car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ホンダ新型N-VAN発売、ビジネスだけでなく趣味にも使いやすい

新型N-VANはアクティバン、バモスシリーズを後継、4ナンバー軽

ホンダはビジネス向け軽自動車、N-VANを7月13日に発売した。

(写真は新型N-VAN +スタイル ファン)
N-VAN +STYLE FAN

新型N-VANは軽貨物車4ナンバーの本気仕様の商用車。従来のアクティバン、バモスを後継するモデルがNシリーズから出された。N-BOXベースのFFプラットフォーム、助手席側センターピラーレス構造、フルフラットに収納できる座席シートが特徴となる。

N-VAN シートアレンジ センターピラーレス

N-VANの車両価格は119万7720円から、NAエンジン車は6MTモデルあり

消費税込み車両価格は、G・Honda SENSINGが126万7920円~137万7000円、L・Honda SENSINGが134万1360円~145万0440円となる。いずれもハイルーフ車。

N-VAN G

上級モデル、ハイルーフの+STYLE FUN・Honda SENSINGと、ロールーフの+STYLE COOL・Honda SENSINGは同価格設定となり、156万0600円~169万1280円。同ターボエンジン搭載車は166万8600円~179万9280円となった。

(写真は新型N-VAN +スタイル クール)
N-VAN +スタイル クール

以上はすべてホンダセンシングを標準装備するモデル。非装備車も7万0200円安で用意され、119万7720円がN-VANシリーズのスタート価格となる。

駆動方式はいずれもFFと4WDを用意。トランスミッションはCVTと6MTが同価格で設定された。

N-VAN インテリア
4ナンバー軽自動車は、車検サイクルが初回を含めて2年毎となる。5ナンバー軽自動車は初回3年で以降2年毎であるから、4ナンバーであることの負担増は気になるほどではない。週末に楽しむ趣味の道具なんかを常備しながら、ウィークデーは職場までの通勤車としても使いやすく、ビジネスユースだけでなく一般ユーザーからの引き合いも多くなりそう。

N-VAN フロア長 N-VAN 荷室サイズ

そして、万が一、志向やライフスタイルに合わない(飽きた)となれば、下取りに出して乗り換えればいい。前身となるバモスもそうであったが、軽バンはリセールバリューが高い傾向にあり、次の乗り換えコストが低く抑えられるというメリットがある。

#1 匿名さん2018/07/17(Tue)15:11:16ID:Y2MjIzNDWN
N-VANで特に大きなトラブルがなければ
3代目のN-BOXでもセンターピラーレスを採用するんだろうかね
#2 匿名さん2018/07/17(Tue)17:24:50ID:EwYzc1NDDY
高速道路を走ったら、簡単に逝けるね
#3 usi2018/07/17(Tue)19:11:44ID:NjMDA5YzzN
残念ながら農業には不向き。
アウトドア派には喜ばれそう。
#4 匿名さん2018/07/17(Tue)20:56:20ID:NiYjUwMWzO
残念ながらシートは収納優先でスライドすらしない機構だとか…。ドライブを楽しむならN-boxがお勧めなんだと。
まぁ、貨物車両だし仕方無しか。
#5 匿名さん2018/07/17(Tue)21:01:23ID:dkZmMxOTGY
紹介記事を見るとビジネス需要は半分あきらめてて
趣味車としての需要に期待してるのかなぁという感じがする
#6 匿名さん2018/07/18(Wed)02:13:56ID:I2MWRlNjDM
よくよく考えてみたら、ホンダにはアルトバンに相当する商用車が無いんだよね。だからなのか軽全体では、アルトバンより広くエブリィより乗用車的、という新たなカテゴリと言えなくもない。今後トラックをどうするつもりなのかは分からないが。
#7 匿名さん2018/07/20(Fri)11:13:31ID:FkODYyMTzY
大きいドアは風に煽らて急に開いて危ないよな。ヒンジに設定された引っかかり角度を30 45 60 90と細かく設定して欲しいな。
#8 匿名さん2018/08/12(Sun)21:42:34ID:YyOTNkNDzN
#3
農業やる人は軽トラ乗るでしょ。
田舎行くと軽トラだらけなのが何よりもの証拠。

名前(任意)
コメント

過去記事(2018/07/02)

ホンダ・N-VANの発売日は7月13日、車両価格は126万7920円から

新型N-VAN、センターピラーレスの軽ワゴン車

ホンダの新型軽自動車、N-VANが2018年7月12日発表、翌13日に発売されるスケジュールとなっている。ホンダディーラーでは、既に発売前予約を受け付けている。

(写真は新型N-VAN)
Nバン G

新型N-VANは4ナンバー商用車に属するモデルで、従来型のアクティバンやバモスシリーズのポジションを引き継ぐことになる。車体骨格は従来型のセミキャブオーバー式ではなく、N-BOXベースのFFプラットフォームが採用される。構造上、キャビンと荷室を合わせた室内長は、従来型よりも短くなってしまうデメリットがある。高さ方向のゆとり、フルフラットとなる助手席と後席、助手席側センターピラーレス構造が新型N-VANの魅力となる。

