car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ラクティスが2016年内フルモデルチェンジ、1.0Lダウンサイジングターボ搭載

ラクティス後継モデルはスライドドア装備、新開発1.0Lターボエンジン搭載

トヨタのコンパクトトールワゴン、ラクティスのフルモデルチェンジが2016年内にも実施される見込みとなっている。

(写真は現行ラクティス)
ラクティス

ラクティスとbBは車種統合により後継車は新規モデルになる可能性あり

現行ラクティスは2010年より販売される2代目モデルで、既にモデル末期とも言える時期に来ている。最近の販売台数はというと、月販1000台を割り込む月も出てきている状況だ。

ラクティス リアコンビネーションランプ ラクティス 2015

そんな中、トヨタではラクティス後継車に相当するコンパクトトールワゴンモデルが開発中となっている。搭載されるエンジンは新開発の直3 1.0L ガソリンターボの採用が予想される。

ラクティス フロントグリル ラクティス マフラー
直3 1.0Lターボというエンジンは、最近ではスズキが新型を開発しており、まもなく正式発売されるバレーノへの搭載が予定されている。低コストで燃費が良いだけでなく税制メリットもある1.0Lターボは、今後多くの国内メーカーが参入するエンジンタイプとして注目される。

(写真は現行bB)
トヨタ bb

トヨタがラインアップするコンパクトトールワゴンとしては、もうひとつbBがあった。こちらはラクティスと車種統合されることになる。次期モデルはラクティス、bBのいずれの車名も与えられず、新規モデルになる可能性があるだろう。

(写真はスズキ・ソリオハイブリッド)
ソリオ ハイブリッド

ラクティス後継モデルはスペース重視型のボディながらも3列シート車は設定されず、5人乗り仕様となるのは現行型とコンセプトは同じ。ただし、リアドアはスライドドアとなる見込みだ。つまり、フルモデルチェンジから間もないスズキ・ソリオに直接対抗するモデルに仕上げられるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2012/12/12)

ラクティスが2014年にモデルチェンジの計画、エネルギー回生機構を採用

トヨタがラクティスのビッグマイナーモデルチェンジを2014年に予定

2010年から販売されている2代目ラクティスの改変が2014年春に計画されている。
初代モデルから2代目にかけては、5年でフルモデルチェンジがなされたが、2014年はマイナーモデルチェンジということで本格的な世代交代はまだまだ先になる。しかし、エンジンや電力周りの改良がなされ燃費性能は大幅に向上する見込み。グリルデザインの変更も含まれたモデルチェンジとなり、2代目ラクティスは後期モデルへと移行する。

(写真は現行ラクティス)
ラクティス

新型ラクティスに回生ブレーキシステムを採用

マイナーモデルチェンジ後のラクティスで注目したいポイントの一つがエネルギー回生機構の導入である。これはハイブリッドシステムのような積極的な燃費改善策ではないが、減速時のエネルギーを回収することでオルタネーターの発電負荷を低減し、結果として燃費を向上させるものになる。ローコストで燃費改善ができるとして軽自動車の新型ワゴンRにも導入された手段だ。
大容量バッテリーの導入と充放電の効率化も行われ、さらにエンジン本体にも改良が施されることで、JC08モード燃費は25km/L程度になると予測される。現行の20.6km/Lから大幅な性能アップとなるだろう。

インテリアではカラーリング変更のほか、インパネの質感が向上するという。インフォメーションディスプレイも新しくなる。エクステリアでは、フェイスが一新する他にリアコンビネーションランプのデザイン変更やLEDポジションランプが加わり、よりスタイリッシュに生まれ変わる。

また、ラクティスにはOEM車のトレジアが兄弟車としてスバルでラインアップされているが、こちらも同様の改変が行われる。さらに、本家のラクティスとは異なる独自のサスペンションチューンが施されるというから楽しみだ。

過去記事(2011/07/10)

トヨタ車納期のまとめ/プリウスα,ヴィッツ,ノア,ラクティス他

トヨタ車の納期

ハイブリッドカーではノーマルプリウスの納期が比較的早い

市販されている量産車の中で最も遅い納期のなりそうなのが2011/5に発売したばかりのプリウスα。納期は1年程度かかりそうだ。
これだけ遅くなるのなら、5人乗り狙いならフィットシャトル、7人乗りが欲しいのならエスティマハイブリッドの購入も検討したほうがいい。
1年も経てば、また魅力的な新車がデビューしている。そんな時に、今さらのようにプリウスαが納車されても後悔しないかよく考えよう。
ハイブリッド車種は部品点数が多いため納車が遅くなると考えている人も多いが、実はトヨタはハイブリッド車種の生産回復に重点を置いてきただけあって、普通のプリウスやレクサスCT200hについての納期は2.5~3ヶ月程度と比較的早くなってきている。

