car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

bB、クー、ラクティス、トレジア統合の後継ワゴンは両側スライドドア装備

bB、クー、ラクティス、トレジアの後継モデルが11月発売、ダイハツが開発

トヨタのbB後継とされてきた新型コンパクトトールワゴン車は、ダイハツの開発生産で準備が進められてきたことはこれまでもレポートしてきた。この新型車はbBの姉妹モデルであるダイハツ・クーの後継だけでなく、トヨタ・ラクティスとスバル・トレジアの後継モデルとしての役目も担うことになる。つまりbB、クー、ラクティス、トレジアの4車種は統合され、ダイハツ、トヨタ、スバルの各々で3つの姉妹モデルとして販売されることになるだろう。正式には2016年11月9日に発表、発売される見込みとなっている。

(写真は現行bB)
トヨタ bb

大規模なフルモデルチェンジ&ラインアップ再編ということで、従来の車名が継続されず、各ブランドごと新車名で販売される可能性もある。

(写真は現行ラクティス)
ラクティス

bB、クー、ラクティス、トレジアの後継車に搭載されるパワートレインは、ダイハツ新開発のダウンサイジングターボエンジンである直3 1.0L ターボとなる。

ダイハツが生産をすべて担当するOEMモデルということになり、各ブランド合計で月間1万台規模の生産を計画中とのこと。そのうち8割程度がトヨタに配分されるようだ。

また、従来の4モデルはいずれもヒンジドアを採用してきたが、新型車はリア両側スライドドアとなる。このクラスで販売が好調な、スズキ・ソリオと直接対抗するモデルとなる。

(写真は現行ソリオ)
ソリオ ハイブリッド

ソリオの方は、燃費性能の良いストロングハイブリッド版を11月に投入予定ということで、こちらも商品力を上げてくる。軽自動車セグメントではお馴染みのダイハツvsスズキの対決が登録車クラスでも見ることができそうである。

#1 匿名さん2016/09/07(Wed)22:05:07
1.5Lハイブリッド車も出して欲しいと思います。

名前(任意)
コメント

過去記事(2016/04/24)

トヨタ・bB、ダイハツ・クーは2016年秋フルモデルチェンジ見込み

bBが今秋フルモデルチェンジ、トヨタとダイハツのコンパクトワゴン一新

トヨタのコンパクトワゴン車にようやく新型車投入の動きが出てきた。トヨタ・bBと姉妹車のダイハツ・クーの後継モデルに位置づけられ2016年秋にも発売される見込みとなっている。

(写真は現行bB)
トヨタ bb

次期bBは新型パッソをベースに開発される、直3 1.0Lターボエンジン搭載

トヨタがダイハツを完全子会社するという方針を打ち出したのは2016年1月であった。以前から構築されてきた車両提供によるOEMの関係はより強固となり、今月発売されたトヨタ・パッソおよびダイハツ・ブーンにおいてもダイハツ生産による車両提供が継続されている。

トヨタ bB 2015

そして次の展開となるのが、パッソとブーンのプラットフォームをベースに開発されるコンパクトトールワゴン車。つまり次期bB、次期クーということになる。

bB トヨタ フロントグリル

クーは2013年に販売を打ち切られており、bBについても近々販売終了となる見込み。秋のニューモデル発売までラインアップに穴を開けることになるが、フルモデルチェンジに向けた在庫一掃が始まりつつある。

bB トヨタ バックドア

bB後継モデルに搭載されるのは、新開発の直3 1.0Lガソリンターボエンジンとなる見込み。低価格なエントリーモデルとして1.0L NAガソリンエンジンの設定も予想される。

bB後継モデル

ハイブリッド人気の日本市場ではダウンサイジングターボが売れない。ただし、トヨタが本腰を入れて販売することになれば状況は変わるかもしれない。

また、これまで同クラスのコンパクトワゴンではトヨタ生産のラクティスがあったが、これは車種統合で廃止となり、ダイハツ生産の新型車に統一されることになる。

過去記事(2016/02/03)