N-VAN 荷室サイズ N-VAN フロア長

ホビー向けモデルの+style FUNと+style COOLは156万0600円から

新型N-VAN ホンダセンシング標準装備モデルの価格は以下の通り。ホンダセンシング非装備モデルは7万0200円安で設定される。

新型N-VAN ホンダ

まずはベースグレードのGは、FF 126万7920円、4WD 139万8600円。
装備充実のLは、FF 134万1360円、4WD 147万2040円で設定される。これらはいずれもハイルーフタイプ。

N-VAN インテリア N-VAN インテリア

商用だけでなく、一般ユーザーも顧客ターゲットとして考えられたモデル、+style FUN(ハイルーフ)と+style COOL(ロールーフ)も用意され、いずれも車両価格はFFが156万0600円、4WDが169万1280円となる。

Nバン +スタイル ファン N-VAN +STYLE FAN

以上は、いずれもNAエンジン搭載モデル。+style FUNと+style COOLにはターボエンジン搭載モデルが10万8000円高で設定される。

N-VAN +スタイル クール N-VAN +STYLE COOL

トランスミッションはCVTと6MTが用意されるということであったが、これらは同価格でのラインアップとなった。

過去記事(2018/06/03)

新型N-VANエクステリア公開、タント対抗の+STYLE FAN / COOLを用意

ホンダ新型N-VANのエクステリア公開、レジャー向けグレードを用意

ホンダから新型N-VANが今夏発売予定となっている。全車4ナンバーの貨物自動車という扱いになるが、助手席側センターピラーレス構造が採用されており、ダイハツ・タントの対抗モデルとしても注目される。

(写真はN-VAN +STYLE COOL)
N-VAN +STYLE COOL

エンジンはNAとターボが用意され、駆動方式はFFと4WDの両方ラインアップされる。トランスミッションはCVTのほか、NAエンジンモデルには6MT車も用意される。ただし6MT車のホンダセンシングはACC、LKAS、誤発進抑制機能、後方誤発進抑制機能が装備されず、主力機能が制限されたものとなる。ホンダセンシングを装備したいなら実質的にはCVT車を選択することになるだろう。

N-VAN +スタイル クール

最大積載量は350kg。ラゲッジは運転席以外の座席を倒すことで、ビールケース40個相当の荷室空間となる。後席を倒せばフラットフロアとなるのは当然であるが、N-VANでは助手席フロアまでフラットになる。

(写真はN-VAN G)
N-VAN フロア長 N-VAN 荷室サイズ

純粋な貨物利用が想定されたベーシックタイプはベースグレードのGと、装備充実のLが設定される。

Nバン G N-VAN G

これらのほか、仕事と趣味の両方での利用が想定されたグレードとして、+STYLE FANを用意。ドアノブ塗装とホイールキャップと丸目ヘッドランプがついて、レジャーシーンでも違和感の無いエクステリアとなる。おしゃれな移動販売車のベースとしても使えるだろう。センターピラーレスの広い開口部もあり、タント対抗モデルとして、考えるユーザーも多くなりそう。

(写真はN-VAN +STYLE FAN)
N-VAN +STYLE FAN Nバン +スタイル ファン

そしてルーフ高を低くしたのが+STYLE COOL。ルーフ高が低いといってもレジャー用途ではこれでも十分と感じる人が多いはず。スタイリッシュで走行安定性も良くなる。

N-VANの車検は2年毎、4ナンバーでも軽自動車なら保有しやすい

+STYLE FANと+STYLE COOLも含めて、すべてのN-VANが貨物自動車に分類される4ナンバー車となるところは気をつけたいポイント。

新車購入から最初の車検は2年(乗用自動車は3年)となる。ただし以降は、軽自動車の場合は毎年の車検は必要無く、乗用自動車と変わらず2年ごととなる。軽自動車税は貨物自動車のほうが安くなり、トータルでは4ナンバー軽自動車は少しお得ということになる。

N-VAN インテリア N-VAN ドア

やや判断が難しくなるのが、任意保険料である。
元々任意保険料が高額な26歳未満のドライバーであれば、貨物自動車として加入したほうがお得になるケースがある。
実際にレジャー用途で使うのであれば、4ナンバー軽自動車でもレジャー用途での加入を認める自動車保険会社もあり、この場合は乗用の軽自動車と差が無くなる。

新型N-VAN ホンダ

4ナンバーのハイエースなど登録車の貨物自動車は1年毎の車検となり、一般ユーザーからの保有は敬遠されるが、軽自動車であれば4ナンバーでも許容できる方が多いのではないか。