ミニバンは納期が遅れ気味

アルファード&ヴェルファイアに関しては現行モデルの販売がほぼ終了している。
11月のマイナーチェンジ後の納車になるので、必然的に半年程度の納期が必要になってしまう。
このマイナーチェンジではハイブリッド設定も用意されており、今から予約注文で人気が出始めている。
ノア&ヴォクシーは普遍的に人気があり4ヶ月程度の納車待ちとなる。これでもかなり納期は短縮された。
ウィッシュはデビューから時間が経っていることもあり、納期は早めの3ヶ月程度。在庫車もちらほらあり、仕様にこだわりがなければ即納も可能だ。

コンパクトカーは比較的早い納期となってきている

ヴィッツはアイドリングストップ車に関しては、納期が遅れ気味。5ヶ月程度は考えていたほうがいい。
アイドリングストップの付いていないヴィッツは3ヶ月程度と現状では標準的な納期になっているのでこちらの方を個人的にはお薦めする。アイドリングストップの有無での燃費差は微々たるものしかない。

ラクティスもまだ新しい車種で人気が高いが、納期は3ヶ月程度に短縮されつつある。
パッソはフルモデルチェンジから1年半程度経過し、受注が減り始めている。そのため納期は2ヶ月と早くなっている。

過去記事(2011/05/20)

コンパクトカークラスの燃費比較(11位~)

コンパクトカー燃費ランキング、3ページ目

コンパクトカー実用燃費1位~5位はこちら
コンパクトカー実用燃費6位~10位はこちら

11位:ノート 実用燃費13.69km/L

ノート
20.0km/Lの10・15モード走行燃費を期待して購入するとがっかりしてしまうが、コンパクトカーとしては大柄のボディや1.5Lの余裕のあるエンジンを考慮すれば、そこそこの燃費性能と言える。
ほぼ同サイズのライバル車フィットは1.3Lエンジンだ。
燃費重視ならフィット、走りや乗り心地のバランスを重視するならノートがお薦めとなる。

12位:ソリオ 実用燃費13.66km/L

ソリオ
10・15モード走行燃費は22.5km/Lと、大きく出ているが、実燃費の方は全く達成できてきない。
各メーカーとも10・15モード対策が上手くなりすぎて、最新車種になるほど実燃費との乖離が大きくなるようだ。
空力特性の悪い、背の高いワゴンボディであることを考えると、ソリオはなかなかの実燃費と言える。
広くて燃費の良い車を探しているなら、お薦めの車種となる。
OEM姉妹車として三菱デリカD2がある。

13位:ラクティス 実用燃費13.59km/L

ラクティス
背の高いコンパクトカー、ラクティスもまずまずの実燃費。
ソリオほど全高は高くないものの、十分に広いと感じる。
スバルのトレジアはラクティスと共通車体となっている。

14位:キューブ 実用燃費13.50km/L

キューブ
キューブの特徴である四角く大きなボディは、室内空間を広くすることには成功したが、空力特性がいまいち。
それでも実燃費はライバル車とさほど変わらないレベルに落ち着いている。
エンジンは1.5LのHR15DEのみの設定。
1.2~1.3Lエンジンを中心とするこのクラスの中で比較すると、余裕のある走りも魅力だ。

15位:スプラッシュ 実用燃費12.72km/L

スプラッシュ
設計が新しくて、小さなボディの割には、実燃費は良くない。
車体の割りに、少し太いタイヤが燃費面ではマイナスか。
ただし、曲がる、止まるの基本性能は国産コンパクトカーの中ではトップクラスだ。
わずかな燃費の差よりも、車の基本性能を重視したい人にお薦めの一台である。

コンパクトカー実燃費 11位~15位まとめ

下位には、背の高いコンパクトカーが並んできた。
やはり、全高が大きくなると空気抵抗を受けやすくなり、燃費に少なからず影響するようだ。
マーチを除く日産のコンパクトカーは、1.5Lエンジンを搭載しているため、実燃費ランキングでは不利になってしまう。ただし、ストレスのない余裕の走りが魅力だ。

過去記事(2011/01/22)

ラクティス新型(NCP120/NSP120)走行性能の口コミ評価

ラクティス

新型ラクティスの長所

運転席からの視界

新型ラクティスのドライバーズシートに座ってみて、まず気づくのが視界の良さだ。ピラー回りの死角が少なく、まだこの車に慣れないのに不安感がない。ピラーの形状や三角窓の周辺に視界を良くする工夫を感じられるのは評価したい点だ。周囲が良く見渡せているという安心感があるのは運転が苦手な人もハンドルを握るのが億劫にならなくて済むと評判がいい。

エンジンフィール

NSP120型(1300ccの1NR-FEエンジン)とNCP120型(1500ccの1NZ-FEエンジン)がラインナップされている。その違いはスペック上もさほど変わらないし、運転した感じのフィールも大きな違いがあるわけではない。積極的に速度を上げるような車でもないし1300ccの1NR-FEで十分といった印象だ。
多人数乗車や重い荷物を載せる機会が多いのなら、1500ccの1NZ-FEを選択した方が後悔がない。エンジン排気量の違いによる価格差もわずか10万円となっており、実際に1500ccの1NZ-FEを選択する顧客も多そうだ。