ラクティスが2016年内フルモデルチェンジ、1.0Lダウンサイジングターボ搭載

ラクティス後継モデルはスライドドア装備、新開発1.0Lターボエンジン搭載

トヨタのコンパクトトールワゴン、ラクティスのフルモデルチェンジが2016年内にも実施される見込みとなっている。

(写真は現行ラクティス)
ラクティス

ラクティスとbBは車種統合により後継車は新規モデルになる可能性あり

現行ラクティスは2010年より販売される2代目モデルで、既にモデル末期とも言える時期に来ている。最近の販売台数はというと、月販1000台を割り込む月も出てきている状況だ。

ラクティス リアコンビネーションランプ ラクティス 2015

そんな中、トヨタではラクティス後継車に相当するコンパクトトールワゴンモデルが開発中となっている。搭載されるエンジンは新開発の直3 1.0L ガソリンターボの採用が予想される。

ラクティス フロントグリル ラクティス マフラー
直3 1.0Lターボというエンジンは、最近ではスズキが新型を開発しており、まもなく正式発売されるバレーノへの搭載が予定されている。低コストで燃費が良いだけでなく税制メリットもある1.0Lターボは、今後多くの国内メーカーが参入するエンジンタイプとして注目される。

(写真は現行bB)
トヨタ bb

トヨタがラインアップするコンパクトトールワゴンとしては、もうひとつbBがあった。こちらはラクティスと車種統合されることになる。次期モデルはラクティス、bBのいずれの車名も与えられず、新規モデルになる可能性があるだろう。

(写真はスズキ・ソリオハイブリッド)
ソリオ ハイブリッド

ラクティス後継モデルはスペース重視型のボディながらも3列シート車は設定されず、5人乗り仕様となるのは現行型とコンセプトは同じ。ただし、リアドアはスライドドアとなる見込みだ。つまり、フルモデルチェンジから間もないスズキ・ソリオに直接対抗するモデルに仕上げられるだろう。

過去記事(2014/05/15)

ラクティスがマイナーモデルチェンジで後期モデルへ、姉妹車トレジアもMC

ラクティス後期モデルは燃費性能が向上、新型1.3Lエンジン1NR-FKEを搭載

ラクティスのマイナーモデルチェンジが2014年5月12日に行われた。2010年から販売されている2代目ラクティスは、これにより前期モデルから後期モデルへと移行することになる。

(写真は新型ラクティス後期モデル)
ラクティス

新型ラクティスはフロントデザインのリニューアルにより表情を大きく変えている。メッキ塗装されたグリルフレームの装備に加えヘッドライトはプロジェクター式となり、クリアランスランプにはLEDが採用された。

ラクティス インテリア ラクティス 後期モデル

今回のマイナーモデルチェンジの大きなポイントとして、1.3Lエンジンがトヨタの最新型に刷新されている。先月2014年4月にはヴィッツのマイナーモデルチェンジが行われたが、これに初採用されたのが直4 1.3Lの1NR-FKE型 新開発エンジンである。燃費重視のアトキンソンサイクルを採用しつつも、VVT-iEの導入により出力をカバー。さらにクールドEGRも採用され、アイドリングストップモデルではJC08モード燃費21.8km/Lを達成している。

ラクティス シート ラクティス 後期モデル フロントグリル

車両価格はエントリーグレードのX (FF)が1.3Lモデル161万5091円から、1.5Lモデル165万6327円からの設定となった。

ラクティスの姉妹車、スバル・トレジアもマイナーモデルチェンジ

また、姉妹車のスバル・トレジアも同様の改良を受け、5月30日の発売が予定されている。

(写真は新型トレジア後期モデル)
トレジア 後期モデル スバル トレジア後期 インパネ

新型トレジアのグリルデザインは最新のスバルらしい独自デザインが採用された。こちらはFF車でアイドリングストップが標準装備されるなど、ラクティスとはグレード構成が異なる。車両価格は1.3Lモデルが162万8000円から、1.5Lモデルが169万8000円からとなる。

過去記事(2012/12/12)