過去記事(2018/05/12)

ホンダ・N-VANはセンターピラーレス構造、6MTモデル有り、今夏デビュー

新型軽自動車 N-VANの発売日は7月になる見込み

ホンダは新型N-VANを今夏にデビューさせることを公式サイトでも明らかとしている。発売日は2018年7月頃が予想され、販売に向けての最終準備が進められている。

(写真は新型N-VAN)
N-VAN インテリア

新型N-VANは従来型のアクティバン、バモス、バモスホビオの後継モデルを担い、グレード体系もこれらと近くなる。

ホンダ・N-VANのトランスミッションに6速MT有り

ティザー画像で公開されたモデルは、ブラック樹脂のドアハンドルが見えており、4ナンバーの商用車グレードということだろう。座席ヘッドレストおよびサイドウィンドウ位置とルーフ高のバランスからはハイルーフモデルであることが想定され、現行アクティバンを後継するモデルとなる。この他にロールーフモデルの設定もされ、これは現行バモスの乗用車グレードを引き継ぐポジションが期待される。

N-VAN ティザー

ただし、新型N-VANの目標販売台数としては3000台前後の数値が設定される見通しとなっている。センターピラーレス構造の乗用車として人気のダイハツ・タントに対抗するようなモデルとして販売すれば、月販一万台規模になるだろうから、当初は4ナンバーモデルのみのラインアップが予想される。

アクティバンを後継するグレードにはNAエンジンのみが搭載される見込み。トランスミッションはCVTの他、S660からの流用が予想される6速MTもある。これは軽自動車向けの5MTの生産を廃止し、6MTに一本化することでコストダウンを狙ったものだろうか。ただしS660とN-VANでは車両重量や求められる加速性能や燃費性能も大きく異なるためギア比等の調整はされるだろう。

バモスおよびバモスホビオを後継するグレードは、NAとターボエンジン車が用意され、トランスミッションはCVTのみとなる。

過去記事(2018/04/22)

N-VANティザー画像公開、ホンダ新型軽商用バンは助手席もフラットフロア

ホンダがN-VAN先行サイトを公開、センターピラーレス構造を採用

ホンダは商用軽ワゴン車の新型N-VANを2018年夏に発売させる計画となっている。そのティザー画像が公開された。

(写真は新型N-VAN、ティザー画像)
N-VAN ティザー

これまでホンダは、商用軽ワゴンとしてアクティバンが1999年から販売してきたが、これは先月2018年3月に生産終了させており、現在は在庫販売の状況となっている。新型N-VANが実質的な後継モデルとなる。

新型N-VANはHONDA SENSINGを標準装備

アクティバンはセミキャブオーバー式のプラットフォームにより、室内のフロア長を長く設定したことで支持を得てきた。対する新型のN-VANは、2BOX車のN-BOXがベースとなっており、単純に室内長に関してはデメリットとなりそう。一方で低床フロアによる室内高がメリットとなる。

N-VAN インテリア

公開された新型N-VANのティザー画像からは、後席だけでなく助手席を含めてのシートアレンジが可能で、長尺物の積載に対応しているのがわかる。こういったフロントのグローブボックス手前から荷室後端にかけてのフラットフロアは、アクティバンでもかつて一部の仕様で存在していたが、これが復活採用された。室内長が短いデメリットが補われる。
リアシートが左右分割可倒式になっているのは進化で、2名乗車時でも右側前後タンデムにより、長尺物の積載が可能となる。

助手席側はセンターピラーレス構造が採用されており、「ダブルビッグ大開口」と命名されている。バモス後継として乗用モデルもラインアップすれば売れそう。

このほか、安全運転支援システムのホンダセンシングが標準装備される。長距離輸送時のドライバーへの負担軽減も期待される。新世代の軽商用ワゴンとして魅力的な商品となりそうだ。

過去記事(2018/04/14)

ホンダ N-VANの発売日は5月になる見通し、センターピラーレス採用

新型N-VANはN-BOXがベースの4ナンバー商用車

ホンダ新型N-VANが2018年5月下旬にも発売される見通しとなった。8月の発売を予想していたが、これよりも早まりそうである。

(写真は現行アクティバン)
アクティバン

新型N-VANは、商用車の現行アクティバンの実質的な後継モデルとなる。モデル名からはホンダの新世代軽自動車であるNシリーズの一員に加わる。やはり、N-VANは商用車としてラインアップされる4ナンバー車となる見込み。

N-VANはセンターピラーレス構造採用、タント対抗の乗用車版の発売も期待される

従来のアクティバンは、室内長を重視したワンボックス車。キャブオーバー型のエンジンレイアウトが支持されロングセラーモデルとなった。

新型N-VANは、2ボックス車の現行N-BOXのFFプラットフォームをベースに開発されている。そのため室内長に関しては、アクティバンと同等の仕様を満たさないことが予想される。