足回りはやや硬めで安心感がある

昔のトヨタ車は軟らかい足回りが特徴であったが、最近はやや硬めにして、しっかりした乗り味をつけてくるのがトレンドだ。ただ単に軟らかい足回りはドライバーが運転しにくいだけでなく、同乗者も車酔いしやすくなったり長時間のドライブでは疲れが溜まる。やや硬めの足回りは評価に値する。乗り心地も良いという口コミ評価が多い。
スポーツグレードとしてインチアップしたアルミホイールのSが用意されているが、ノーマルのG、Xグレードでも高速道路の巡航は不安なく走れる。気になるふらつきもなく車のキャラクターの割には直進安定性は高い。
急加速ではCVTが唸る場面もあるが、概ね車内は静かだ。アクセルオフでエンジンブレーキがもう少し利いてくれると運転しやすいが、最近の低燃費性能の流行ではこれぐらいの味付けがいいのかもしれない。

低燃費性能

前述の通り1300ccの1NR-FEと1500ccの1NZ-FEの2タイプのエンジンがあるが、仕様上の燃費性能は全く同じになるように仕上げられている。両エンジン共、10・15モード走行で20.0km/L、JC08モード走行で18.4km/Lとなっている。
CVTとの組み合わせが効果を上げているようだ。

新型ラクティスの短所、欠点

アイドリングストップの設定は無し

この新型ラクティスはアイドリングストップの機能が装備されていない。最近の新型車はアイドリングストップシステムを装備するのがトレンドだが、今回は見送りとなった。しかし、車体価格の上昇や大型バッテリーを維持するコストを考えると必ずしも必要な装備ではないだろう。

内装は安っぽさがやや目出つ

車体価格からして内装の素材がチープになるのは致しかたない。しかし、この車種に関して言えば少し工夫が足りなかったのではと感じる。もちろん購入者が納得することが大事なので、後悔の無いようにチェックしたい項目だ。
この手の車種は見せ掛けの高級感よりも道具としての使い勝手が重要だ。コンパクトだが広い室内の新型ラクティスは一通りのシーンできちっと人を乗せて、荷物を詰めてしっかり走る車に仕上がっており評判が良い。

過去記事(2011/01/18)

ラクティス新型NCP120(トヨタ)の評価レビュー

新型ラクティスはこれからのスタンダードコンパクトカー

ラクティス

少し背の高いコンパクトカー

新型ラクティスは2010年11月にフルモデルチェンジデビューした。既に新垣結衣のCMでもおなじみだ。
現在はコンパクトカーの多様化が進んでおり、我々は様々なタイプのコンパクトカーを選択することができる。そんな中ラクティスのような少し背の高いコンパクトカーはこれから販売台数を伸ばすメインストリームとなるだろう。

新型ラクティスのコンセプト

取り回しのよさ

新型ラクティスは全長を4m以下に抑えた。サイズが小さいという事はそのまま取り回しの良さに繋がり評価を上げている。それだけでなく、角張ったヘッドライトで見切りのよさを取り入れるなどの工夫も評判が良い。

スタイリングも重視

今回のフルモデルチェンジでは空力特性の為とスタイリングの追及の為、先代に比べ全高を下げた。ダウンサイジングとなったが、それでも室内の広さをを確保した点は評価したい所だ。また、軽量化も実現させたことは燃費性能の改善効果も期待できる。
エクステリアデザインは3つから選ぶことができる。まず、GグレードとXグレードはエッジのきいたデザインが特徴だ。二つ目はSグレードでスポーティーな顔つきが評判だ。そして3つ目はレピスというグレードで女性に親しまれそうなやわらかな表情のフロントグリルとなっている。

広さをしっかり確保

車幅は先代と同じだが、室内幅は40mmも拡大させている。より広々とした室内空間となった。
後席はシートクッションもしっかりしているし、ちゃんと座れるものに仕上がっている。前席シートの形状工夫によりニースペースも余裕ができた。さらにリアシートは4段階リクライニングも可能だ。先代では後席の乗り心地は欠点の一つであったが、フルモデルチェンジした新型ラクティスではしっかり改善してきてきる。

一番の長所は荷室の広さ

新型ラクティスの最も特徴的な長所は荷室の広さだ。リアシートを倒さない状態でも荷室長760mm、荷室高910を確保しているのは素晴らしい。4人家族の荷物をしっかり積載して旅行することも可能だ。また、小さな荷物を積む為の工夫もあり、トランクフロア下は収納ケースがついている。後席はリアゲート側からのレバー操作で簡単に倒せるのも評判がいい。
荷室の容量と使い勝手はライバルとなるフィット、ノートなど他のコンパクトカーを圧倒しているだろう。

エンジンタイプは2タイプ

エンジンは1.3Lの1NR-FE型と1.5Lの1NZ-FE型の二種類をラインナップ。共にタイミングチェーン採用エンジンのためタイミングベルトの交換メンテナンスは不要だ。
FFだけでなく4WDもチョイスできる。また、4WD車もトランスミッションがCVTとなっており低燃費を実現した。
前述の3つのエクスエリアタイプと相まって選択バリエーションは豊富だ。
1.3Lエンジンモデルが¥1,445,000~、1.5Lモデルが¥1,545,000~となっており、コンパクトカーとしてはやや高めの価格設定である。