car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ホンダ N-VANの発売日は5月になる見通し、センターピラーレス採用

新型N-VANはN-BOXがベースの4ナンバー商用車

ホンダ新型N-VANが2018年5月下旬にも発売される見通しとなった。8月の発売を予想していたが、これよりも早まりそうである。

(写真は現行アクティバン)
アクティバン

新型N-VANは、商用車の現行アクティバンの実質的な後継モデルとなる。モデル名からはホンダの新世代軽自動車であるNシリーズの一員に加わる。やはり、N-VANは商用車としてラインアップされる4ナンバー車となる見込み。

N-VANはセンターピラーレス構造採用、タント対抗の乗用車版の発売も期待される

従来のアクティバンは、室内長を重視したワンボックス車。キャブオーバー型のエンジンレイアウトが支持されロングセラーモデルとなった。

新型N-VANは、2ボックス車の現行N-BOXのFFプラットフォームをベースに開発されている。そのため室内長に関しては、アクティバンと同等の仕様を満たさないことが予想される。

(写真はN-BOX)
N-BOX

ただし、低床化しやすいプラットフォームであることと、標準ルーフのほかにハイルーフ仕様を設けることで室内高は大きく設定されそう。荷室の容積量としては、アクティバンを超えるスペックに仕上げてくるのではないか。

そして、噂されていたセンターピラーレス構造も採用される見込み。助手席側のBピラーを無くすことで、フロントドアとリアスライドドアを同時に開いたときに大きな開口部となる。タントと同じ手法となることが予想される。N-BOXベースとはいえ、これは大きな構造変更である。

(写真はダイハツ・タント)
タント カスタム オートメッセ2018

センターピラーレスとなると、乗用車バージョンの発売も期待されるが、今のところ具体的な販売計画は明らかとなっていない。これまでダイハツ・タントが独占してきた分野であり、ここにホンダが参入することとなると、市場の勢力図も大きく変わることになるだろう。

#1 匿名さん2018/04/15(Sun)09:42:22ID:UxNzU0MTTY
N-BOXベース、センターピラーレスとなると
積載重量も大幅に減ってしまうんだろうな
#2 たく2018/04/15(Sun)23:02:50ID:dkNWQwYTzM
おい おい
室内長 短いのは致命的だよ
アクティより10センチ狭くなるんや
#3 ストリート2018/04/17(Tue)23:51:11ID:Q2MGY4M2WZ
そんなにたくさんの荷物を積むわけでもないし、ストリート以来やっと理想の軽4が出てくると期待大。
いよいよ買い替えの決断の時が迫ります。
#4 haru2018/04/20(Fri)03:22:43ID:kwZGJmM2mN
N-BOXもいいが、多目的に使えそうで期待してます
#5 匿名さん2018/04/20(Fri)15:54:08ID:hhZjQ3ODDO
ホンダのHPにシルエットと室内の一部がアップされましたね。

助手席まで折り畳んで、荷室から続くフラットな面になるとは思いませんでした。ビックリ!

ただ、横から見たシルエットに新しさを感じなかったのが、少し残念でした。

名前(任意)
コメント

過去記事(2018/02/09)

N-VANが8月発売、ホンダの新型軽自動車はセンターピラーレス構造採用

N-VANが開発中、4ナンバー商用グレードが先行、アクティバン後継

ホンダの新型軽自動車、N-VANの発売日が2018年8月頃となる見込みである。

(写真は現行アクティバン)
アクティバン

新型N-VANは、昨年2017年にフルモデルチェンジしたN-BOXのプラットフォームをベースに開発が進められている。4ナンバーの商用グレードで販売され、これまでのアクティバンを後継する位置にラインアップされる。標準ルーフとハイルーフの2種類が用意される。

(写真は現行バモス)
バモス

アクティバンあるいは兄弟モデルのバモス、バモスホビオはMRプラットフォーム採用による前後に長いラゲッジスペースが特徴で、積載力を求めるニーズに応えてきた。新型N-VANはN-BOXベースのFFプラットフォームとなるため、ラゲッジの前後長では不利となるはず。そのためMRプラットフォームの従来モデルもしばらくは並行して販売が継続されることが予想される。

N-VANはセンターピラーレス構造が採用される可能性がある

そして、新型N-VANにはN-BOXにも無かった助手席側センターピラーレス構造が採用される。助手席側前後ドアに区切りが無い、大きな開口面積が特徴となり、荷物の積み降ろしのしやすさがメリットとなる。

(写真はダイハツ・タント カスタム)

同様のセンターピラーレス構造は、ダイハツ・タントが乗用グレードで長年ラインアップしてきており、こちらも2018年秋頃のフルモデルチェンジが見込まれる。商用グレードのN-VANとは、とりあえずは直接対決ということにはならないが、バモスを後継するN-VANの5ナンバー乗用グレードの追加発売も予想され、近い将来にシェアを奪い合うことになるかもしれない。

過去記事(2017/12/17)

ホンダ・N-VANが2018年発売予定、N-BOX派生の商用、ホビー向けモデル

N-VANは販売が好調なN-BOXをベースに開発中

ホンダから新型軽自動車、N-VANが2018年夏頃に発売される見込みとなっている。アクティバンあるいはバモスの実質的な後継車と考えられる。

(写真は現行N-BOX)
N-BOX

ホンダは人気のN-BOXシリーズを2017年夏にフルモデルチェンジ。その売れ行きは好調ではあるが、ライバルのスズキがスペーシアをフルモデルチェンジすることで攻勢をしかけてきた。ダイハツ・タントについても2018年内にも新型に切り替わると考えられ、落ち着いて構えてもいられない状況である。そんななかN-BOX派生の新車種、N-VANが計画されている。

N-BOX カスタム N-BOX カスタム リアコンビネーションランプ

N-VAN投入後はアクティバン、バモスの販売は終了するのか

N-VANは、N-BOXの車体をベースに開発される商用、ホビー向けの車種となる。内外装の簡略化によるコストダウンも予想され、車両価格が高くなりすぎた軽自動車ラインアップに一石を投じることになりそうだ。

(写真は現行アクティバン)
アクティバン

商用の軽バンとしては、アクティバンがラインアップされるが、これはMRレイアウトならではの長い荷室長が特徴である。N-BOXはFFレイアウトではあるが、2代目モデルからはエンジンルームを縮小させており、キャビンスペースを拡大させてきた。それでもN-VANの荷室長はアクティバンには及ばない可能性があり、アクティバン継続を望む声はあるだろう。

(写真は現行バモス)
バモス

N-VANには、アウトドアユーザーに向けたモデルも検討されている。助手席と後席をフルフラットに収納可能で、その上の中段にマットレスの板を設置する車中泊オプションも人気となりそうだ。