(写真はN-BOX)
N-BOX

ただし、低床化しやすいプラットフォームであることと、標準ルーフのほかにハイルーフ仕様を設けることで室内高は大きく設定されそう。荷室の容積量としては、アクティバンを超えるスペックに仕上げてくるのではないか。

そして、噂されていたセンターピラーレス構造も採用される見込み。助手席側のBピラーを無くすことで、フロントドアとリアスライドドアを同時に開いたときに大きな開口部となる。タントと同じ手法となることが予想される。N-BOXベースとはいえ、これは大きな構造変更である。

(写真はダイハツ・タント)
タント カスタム オートメッセ2018

センターピラーレスとなると、乗用車バージョンの発売も期待されるが、今のところ具体的な販売計画は明らかとなっていない。これまでダイハツ・タントが独占してきた分野であり、ここにホンダが参入することとなると、市場の勢力図も大きく変わることになるだろう。

過去記事(2018/02/09)

N-VANが8月発売、ホンダの新型軽自動車はセンターピラーレス構造採用

N-VANが開発中、4ナンバー商用グレードが先行、アクティバン後継

ホンダの新型軽自動車、N-VANの発売日が2018年8月頃となる見込みである。

(写真は現行アクティバン)
アクティバン

新型N-VANは、昨年2017年にフルモデルチェンジしたN-BOXのプラットフォームをベースに開発が進められている。4ナンバーの商用グレードで販売され、これまでのアクティバンを後継する位置にラインアップされる。標準ルーフとハイルーフの2種類が用意される。

(写真は現行バモス)
バモス

アクティバンあるいは兄弟モデルのバモス、バモスホビオはMRプラットフォーム採用による前後に長いラゲッジスペースが特徴で、積載力を求めるニーズに応えてきた。新型N-VANはN-BOXベースのFFプラットフォームとなるため、ラゲッジの前後長では不利となるはず。そのためMRプラットフォームの従来モデルもしばらくは並行して販売が継続されることが予想される。

N-VANはセンターピラーレス構造が採用される可能性がある

そして、新型N-VANにはN-BOXにも無かった助手席側センターピラーレス構造が採用される。助手席側前後ドアに区切りが無い、大きな開口面積が特徴となり、荷物の積み降ろしのしやすさがメリットとなる。

(写真はダイハツ・タント カスタム)

同様のセンターピラーレス構造は、ダイハツ・タントが乗用グレードで長年ラインアップしてきており、こちらも2018年秋頃のフルモデルチェンジが見込まれる。商用グレードのN-VANとは、とりあえずは直接対決ということにはならないが、バモスを後継するN-VANの5ナンバー乗用グレードの追加発売も予想され、近い将来にシェアを奪い合うことになるかもしれない。

過去記事(2017/12/17)

ホンダ・N-VANが2018年発売予定、N-BOX派生の商用、ホビー向けモデル

N-VANは販売が好調なN-BOXをベースに開発中

ホンダから新型軽自動車、N-VANが2018年夏頃に発売される見込みとなっている。アクティバンあるいはバモスの実質的な後継車と考えられる。

(写真は現行N-BOX)
N-BOX

ホンダは人気のN-BOXシリーズを2017年夏にフルモデルチェンジ。その売れ行きは好調ではあるが、ライバルのスズキがスペーシアをフルモデルチェンジすることで攻勢をしかけてきた。ダイハツ・タントについても2018年内にも新型に切り替わると考えられ、落ち着いて構えてもいられない状況である。そんななかN-BOX派生の新車種、N-VANが計画されている。

N-BOX カスタム N-BOX カスタム リアコンビネーションランプ

N-VAN投入後はアクティバン、バモスの販売は終了するのか

N-VANは、N-BOXの車体をベースに開発される商用、ホビー向けの車種となる。内外装の簡略化によるコストダウンも予想され、車両価格が高くなりすぎた軽自動車ラインアップに一石を投じることになりそうだ。

(写真は現行アクティバン)
アクティバン

商用の軽バンとしては、アクティバンがラインアップされるが、これはMRレイアウトならではの長い荷室長が特徴である。N-BOXはFFレイアウトではあるが、2代目モデルからはエンジンルームを縮小させており、キャビンスペースを拡大させてきた。それでもN-VANの荷室長はアクティバンには及ばない可能性があり、アクティバン継続を望む声はあるだろう。

(写真は現行バモス)
バモス

N-VANには、アウトドアユーザーに向けたモデルも検討されている。助手席と後席をフルフラットに収納可能で、その上の中段にマットレスの板を設置する車中泊オプションも人気となりそうだ。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先