ラクティスが2014年にモデルチェンジの計画、エネルギー回生機構を採用

トヨタがラクティスのビッグマイナーモデルチェンジを2014年に予定

2010年から販売されている2代目ラクティスの改変が2014年春に計画されている。
初代モデルから2代目にかけては、5年でフルモデルチェンジがなされたが、2014年はマイナーモデルチェンジということで本格的な世代交代はまだまだ先になる。しかし、エンジンや電力周りの改良がなされ燃費性能は大幅に向上する見込み。グリルデザインの変更も含まれたモデルチェンジとなり、2代目ラクティスは後期モデルへと移行する。

(写真は現行ラクティス)
ラクティス

新型ラクティスに回生ブレーキシステムを採用

マイナーモデルチェンジ後のラクティスで注目したいポイントの一つがエネルギー回生機構の導入である。これはハイブリッドシステムのような積極的な燃費改善策ではないが、減速時のエネルギーを回収することでオルタネーターの発電負荷を低減し、結果として燃費を向上させるものになる。ローコストで燃費改善ができるとして軽自動車の新型ワゴンRにも導入された手段だ。
大容量バッテリーの導入と充放電の効率化も行われ、さらにエンジン本体にも改良が施されることで、JC08モード燃費は25km/L程度になると予測される。現行の20.6km/Lから大幅な性能アップとなるだろう。

インテリアではカラーリング変更のほか、インパネの質感が向上するという。インフォメーションディスプレイも新しくなる。エクステリアでは、フェイスが一新する他にリアコンビネーションランプのデザイン変更やLEDポジションランプが加わり、よりスタイリッシュに生まれ変わる。

また、ラクティスにはOEM車のトレジアが兄弟車としてスバルでラインアップされているが、こちらも同様の改変が行われる。さらに、本家のラクティスとは異なる独自のサスペンションチューンが施されるというから楽しみだ。

過去記事(2011/07/10)

トヨタ車納期のまとめ/プリウスα,ヴィッツ,ノア,ラクティス他

トヨタ車の納期

ハイブリッドカーではノーマルプリウスの納期が比較的早い

市販されている量産車の中で最も遅い納期のなりそうなのが2011/5に発売したばかりのプリウスα。納期は1年程度かかりそうだ。
これだけ遅くなるのなら、5人乗り狙いならフィットシャトル、7人乗りが欲しいのならエスティマハイブリッドの購入も検討したほうがいい。
1年も経てば、また魅力的な新車がデビューしている。そんな時に、今さらのようにプリウスαが納車されても後悔しないかよく考えよう。
ハイブリッド車種は部品点数が多いため納車が遅くなると考えている人も多いが、実はトヨタはハイブリッド車種の生産回復に重点を置いてきただけあって、普通のプリウスやレクサスCT200hについての納期は2.5~3ヶ月程度と比較的早くなってきている。

ミニバンは納期が遅れ気味

アルファード&ヴェルファイアに関しては現行モデルの販売がほぼ終了している。
11月のマイナーチェンジ後の納車になるので、必然的に半年程度の納期が必要になってしまう。
このマイナーチェンジではハイブリッド設定も用意されており、今から予約注文で人気が出始めている。
ノア&ヴォクシーは普遍的に人気があり4ヶ月程度の納車待ちとなる。これでもかなり納期は短縮された。
ウィッシュはデビューから時間が経っていることもあり、納期は早めの3ヶ月程度。在庫車もちらほらあり、仕様にこだわりがなければ即納も可能だ。

コンパクトカーは比較的早い納期となってきている

ヴィッツはアイドリングストップ車に関しては、納期が遅れ気味。5ヶ月程度は考えていたほうがいい。
アイドリングストップの付いていないヴィッツは3ヶ月程度と現状では標準的な納期になっているのでこちらの方を個人的にはお薦めする。アイドリングストップの有無での燃費差は微々たるものしかない。

ラクティスもまだ新しい車種で人気が高いが、納期は3ヶ月程度に短縮されつつある。
パッソはフルモデルチェンジから1年半程度経過し、受注が減り始めている。そのため納期は2ヶ月と早くなっている。

過去記事(2011/05/20)

コンパクトカークラスの燃費比較(11位~)

