッドがラインアップされる。全車で8速ATと4WDシステムが採用される。

XC60 トランク

自動ブレーキとステアリング制御による衝突回避軽減システムや、レベル2相当の自動運転システムが採用されており先進テクノロジーもしっかりと備わる。

XC60 リアシート

新型XC60の車両価格帯は税込みで599~884万円となる。今回の受賞は、プレミアムセグメント車の購入を考えるユーザーに向けて、大きなアピールとなるだろう。

過去記事(2017/03/13)

ボルボ新型XC60画像、ジュネーブモーターショーでワールドプレミア

XC60がフルモデルチェンジ、欧州主力のミドルクラスクロスオーバーSUV

ボルボ・XC60がフルモデルチェンジを迎え、ジュネーブモーターショー2017でワールドプレミアとなった。

(写真は新型XC60、ジュネーブモーターショー2017)
XC60

遡ること9年前、2008年のジュネーブモーターショーにおいて、ボルボは中型クロスオーバーSUVのセグメントに向けて新たに投入したのがXC60シリーズであった。その後、欧州市場の同セグメントにおいて最も大きな販売実績を残し、ボルボのラインアップの中でも中核を担う存在に成長した。

XC60 フロントグリル XC60 バックドア

そして今回、XC60シリーズは二代目モデルに向けたフルモデルチェンジを受け、やはりここジュネーブで量産モデルが初公開となった。

XC60 リアコンビネーションランプ XC60 トランク

新型XC60にはボルボの半自動運転機能のパイロットアシストを搭載

新型XC60に搭載されるエンジンは5タイプが用意される。トップグレードにはプラグインハイブリッドシステムのT8ツインエンジンが設定され、最高出力407hp、0-100Km/h加速 5.3秒というパフォーマンスが与えられる。

XC60 インテリア XC60 リアシート

このほかにディーゼルエンジンとして、190hpのD4と、235hpのD5。ガソリンエンジンでは、254hpのT5と、ターボ&スーパーチャージャー搭載で320hpのT6も用意される。

XC60 トランク

装備面では、パイロットアシストと名付けられた半自動運転機能がポイントとなる。加速とブレーキ操作については、130km/hまでの高速域において作動し、ステアリング操作もサポートされる。今回のジュネーブモーターショーでは他メーカーを含めて、多くの半自動運転システム搭載モデルが発表された。

過去記事(2016/03/16)

ボルボ新型V90がワールドプレミア、ジュネーブモーターショー2016画像

新型V90、ボルボの大型ステーションワゴンがラインアップに復活

今月開催されたジュネーブモーターショー2016で、ボルボは新型V90を発表した。

(写真は新型V90)
ボルボV90

ボルボは2016年1月の北米国際オートショーで、フラグシップセダンのS80後継モデルのS90を発表したばかり。ジュネーブで発表されたV90はそのステーションワゴンモデルに相当する。

ボルボV90 リアコンビネーションランプ ボルボV90 ジュネーブ

新型V90のボディサイズは全長4936mm×全幅1890mm×全高1475mm、ホイールベースは2941mmとなる。国内ブランドの代表的な大型ステーションワゴンであるレガシィと比較すれば、これより一回り大きい寸法である。

ボルボV90 T6 ボルボV90 トランク

ラゲッジスペースは5人乗車時で560L。さらに後席を倒せば1526Lにまで拡大する。

新型V90はプラグインハイブリッドのT8が用意される、日本発売も期待

新型V90はエンジン及び駆動方式別に5タイプがラインアップされる。エントリーとなるのがT5で2.0L 直4ガソリンターボ搭載のFF駆動となる。T6はそのAWDモデルに相当し、過給方式がターボ&スーパーチャージャーとなる。

ボルボV90 フロントグリル ボルボ新型V90

上位モデルではプラグインハイブリッドのT8がXC90およびS90と同様に用意される。メインユニットは2.0Lの直4ターボ&スーパーチャージャーで最高出力320hp、最大トルク400Nmといったスペック。後輪は最高出力87hpのモーター駆動となる。EV走行の最大航続距離は45kmを超える。

この他、2.0L 直4ディーゼルのD4とそのAWDのD5が用意される。

ボルボV90 インテリア

既にクロスオーバーSUVのXC90が日本導入されている状況を考えると、この新型V90が日本発売される可能性は高いだろう。XC90日本仕様ではT5、T6、T8がラインアップされた。

過去記事(2012/10/06)

ボルボ・V40クロスカントリーがパリモーターショーでワールドプレミア

V40クロスカントリーを早くも追加投入

ボルボは、V40クロスカントリーを2012年9月27日より開催中のパリモーターショー12にて新たに世に打ち出すことになった。
V40クロスカントリー
V40と言えば、S40やV50の後継モデルとしてつい最近、日本にも登場した新モデルである。ボルボ自らが、V40のライバルはメルセデスベンツのAクラス、BMWの1シリーズ、アウディのA3という、言わずもがなの顔ぶれを指名したことからもその本気度が伝わってくるモデルであった。発表時にはハッチバックのみで登場ということでかなり注目を集め、当分はそれ一本でいくかと見られていたが、早くもクロスオーバー車として、V40クロスカントリーというラインナップを加えることになった。
V40クロスカントリー ボルボ
V40クロスカントリーのベースは、あくまでコンパクト5ドアハッチバックである新型のV40。変更を受けた点と言えば、車高をアップし、ホイールにV70と同じ19インチサイズを採用したことがまず挙げられる。これに対応して専用バンパーやアンダーガードを一新し、クロスオーバー車としてSUVの性格を分かりやすく打ち出している。
また、ブラックが基調の内装を採用し、さらにドアミラーが高級感を演出したデザインとなっている。
VOLVO V40 クロスカントリー 2012 paris

V40クロスカントリーに搭載されるガソリンターボのT5エンジン

V40クロスカントリーには複数のエンジンオプションがあるが、中でも最高の性能を誇るのはガソリンターボのT5エンジンである。これは2.5L直列5気筒で、最大出力は254ps、最大トルクは40.8kgmと、日本で展開されている新型V40のT4エンジン(1.6L、180ps、24.5kgm)と比較すれば、その差は一目瞭然だ。
フルタイム4WDの駆動方式も選択でき、クロスオーバー車として遜色のないスペックとなっている。

V40クロスカントリーはパリモーターショー12でも注目に値する一台と言えるだろう。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先