ラクティス新型(NCP120/NSP120)走行性能の口コミ評価

ラクティス

新型ラクティスの長所

運転席からの視界

新型ラクティスのドライバーズシートに座ってみて、まず気づくのが視界の良さだ。ピラー回りの死角が少なく、まだこの車に慣れないのに不安感がない。ピラーの形状や三角窓の周辺に視界を良くする工夫を感じられるのは評価したい点だ。周囲が良く見渡せているという安心感があるのは運転が苦手な人もハンドルを握るのが億劫にならなくて済むと評判がいい。

エンジンフィール

NSP120型(1300ccの1NR-FEエンジン)とNCP120型(1500ccの1NZ-FEエンジン)がラインナップされている。その違いはスペック上もさほど変わらないし、運転した感じのフィールも大きな違いがあるわけではない。積極的に速度を上げるような車でもないし1300ccの1NR-FEで十分といった印象だ。
多人数乗車や重い荷物を載せる機会が多いのなら、1500ccの1NZ-FEを選択した方が後悔がない。エンジン排気量の違いによる価格差もわずか10万円となっており、実際に1500ccの1NZ-FEを選択する顧客も多そうだ。

足回りはやや硬めで安心感がある

昔のトヨタ車は軟らかい足回りが特徴であったが、最近はやや硬めにして、しっかりした乗り味をつけてくるのがトレンドだ。ただ単に軟らかい足回りはドライバーが運転しにくいだけでなく、同乗者も車酔いしやすくなったり長時間のドライブでは疲れが溜まる。やや硬めの足回りは評価に値する。乗り心地も良いという口コミ評価が多い。
スポーツグレードとしてインチアップしたアルミホイールのSが用意されているが、ノーマルのG、Xグレードでも高速道路の巡航は不安なく走れる。気になるふらつきもなく車のキャラクターの割には直進安定性は高い。
急加速ではCVTが唸る場面もあるが、概ね車内は静かだ。アクセルオフでエンジンブレーキがもう少し利いてくれると運転しやすいが、最近の低燃費性能の流行ではこれぐらいの味付けがいいのかもしれない。

低燃費性能

前述の通り1300ccの1NR-FEと1500ccの1NZ-FEの2タイプのエンジンがあるが、仕様上の燃費性能は全く同じになるように仕上げられている。両エンジン共、10・15モード走行で20.0km/L、JC08モード走行で18.4km/Lとなっている。
CVTとの組み合わせが効果を上げているようだ。

新型ラクティスの短所、欠点

アイドリングストップの設定は無し

この新型ラクティスはアイドリングストップの機能が装備されていない。最近の新型車はアイドリングストップシステムを装備するのがトレンドだが、今回は見送りとなった。しかし、車体価格の上昇や大型バッテリーを維持するコストを考えると必ずしも必要な装備ではないだろう。

内装は安っぽさがやや目出つ

車体価格からして内装の素材がチープになるのは致しかたない。しかし、この車種に関して言えば少し工夫が足りなかったのではと感じる。もちろん購入者が納得することが大事なので、後悔の無いようにチェックしたい項目だ。
この手の車種は見せ掛けの高級感よりも道具としての使い勝手が重要だ。コンパクトだが広い室内の新型ラクティスは一通りのシーンできちっと人を乗せて、荷物を詰めてしっかり走る車に仕上がっており評判が良い。

関連するレポート

[ 2011/01/22 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.