コンパクトカー燃費ランキング、3ページ目

コンパクトカー実用燃費1位~5位はこちら
コンパクトカー実用燃費6位~10位はこちら

11位:ノート 実用燃費13.69km/L

ノート
20.0km/Lの10・15モード走行燃費を期待して購入するとがっかりしてしまうが、コンパクトカーとしては大柄のボディや1.5Lの余裕のあるエンジンを考慮すれば、そこそこの燃費性能と言える。
ほぼ同サイズのライバル車フィットは1.3Lエンジンだ。
燃費重視ならフィット、走りや乗り心地のバランスを重視するならノートがお薦めとなる。

12位:ソリオ 実用燃費13.66km/L

ソリオ
10・15モード走行燃費は22.5km/Lと、大きく出ているが、実燃費の方は全く達成できてきない。
各メーカーとも10・15モード対策が上手くなりすぎて、最新車種になるほど実燃費との乖離が大きくなるようだ。
空力特性の悪い、背の高いワゴンボディであることを考えると、ソリオはなかなかの実燃費と言える。
広くて燃費の良い車を探しているなら、お薦めの車種となる。
OEM姉妹車として三菱デリカD2がある。

13位:ラクティス 実用燃費13.59km/L

ラクティス
背の高いコンパクトカー、ラクティスもまずまずの実燃費。
ソリオほど全高は高くないものの、十分に広いと感じる。
スバルのトレジアはラクティスと共通車体となっている。

14位:キューブ 実用燃費13.50km/L

キューブ
キューブの特徴である四角く大きなボディは、室内空間を広くすることには成功したが、空力特性がいまいち。
それでも実燃費はライバル車とさほど変わらないレベルに落ち着いている。
エンジンは1.5LのHR15DEのみの設定。
1.2~1.3Lエンジンを中心とするこのクラスの中で比較すると、余裕のある走りも魅力だ。

15位:スプラッシュ 実用燃費12.72km/L

スプラッシュ
設計が新しくて、小さなボディの割には、実燃費は良くない。
車体の割りに、少し太いタイヤが燃費面ではマイナスか。
ただし、曲がる、止まるの基本性能は国産コンパクトカーの中ではトップクラスだ。
わずかな燃費の差よりも、車の基本性能を重視したい人にお薦めの一台である。

コンパクトカー実燃費 11位~15位まとめ

下位には、背の高いコンパクトカーが並んできた。
やはり、全高が大きくなると空気抵抗を受けやすくなり、燃費に少なからず影響するようだ。
マーチを除く日産のコンパクトカーは、1.5Lエンジンを搭載しているため、実燃費ランキングでは不利になってしまう。ただし、ストレスのない余裕の走りが魅力だ。

過去記事(2011/02/09)

ソリオ(スズキ)とラクティス、キューブ、bBの比較

ソリオ、キューブ、ラクティス、bBのスペック比較

背の高い5人乗りコンパクトとして、ソリオ(スズキ)とキューブ、ラクティス、bBを比較してみた。
150万円台の中間グレードで比較。

比較スペックシート

メーカー スズキ 日産 トヨタ トヨタ
車種 ソリオ キューブ ラクティス bB
グレード X 15X G S“Aero Package”
姉妹車 三菱・デリカD2   スバル・トレジア ダイハツ・COO
スバル・デックス
スライドドア 両側 なし なし なし
全長(mm) 3710 3890 3995 3795
全幅(mm) 1620 1695 1695 1690
全高(mm) 1765 1650 1585 1635
ホイールベース(mm) 2450 2530 2550 2540
室内長(mm) 2100 1950 1875 1920
室内幅(mm) 1415 1395 1420 1420
室内高(mm) 1345 1275 1310 1330
車体重量(kg) 1030 1180 1090 1040
排気量(cc) 1242 1498 1329 1297
エンジンタイプ K12B型
4気筒
DOHC
HR15DE型
4気筒
DOHC
1NR-FE型
4気筒
DOHC
K3-VE型
4気筒
DOHC
10・15モード燃費(km/L) 21 20 20 16.4
JC08モード燃費(km/L) 20 18 18.4
価格 ¥1,509,900 ¥1,533,000 ¥1,580,000 ¥1,560,000
エコカー減税 75% 75% 75% なし
トランスミッション CVT CVT CVT 4AT

