ラクティス新型NCP120(トヨタ)の評価レビュー

新型ラクティスはこれからのスタンダードコンパクトカー

ラクティス

少し背の高いコンパクトカー

新型ラクティスは2010年11月にフルモデルチェンジデビューした。既に新垣結衣のCMでもおなじみだ。
現在はコンパクトカーの多様化が進んでおり、我々は様々なタイプのコンパクトカーを選択することができる。そんな中ラクティスのような少し背の高いコンパクトカーはこれから販売台数を伸ばすメインストリームとなるだろう。

新型ラクティスのコンセプト

取り回しのよさ

新型ラクティスは全長を4m以下に抑えた。サイズが小さいという事はそのまま取り回しの良さに繋がり評価を上げている。それだけでなく、角張ったヘッドライトで見切りのよさを取り入れるなどの工夫も評判が良い。

スタイリングも重視

今回のフルモデルチェンジでは空力特性の為とスタイリングの追及の為、先代に比べ全高を下げた。ダウンサイジングとなったが、それでも室内の広さをを確保した点は評価したい所だ。また、軽量化も実現させたことは燃費性能の改善効果も期待できる。
エクステリアデザインは3つから選ぶことができる。まず、GグレードとXグレードはエッジのきいたデザインが特徴だ。二つ目はSグレードでスポーティーな顔つきが評判だ。そして3つ目はレピスというグレードで女性に親しまれそうなやわらかな表情のフロントグリルとなっている。

広さをしっかり確保

車幅は先代と同じだが、室内幅は40mmも拡大させている。より広々とした室内空間となった。
後席はシートクッションもしっかりしているし、ちゃんと座れるものに仕上がっている。前席シートの形状工夫によりニースペースも余裕ができた。さらにリアシートは4段階リクライニングも可能だ。先代では後席の乗り心地は欠点の一つであったが、フルモデルチェンジした新型ラクティスではしっかり改善してきてきる。

一番の長所は荷室の広さ

新型ラクティスの最も特徴的な長所は荷室の広さだ。リアシートを倒さない状態でも荷室長760mm、荷室高910を確保しているのは素晴らしい。4人家族の荷物をしっかり積載して旅行することも可能だ。また、小さな荷物を積む為の工夫もあり、トランクフロア下は収納ケースがついている。後席はリアゲート側からのレバー操作で簡単に倒せるのも評判がいい。
荷室の容量と使い勝手はライバルとなるフィット、ノートなど他のコンパクトカーを圧倒しているだろう。

エンジンタイプは2タイプ

エンジンは1.3Lの1NR-FE型と1.5Lの1NZ-FE型の二種類をラインナップ。共にタイミングチェーン採用エンジンのためタイミングベルトの交換メンテナンスは不要だ。
FFだけでなく4WDもチョイスできる。また、4WD車もトランスミッションがCVTとなっており低燃費を実現した。
前述の3つのエクスエリアタイプと相まって選択バリエーションは豊富だ。
1.3Lエンジンモデルが¥1,445,000~、1.5Lモデルが¥1,545,000~となっており、コンパクトカーとしてはやや高めの価格設定である。

関連するレポート

[ 2011/01/18 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

C-HRの初期受注が月間目標の8倍、トヨタ新型コンパクトクロスオーバーSUV

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

トヨタ新型カムリがワールドプレミア、北米国際オートショー2017開催

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

スズキ スペーシアカスタムZ プレミアムを東京オートサロンで出品、画像

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ新型シビック日本仕様は、セダン、ハッチバック、タイプRの3種類あり

レクサス新型LSが3.5Lツインターボ搭載でワールドプレミア、デトロイトショー2017

レクサスが新型コンセプトカー、LF-SAをジュネーブモーターショーで発表

ダイハツ・ミラは2017年秋フルモデルチェンジ、安全運転支援システム充実

スバルXVは2017年1月生産終了予定、3月ジュネーブで次期型発表の可能性

レクサスUX、プレミアムC-HRを独自デザイン、別チャンネルで販売予定

フィット2017年春マイナーモデルチェンジで直3 1.0Lターボを導入か

スズキ・スペーシア次期モデル開発中、2017年夏のフルモデルチェンジ予測

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

2017年はジュークがフルモデルチェンジか、新デザインとe-POWERで人気モデルに

三菱がジュネーブモーターショーでコンパクトクロスオーバーSUVを発表予定

ヴィッツハイブリッドの車両価格は181万9800円から、1月12日に発売予定

スズキ・スペーシア カスタムZが12月26日に発売予定、新エクステリアに期待

次期15代目クラウン開発中、2017年東京モーターショーでエクステリア発表予想

日産・ノート e-POWERの初期受注が好調、シリーズ合計月販15784台で首位

新型スイフト2017年1月4日発売、スズキのニューモデルラッシュ

スペーシア カスタム Zが発売予定、押し出し感の強い新エクステリアが追加

トヨタ新型プリウスPHVは326万1600円から、2017年2月に発売延期

スズキ・ワゴンRのフルモデルチェンジは年明け早々、2016年内は難しそう

スズキ新型スペーシア カスタムZを149万0400円から発売、燃費30.6km/L

トヨタ次期カムリ、北米仕様は2.5Lターボ有り、日本仕様はハイブリッド専用

スズキ・スイフトのフルモデルチェンジ発表は2016年12月27日、134万3520円から

三菱eKスペース、カスタムがマイナーモデルチェンジでフェイスリフト

バモスが一部改良を受けて販売継続、N BOXと共存する価値はあるのか?

新型スイフトのエンジンは1.2Lマイルドハイブリッド、1.0Lターボ、1.2L NA

スズキがハスラーのワイド版を計画、オシャレなクロスオーバーSUVが登録車に

新型セレナに1.2LレンジエクステンダーEVの可能性、2017年初旬追加発売か

次期カローラは車格アップ、トヨタのセダンラインアップは車種整理される

レクサスが次期LSを予告、コンセプトカーのLF-FCを東京モーターショーで発表

ヴェゼルの受注が好調、ハイブリッド納期は消費税増税後、将来はターボ追加

ヴィッツハイブリッドの発売日は2017年1月12日、先行予約12月開始

日産オッティ&三菱eKワゴン後継車、2013年6月の発売に向けて準備中

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.