スズキ・ソリオ

ソリオは他車には無い両側スライドドアを後席に採用している。
最も室内が広々しているのもソリオだ。寸法的には他車に対し10cm以上全高が高く、室内長も15cm以上長い。後席足元は広々しており、この中で最もリラックスした室内だ。
ライバル車の全幅が5ナンバー枠の170cm未満ギリギリの寸法なのに対し、ソリオは162cmに抑えた。狭い道でも小回りがきき駐車もしやすいと口コミでも評価が高い。
全幅を抑えたにも関わらず室内幅はライバル車の水準を維持しているのもポイントだ。その分ドアの厚みが減り、側面からの衝突安全性が懸念されるが、フロントシートにはサイドエアバッグが中間グレードのXは標準装備し、安全性も考えられている。
後席は仕様上は3人乗れるが、2人乗車に最適化されたシートだ。前後スライド長も165mmあり、荷室を広げることも可能だ。
乗り心地は背の高さを感じさせないという口コミが多い。ロールが抑えられており、路面のゴツゴツ感もしっかりダンパーが吸収してくれている。
ただし、高速道路での走行は、やや速度を抑え気味に走ったほうがよいだろう。背の高さを考えれば、よく出来たハンドリングだが、横風はしっかり受けるし、タイヤも小さい。高速巡航はやや苦手な印象だ。
CVTが採用されており燃費性能は良い。

日産・キューブ

キューブは寸法上、最もバランスが取れている。室内もソリオの圧倒的な開放感には劣るが、広々と落ち着いた雰囲気に収まっている。全グレードに1.5Lエンジンが採用してあり、エンジンに関してのみ言えばコストパフォーマンスが高い。
プラットフォームの完成度が高く乗り心地もいい。

トヨタ・ラクティス

ラクティスは全長が最も長く、ソリオと比較してその差は285mmと、運転が苦手なドライバーにとっては少しマイナスポイントになるかもしれない。走行安定性を重視した設計で、全高は1585mmとこの中では低く抑えられている。それにもかかわらず、室内高はキューブよりも高く広々としている。
背も低く、空力特性のいいエクステリアの為、この中では最も高速道路の走行に適している点が長所だ。
最近の車らしくCVT搭載で実燃費も良好だ。

トヨタ・bB

全長に関して言えばbBはソリオと近い数値になっている。荷室はやや狭いが、室内は同じトヨタのラクティスよりは広く感じる。
bBは前回のフルモデルチェンジが2005年とやや年数が経過している。マイナーチェンジで外観こそリフレッシュしているが、トランスミッションは未だ4ATが採用されているなど、スペック上の燃費性能が劣る。
エコカー減税の対象からは外れているのも短所だ。
ただし、オプション装備品を含めた値引き額では期待ができる。見積りではダイハツのCOOやスバルのデックスと競合させるのもいいだろう。

こんな人にお奨め

スズキ・ソリオ

ソリオは小さな子供がいて、スライドドアがあると便利な人にお奨めしたい。
小さな車体面積は運転が苦手な人にもメリットだ。

日産・キューブ

キューブは荷物を積んで街中をパワフルに走りたい人にお奨め。多人数乗車や荷物の積載の多いドライバーにとって1.5Lエンジンは心強い。ラクティス、bBにも1.5Lエンジンの設定があるが、キューブならより低価格で1.5Lエンジン車に乗ることができる。
角張ったエスクテリアは荷物の積載でも有利だ。

トヨタ・ラクティス

ラクティスは高速道路で遠出する人にお奨め。高速走行に有利な車体形状は長時間の運転でもストレスや疲れが少ない。
荷室も広く、旅行の荷物も十分積載できる。

トヨタ・bB

bBは走行距離が少ない人におすすめ。bBの最大の欠点である燃費性能の悪さは、走行距離の少ない人にとっては大した問題ではない。値引き額次第では、やや設計の古いbBの選択がお得な場合も大いにあるだろう。

ラクティス新型(NCP120/NSP120)走行性能の口コミ評価

ラクティス新型NCP120(トヨタ)の評価レビュー

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先